アルファード10系は、様々なグレードがある車です。用途や装備によってグレードを選ぶことができるので、評価の高い車となります。2002年に発売されたアルファード10系は、20系30系と同様に人気がある車です。アルファード10系のグレードについてまとめました。

アルファード10系のグレード徹底解説!前期・後期の違いも調査

目次

  1. アルファード10系のグレードを徹底解説!
  2. トヨタのアルファードとはどんな車?
  3. アルファード10系は3つのグレードがある
  4. ハイブリットグレードの特徴をチェック
  5. 高級感のあるアルファード特別仕様車
  6. アルファード10系の前期グレードと特徴
  7. アルファード10系の後期グレードと特徴
  8. トヨタアルファード前期と後期の違いは?
  9. 10系グレードの違いを詳しくチェック
  10. アルファード10系の燃費性能の違い
  11. アルファード10系の見分け方について
  12. アルファード10系のサイズスペック
  13. 10系の中古車情報!中古車の価格相場
  14. 20系の前期と後期の違い!特徴をチェック
  15. 10系とは違う20系のおすすめポイント
  16. アルファード30系の前期!グレードや特徴
  17. 現行アルファードの人気ポイントは?
  18. アルファード30系と10系のサイズスペック
  19. 30系のマイナーチェンジはいつ頃発売?
  20. アルファード10系のグレードをチェック

アルファード10系のグレードを徹底解説!

アルファード10系は、幅広いグレードがある車です。アルファード10系は2002年に発売された車で、豊富な装備やインテリアが人気となっています。アルファード10系は幅広い年齢層から、支持を得ている大型乗用車です。アルファード10系のグレードや、前期と後期の違いをご紹介します。

トヨタのアルファードとはどんな車?

トヨタアルファードは、大型サイズの乗用車です。トヨタ自動車が販売している車で、ファミリーカーとして人気があります。トヨタアルファードは2002年5月に発売を開始してから、3代入れ替わっている車となります。幅広い年齢層から支持を得ている車となり、実用性が高い車となっています。

トヨタについて

アルファードを販売しているトヨタ自動車は、日本有数の自動車メーカーです。トヨタ自動車は、コンパクトカー、ミニバン、セダン車など、用途によって車を選べることが特徴となっています。また福祉車両なども、豊富に取り揃えられています。アルファード車の福祉車両も販売しています。

アルファード10系とは

アルファード10系は、2002年に発売を開始した車です。アルファード10系は、広々とした内装やインテリアの高級感が特徴の車となります。アルファード10系はハイブリット車や特別仕様車が販売され、高級感のある車として話題となりました。アルファード10系は、2008年まで発売されました。

アルファード10系は3つのグレードがある

アルファード10系には、3つのグレードがあります。アルファード10系Vグレード、アルファード10系Gグレード、アルファード10系ハイブリッド車となります。さらにアルファード10系は、前期と後期に分かれているので、それぞれグレードが変わってきます。内装や外装などの違いがあります。

アルファード10系のグレード

アルファード10系のグレードには3つのグレードがあり、前期と後期に分かれています。さらにMX、MS、MZ、AX、ASと分かれています。標準装備や内装に違いがあるので、見分けるポイントでもあります。アルファード10系の前期と後期でも、一目で見分けることができるポイントがあります。

アルファードのグレードでおすすめは?GとSの比較まとめ! | MensModern[メンズモダン]

ハイブリットグレードの特徴をチェック

アルファード10系のグレードは、Vグレード、Gグレード、ハイブリッド車となります。グレード名のあとにAが付いている場合は2400CCで、Mが付いている場合は3000CCとなります。モデルによってグレード名が変わってくるので、グレードを区別する時に、大事なポイントとなっています。

アルファード10系のハイブリッド車

アルファード10系は、Aが2400CCとなります。2400CCはAX、ASのグレードとなります。2400CCは、特別装備モデルが販売されていないので、2つのグレードのみとなります。AXグレードは、ベースモデルとなります。ASグレードは、エアロ付きモデルとなります。アルファード10系の人気のグレードです。

おすすめアルファード10系

アルファード10系は、Mが3000CCの表記となります。アルファード10系の3000CCのグレード名は、MX、MS、MZとなります。MXは、ベースモデルです。MSは、エアロ付きモデルとなります。MZモデルは、特別装備モデルとなります。アルファード10系の、おすすめグレードとなります。

高級感のあるアルファード特別仕様車

アルファード10系の特別仕様車は、子供からお年寄りまで、乗り降りが簡単にできる車となります。ノーマルグレード装備と違い、高級感溢れるインテリアがあります。座席シートなども上質な皮を使用しているので、人気があります。アルファードは上質な質感がある、内装インテリアです。

アルファード10系の特別仕様車

アルファードの特別仕様車は、ノーマルモデルと違い装備内容が変わってきます。アルファード10系の特別仕様車の装備内容は、パワーバックドアとなっています。パワーバックドアは、防止機能も付いているので、子供も安心して使用することができます。アルファード10系の人気装備です。

アルファード10系がおすすめ

特別仕様車は、専用のアルミホイールが付いています。アルファード10系の標準装備で、アルミホイールが装備されているのは、特別仕様車のみとなります。アルファード10系は前期後期共に、特別仕様車を販売しています。豪華装備やインテリアがあるので、評価の高いグレードとなります。

アルファード10系の前期グレードと特徴

アルファード10系のハイブリッド車は、燃費が良い大型乗用車です。内装などシンプルなデザインとなっているので、快適な走りを楽しむことができます。シンプルな内装ながらも、高級感のあるインテリアがあり、実用性に溢れた車となっています。アルファード10系は、居住性が良いです。

アルファード10系の前期グレード

アルファード10系の前期グレードは、2002年から2005年4月まで発売されていた車です。2002年に発売されたアルファード10系は、当時から人気のある車で月間目標台数は、4000台とされていました。さらにアルファード10系は、パワーバックドアが、初めて搭載された車でもあります。

アルファード10系の特徴

アルファード10系は2003年に、アルファード10系前期のハイブリッド車が販売されました。ハイブリッド車は燃費も良く、長距離運転する人に人気があります。また2004年8月には特別仕様車が販売され、MS、ASにプレミアムグレードが販売されています。オプションも豊富なグレードです。

アルファード10系の後期グレードと特徴

アルファード10系の後期グレードは、2005年から2008年まで発売されていた車です。アルファード10系の後期グレードは、2006年8月に特別仕様車が販売されています。アルファード10系後期の特別仕様車は、MS、ASのプレミアムセレクトが販売されています。おすすめのグレードです。

アルファード10系の後期グレード

アルファード10系の後期グレードは、2007年にホワイトパールカラーを追加で販売しています。人気のあるカラーで、シンプルなデザインが特徴となっています。また同時期にホワイトパールマイカカラーが廃止となっています。アルファード10系の後期グレードは、豊富なカラーが人気です。

アルファード10系の特徴

アルファード10系は国外でも販売されていて、主な国はマカオ、タイ、香港、中国となります。アルファード10系は前期と後期共に、人気のある車となっています。アルファード10系は、乗り心地が良いので、長距離運転でも疲れにくいです。アルファード10系は、評価の高い車となります。

アルファードは内装が豪華!小物入れや収納、カスタム情報まとめ! | MensModern[メンズモダン]

トヨタアルファード前期と後期の違いは?

トヨタアルファード10系前期グレードの、一目で分かる違いはグリルです。アルファード10系前期Gグレードのグリルは、2本太い線が入ったデザインとなります。アルファード10系前期Vグレードのグリルは、4本太い線が入ったモデルとなります。一目で分かりやすい前期と後期の違いです。

前期と後期の違い

トヨタアルファード10系の後期グレードも、グリルで違いが分かります。アルファード10系後期Gグレードのグリルは、3本太い線が入ったデザインです。アルファード10系後期Vグレードのグリルは、横に2本縦に5本線が入ったデザインとなります。一目でグレードの違いが分かりやすいです。

アルファード10系ハイブリッド車

アルファードのハイブリッド車は、違いが分かりやすい車です。ハイブリッド車は、グリル部分が1本の太い線が入ったデザインとなります。またアルファード10系前期ハイブリッド車は、ボディーと同系色のカラーとなります。アルファード10系後期のハイブリッド車は、メタリックとなります。

10系グレードの違いを詳しくチェック

アルファード10系のグレードの違いは、トップシェードの違いとなっています。トップシェードは、フロントガラスの上部に色が付いているものです。アルファード10系のMZグレードのみ、トップシェードが付いています。またアルファード10系の、オプションパーツとしても販売されています。

グレードの違い

アルファード10系前期のグレードの違いは、ハンドル部分です。アルファード10系前期のMZは、ハンドル部分がメタリックカラーとなっています。アルファード10系前期のMS、MX、AXグレードは、ボディーカラーと同系色のカラーとなっています。グレードの違いが分かるポイントです。

ハンドル部分

10系後期のグレードの違いは、ハンドル部分で違いが分かります。アルファード10系後期のMZ、MS、ASグレードは、メタリックカラーとボディカラーと同系色の色となります。またアルファード10系後期のMX、AXグレードは、メッキデザインとなります。分かりやすい違いとなります。

アルファード10系の燃費性能の違い

アルファード10系は3000CCと2500CC、ハイブリッドに分かれています。アルファード10系の燃費は、前期と後期によっても違いがあります。またアルファードハイブリッド車は、平均的に燃費が良いです。アルファード10系ハイブリッドの本体価格は、ガソリン車よりも高い価格となります。

アルファード10系前期

アルファード10系前期グレードの燃費の違いは、3000CCが約9キロメートルとなります。街乗り燃費の場合は、約6キロメートルです。アルファード10系の前期グレードは、2400CCが約10キロメートルとなります。アルファード10系の燃費は、道路状況や天候によっても、変わってきます。

アルファード10系後期

10系後期グレードの燃費の違いは、3000CCが約9キロメートルとなります。カタログに記載されている燃費は、約8.9キロメートルです。アルファード10系後期2400CCの燃費は、カタログ燃費が約10キロメートルとなります。アルファードの街乗り燃費は、約6キロメートルとなります。

アルファード10系の見分け方について

アルファード10系には、ハイブリッド車が販売されています。アルファード10系のハイブリッド車は、外装デザインが似たデザインとなります。違いが分かりにくいですが、アルファード10系のハイブリッドGグレードは、リヤアンダーミラーが付いています。違いが分かりやすいポイントです。

ヘッドライトの形

アルファード10系の詳しい見分けポイントは、ヘッドライトの形です。アルファード10系前期のヘッドライトの形は、アルファード10系後期のヘッドライトよりも、6センチ短いデザインとなります。また前期と後期は、ヘッドライトの光り方も違いがあります。分かりやすい違いとなります。

アルファード10系のサイズスペック

アルファード10系のノーマルハイブリッド車のサイズスペックは、全長サイズ4840ミリメートル、全幅サイズ1805ミリメートル、全高サイズ1935ミリメートルとなります。アルファード10系のハイブリッド車のエアロ付きモデルは、販売されていません。20系後期からの販売となります。

アルファード10系のスペック

アルファード10系のノーマルガソリン車のサイズスペックは、全長サイズ4800ミリメートル、全幅サイズ1805ミリメートル、全高サイズ1935ミリメートルとなります。前期と後期共に、同じサイズとなります。アルファード10系のハイブリッド車と、全長サイズが40センチ短いサイズです。

ガソリン車エアロ付きモデル

アルファード10系のガソリン車エアロ付きモデルのサイズスペックは、全長サイズ4845ミリメートル、全幅サイズ1830ミリメートル、全高サイズは1935ミリメートルです。アルファード10系のノーマルガソリン車より、全長サイズが45センチ、全幅サイズ25センチ大きいサイズとなります。

10系の中古車情報!中古車の価格相場

アルファード10系は、中古車の中でも人気が高い車となっています。アルファード10系は、高級車というイメージが高いので、売りに出す際も高い価格で売れる場合が、多いようです。またアルファード10系の中古車を選ぶポイントは、走行距離が比較的に短い車を選ぶことがポイントです。

中古車の価格

20系が発売されていた時期は、中古車でも300万円程の価格となっていました。アルファード30系が発売された2015年からは、徐々に価格が下がり始め、100万円以下で購入できる車もあるようです。2017年になると、10年落ちの車となり、さらに手頃な価格で手に入れることも可能です。

20系の前期と後期の違い!特徴をチェック

アルファード20系ハイブリッド車ノーマルモデルの後期サイズスペックは、全長4870ミリメートル、全幅1830ミリメートル、全高1905ミリメートルとなります。アルファード10系のハイブリッド車ノーマルモデルとの違いは、全長30センチ、全幅25センチ大きいサイズスペックとなります。

前期後期の違い

アルファード20系ガソリン車ノーマルモデル前期は、全長4850ミリメートル、全幅1830ミリメートル、全高1890ミリメートルです。アルファード20系の後期モデルは、全長4870ミリメートル、全幅1830ミリメートル、全高1890ミリメートルとなります。前期後期で違いがでる車です。

違いがあるグレード

20系のガソリン車エアロ付きモデル前期は、全長4865ミリメートル、全幅1840ミリメートル、全高1900ミリメートルとなります。20系の後期モデルは、全長4885ミリメートル、全幅1840ミリメートル、全高1900ミリメートルとなります。全長サイズが20センチ違いがあるグレードです。

10系とは違う20系のおすすめポイント

アルファード10系のガソリン車ノーマルモデルは、前期と後期の全長サイズが40センチ変ります。アルファード20系のガソリン車ノーマルモデルの、前期と後期の全長サイズが20センチ変わります。アルファード20系よりアルファード10系の方が、前期後期のサイズの違いが大きいです。

アルファード10系について

10系は、ハイブリッド車エアロ付きモデルが販売されていません。アルファード20系の、後期から販売されているのが特徴となっています。またガソリン車のエアロ付きモデルは、10系前期から販売されています。アルファード10系ガソリン車エアロ付きモデルは、おすすめのグレードです。

ハイブリッド車ノーマルモデル

アルファード10系ハイブリッド車ノーマルモデルは、前期後期共に販売されています。アルファード20系前期は販売されていないので、アルファード20系後期のみの販売となります。10系の前期後期のサイズは同じですが、20系後期との違いは、全長サイズが30センチ低いサイズとなります。

アルファード30系の前期!グレードや特徴

アルファード30系はアルファード10系から、さらに高級感が増した車となります。アルファード30系の最も安い価格は、アルファードXグレードとなります。アルファードXのグレードは、310万円となります。燃費の良いグレードで、頻繁に長距離運転する人におすすめの車となっています。

グレード

アルファード30系の最も高いグレードは、エグゼクティブラウンジグレードとなります。アルファードのエグゼクティブラウンジグレードの価格は、約700万円となります。アルファードエグゼクティブグレードは、グレード専用の内装やインテリアとなっているので、非常に人気が高いです。

サイズスペック

アルファードで人気のグレードは、アルファード2.5SCパッケージとなっています。豊富な標準装備に加えて、オプション類も人気となっています。また価格も約410万円となっているので、アルファードの中では比較的に手頃な価格で購入することができます。アルファードの人気グレードです。

現行アルファードの人気ポイントは?

アルファード30系の人気ポイントは、高級感です。アルファード10系と同様に30系も高級感のある、車となっています。アルファード30系は内装インテリアが充実していて、隅々までこだわりを感じることができる車です。アルファード10系と、似たような便利なポイントが幾つかあります。

走行性能

アルファード30系のハイブリッドは、アルファード10系と比べると燃費が良い車となります。アルファード10系ハイブリッドの燃費は、約10キロメートル前後となります。アルファード30系ハイブリッドの燃費は、約18キロメートル前後となります。力強い走行性能が実感できる車となります。

安全性能

アルファード30系には、人気の安全性能や走行性能があります。アルファードの安全性能は、追従走行システムです。追従走行システムは、定速走行できるシステムとなります。スイッチによって簡単に切り替えることができるので、おすすめです。アルファード10系とは違いがある性能です。

アルファード30系と10系のサイズスペック

アルファード30系のサイズスペックは、グレードによって変わってきます。アルファード30系Xグレードのサイズスペックは、全長4915ミリメートル、全幅1850ミリメートル、全高1895ミリメートルとなります。アルファード10系と比べると、全長75センチ、全幅45センチ大きいサイズとなります。

サイズスペック

アルファード30系ガソリン車のサイズスペックは、全長サイズ4915ミリメートル、全幅1850ミリメートル、全高1880ミリメートルとなります。アルファード10系ガソリン車のサイズの違いは、前期が115センチ、後期は75センチの違いがあります。また全幅と全高もサイズが変わってきます。

内装サイズスペック

アルファード10系の内装サイズスペックは、全長サイズ3085ミリメートル、全幅1585ミリメートル、全高サイズ1390ミリメートルとなります。アルファード30系の内装サイズスペックは、全長サイズ3210ミリメートル、全幅1590ミリメートル、全高サイズ1400ミリメートルとなります。

30系のマイナーチェンジはいつ頃発売?

30系は、前期のみ発売されています。アルファード30系前期は2015年に、販売された車となります。アルファード10系やアルファード20系のモデルチェンジ時期は、約6年毎となっています。またアルファードの前期と後期が分かれるマイナーチェンジ時期は、約3年毎となっています。

2018年の販売予想

30系前期は2015年に発売されているため、30系後期は2018年の販売が、予想されています。アルファード30系は、モーターショーなどでの発表が期待されています。またアルファード30系後期で、マイナーチェンジとなる箇所は、安全性能や外装デザインが変更されると言われています。

アルファードの特別仕様車の人気はタイプブラック!詳細まとめ | MensModern[メンズモダン]

アルファード10系のグレードをチェック

アルファード10系は、様々なグレードがある車です。グレードによって、標準装備や燃費などが変わってくるので、選ぶ基準にもなります。アルファード10系は前期と後期によっても、特徴が変わってきます。アルファード10系のグレードについて知りたい人は、是非参考にしてみてください。


評価 4.0/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ