スマホの充電のタイミングは、バッテリーが何パーセントになったら行っていますか?スマホの充電を行うタイミングでバッテリーの寿命が変わるのです。どうすればスマホのバッテリーの劣化を防ぎ長く使用出来るのか?どうすればバッテリーの消費を抑えられるのかをご紹介します。

スマホ充電は何パーセントから?タイミングや長寿のコツを徹底調査

目次

  1. スマホの充電は何パーセントになってからが良いのか大調査
  2. スマホの充電何パーセントになったら充電する?
  3. リチウムイオン電池とは?
  4. 電池性能確認とは?
  5. スマホを充電する度に寿命が短くなる!?
  6. スマホの充電のタイミングで寿命が変わる!?
  7. 寿命を短かくするスマホの充電①充電しながらの使用
  8. 寿命を短かくするスマホの充電②長時間の充電
  9. 寿命を短かくするスマホの充電③いつも充電
  10. 寿命を短かくするスマホの充電④周囲の環境
  11. スマホに充電機を差し込みっぱなしでも大丈夫?
  12. 乾電池と同じように冷やすと長寿命になる?
  13. 長寿命になるスマホの充電方法はある?
  14. スマホの充電は何パーセントになったらすれば良いのか?
  15. スマホの充電回数を減らす為には?
  16. バッテリーの消費を減らすには?
  17. スマホの充電のベストタイミングは?
  18. バッテリーの寿命について
  19. バッテリーの交換費用はどれぐらい?
  20. まとめ・スマホ充電の最適なタイミングは何パーセントか

スマホの充電は何パーセントになってからが良いのか大調査

スマホの充電のタイミングは、バッテリーが何パーセントになったら行っていますか?もちろんスマホのバッテリーの減り方は、使用年数や使用頻度によって様々でしょう。

ですが、使い方やスマホの充電の仕方によって、スマホのバッテリーは長持ちするのです。では、スマホの充電は何パーセントになってからが良いのか気になりますよね。そこで、スマホの充電のタイミングについて徹底調査しました。

スマホバッテリーの寿命は?交換の症状や時期の目安・復活方法まで解説 | MensModern[メンズモダン]

スマホの充電何パーセントになったら充電する?

スマホの充電はバッテリーの残量を示す「%」が何パーセントになったら充電していますか?それぞれ充電のタイミングはあるでしょう。ある調査では、大半の方がバッテリーの残量が30パーセントを切ったら充電しているようです。

そして、100%になるまでスマホを充電するそうですが、一部の方は自分で決めたところで充電を辞めているそうです。スマホの充電には様々な説があり、「使い切ってから充電する方が良い」「使い切る前に充電する方が良い」「100%まで充電すると劣化する」などといった意見があるようですが、果たしてどうなのでしょうか?

スマホバッテリーの長持ち方法まとめ!節電対策や消費・劣化の原因も解説 | MensModern[メンズモダン]

リチウムイオン電池とは?

まず、スマホに使われている電池は「リチウムイオン電池」という充電池が使われています。リチウムイオン電池とは、充電と放電を行うことが出来る電池です。スマホのバッテリーとして使われている他、ノートパソコンのバッテリーとしてもこのリチウムイオン電池が使われています。

そんなリチウムイオン電池、小さいけれども大きな力を発揮し、そして軽いのでスマホなどの小型の機械にはとてもピッタリな機械なのです。

Androidのバッテリーを長持ちさせる方法!減りが早い時の原因は? | MensModern[メンズモダン]

電池性能確認とは?

スマホのバッテリーの状態が確認出来る「電池性能」ですが、一部の機種とはなってしまいますが、バッテリーの性能を確認することが出来ます。「設定」から「端末管理」へ進み「端末情報」の中に「電池の性能」や「電池性能表示」といった項目があればそこで確認することが出来ます。

Xperiaのバッテリーの減りが早い!交換費用や長持ちさせる裏ワザは? | MensModern[メンズモダン]

スマホを充電する度に寿命が短くなる!?

長年スマホを使用していると充電から充電までのタイミングが短くなりますよね。1年から1年半で早い方はスマホの充電に不満が出て来るでしょう。

それが、スマホのバッテリーに使われているリチウムイオン電池の劣化なのです。スマホのバッテリーの充電は、約500回繰り返すと電池の容量が60%程度にまで落ちると言われています。

Qi対応充電器のおすすめ特集!iPhoneにワイヤレス充電は必須? | MensModern[メンズモダン]

スマホの充電のタイミングで寿命が変わる!?

誰しもがスマホの充電から充電までは長い方が良いですよね。実は、スマホの充電のタイミングや使い方などで、スマホのバッテリーの寿命は長寿にすることも短命にすることも出来るのです。

まずは、寿命を短くするスマホの充電をご紹介します。もし当てはまるようであればすぐにやめることをおすすめします。

iPhone7で充電しながらイヤホンを使う方法!変換・小型アダプタなど | MensModern[メンズモダン]

寿命を短かくするスマホの充電①充電しながらの使用

充電しながらの使用は寿命を縮める

スマホのバッテリーを充電しながらの使用は、絶対に辞めましょう。高温にもなりやすく、バッテリーの寿命を縮めます。また、スマホ本体が高温にならないように、ケースなどは外して充電することをおすすめします。

充電しながらの使用は、一見バッテリーが減らないようにも感じますが、使用しながら充電することはバッテリーを激しく劣化させ寿命を短くします。長寿命を目指すのであれば絶対に辞めましょう。

スマホ急速充電器のおすすめ特集!ケーブルやアンペアの選び方が大事? | MensModern[メンズモダン]

寿命を短かくするスマホの充電②長時間の充電

長時間の充電はスマホのバッテリーの寿命を縮める?

長時間の充電は、バッテリーを劣化させ寿命を短くさせるということを一度は聞いたことがあるでしょう。そうでは無いという声もあるのですが、それは一部の機種のみです。

スマホのバッテリーとして使われている「リチウムイオン電池」ですが、実はバッテリーを充電機に挿したままにしておいても、過充電されないようになっているのでバッテリーに悪影響を与えることは無いそうです。

ただこれは、スマホのバッテリーが「リチウムイオン電池」だった場合です。別の充電池が使われているのであれば、長時間の充電は避けるべきです。

さらに、過充電に関しては過充電されないようにはなっていますので、バッテリーの寿命を短くさせることはありませんが、長時間の充電によりスマホ本体などが熱を持った場合は、劣化になりますので気をつけないといけないのです。

急速充電で充電したい場合は対応の物を使おう

長時間の充電を避けたいのであれば急速充電対応の急速充電機と充電ケーブルが必要となります。質の悪い格安のケーブルは充電時間が長くなり、高品質の物を使用すると充電時間も短縮出来ます。

選び方によっては、フル充電を行う際には数時間差が出ることもあるようです。汎用品の充電機やケーブルを使用している場合は、そういったところも選ぶ基準として考える必要がありそうですね。

スマホが爆発する原因・対策を調査!電池やバッテリーの過充電が危険? | MensModern[メンズモダン]

寿命を短かくするスマホの充電③いつも充電

スマホの充電はいつも100%は寿命を短くさせる?

スマホの充電残量が100%だと安心する方、多いのではないでしょうか。まだ何パーセントしか使っていないのに100%でないと落ち着かないという方、その行動が長寿命から遠ざけています。

バッテリー切れは、仕事でスマホが離せない方にとってはあってはならないことかもしれませんが、スマホの寿命を短くさせるのでいつも充電しているような状態は辞めましょう。

スマホの電源が入らない!充電できない場合の対処・解決方法も解説 | MensModern[メンズモダン]

寿命を短かくするスマホの充電④周囲の環境

スマホに使われている電池「リチウムイオン電池」ですが、熱にとっても弱いのです。なので炎天下の下で充電したり、夏場車内に充電したままのスマホを放置したりなど熱がこもるようなところでの充電は辞めましょう。

ここまで寿命を短くするスマホの充電をご紹介しましたが、当てはまるものはありませんでしたか?ちょっとした行動もありますが、その行動が長寿命から遠ざけるので気をつけるようにしましょう。

iPadが充電できない原因は?対処法や自分でできる修理方法を調査 | MensModern[メンズモダン]

スマホに充電機を差し込みっぱなしでも大丈夫?

「寿命を短かくするスマホの充電②長時間の充電」でもご紹介しましたが、スマホの充電器を差し込みっぱなしでも大丈夫だということでしょうか?

スマホに充電器を差し込みっぱなしでも大丈夫

電池のことを考えるとスマホに充電器を差し込みっぱなしでも問題はないのです。バッテリーが80%程度まで充電されると電流が弱くなる仕組みになっているので、バッテリーに負荷もかかりにくなっているようです。

iPhoneの充電が遅いときの原因は?早める方法と対策・対処法まとめ | MensModern[メンズモダン]

乾電池と同じように冷やすと長寿命になる?

昔は、乾電池を冷蔵庫にいれておくと長持ちするといわれていたのですが、スマホに使われているリチウムイオン電池も冷蔵庫に入れると長持ちするのでは?と思われがちですが、それは大きな間違いです。

リチウムイオン電池自体を冷やすことは問題無いようですが、電池の中やスマホの内部が結露してしまうと本体に悪影響があり、最悪壊れてしまうので絶対に辞めましょう。他にも、急激な温度変化は結露の原因となるので気をつけましょう。

モバイルバッテリーの正しい使い方は?選び方や寿命・充電する方法も紹介 | MensModern[メンズモダン]

長寿命になるスマホの充電方法はある?

誰しもがスマホのバッテリーの寿命を少しでも伸ばし長寿命を目指したいと思いますよね。使い方でも変わるスマホのバッテリーですが、果たして長寿命になるスマホの充電方法はるのでしょうか?

そして、何パーセントになったら充電を行うといった適切な何パーセントというバッテリー残量はあるのでしょうか。実は、何パーセントになったら充電を行うという行動には、様々な意見があるようです。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法・コツは?設定や使い方まとめ | MensModern[メンズモダン]

スマホの充電は何パーセントになったらすれば良いのか?

スマホの充電のタイミングはいつですか?使い切ってからのタイミングですか?それとも何パーセントと自分が決めた残量になってからですか?多くの方が何パーセントと自分で決めており、だいたいが30%以下になれば充電をするそうなのですが、この充電のタイミングで果たして良いのでしょうか?

このタイミングで行った充電と60%などまだ余裕がある状態、完全に電源が落ちてしまったタイミングで充電するのとでは、どのような違いが出るのでしょうか?

完全に電源が切れてしまった状態で行うのはあまり良くない?

実は、スマホの電源は落ちてしまっても完全に内部のシステムまで停止している状態では無いのです。新しいスマホを購入した際、バッテリーが100%の状態であることはまず無いでしょう。それは、バッテリーが完全に使い切った状態やバッテリーが100%の状態で長期間保存されると寿命が短くなってりまうからなのです。

スマホのバッテリー残量が0%を切り長時間放置してしまうと過放電となり、本体に影響が出てしまう可能性があるようです。ですが、いつもスマホのバッテリーが100%などという使い方は良くありません。

放電と充電の繰り返しを行うことがスマホのバッテリーにとっては良く、長寿命となるのです。スマホのバッテリーが80%などとまだ余裕があるにも関わらずあまりにも浅い充電を繰り返してしまうと、バッテリーが100%の状態が続き電池の寿命が短くなる原因になってしまうのです。

Androidスマホが充電できない時は?トラブルの原因や対処法まとめ | MensModern[メンズモダン]

スマホの充電回数を減らす為には?

スマホの充電回数を減らす為には、バッテリーの消費を減らすことでしょう。では使わないと充電回数が減らせるのか?と言われるとそうなってしまいますが、生活に便利なツールであるスマホ、使わないのは不可能とも言えますよね。

AppleのiPhone充電器は無料・無償交換できる?その方法を調査 | MensModern[メンズモダン]

バッテリーの消費を減らすには?

では、スマホのバッテリーを少しでも減らす為のコツをご紹介します。少し面倒に感じるものもあるかもしれませんが、ストレスや支障をきたさない物だけ行うと良いでしょう。

ディスプレイのバックライトの輝度を下げよう

スマホの充電回数を減らすとバッテリーは長寿命となるのですが、そうする為にはバックグラウンドで動いているアプリを停止させることも大切なのですが、ディスプレイのバックライトの輝度を下げることで電池の消費は抑えられるそうです。

バックライトの輝度を下げると共に設定しておきたいのが、スリープまでの設定時間です。購入当初は、大半の機器が1分程度となっているでしょう。その時間を短くすることでバッテリーの消費を抑えられます。

バッテリーの消費を減らすアプリの活用

バッテリーの消費を抑えることで充電回数を減らすことが出来て、充電回数を減らすことが出来ます。バッテリーの消費を抑えるために最適化するようなアプリを入れてみましょう。「Yahoo!スマホ最適化ツール」ならオンにするだけで最適化が可能のようです。

本体設定でバッテリーの消費を抑えよう

実は、ちょっとひと手間かけることでバッテリーの消費を抑えられるのです。Wi-FiやBluetooth、NFCやGPSなど使わない状態に置いておくのであればこれらの設定をオフにすることバッテリーの消費を抑えることが出来ます。

また、通話や通信など完全にしない場合は、機内モードに切り替えることがおすすめです。ですが、再度使用する時に機内モードをオフに切り替える必要がありますので、注意が必要です。

使わないアプリはアンインストールしよう

使わないアプリは、アンインストールもしくは無効にしましょう。使っていないのにアプリを置いたままにしておくとバックグラウンドで動いている可能性もあり、無駄に消費しているかもしれません。ただ、中には利用に支障が出るアプリもありますので確認が必要です。

スマホのマナーモード設定・解除方法!ボタンが無いAndroidは? | MensModern[メンズモダン]

スマホの充電のベストタイミングは?

スマホのバッテリーを長寿命にさせるスマホの充電のベストタイミングとは、一体何パーセントになったらなのでしょうか?様々な意見をご紹介しましたが、ベストタイミングは何パーセントになったら?と言われるとやはり「30%を切ったら」です。

ただ、スマホに使われているリチウムイオン電池、軽くて小型で大きな力を発揮するのがこの電池の売りなのですが、実は継ぎ足し充電が可能な電池なのです。ですので、バッテリー残量が50%で100%まで充電しても電池の性能としては変わらないようです。

ですが、90%から100%を何度も繰り返していると、継ぎ足し充電が可能なリチウムイオン電池ですが、さすがに性能が落ちてしまうようです。

スマホを冷却する方法まとめ!熱対策におすすめのグッズを徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

バッテリーの寿命について

バッテリーの寿命についてですが、バッテリーの寿命は1年から2年と言われています。この1年から2年という差、大きいですよね。やはりそこには、使い方や充電のタイミングなどが人それぞれにあるのでこのような差があるようです。

今回ご紹介してきた間違った充電方法やタイミングで充電していると1年待たずにバッテリーの性能は落ちてしまうでしょう。

リチウムイオン電池は、フル充電を約500回行えるようになっているのでだいたい1年半ぐらい利用していると電池の性能に不満が出て来るでしょう。そうであれば正常ということです。

逆に、1年待たずしてバッテリーの性能に不満などが出てくる場合は、間違った充電方法やタイミングで充電しているということです。ですが、バッテリーの性能は元に戻りません。利用すると少しずつ劣化するので、新しいバッテリーに交換などをした際には気をつけるようにしましょう。

バッテリー交換前にちょっと待って

スマホのバッテリーに異常を感じた場合、シャットダウンや再起動などを勝手に繰り返すことがあるようです。そういった場合、バッテリーが正しく認識されていないことがあるようです。そういった場合は、一度0%まで完全に使い切り充電するとバッテリーが正しく認識されることがあるようです。

android端末であれば「バッテリードクター」というアプリがありますので、アプリをインストールして使うことで、スマホのバッテリー容量がきちんと認識されることがあるようです。それでも、不具合がある場合はバッテリーの寿命ということなので、バッテリーの交換を行うことをおすすめします。

iPhoneのバッテリーが膨張する原因は?対処法と交換について調査 | MensModern[メンズモダン]

バッテリーの交換費用はどれぐらい?

スマホのバッテリーの寿命は1年から2年と言われていますが、スマホの使用頻度によってはもっと長持ちする方もいますし、もっと短い方もいます。その判断する症状としては、一番感じるのはバッテリーの持ちが悪くなったということでしょう。

他には、バッテリーの充電時間が今まで以上にかかるようになったり、満充電の状態にならないようになって来たなど、これらの症状が出て来たらバッテリーの交換の時期が来たということでしょう。

勝手にシャットダウンしたり、再起動を繰り返したり、ガラケー時代によく言われていたバッテリーが膨らむという症状、もちろんスマホにもある症状なのですがこれらの症状もバッテリーの交換時期を示す症状です。

そんなスマホのバッテリーの交換費用とはどれぐらい必要なのでしょうか?そして、自分で行うことは出来るのでしょうか?

バッテリー交換の費用は約1万円

スマホのバッテリー交換費用は、スマホの機種によって異なります。バッテリー部分が取り外し可能な機種については1,000円程度から5,000円程度、もしくは利用会社などのサポートなどがあれば無料で交換という場合もあるようです。

スマホのバッテリーが取り外し出来ない機種に関しては、スマホをお店などに預ける必要があり、費用は約3,000円から1万円程度とこちらも機種によって差があるようです。さらに、スマホは初期化されるので手間がかかってしまいます。期間も約1、2週間かかります。

このような費用と負担を考えると長寿命を目指すことでお得になるでしょう。さらに、スマホ本体の寿命は4~5年とも言われているので、バッテリーを長寿命化させることは無駄な出費を防げるということです。

スマホバッテリーの交換費用まとめ!劣化を抑えて長持ちさせる方法とは? | MensModern[メンズモダン]

まとめ・スマホ充電の最適なタイミングは何パーセントか

スマホの充電の最適なタイミングは、大半の方が行っている残量が30%なったらということがわかりました。ですが、50%などから100%まで充電を行っても性能が落ちないのがリチウムイオン電池で長寿命を目指す方にとって問題は無いようです。

さらに、過充電になることもないので充電器をスマホに挿したままでも問題はありませんが、リチウムイオン電池は熱に弱いので熱を持つような状態は避けるべきでしょう。また周囲の環境にも配慮し充電を行うことや様々な設定でも長寿になることがわかりました。


評価 4.9/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ