みなさんはスバルのBRZというスポーツカーをご存知ですか。今回はそんなスバルのBRZのグレードであるGTとSについて、どちらのグレードがより魅力的なのか、そしてBRZのGTとSの違いを徹底的に解説していきます。心踊るスポーツカーを検討中の方は必見です!

BRZのGTとSのグレードおすすめはどっち?違いを比較調査

目次

  1. GTのベースモデル「スバルBRZ」とは
  2. GTのベースモデル!スバルBRZの内装・装備
  3. スバルBRZ「GT」のシート!
  4. スバルBRZ「S」のシート!GTとの違い
  5. GTのベースモデル!スバルBRZのエンジン
  6. BRZのおすすめのグレード「GT」の詳細!
  7. BRZのおすすめグレード「S」の詳細!GTとの違い
  8. BRZのおすすめグレード「STI」の詳細!GTとの違い
  9. BRZのおすすめグレード「R」の詳細!GTとの違い
  10. BRZ「Rカスタマイズパッケージ」!GTとの違い
  11. BRZ「RA・RACING」GTとの違い
  12. BRZのグレードは「GT」だけじゃない!
  13. 幅広いニーズを満たす貴重なBRZ!
  14. 今後のスバルの展望とは
  15. BRZのGTとSのグレードおすすめまとめ!

GTのベースモデル「スバルBRZ」とは

みなさんはスバルのスポーツカーである「BRZ」をご存知ですか。このスバルのBRZは、スバルから発売されており、2016年にマイナーチェンジを果たした車です。

コンセプトは、「誰も体感したことのない走りの歓びを、誰もが気軽に、自由に、そして安心して味わえるスポーツカー」としており、価格帯もスバルのWRXのように高級な価格ではなく、誰もが気軽にスポーツカーライフを楽しめる価格設定となっています。BRZは、スバルではこの呼び名ですが実はトヨタでも同型のスポーツカー「トヨタ86」が販売されています。

この2台のスポーツカーは、トヨタとスバルの共同開発で生まれた車であるために、まさにこの2台のスポーツカーは兄弟車と言うわけです。今回は、スバル「BRZ」において、そのグレードである「GT」と「S」の違いをご紹介して、この2グレードにはどのような魅力があるのか、そして選ぶならどちらが良いのかを解説していきます。

今後スポーツカーを購入したいと考えている方や、初めてのスポーツカーにチャレンジしたいと考えている方には、必見の内容になっています。ぜひ参考にして下さい。

スバル「BRZ」の名称の秘密

スバルから発売しているスポーツカー「BRZ」は、発売当初から大変人気がありました。昨今の自動車業界は、若者の車離れなどの問題が取り上げられていますが、このスバルBRZについては、購入しやすい価格帯からスポーツカーの醍醐味を楽しめるとあって、若者の購入者が非常に多いのが事実です。

また、トヨタからも「86」として発売はされておりますが、スバル「BRZ」には特別な名前の由来があります。BRZの名称の由来は、「B」がスバルの代名詞である「ボクサーエンジン」、Rは後輪駆動、Zは究極を意味する「Zenith」に由来します。

このように、スバルのBRZは、スバルを代表する車として、歴史は浅いですが、話題沸騰中なのです。また、その人気を象徴するかのように、アメリカの自動車専門メディアの「ワーズオートワールド誌」が選ぶ、「2013ワーズテン・ベスト・エンジン」にスバルのBRZが搭載する「FA20型エンジン」が選ばれたとあって、その実力は海外でも広がりを見せています。

スバルのジャスティ新型最新情報!発売日と価格や性能まとめ | MensModern[メンズモダン]

GTのベースモデル!スバルBRZの内装・装備

続いては、スバル「BRZ」の内装・装備についてご紹介していきます。マイナーチェンジ後のスバルの「BRZ」は、フロントバンパーを航空機のウィングチップ(翼端板)をモチーフにしており、素早さ、爽快な印象を醸し出しています。また、ヘッドランプについてはLED化が施されていて、マイナーチェンジ後は新鮮な印象さえ与えてくれます。

そして肝心のBRZの内装ですが、ステアリングホイールが小径化されて、新設計のデザインに変更になったのです。また、ステアリンググリップについては、断面形状の最適化と、質感も非常に握りやすいステアリングなのです。

それ以外にも、メーターパネルには「4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ」を搭載していて、以前のBRZよりも先進的な印象さえあります。

そして、マイナーチェンジ後の室内空間ですが、ドライバーの操作性を重視するために、視認性を高めつつ、質感の良いカーボンパネルを多く導入しています。ぜひ、これらのマイナーチェンジ後の室内空間の上品さを店頭で確かめてみて下さい。

スバルのアセントの最新情報!大型SUVの日本導入や発売と価格や性能まとめ | MensModern[メンズモダン]

スバルBRZ「GT」のシート!

基本的なスバル「BRZ」の内装について、おわかり頂けた通りですが、次にスバル「BRZ」のGTのシートについて見ていきます。BRZのGTについては、特別装備が随所に施されています。まず、フロントシートにはシートヒーターが搭載されており、素材はアルカンターラと本革によるコンビシートが標準で装備されるという豪華な内容になっているのです。

このシートに使用されている「アルカンターラ」ですが、スエード生地のように非常に触った感触が、気持ちの良い素材で、なめらかに沈みこむシートなので、スポーツカー独特の低重心のシートポジションでも、疲れを軽減する仕組みで、ドライバーの運転姿勢にとってもメリットの多い作りなのです。

スバルBRZのGTのシートは、特別装備ならではのものです。ぜひ内装についても、スバルディーラーでよく確認してみて下さい。

インプレッサのスバル新型がフルモデルチェンジで登場!発売日と燃費は? | MensModern[メンズモダン]

スバルBRZ「S」のシート!GTとの違い

続いては、スバル「BRZ」のSグレードの違いについて見ていきます。BRZのGTについては、特別装備ならではのものでしたが、スバルBRZのSグレードについては、どのようなシートになっているのか見ていきましょう。まず、グレードGTと比較をしてしまうと、どうしてもSの方がシンプルな印象を受けます。

アルカンターラや本革などの高級素材ではなく、ファブリックとトリコット素材によるコンビシートが採用されているのです。ただし、高級シートだから良いということでもなく、Sグレードのようにファブリックシートの方が、運転しやすいという方もいます。

また、純粋な走りを楽しみたい方には、本革シートをあまり望んでいない方も多いのが事実です。ですので、スバルBRZに「走り」を求めるのか「高級感」も欲しいのかによって、好みは別れそうです。ぜひこの辺りも踏まえて、検討してみて下さい。

スバルのフォレスターがモデルチェンジ!新型情報とプラグインハイブリッドは? | MensModern[メンズモダン]

GTのベースモデル!スバルBRZのエンジン

続いては、スバルBRZ・GTやSのベースモデルとなる、BRZのエンジンについて詳しく見ていきます。BRZのエンジンについては、富士重工が開発したFB20型をベースにしており、トヨタの直噴技術である「D-4S」を組み合わせたもので、新開発のエンジンです。

こちらのエンジンがプレミアムなところは、エンジンルームを見ると「インテークマニホールド」上面のカバーのところに、「TOYOTA D-4S」と「BOXER・SUBARU」が並んで表記されており、なかなかないコラボにファンは必見の内容です。今回のトヨタとスバルの共同開発の力の入れ具合がわかりますね。

BRZの6MTミッション

スバルのBRZのトランスミッションには「6MT」ミッションと「6ATミッション」の2種類のラインナップがあります。そのうち、ここでは6MTミッションの内容に迫ります。BRZの6MTトランスミッションは、1〜3速にトリプルコーンシンクロを採用することで、操作系のフリクションを軽減しています。

また、ショートストロークで、かちっとはまるとても気持ちの良いシフトフィーリングになっているのも特徴です。それ以外には、ファイナルギア比を変更したことにより、意のままの心地良い加速が出来るように設定されているのも、非常に大きなメリットの1つではないでしょうか。

マニュアルミッションとスポーティーな加速で、ぜひ様々な走行シーンを楽しんで見て下さい。燃費性能については、JC08モード11.8km/lを達成しています。もちろんこの数値は、カタログ値ですので、実際の数値とは異なりますが、スポーツカーの燃費としては優秀な数値です。

BRZの6ATミッション

続いては、スバルBRZの「6ATミッション」について詳しく見ていきましょう。BRZの6ATミッションについては、シフトダウン時にエンジン回転数を合わせてスムーズな変速が出来るようになっています。そして、たとえATミッションであってもスポーツカーの爽快は走りを実感できるように「ダウンシフトブリッピング」コントロールを導入しているのもメリットの1つです。

また、よりマニュアル操作を楽しみたい人のために、パドルシフトが装着されており、マニュアル操作のように変速を楽しむこともできるのです。それ以外にも、走行シーンによって「SNOW」や「SPORT」など自由に変更できるモードがあるのも、とても嬉しい機能の1つと言えそうです。

BRZのATミッションの燃費は、JC08モードで12.4km/lを達成しております。こちらもスポーツカーとしては、非常に優秀な数値を達成していることがわかります。ぜひ参考にしてみて下さい。

新型のインプレッサG4の評判は?モデルチェンジでスバルの新時代か? | MensModern[メンズモダン]

BRZのおすすめのグレード「GT」の詳細!

ここからは、スバルのBRZのおすすめのグレードを順に見ていきます。まずご紹介するのが今回の比較テーマでもある「GT」グレードです。

スバルのBRZのグレードの中で、最高級グレードに位置しております。その装備は、すごく豪華で「リアスポイラー」や「フロントシートヒーター付きのアルカンターラと本革のコンビニシート」、brembo製のベンチレーテッドディスクブレーキ、スーパーブラックハイラスターのアルミホイール。

そして極め付けはザックスダンパーなどで、非常に特別かつ高級な装備を搭載しているのです。まさに特別仕様にふさわしいものですね。リヤスポイラーもとてもかっこいいですし、スポーツカー好きならたまらない一台となることが間違いなさそうです。アルミホイールの大きさは17インチです。

さてBRZの「GT」の肝心の価格ですが、GTの6MTグレードが3,315,600円とかるく300万円代、そして6ATグレードも3,375,000円とこちらはマニュアル仕様よりお高めの設定です。いずれにしても、300万円越えとは、さすがの高級グレードですね。300万円という価格的には検討の余地がありそうです。

またリヤスポイラーでなく、ウィングを取り付けるなどのカスタマイズにする方もいます。どちらが良いのかは完全な好みですが、リヤスポイラー設置車ではなく、ウィングをつける方には標準でリヤスポイラーが装着されているこのグレードは合わないかもしれません。

スバルのヴィヴィオRX-Rは4WDがいい?カスタムと中古車価格や燃費は? | MensModern[メンズモダン]

BRZのおすすめグレード「S」の詳細!GTとの違い

続いてはスバルBRZのおすすめのグレードである「S」グレードについてGTグレードとの違いを見ていきます。まずBRZのSグレードも、GTと同様に内装までこだわった上級グレードであることは間違いないです。ただし外見上にやや違いがあり、アルミホイールは17インチで変わりはないのですが塗装が「ガンメタリック」と「切削光輝」を採用しております。

またGTグレードには搭載してあったリアスポイラーが搭載されていないので、購入後にウィングをつけたり、カスタマイズをしたい人にとっては、とてもおすすめできるグレードであると言えそうです。

またホイールだけでなく、ディスクブレーキにも違いがあり、GTグレードがbrembo製の17インチ対向2ポットリヤベンチレーテッドディスクブレーキを採用しているのに対して、Sグレードは15インチリヤベンチレーテッドディスクブレーキを採用していて、少し安い素材となるのです。

シートについては、GTのようにアルカンターラと本革のコンビニシートではなく、ファブリックとトリコット材質のシートになっているのです。とは言っても、フルオートエアコンやキーレスアクセスなどの快適な装備は十分であり、リヤスポイラーとアルカンターラシートはオプションで装備可能です。

肝心のBRZのSグレードの価格ですが、6MTが2,970,000円、6ATが3,029,400円となり、どちらも約300万円と上級グレードらしい価格です。

スバルのステラVSダイハツのムーブライバル車対決!軽自動車の比較まとめ! | MensModern[メンズモダン]

BRZのおすすめグレード「STI」の詳細!GTとの違い

実はスバルのBRZには、GTやS以外にも豪華なグレードが誕生しました。その名も「BRZSTI・sport」です。こちらのBRZのグレードは、スバルのBRZのGTよりも価格帯、装備のレベルともに最上級グレードとなります。

これまではスバルのGTがBRZの最上級グレードでしたが、スバルのモータースポーツカーメーカーと共同で開発したSTI・sportは、これまでのBRZにはない特別装備で、新しく2017年10月にデビューしました。

価格帯も最上級にふさわしく353万1600円〜359万1000円となり、これまでのGTのように300万円前半であったグレードよりも20万円以上にアップになり、300万円代後半に突入しました。こうなると、なかなかすぐに購入をするのは厳しいかもしれませんが、その分装備も非常に豪華です。

具体的には、足回りにSTI独自技術で開発した「フレキシブルVバー」や「フレキシブルドロースティフナーフロント」に加えて、アルミホイールも18インチになり、ハイパフォーマンスタイヤを装着しています。それ以外にも、これまでのGTグレードと同様にリヤスポイラーの搭載と、ザックスダンパー、コイルスプリングを採用しております。

操舵応答性を向上するとともに、ロールを抑えた、安定感のある走りに貢献しています。またSTI専用のアルカンターラ本革コンビシートに、ブラックとボルドー色の塗装をしており、フロントシートヒーターもついています。

ドアトリムにも赤スティッチ、STI専用のフロントバンパーエンブレム、ステンレス製のサイドシルプレート、フロントフェンダーガーニッシュなど、本当に豪華な仕様です。この仕様で、GTよりも20万円以上の価格であることが信じられないくらいです。

またこちらのBRZのSTIモデルもリヤスポイラーが搭載されているので、自分でウィングを取り付けたい人には、あまり向かないかもしれません。価格も300万円後半に差し掛かる価格ですから、要検討といったところでしょうか。

スバルのレガシーツーリングワゴンのおすすめは?グレード評価まとめ | MensModern[メンズモダン]

BRZのおすすめグレード「R」の詳細!GTとの違い

続いてのBRZのおすすめのグレードは「R」です。Rは、スバルBRZの中でも、もっとベーシックなグレードになり、どなたにもおすすめできるグレードの1つです。GTにはあった装備を極力省略することによって、よりお買い求めしやすい価格になっており、6MTで2,678,400円、6ATで2,737,800円です。

300万円を超えない価格で購入できる点では、非常に購入予定者には嬉しいメリットです。具体的なスバルBRZ・GTとの違いは、ボディ下のアンダーカバーがオプションになり、エンジンプッシュスタートボタンやクルーズコントロールが省かれています。

外観の唯一の違いとしては、フォグランプがない事が大きな違いです。安い価格でBRZを購入して、その後ウィングなどのカスタマイズを行うことができるので、非常にカスタマイズ好きには良いモデルと言えそうです。ぜひスバルディーラーに行かれて試乗をして見て下さい。

スバルの新型アウトバックとトヨタのハリアー比較!買いはどちらなのか | MensModern[メンズモダン]

BRZ「Rカスタマイズパッケージ」!GTとの違い

続いてのBRZのおすすめのグレードですが「Rカスタマイズパッケージ」です。こちらのBRZのグレードは、ベースグレードのRの装備をできる限り省いて、自由なアレンジを楽しむことができるグレードなのです。ウィングやアレンジを楽しみたい方や、スポーツ走行専用車として、装備は最低限でも良いという方におすすめのグレードですね。

タイヤがRAというグレードと同様のものです。また省かれる主な装備は、次の通りです。「本革巻ステアリングホイール」「本革巻ハンドブレーキレバー」「アルミパッド付きスポーツペダル」「2スピーカー」「助手席ウォークインスライド」「カーボン調インパネパネル」「サテンシルバー加飾」

「メッキインナードアハンドル」「ステンレス製サイドシルプレート」「トランクルームランプ」「UVカット機能付き濃色ガラス」に該当します。またホイールは、加飾などがない16インチサイズです。

肝心の価格ですが、6MTのみのラインナップになり、2,430,000円と、300万円を超えていた「S」グレードとは比べものにならないくらいですね。非常にお買い求めしやすい価格ですので、走りを楽しみたい方にはもってこいです。

スバルの新型インプレッサは燃費性能以外文句なし!その試乗評価とは? | MensModern[メンズモダン]

BRZ「RA・RACING」GTとの違い

続いてのBRZのおすすめのグレードですが、サーキットでの本格的なレースを楽しみたい方専用モデルの「RA・RACING」です。こちらのグレードは、FIA公認の競技専用部品を随所に配置した設計になっており、すぐにでもサーキットに持ち込むことができる仕様です。こちらのグレードの専用装備は、次の通りです。

「6点式ロールケージ」「4点式シートベルト&アンカーボルト装着」「専用ブレーキダクト&専用ブレーキバックプレート」「空冷式エンジンオイルクーラー」です。通常の車にはない装備が充実しており、これからサーキットに挑戦したい人にも向いていますし、そのような場で活躍できるモデルです。

ホイールは加飾なしの16インチサイズです。価格はサーキットでの本格使用を想定した装備が満載ですので、やや高くなり6MTモデルのみのラインナップで、2,981,880円と、300万円弱です。スポーツ走行をしたい方は、検討してみて下さい。

スバルのクロスオーバー7を試乗してみた!その乗り心地は? | MensModern[メンズモダン]

BRZのグレードは「GT」だけじゃない!

今回様々なBRZのグレードをご紹介してきましたが、その中で重要なことはまず、BRZをどのように乗りたいかです。

例えば「内装も豪華にしたい」「スポーツ走行も楽しみたい」と考える方にはBRZの「S」グレードを、内装をより高級感のある車を選びたいと考える方は「GT」を、とにかく内装も走りも最上級のBRZにしたいという方は「STI・sport」を選択すると良いでしょう。

これらのグレードは「S」の6MTが300万円を少し下回りますが、それ以外はどれも300万円オーバーと少しお高いです。また、「内装もこだわりたいし、カスタマイズもしたい」という方は、ベースグレードの「R」か「S」を選ぶと良いでしょう。ウィングを搭載したり、ホイールもガンメタリック加工や切削光輝などが施されて、とても上品な作りです。

それ以外のニーズとしては「装備はいずれにしてもサーキットなどでスポーツ走行したい」という方は、「R・カスタマイズパッケージ」や「RA・Racing」を選択すると、内装をギリギリまで質素にし、スポーツ専用装備が搭載できたり、カスタマイズで自分でウィングをつけたりと自由にアレンジを楽しむことができます。

また、ホイールについては、16インチになり塗装などはされていないホイールなので、走りを優先させたい人に向いています。このように、ウィングなどをつけてカスタマイズをしたい人、内装も豪華なものにしたい人など、まず自分自身がどのようなBRZとの過ごし方をしたいかで、決めると良いでしょう。

軽自動車のスポーツカーのおすすめランキング!人気車の速さ・性能を紹介 | MensModern[メンズモダン]

幅広いニーズを満たす貴重なBRZ!

ウィングをつけた自由なカスタマイズ、そして大人の味を出した内装も豪華な「STI・sport」など、シンプルに走りを追求したい方や、大人のスポーツカーとしても利用することができて、新型BRZは本当に素晴らしい仕上がりです。

ぜひ、この機会に購入を検討してみて下さい。購入する際には、ぜひ店頭で各モデルをよく比較の上、購入してみて下さい。若者や大人まで幅広い走りのニーズを満たすスポーツカーがBRZです。

日産のスポーツカー一覧!名車から現行車、新型まで歴史を振り返る! | MensModern[メンズモダン]

今後のスバルの展望とは

ウィングを搭載したり、カスタマイズ性が優れているスバルの新型BRZですが、今後もスバルは走りの楽しい車、そして安心安全の車作りを行っていく予定です。そして今後のスバルの展望としましては、電気自動車の開発にシフトしていくだろうと言われております。

スバルは正式に2021年までに自社製の100%電気自動車を発売するという見通しを発表しており、このことから電気自動車への参入が遅れていたスバルも、ついに参入するという形です。これにより、スバルらしい走りを追求した電気自動車が販売されることになれば、よりスバルファンとしてもワクワクするのではないでしょうか。

また、スバルのBRZのようにスポーツカーでも電気自動車が発売されれば、スポーツ走行も楽しむことができて、環境にも優しいとのことですから、今後のスバルのBRZと電気自動車に注目が集まりそうです。

マツダのスポーツカー歴史と現行車一覧!新型ロードスター復活まとめ | MensModern[メンズモダン]

BRZのGTとSのグレードおすすめまとめ!

みなさんここまでいかがでしたでしょうか。BRZGTとSには、それぞれ個性があり、より内装も豪華に専用のシートにしたい方は、BRZのGTがおすすめですし、内装もそこそこ充実して、走りも楽しみたい方は、BRZの「S」グレードがおすすめです。ぜひ、たくさんBRZのグレードの中から、自分自身に合うモデルを見つけてみて下さい。

ロードスターのRSは走りを追求した車!最良なスポーツカーの評価まとめ | MensModern[メンズモダン]

評価 4.4/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ