水の中を思いっきり楽しめるダイビング!水中に潜ったらきれいな映像を収めたいですよね。ダイビングにおすすめのカメラがあればベスト。水中でもきれいに映すことができるおすすめのダイビングカメラを厳選してご紹介します。ダイビングカメラの選ぶポイントや機能もチェック!

ダイビングカメラおすすめ10選!水中使用で綺麗に映るのは?

目次

  1. ダイビングにおすすめ!水中で使えるカメラ
  2. ダイビングカメラを選ぶポイント
  3. ダイビングカメラの機能を知る
  4. 画質にこだわるなら画素数やズーム倍率もチェック
  5. 【富士フイルム・FinePix XP90】
  6. 【Nikon(ニコン)・デジタルカメラ S33 S33BL】
  7. 【富士フイルム・写ルンです防水タイプ】
  8. 【OLYMPUS(オリンパス)・TG-870 Tough】
  9. 【Canon(キャノン)・防水カメラ PowerShot D30】
  10. 【RICOH(リコー)・防水デジタルカメラ WG-50】
  11. 【OLYMPUS(オリンパス)・デジタルカメラ Tough TG-5】
  12. 【Nikon(ニコン)・デジタルカメラ COOLPIX AW130 】
  13. 【GoPro・HERO6】
  14. 【Nikon(ニコン)KeyMission 360】
  15. ダイビングにおすすめのカメラまとめ

ダイビングにおすすめ!水中で使えるカメラ

アウトドアでもおすすめのダイビング。せっかく水中に潜ったらきれいな景色を映像に収めたいですよね。ダイビングでは水中でも使える防水カメラが必須!

水中撮影がもっと楽しくなる

ダイビングだけでも充分楽しめますが、ダイビングカメラがあればもっと楽しい!被写体はお子さまでも海の生き物でも構いません。水中での撮影はいつもと違った表情が撮れる場所。ダイビングカメラを持って水中を満喫!

美しい思い出をダイビングカメラに収める

旅行などに行くとスマホで写真や動画に撮って、あとで楽しむことも。でも、ダイビングとなるとスマホでの撮影は困難。やはりダイビングには水中でもしっかり撮影できる専用カメラがおすすめ。でも、ダイビングカメラの選び方がわからないことも。今回はダイビングにおすすめのカメラをご紹介します。

ダイビング用のカメラはコレ!おすすめ紹介と選び方のコツとは? | MensModern[メンズモダン]

ダイビングカメラを選ぶポイント

まず、ダイビングカメラを選ぶポイントです。ダイビングカメラといっても最近ではさまざまなメーカーから多種多様な機能が備わったダイビングカメラが登場しています。そこでダイビングカメラを選ぶポイントいくつか挙げてみました。

ダイビングカメラの機能をチェック

もっとも重要とも言えるダイビングカメラの機能。それぞれに比較してみるとそれほど大差ないようにも思います。しかしダイビングカメラを購入する前に機能をしっかりチェックすることで満足に使いこなせるように。水中での利用なので防水はもちろんですが、それ以外にも必要な機能はたくさんあります。

ダイビングカメラを使うシーンに合わせて選ぶ

ダイビングカメラは機能も色々。基本的な機能は抑えつつも、1番使いやすいカメラを選ぶのがベスト。それにはダイビングカメラを使うシーンが重要です。浅瀬でちょっと撮影、初心者だから深い位置には潜らない、という場合と本格手なダイビングでかなり深いところに潜る場合は使うカメラにも違いが。

ダイビングカメラの価格と精度

ダイビングカメラの機能もいいですが、やっぱり気になるのが価格。いくら高性能で充実した機能があっても使いこなせなければ意味がありません。そして高性能・高機能となるとやはり高価になってしまうもの。予算内でも購入できる範囲で選びましょう。

ダイビングカメラを使って水中撮影。できあがった写真を見ればブレたりしていてがっかり、なんてことも。価格も大事ですが精度にも注目!普段とは異なる水中では撮影も不安定に。きれいに撮影したいならダイビングカメラの精度をメインに選んでもOK。

アクションカメラのおすすめを徹底比較!安い・高画質・コスパがいいのは? | MensModern[メンズモダン]

ダイビングカメラの機能を知る

価格や精度、利用シーンによって異なるダイビングカメラ。それにはダイビングカメラの機能をしっかり把握することが重要になります。ダイビングカメラと聞くと防水になっていればいいのでは?と考えることも。

しかしダイビングに使うカメラはそれだけでは今ひとつ。機能性を把握してさまざまなモデルを比較、納得のいくダイビングカメラを選びましょう。

水深チェック!防水深度を比較

もっとも重要な防水深度。ダイビングに使うカメラは防水機能だけでなく、どれくらいの深さまで対応しているかも大切です。防水深度は水中でどれくらの水圧に耐えられるかを示しています。一般的なダイビングなら防水深度10メートル以上であれば充分使えるレベル。

水中用でも防塵機能があれば安心

水中で撮影できるダイビングカメラ。防水深度さえチェックすればOK?実は防塵機能があったほうが安心。防塵機能がなければ小さなゴミやホコリによって最悪壊れてしまう場合も。ダイビングカメラを選ぶときは防塵機能もしっかりチェック!

ダイビングカメラの防塵機能を把握するには機能性を表記した「IPコード」に注目。このIPコードに書かれている数字2ケタは防水や防塵の等級を表しています。前の数字が防塵、後ろにある数字が防水になります。数字が大きいほど防塵機能が上。ダイビングに使う場合は防塵等級6が最適!

【0級】特に保護がされていない【1級】直径50mm以上の固形物が中に入らない(握りこぶし程度を想定)
【2級】直径12.5mm以上の固形物が中に入らない(指程度を想定)【3級】直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない【4級】直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない【5級】有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)【6級】粉塵が中に入らない(耐塵形)

【防塵に対する保護等級】

防水機能付きのビデオカメラまとめ!種類や選び方などランキングで紹介 | MensModern[メンズモダン]

画質にこだわるなら画素数やズーム倍率もチェック

ダイビングのとき、きれいに撮影したいならやっぱり画質が重要になります。できあがりの画質にこだわる場合は画素数やズーム倍率をチェック!色々なダイビングカメラを比較して最適なものを選びましょう。

画素数はダイビングカメラで撮影した写真の用途で選ぶ

画素数は大きい方がいい?そうでもありません。画素数が大きく、高機能になればそれだけ価格が高くなる場合も。撮影した写真を使う要素によっては画素数が小さくても充分きれいに写ります。撮影した写真を拡大刷る場合は画素数が大きいほうがおすすめ。

一般的な写真サイズなら画素数は400万画素程度でOK。ポスターのように大きく引き伸ばすなら1000万画素以上のカメラを選びます。SNSなどに投稿する場合は画素数が小さくてもきれいな仕上がりになります。

ダイビングカメラなら光学ズームがおすすめ

ダイビングでの水中撮影はどうしても手ブレしてしまいがち。そこでダイビングカメラのズーム倍率に注目です。ダイビングカメラのほとんどがデジタル。デジタルカメラにはデジタルズームと光学ズームがあります。デジタルズームはカメラから覗いた画像を拡大、光学ズームは被写体自体を拡大します。

水中では魚など動いている被写体を撮りますよね。そのときに近くに寄って撮影できるならいいですが、逃げられることも。ならばダイビングでは少し離れた場所からでも撮影できる光学ズームが使いやすく綺麗に撮影できるんです。デジタルズームと光学ズームを組み合わせた撮り方もあります。

ダイビングカメラのF値は小さいほうがベスト

ダイビングでは水中なので陸上と比較して周囲が暗い場合もあります。そんなときに役立つ機能がF値。F値はレンズの明るさを数値化したもの。F値の数字が小さくなればなるほど明るく撮影できます。ダイビングでは少しでも明るく撮ったほうが綺麗なのでF値が小さいほうがおすすめ。ダイビング用のカメラのF値は2.8ぐらいがベストです。

【富士フイルム・FinePix XP90】

おすすめダイビングカメラ・初心者にもおすすめのカメラ

ダイビング初心者、ダイビングカメラデビューにおすすめの手軽なカメラが富士フイルムのFinePix XP90。軽量で女性やお子さまにも扱いやすくなっています。ポップなデザインでカラーもイエロー・ブルー・ライムと3種類でおしゃれです。価格は2万円台とダイビングカメラ初心者でも購入しやすい価格。

低価格なのに使いやすいダイビングカメラ

2万円と低価格ながらも必要な機能が備わったダイビングカメラ。見たままの映像がそのまま撮れるスグレモノ!防水15メートル、防塵等級6、耐衝撃1.75メートル、1640万画素、F値W3.9~F4.9、手ぶれ補正は光学式となっています。

普通のデジタルカメラのように使うことができるので、それらと比較しても水中で使えるFinePix XP90はかなりおすすめです。

Wi-Fi機能搭載で撮った写真がその場で見れる!

Wi-Fi機能搭載でスマートフォン送信機能を使って撮影した写真や動画がその場で確認できます。スマホに送信すればリアルタイムでのSNS投稿も可能。リモート機能もあり、スマホでの遠隔操作もできます。手頃な値段と充実した機能はコスパ抜群!

【Nikon(ニコン)・デジタルカメラ S33 S33BL】

おすすめダイビングカメラ・お子さま連れのアウトドアにもおすすめ

ダイビングは大人ばかりで楽しむだけではありません。家族旅行などでお子さまも一緒にダイビングするならNikonのデジタルカメラ S33 S33BLがおすすめ。ダイビングだけでなく、キャンプなどのアウトドアにも使えます。価格は2万円寂とダイビングカメラのなかでも比較的購入しやすい値段。

設定の切り替えでひらがな表記にもなる

ダイビング中にお子さまがカメラを撮りたいとせがむ場合も。そんなときは設定を切り替えて操作方法をひらがな表記にすることもできます。お子さまだけでなく、機械が苦手な人にも分かりやすい操作方法を表記できるので、誰でも手軽に利用可能。

丸いフォルムの形状も他と比較しておすすめ!写真を撮るときの指が写り込まない設計できれいな写真が撮れますよ。機能は防水10メートル、防塵等級6、耐衝撃1.5メートル、1317万画素、F値W3.3~F5.9、手ぶれ補正は写真は光学式。

ダイビングカメラで撮った写真を加工

撮影した写真を加工できる機能も。水中でも人物の顔が認識できる自動撮影や中心部以外をぼかした柔らかな写真などの加工が可能。おすすめはビー玉に被写体を閉じ込めたような加工です。海の生き物を丸い円に入れて撮ればインスタ映えする写真も?!魚眼レンズやトイカメラ風などさまざまな加工ができて面白い撮影が楽しめます。

【富士フイルム・写ルンです防水タイプ】

おすすめダイビングカメラ・懐かしいインスタントカメラ「写ルンです」

デジカメやスマホの普及により手軽に撮影・現像できるようになった昨今。たまには懐かしさを味わうのもおすすめ。そこであの「写ルンです」の防水機能付き、富士フイルムの写ルンです防水タイプはいかがでしょうか。カメラ自体に防水機能、ではなく防水カバーがついた手軽さも懐かしい!価格は1000円台。

手軽な防水カメラが欲しいならおすすめ

頻繁にダイビングはしない、防水カメラなんかほとんど使わない、という人に手軽に使えるおすすめのカメラ。ダイビングはしたいけれど、1度しか潜らないのに高価なダイビングカメラを買うのは……という場合もあります。

それなら富士フィルムの写ルンです防水タイプが便利!格安だけあって機能は防水10メートルのみ。浅瀬などで遊んだり、ちょっとしたレジャーにも使えます。27枚撮りでもちろん使い捨て。デジカメと比較すると劣ってしまう部分が多いですが、手軽さと価格では負けていません。

現像までのワクワク感を楽しむ

今ではプリンターなどですぐに現像できてしまうデジタルカメラ。カメラ機能によっては撮ったその場で確認することも。富士フィルムの写ルンです防水タイプを使えば撮った写真の確認は現像しないと分かりません。お店に出してからできあがるまでのワクワク感が楽しめます。懐かしさを満喫しながらみんなで楽しみつつ使ってみてください。

【OLYMPUS(オリンパス)・TG-870 Tough】

おすすめダイビングカメラ・自撮りにもおすすめ

ダイビング中でも自撮りができるカメラがOLYMPUSのTG-870 Tough。液晶画面部分が180度回転するので水中での自撮りが可能。自撮りするときは光量の調整もしてくれるので見やすく撮りやすい!きれいな風景に自分を入れたいならおすすめです。価格は6万円台。

バランスの良い機能性

OLYMPUSのTG-870 Toughはダイビングカメラのなかでも若干高めですが、バランスの良い機能で使いやすさはバッチリです。防水15メートル、防塵等級6、耐衝撃2.1メートル、1600万画素、F値F3.5~F5.7、手ぶれ補正は光学式となっています。ダイビングカメラ初心者には手が出しにくい価格ですが、ダイビングだけでなくその他のアウトドアやタウンにもおすすめ。

さまざまな表現ができるカメラ

バランスの良い機能性だけでなく、撮影する映像表現が多彩なこともおすすめしたい要因。広角レンズで広い範囲を写真に収めたり、光の軌跡をきれいに撮影できるライブコンポジット、シャッタースピードを最大4秒まで設定できるタイムプラスムービーなどがあります。

【Canon(キャノン)・防水カメラ PowerShot D30】

おすすめダイビングカメラ・大手カメラメーカーで安心できる

カメラメーカーとして大手で人気のあるキャノンの防水カメラ PowerShot D30。信頼性や安心感で防水カメラを選ぶならおすすめです。ダイビングなどのアウトドア全般から普段使いにも便利で使いやすく重宝します。価格は4万円台。

耐衝撃に優れた機能

キャノンの防水カメラ PowerShot D30はダイビングに向いている基本機能はもちろん、耐衝撃性に優れています。防水25メートル、防塵等級6、耐衝撃2.0メートル、1210万画素、F値W3.9~F4.8、手ぶれ補正は光学式。

耐衝撃2.0メートルは頭上から落下しても壊れにくい、岩場のあるダイビングスポットでも安心の耐衝撃性。防水性は前モデルと比較すると格段にアップ!本格的なダイビングにも利用できます。

ダイビングカメラ初心者にも使いやすい

他のダイビングカメラと比較しても耐衝撃性が優れているキャノンの防水カメラ PowerShot D30。うっかり落としてしまっても壊れにくいだけでなくグリップ付きで持ちやすい、ダイビング初心者にも安心して利用できます。さらに被写体に合わせた自動調整できれいな撮影が可能。水中撮影で発生するノイズも抑制できます。

【RICOH(リコー)・防水デジタルカメラ WG-50】

おすすめダイビングカメラ・アウトドアモニター採用で見やすいカメラ

ダイビングでの水中撮影はカメラの液晶画面が若干暗めで見にくいことも。それを克服したのが水中でも明るく見やすいアウトドアモニターを採用したRICOHの防水デジタルカメラ WG-50。本格的なダイビングを含めたアウトドア全般に対応しているカメラ。価格は3万円弱。建設CALSモード搭載で工事現場などでも活躍します。

アクティブな活動に適した機能

本格的なダイビングにも活躍するRICOHの防水デジタルカメラ WG-50はアクティブな活動にも適した機能が充実!防水14メートル、防塵等級6、耐衝撃1.6メートル、1600万画素F値W3.5~F5.5、手ぶれ補正は電子式と光学式。

撮影時に一度シャッターを押すだけで自動でフラッシュONとOFFの2枚撮りが可能。できあがりを見てからシャッターあり・なしの両方を確認することができます。水中専用のマーメードモードでは水中での青っぽい仕上がりを抑えてナチュラルな撮影ができます。

マクロ撮影にもおすすめ

光学式5倍ズームによりマクロ撮影もきれいに撮ることができます。近くに寄ってきれいな撮影が難しい水中では細部まで鮮明に撮れるマクロ撮影必須!小さな被写体もきれいに撮ることができます。水中で海の生き物を撮影するだけでなく、植物や昆虫などのマクロ撮影にもおすすめ。

【OLYMPUS(オリンパス)・デジタルカメラ Tough TG-5】

おすすめダイビングカメラ・ダイバーに人気のダイビングカメラ

OLYMPUSのデジタルカメラTough TG-5はダイバーにも人気の水中カメラ。ワイドやマクロ、HDR、スナップと4種類の撮影モードがあり、多彩な撮影が可能となっています。機能性が同等のダイビングカメラと比較するとマクロ撮影に特化しています。価格は5万円台。

ダイビングに最適な機能が充実

OLYMPUSのデジタルカメラTough TG-5はダイビングカメラとして最適な機能が備わっています。これまでのダイビングカメラと比較してもかなり心強い機能満載!防水15メートル、防塵等級6、耐衝撃2.1メートル、1200万画素、F値W2.0~F4.9m、手ぶれ補正は電子式となっています。

別売りプロテクターで水深45メートルも可能なダイビングカメラ

本機だけでも充分な機能を持っていますが、別売りプロテクターを使うことで水深45メートルまで対応!普通のダイビングであればそこまでの機能は必要としませんが、このあたりがダイバーにも人気なんでしょう。また。別売りのクローズアップレンズと組み合わせると小さな被写体もきれいに撮影できます。

【Nikon(ニコン)・デジタルカメラ COOLPIX AW130 】

おすすめダイビングカメラ・AOWライセンス対応

趣味がダイビング、スキルアップしたいならAOW(アドバンスオープンウォーター)ライセンスに対応したNikonのデジタルカメラ COOLPIX AW130がおすすめ。水深30メートルまで潜ることができるAOWライセンスを持っているならそれに対応したダイビングカメラがベスト!価格は3万円台。

レジャーダイビングでさまざまな生き物を楽しめる

ダイビングを趣味としているならライセンスを取得している人も。特にAOWライセンスは水深30メートルまで潜れます。そのためダイビングカメラの機能もそれに対応したものがおすすめ。Nikonのデジタルカメラ COOLPIX AW130は防水30メートル、防塵等級6、1605万画素、F値2.8~4.9、手ぶれ補正は光学式と電子式。水深30メートルでも充分な撮影ができる機能。

暗い水中でも鮮明に撮影できる

水深が深くなればなるほど周囲が暗くなり、撮影もしにくくなります。Nikonのデジタルカメラ COOLPIX AW130は暗い場所に強い高性能レンズと光学ズーム5倍での鮮明な撮影が可能になります。

【GoPro・HERO6】

おすすめダイビングカメラ・人気のアクションカムGoPro

アクティビティなアウトドアで人気のアクションカムといえばGoPro。防水機能が搭載されたGoProのHERO6はダイビングにもおすすめです。高画質で他の防水カメラと比較してもかなりコンパクト。操作も簡単でアウトドア好きならひとつは欲しいカメラです。価格は5万円台。

透明度の高いきれいな映像撮影が可能

GoPro・HERO6は前モデルであるHERO5やHERO4と比較して圧倒的にきれいな映像撮影ができるようになりました。透明度が高く、色表現が自然で完成度の高い写真に仕上がっています。防水10メートル、1200万画素、F値2.8、手ぶれ補正・防塵機能あり。

映像にこだわるならおすすめ

GoPro・HERO6は手ぶれ補正が前モデルと比較しても大幅に機能性が上昇。手ぶれ補正をONにすれば撮影した映像にほとんどブレが見られません。水中でも美しく鮮明な撮影をしたい、ダイビング中の映像にこだわるならGoPro・HERO6はかなりおすすめのカメラです。

GoProの上手な使い方!よい写真を撮るのにおすすめの設定とアプリは? | MensModern[メンズモダン]

【Nikon(ニコン)KeyMission 360】

おすすめダイビングカメラ・360度撮影ができる人気のアクションカム

NikonのKeyMission 360は306度パノラマ撮影が可能な人気のアクションカム。臨場感のあるリアルな撮影と高画質な映像でダイビング撮影が楽しめます。価格は5万円台。

4K映像の実力を発揮できる360度映像

広範囲に渡る撮影ではどうしても画質が劣ってしまう場合があります。しかしNikonのKeyMission 360の画質は4k映像。306度映像で高画質の実力を思う存分発揮できる様になっています。もちろん他の機能もしっかりしており、防水30メートル、防塵等級6、耐衝撃2メートル、2389万画素、F値2となっています。

スマホ・PCとのペアリングでさまざまな機能が使える

NikonのKeyMission 360はスマホやパソコンとのペアリングも可能。専用アプリをダウンロードしてペアリングすることで設定変更や再生・編集が可能になります。ダイビング中の映像を陸上で確認することもできようになります。ダイビングできない人に水中の様子をリアルタイムで見せることも可能。

ダイビングにおすすめのカメラまとめ

ダイビングにもおすすめしたい防水カメラ。現在ではさまざまなメーカーから多種多様なタイプが登場しています。価格や機能などを吟味して、自分に合ったカメラを選んでみてください。


評価 4.0/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ