販売をする仕事を営業職と言いますが、一口に営業と言ってもさまざまあります。今回はメーカー営業と商社の違いを取り上げてみます。メーカー営業と商社の仕事内容、平均年収、キャリアアップに有利なのはどちらなのか?について詳しく調査してみました。

メーカー営業と商社の違いは?仕事内容や平均年収・キャリアアップを調査

目次

  1. メーカー営業と商社の違い
  2. メーカー営業の仕事内容
  3. 商社営業の仕事内容
  4. メーカー営業と商社の給与と年収
  5. 商社営業はノルマがある
  6. メーカー営業と商社の就職について
  7. メーカー営業と商社どちらが自分に合っているか
  8. メーカー営業と商社やりがいはどっち?
  9. メーカー営業と商社キャリアアップに有利なのは?
  10. メーカー営業と商社の違いまとめ

メーカー営業と商社の違い

営業の原点とは?

一口に営業と言っても、実際にはその内容はさまざまあります。業界、業種、扱う商品、サービス、扱う会社の規模によっても大きく異なるものがありますが、基本は、人と人とのコミュニケーションが原点にあると言えるでしょう。

メーカー営業と商社の違いについて

今回取り上げるのは、メーカー営業と商社の違いについてです。メーカーと商社はどちらも物を売る営業の仕事してよく知られている存在ですが、その仕事内容、平均年収など大きな違いがあります。キャリアアップについても、メーカーと商社のどちらを選ぶと有利なのか調査しましたので、参考にしてください。

電話営業・テレアポで成功するためのコツやトークのポイントまとめ | MensModern[メンズモダン]

メーカー営業の仕事内容

メーカー営業の仕事内容は自社製品販売

メーカー営業の仕事内容は自社で作った製品を売ることに尽きます。メーカーでは例外的に他社のブランドを製造する場合もありますが、基本的には自社メーカー製品を売り込むのが、メーカー営業の仕事内容になります。

メーカー営業は自社製品に関しては深い知識が求められる

メーカー営業の場合は、自社でつくっている商品を売るわけですから、その商品については専門的なものを求められます。またメーカーのアフターサポートを含めて、お客様が満足できるようなサービスが求められます。商社のような幅広い知識は求められませんが、メーカー営業は自社製品に対しては完璧なエキスパートでなければなりません。

話題をネタ切れさせない会話術!話が途切れない方法・コツはある? | MensModern[メンズモダン]

商社営業の仕事内容

商社はメーカーが作ったものを顧客に販売するのが仕事

メーカーとは反対に、商社の仕事は物を作るわけではなく、ある商品を仕入れてそれを会社や個人に営業して販売する仕事です。めんどうな営業活動を商社がメーカーの代理で引き受けてくれるシステム。この仕事で、商社はメーカーから販売価格の数%~数10%の中間マージンをもらって商売が成り立っています。

メーカーの御用聞きのようなもの

商社営業マンは、ひらたく言えばメーカーの御用聞きのようなものです。モノつくりには、上流から下流まで無数のメーカーがかかわっているのですが、商社はそれぞれのメーカーの間に入って御用聞きの役目を担っているのです。

商社はお客様とメーカーの間に立つ便利屋

商社が存在することで、お客様は商社から物を買っているわけであって、メーカーから買っているわけではなく、メーカーはお客様に売っているのではなく、商社に売っているという図式が成り立ちます。商社の営業マンは、お客様とメーカーの便利屋の役目を果たしてくれているわけです。

メーカー営業と商社の給与と年収

商社は待遇が良い

一般的に商社は待遇がよい職業だと言われています。大手の商社では、平均年収が1000万円を超えるところも少なくありません。商社は大手商社だけでなく中小企業も多くありますが、ここでも年収は600万円を下らないようです。

商社は給与、待遇で優遇されている

商社は、給与面だけでなく待遇面も優遇されているので人気があります。営業という面から考えても、他の営業の方々より恵まれていて、残業代などもしっかりつくところが殆どです。また平均年収は高いからと言って激務をしているわけではなく、非常に恵まれた職場と言えるでしょう。

商社営業はノルマがある

語学力も求められる

恵まれた職場ではありますが、商社はグローバルな仕事をしていますので、扱う商品の中には全部英語などで記載されている取り扱い説明書などもある程度理解する能力が求められます。その輸入した機器の説明書を理解し、営業するのが仕事なので語学に関しても高いレベルのものが求められるわけです。

毎月のノルマがある

いかにして成績を上げるかが、重要になります。商社営業は一人一人の売り上げを管理されていて、常に他の社員との比較に晒される厳しい側面も持っています。そのプレッシャーの中で自分の持っているものを最大限に引き出して成績を上げることが求められています。技術系の仕事と違って毎月のノルマも課せられています。

メーカー営業と商社の就職について

面接官に意欲を見せる

新卒の場合は、メーカー営業も商社も就職条件は似たものがあります。メーカーや商社の就職試験では、さまざまな経験を積極的にしていき、どんなときでも柔軟な対応ができるメーカー営業や商社の職員になる気構えを面接官に見せる必要があるわけです。つまり、メーカー営業と商社に就職したいという意気込み、意欲が感じられるか否かということです。

自分なりに商品について勉強しておく

メーカーや商社に就職する際に、その会社がどのような商品を扱っているのか、前もって調べておく必要があります。その商品についてもともと知識があれば、特に問題はありませんが、もし知識が殆どない商品を扱うことになる場合に備えて、自分なりに商品について勉強しておくことをお薦めします。

自分の得意分野を持つ

そのような真摯な姿勢を入社後も継続することで、信頼されるメーカー営業社員、商社社員になれるのです。またなるべく自分の得意分野をひとつもっているのは、メーカー営業としても商社社員としても非常に強い武器になり得ます。その力を会社に認めて貰えば、早い時期からメーカー営業も商社も重要な仕事を任せられるようになるはずです。

プレゼンの話し方のコツやポイントを紹介!相手の心を惹きつける話し方 | MensModern[メンズモダン]

メーカー営業と商社どちらが自分に合っているか

メーカー営業の特徴

メーカー営業の特徴は、その専門性にあります。専門とする製品の担当になった場合は、商品に関してなんでもこたえられるようにしておく必要があるのです。メーカー営業は、営業という立場にありながら、技術的なことにも知識を求められる職種なんです。メーカー営業で成功するためには、毎日のたゆみない努力する姿勢が、ひいては売り上げアップにもつながるのです。

商社営業の特徴

メーカー営業の特徴が、専門性にあると述べましたが、商社営業は逆で、広い立場にたってものごとをとらえることができる人が商社に向いています。どちらかというと、一つのことを専門的にするよりは、常にさまざまなことに対処できる能力が求められるのが商社です。

メーカー営業と商社のどちらを選ぶか

メーカー営業と商社営業の特徴を比べてみました。専門性のあるメーカー、広く物事をとらえる能力が求められているのは商社。この二つはまるで違う職業のようにも感じられますが、どちらも、コツコツと粘り強い努力が求められているのは一緒です。メーカー営業を選ぶか、商社を選ぶかは、扱っている商品、製品に共感できるものがあるかどうかで決めるのも一案かもしれません。

メーカー営業と商社やりがいはどっち?

商社には給与、待遇以上の魅力がある

商社営業とメーカー営業のどちらも経験した方に聞いてみると、やりがいを感じるのはメーカー営業よりも商社営業のほうだと答える方が多いそうです。それはなぜなのでしょう?給与や待遇面ももちろん魅力的なんですが、商社営業にはそれを超えた魅力があるということなんです。

アプローチの幅が広がる

お客様から注文を受けた場合のことを考えてみましょう。お客様にもう少し安くて性能の良いものを求められたら、メーカー営業は自社製品しか売るものがないので、答に窮します。ところが、商社営業になると、さまざまな製品を扱えることができるのでアプローチの幅が広がるわけです。

提案の幅が広いので成績を上げやすい

このように商社営業はメーカー営業よりも提案の幅がひろがるので、お客様の求めるものに対応できやすいのです。結果、お客様にも喜んでいただき、自分も成績を上げることができるのです。自社製品を売ることにやりがいを感じているメーカー営業の方もおられるでしょうが、如何せん販売するものが限られているので、どうしても商社のほうに軍配は上がってしまいます。

営業トークの基本とは?お客様の心を掴む話し方やコツも紹介! | MensModern[メンズモダン]

メーカー営業と商社キャリアアップに有利なのは?

生涯年収は商社が高い

メーカー営業と商社の生涯年収を比較してみると、統計的に言えば、商社営業の方がメーカー営業より高いです。なぜ、商社営業の方がメーカー営業より年収が高いのでしょう?その理由は次の2つの点が考えられます。

商社には研究費などのコストがかからない

一つには、商社はメーカーのように製造機能を持たないので、研究費や設備投資といういわゆるコストがかからないことが挙げられます。二つ目は、商社はホワイトカラーが中心である一方で、メーカーは工場勤務のブルーカラーも多く、給与にはバラツキがあるんです。その平均値をとった場合には、メーカーよりも商社のほうが平均年収が高くなるという現象が起きるのです。

商社は大きく稼げるチャンスがある

現実に働いている人たちの感覚でも、アイディアやコミュニケーションスキルで一気に大きな商売を持ってこれるのが商社で、堅実さが売り物のメーカー営業とは仕事の仕方が違うという印象のようです。商社のほうが、若くても大きく稼げるチャンスがあるということらしいです。

平凡な営業マンとトップセールスマンの違いとは?特徴や心得を紹介! | MensModern[メンズモダン]

メーカー営業と商社の違いまとめ

メーカー営業と商社の違いをまとめました。メーカー営業と商社の違いは、物をつくるビジネスをしているのがメーカーで、その作ったものを広く販売する仕事をしているのが商社ということでしたね。商社は膨大なアイテムを扱い、メーカーは自社製品に関する深い知識を持っている。メーカーと商社がそれぞれの領分で仕事をしてくれる事で、私たちの暮らしも成り立っているのですね。


評価 3.7/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ