ヴィッツのハイブリッドとアクアの違いは?燃費や性能について調査!

ヴィッツハイブリッドとアクアハイブリッドは似ている点が多いため、比較されることが多い車となります。購入を検討している方は、ヴィッツとアクアで迷っている方も多いかと思います。そんなヴィッツハイブリッドとアクアの違いをまとめました。

ヴィッツのハイブリッドとアクアの違いは?燃費や性能について調査!

目次

  1. ヴィッツハイブリッドとアクアの違いを調査
  2. ヴィッツのハイブリッドとアクアについて
  3. トヨタヴィッツのグレードと価格をチェック
  4. ヴィッツの外装デザインとサイズスペック!
  5. 内装デザインと良質なインテリアデザイン
  6. ヴィッツハイブリッドの充実した機能性
  7. 安全性能がポイント!ヴィッツの安全機能
  8. エンジン性能スペックや実燃費をチェック
  9. トヨタヴィッツのおすすめアクセサリー
  10. トヨタアクアの気になるグレードと価格
  11. アクアの外装サイズスペックとデザイン
  12. 洗練された内装デザインと上質なインテリア
  13. 注目したいトヨタアクアの走行性能システム
  14. 走行安全性が評判!トヨタアクアの安全性能
  15. トヨタアクアのエンジンスペックと実燃費
  16. 一味違った車に!アクアの純正アクセサリー
  17. ヴィッツとアクアの居住性やサイズを比較
  18. 注目の実燃費や走行性能システムを比較!
  19. コンパクトハイブリッドカーの価格を比較
  20. ヴィッツハイブリッドとアクアの違い

ヴィッツハイブリッドとアクアの違いを調査

ヴィッツハイブリッドとアクアは、同じトヨタメーカーから販売され、コンパクトカーのハイブリッド車となります。ヴィッツハイブリッドとアクアは燃費が良く、評価の高いハイブリッド車となります。ヴィッツハイブリッドとアクアハイブリッドの燃費や性能、サイズスペックをご紹介します。

ヴィッツのハイブリッドとアクアについて

ヴィッツのハイブリッドとアクアは、似ているハイブリッド車で、比較されることが多いです。実燃費やサイズスペック、価格などが似ているため共通点が多く、購入を考える時にヴィッツのハイブリットとアクアで迷う人が多いです。ヴィッツアクアの購入を検討をする時に、ポイントとなる違いをチェックしましょう。

ヴィッツハイブリッドの特徴

トヨタヴィッツのハイブリッドは、2017年1月にマイナーチェンジされ、話題となった車です。ヴィッツのハイブリッドは、外装デザインや機能性が変更され、人気となっている車です。また10月には、ヴィッツハイブリッドの特別仕様車が販売されています。ヴィッツはデザインや機能性が高く、評価が高い車となっています。

アクアの特徴

アクアのハイブリッドは、2010年1月に発表された車です。トヨタ最小のハイブリッドとして、一躍話題になりました。2011年12月頃に販売が開始され、1か月の間で約12万台の注文がありました。またトヨタブランド人気のプリウスを抜く販売台数があり、ヴィッツ同様注目を浴びている車となります。

トヨタヴィッツのグレードと価格をチェック

トヨタヴィッツのハイブリッドのグレードは、ハイブリッドGRスポーツ、ヴィッツjewela、ヴィッツF、ヴィッツU、ヴィッツ特別仕様車のセーフティーエディションのグレードがあります。ヴィッツハイブリッドのグレードによって、搭載されている標準装備や価格が変わってくるので、ヴィッツを選ぶポイントの一つとなります。

ヴィッツハイブリッド基本グレード

最も手頃な価格のヴィッツのハイブリッド車は、ヴィッツハイブリットFグレードです。燃費は34キロメートルとされ、実燃費は30キロ前後となります。ヴィッツのハイブリッドFグレードは、標準装備の性能が限られているため、安い価格で販売されています。またヴィッツのハイブリッド車で人気のあるグレードは、ヴィッツハイブリッドのグレードです。

ヴィッツハイブリッド特別使用車

実燃費が良いヴィッツのハイブリッドには、特別仕様車が販売されています。ヴィッツハイブリッドの特別仕様車の外装カラーには、通常カラーに加え、ダークブルーカラーとメタリックカラーが追加されています。ヴィッツのハイブリッド車には、その他にも様々な機能があります。またヴィッツの特別仕様車の価格は、オプション料金なしの基本料金で、約188万円となります。

ヴィッツの内装の違いまとめ!新型ハイブリッドとガソリン車を比較! | MensModern[メンズモダン]

ヴィッツの外装デザインとサイズスペック!

評価の高いヴィッツハイブリッドの外装カラーは、トータルで17種類あります。ヴィッツハイブリッドの人気のカラーは、ホワイト、シルバー、ブラック、レッド、オレンジ、イエローなどとなります。またヴィッツハイブリッドjewelaグレードは、オプション料金を追加することで、ヴィッツ限定カラーを選ぶことができます。

ヴィッツハイブリッドのデザイン

ヴィッツハイブリッドの外装デザインは、洗練されたスタイリッシュ感があり、かっこよさがあるデザインとなります。ヴィッツハイブリッドのGRスポーツグレードは、通常グレードの外装デザインと一味違ったものがあります。充実な機能がありながらも、シンプルなデザインがあります。

ヴィッツハイブリッドのサイズスペック

ヴィッツハイブリッドのサイズスペックは、全高1500ミリメートル、全長3945ミリメートル、全幅1695ミリメートルとなります。ヴィッツのホイールベースは2510ミリメートルで、最低地上高は145ミリメートルとなります。ヴィッツのハイブリッドは、外装デザインは丸みがあるデザインなので、ヴィッツ車体が大きく感じられます。

内装デザインと良質なインテリアデザイン

実燃費が良いヴィッツハイブリッドの車の内装は、居住空間がある内装となっています。ヴィッツのハイブリッドは、後部座席も広々と使うことができ、ゆとりのある空間が広がっています。またヴィッツハイブリッドのフロントガラスには、紫外線を約99パーセントカットする機能が備わっています。ヴィッツは女性でも快適に運転することができる、評価が高い機能です。

ヴィッツハイブリッドの内装

ヴィッツハイブリッドの内装サイズスペックは、全長1920ミリメートル、全幅1390ミリメートル、全高1240ミリメートルとなります。ヴィッツの乗車定員は5人です。またヴィッツガソリン車は室内サイズスペックが、全高1920ミリメートル、全幅1390ミリメートル、全高1250ミリメートルとなります。

インテリアデザイン

ヴィッツハイブリッドのインテリアデザインはシート、インストルメントパネル、ダッシュボードのフロントインテリア部分のカラーを、選ぶことができます。ヴィッツのハイブリッドは、オプション料金が掛かってしまうグレードもありますが、標準装備されているグレードもあり、評価の高いインテリアデザインです。

ヴィッツハイブリッドの充実した機能性

ヴィッツハイブリッドは、充実した走行性能システムがあります。ヴィッツのハイブリッドは、最小回転半径が450センチメートルとなります。スムーズに周ることができるので、Uターンや車庫入れなど、気軽に行うことができます。ヴィッツのハイブリッドは、街乗りでも気軽に乗ることができます。

ヴィッツハイブリッドのエコ運転

実燃費が良いヴィッツのハイブリッド車は、簡単にエコ運転することができます。ヴィッツのハイブリッドは、アイドリングストップ機能が付いています。そのため信号待ちをしている時や、停車をしている時に自動的にエンジンがアイドリングストップします。ヴィッツはブレーキを踏むだけでストップする機能なので、簡単にエコ運転が可能となります。

ヴィッツハイブリッドの運転アシスト

ヴィッツのハイブリッドは、クルーズコントロール機能があります。長時間運転する時や高速道路などで運転する時に、便利な機能となります。ヴィッツのハイブリッドは、アクセルペダルを踏まなくても走行することができるので、長時間の運転の負担を軽減することができます。ヴィッツのハイブリッドの中でも評価が高い機能です。

安全性能がポイント!ヴィッツの安全機能

実燃費が良いヴィッツのハイブリッド車は、セーフティサポートカーが搭載されています。ヴィッツハイブリッドの搭載機能セーフティサポートカーは、自動ブレーキ機能や、ペダル踏み間違い時に加速を抑制してくれる機能があります。セーフティサポートカーは、略称名でサポカーと呼ばれ、ヴィッツハイブリッドの中で評価の高い安全機能です。

ヴィッツのセーフティー機能

ヴィッツハイブリッドはのセーフティサポートカー、略名でサポカーは、サポカーとサポカーSという、2つの機能があります。サポカーには、自動ブレーキを搭載して車が対象となるサポートです。サポカーSには3つの種類があり、サポカーSワイド、サポカーSベーシックプラス、サポカーSベーシックがあります。

運転をサポート

ヴィッツハイブリッド車には、SRSエアバッグが搭載されています。万が一の衝撃に備えて、必要な安全装備となります。またヴィッツのハイブリッドには、車両へのダメージを緩和する構造となっています。そのためヴィッツ車体の傷や凹み、修理の時間や費用を、最小限に抑えることができます。

エンジン性能スペックや実燃費をチェック

ヴィッツハイブリッドのエンジンスペックは、直列4気筒DOHCとなります。ハイブリッド車はガソリン車と比べると車体価格は高くなります。しかしハイブリッドで燃費が良いので、普段車を使用している中でガソリンを入れる回数がグンと減ります。ガソリン車とハイブリッド車の特徴の一つでもあります。

ヴィッツハイブリッドの実燃費

ヴィッツハイブリッドのカタログ燃費は、34キロメートルとなります。高速道路や長時間の運転であれば、低燃費で運転することができます。またヴィッツハイブリッドの実燃費は、24キロから26キロメートルとなります。ガソリン車の実燃費は16キロメートルとなるので、実燃費のみ考えるとハイブリッド車がおすすめとなります。

トヨタヴィッツのおすすめアクセサリー

トヨタヴィッツハイブリッドのアクセサリーは、外装デザインから安全装備まで様々なアクセサリーがあります。ヴィッツの外装アクセサリーは、サイドマッドガード、リヤスパッツ、フロントスパッツ、リヤスポイラーなどがあります。比較的手頃な価格で購入することができる、評価が高いアクセサリーとなります。

ヴィッツハイブリッドの室内装備

ヴィッツのハイブリッドは、室内アクセサリーも充実しています。革調のシートカバー、ステアリング、シフトノブなどのアクセサリーがあります。またヴィッツのドレスアップアクセサリーとして、インテリアイルミネーションがあります。インテリアイルミネーションは、ブルーとホワイトのカラーがあります。

安全装備や快適装備

ヴィッツハイブリッドの快適装備アクセサリーは、リモートスタート機能です。リモートスタート機能は、離れた場所からエンジンを指導するシステムとなります。自宅と駐車場が近ければ、暑い日や寒い日など、車に乗った時から快適に運転することができます。価格は6万5000円前後です。

トヨタアクアの気になるグレードと価格

トヨタアクアのグレードは、アクア特別仕様車Sstylblack、アクアクロスオーバー、アクアG、アクアS、アクアLのグレードがあります。アクアは室内インテリアや外装デザインなど、グレードによって性能やデザインが変わります。また実燃費は、ヴィッツの実燃費と変わってくるので、注目したいポイントの一つです。

アクアのグレード

アクアのハイブリッド車で、最も手頃な価格で購入することができる車は、Lシリーズです。Lシリーズの実燃費は38キロメートルで、評価の高い車となります。価格はオプション料金なしの基本車体価格で約178万円となります。ヴィッツのハイブリッドと比べると、10万円ほど安い料金となります。

s style blackの特別仕様車

アクアのSstyleblackは、特別仕様車として評価の高い車となります。アクアの特別仕様車の価格は、基本料金のみで約196万円です。ヴィッツハイブリッドの特別仕様車の価格は、基本料金のみで約138万円となります。ヴィッツハイブリッド車の方が、約60万円安い料金設定となります。

アクアの外装サイズスペックとデザイン

アクアの外装デザインと外装サイズスペックは、クロスオーバーグレードとその他のグレードで、違いがあります。クロスオーバーグレードのサイズスペックは、全長4060ミリメートル、全幅1715ミリメートル、全高1500ミリメートルとなります。またホイールベースは2550ミリメートルです。

アクアの外装デザイン

トヨタアクアの外装デザインは、プリウスと似たデザインがあります。力強さを感じるフロントで、スタイリッシュなサイドデザインとなっています。またクロスオーバーグレードの外装は、洗練されたボディで、カッコ良さを感じるデザインとなっています。評価の高いデザインがあります。

外装サイズスペック

トヨタアクアのSグレード、Gグレード、Lグレードは、クロスオーバーグレードとは違った外装サイズスペックとなります。全高1455ミリメートル、全幅1695ミリメートル、全長4050ミリメートルとなります。ホイールベースは2550ミリメートルとなり、最低地上高は140ミリメートルです。

洗練された内装デザインと上質なインテリア

ヴィッツのハイブリッドの内装は、上質な高級感のあるデザインとなっています。内装のサイズは、クロスオーバーとその他のグレード、同様のサイズスペックとなります。室内のサイズは、全長2015ミリメートル、全幅1395ミリメートル、全高1175ミリメートルとなります。乗車定員は5名となります。

アクアの内装

アクアラゲッジスペースは、全幅946ミリメートル、奥行き722ミリメートルあります。後部座席を倒すと、ゴルフケースなども入れることができます。また収納スペースが15箇所あまりあるので、女性にも快適に運転することができます。またエアコンの吹き出し口からは、ナノイーが放出されます。

インテリアデザイン

アクアは内装シート、インストルメントパネル、ダッシュボードなどのカラーを変えることができます。グレードによっては標準装備で付いているものがあるので、車を選ぶポイントの一つとなります。また内装のカラーの種類は、ブラック、ホワイト、ブラウン、レザー調などがあります。

注目したいトヨタアクアの走行性能システム

トヨタアクアで評価が高い装備は、走行性能システムです。アクアの最小回転半径は、480センチメートルとなります。Uターンや駐車などスムーズに運転することができます。街乗りでも気軽に乗ることができる車となります。また最小回転半径は、オプションを装着すると変わる場合があります。

モードスイッチ

アクアハイブリッドの車は、2つのモードがあります。エコドライブモードは、エコ運転することができ、エアコンの消費電力などを調節する機能があります。またEVドライブモードは、モーターのみで走行するシステムとなります。またハイブリッドシステムによって、使用できないことがあります。

低い重心高

トヨタアクアのハイブリッドは重量が大きいものを中心に寄せているので、安定した運転をすることが可能です。またアクアハイブリッドの車は、標準装備として備わっている機能が多いです。ヴィッツのハイブリッドも、標準装備として備わっている機能が多いので、おすすめとなっています。

走行安全性が評判!トヨタアクアの安全性能

アクアのハイブリッドは、標準装備で充実した安全性能があります。アクアは、セーフティサポートカーで、安全運転をサポートする役割があります。セーフティサポートカーは、トヨタ人気の安全性能で、ヴィッツのハイブリッド車にも搭載されています。アクアのハイブリッドは、評価の高い安全性能となります。

予防安全性能

アクアには安全性能の衝突回避支援パッケージがあります。衝突回避支援パッケージは、単眼カメラやレーザーレーダーが付いていて、衝突を警報などで回避する性能があります。また車線逸脱を回避する性能があります。ウィンカーを付けずに線を跨ぐと、アラームやディスプレイで表示されます。

VSCシステム

VSCシステムは、アクアの中でも評価が高い安全性能となります。VSCシステムは、車が横滑りした時に便利な機能となります。また衝突した時の衝撃で、むち打ちになってしまうのを防ぐため、シートに工夫が加えられています。またむち打ち軽減のシートは、ヴィッツのハイブリッドにも搭載されています。

トヨタアクアのエンジンスペックと実燃費

トヨタアクアのエンジンスペックは、直列4気筒となります。アクアのカタログ燃費は34キロメートルとなり、ヴィッツのハイブリッド車と同様の燃費となります。またアクアは空気抵抗を減らす、三角形のシルエットとなっています。空気抵抗を考えられて作られているので、爽快な加速があります。

エンジンスペックと実燃費

トヨタアクアの実燃費は、平均22キロから25キロメートルとなります。高速道路で走る実燃費は、約30キロメートル以上です。街乗り運転の実燃費は、23キロメートル前後となります。アクアの燃費は、運転の仕方、乗車人数、季節によっても変わってきますが、平均の実燃費となります。

低燃費車最新ランキング!ハイブリッド・ガソリン・ディーゼル各車徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

一味違った車に!アクアの純正アクセサリー

アクアの外装純正アクセサリーは、ドアミラー、フロントグリル、ボディサイド、リヤ部分にドレスアップアクセサリーを付けることができます。ドレスアップアクセサリーのデザインは、金属調、チェッカーデザイン、カーボンデザイン、メッキ調など、車体のカラーなどによって決めることができます。

アクアの快適装備

アクアのラゲッジスペース部分に使うシートアクセサリーは、用途に合わせて使うことができ、評価の高いアクセサリーとなります。ラゲッジスペースに使う防水型のシートは、スポーツやアウトドアが好きな人におすすめです。トランクマットは、傷や汚れに強いので、頻繁にラゲッジスペースを使う人に人気です。

アクアのクロスオーバー

アクアのアクセサリーで、クロスオーバーグレード限定のアクセサリーがあります。クロスオーバー限定のアクセサリーは、グレードエンブレム、ボディサイドモールディング、サイドスキッドプレートなどがあります。またその他にも様々限定アクセサリーがあるので、評価が高いグレードです。

ヴィッツとアクアの居住性やサイズを比較

ヴィッツのハイブリッドとアクアの車体サイズスペックを比較します。ヴィッツのハイブリッドのサイズは、全長3945ミリメートル、全幅1695ミリメートル、全高1500ミリメートルとなります。アクアのサイズスペックは、全長4050ミリメートル、全幅1695ミリメートル、全高1455ミリメートルです。

ヴィッツハイブリッドとアクアのサイズ

ヴィッツハイブリッドの車は、アクアハイブリッドの車よりも、全高が45センチ高いです。また全幅サイズはヴィッツハイブリッド、アクア共に同じサイズとなります。乗り降りのしやすさから考えると、ヴィッツのハイブリッドの方が評価が高い傾向にあるようです。ボディサイズが大きい車が良い方は、アクアがおすすめです。

内装サイズ

ヴィッツのハイブリッドとアクアの内装サイズスペックは、ヴィッツのハイブリッドが全長1920ミリメートル、全幅1390ミリメートル、全高1240ミリメートルとなります。アクアの内装サイズスペックは、全長2015ミリメートル、全幅1395ミリメートル、全高1175ミリメートルとなります。

注目の実燃費や走行性能システムを比較!

ヴィッツのハイブリッドの燃費は、平均で34キロメートルとなります。アクアの燃費は、平均34キロメートルとなり、同様の燃費となります。ヴィッツとアクアの実燃費は、乗車人数、季節、運転の仕方によっても変わってくるので平均の燃費となります。また改造やアクセサリーを付けると、燃費が変わってくる場合があります。

ハイブリッドの実燃費を比較

ヴィッツのハイブリッドの実燃費は、平均24キロから26キロメートルとなります。アクアのハイブリッドの実燃費は、平均22キロメートルから25キロメートルとなります。平均的に高速道路や長距離運転をする時に、実燃費が上がる傾向があります。またヴィッツのハイブリッドとアクアは、エコカー減税が適用されます。

コンパクトハイブリッドカーの価格を比較

ヴィッツのハイブリッドとアクアの価格は、グレードによって変わってきます。ヴィッツのFグレードは、約180万円となります。ヴィッツのUグレードは、約200万円です。ヴィッツのGRスポーツハイブリッドは、約230万円です。ヴィッツハイブリッドの特別仕様車は、約190万円となります。

アクアの価格

アクアハイブリッドの価格は、ヴィッツハイブリッドの価格よりも、少し高い価格設定となります。アクアハイブリッドの特別仕様車は、約190万円です。アクアのクロスオーバーシリーズは、200万円となります。Gグレードは約200万円、Sグレードは約190万円、Lグレードは約180万円となります。

トヨタのアクアG'sハイブリッドの評価!燃費や価格と値引き相場のまとめ! | MensModern[メンズモダン]

ヴィッツハイブリッドとアクアの違い

ヴィッツハイブリッドとアクアは似ているハイブリッド車として、比較されることが多い車です。ヴィッツハイブリッドとアクアは、実用性が高く安全性能なども充実しています。価格や燃費から見ると、ヴィッツハイブリッドの方が評価が高いです。ヴィッツハイブリッドとアクアの違いをまとめました。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ