実はスズキのソリオはそんな車中泊に向いていることを知っているだろうか。広々空間で家族旅行などに最適なソリオ。車中泊でも快適空間を演出してくれるのだ。今回は、ソリオを購入を検討している人も、まだ車中泊をしたことない人もおすすめの快適アイテムと合わせて紹介しよう。

ソリオの車中泊おすすめグッズ!カーテンやマットなど快適アイテムまとめ

目次

  1. ソリオは車中泊にも対応できるって知ってた?
  2. そもそもソリオってどんな車?
  3. ソリオを車中泊仕様にする方法
  4. ソリオのうれしい収納ペースが車中泊に非常に便利!
  5. ソリオが車中泊に適している理由は性能にも
  6. 実際にソリオで車中泊をした人の口コミ評価は?
  7. ソリオを車中泊で使うときの注意点
  8. どのモデルでも車中泊は可能!最適はソリオ・マロン
  9. 車中泊におすすめグッズ!欠かせないマット
  10. 快適寝具は枕にもこだわろう!おすすめ枕
  11. 快適空間には必需品!おすすめ電源
  12. ソリオの車内を明るく照らす!おすすめライト
  13. 外からの視線をカット!見落としがちなカーテングッズ
  14. 限られたスペースを有効活用!おすすめ収納グッズ
  15. ソリオの車中泊のおすすめグッズを集めて快適な車中泊を!

ソリオは車中泊にも対応できるって知ってた?

スズキのコンパクトカーとして有名なソリオ。一度は耳にしたことのある人は多いだろう。広々空間で、家族連れにはもってこいの車といわれており、スズキの中でも人気の車種だ。何といっても広い空間に定評があり、室内の豊富な収納スペースがそれらを実現しているといっても過言ではない。それほど、充実しているのだ。

また、旅をするにはうってるけの燃費性能も持っており、リッター27.8キロという燃費性能を持っていることも有名だ。そんなソリオ、燃費い性能も含めてなんと車中泊にもってこいの車といわれている。コンパクトながらも広々とした空間が、車中泊にもおすすめで、その空間は二人が寝ても余裕があるほど。

さらに、各種設備も整っており、あとは車中泊にもってこいのグッズさえ自分で集めてしまえば宿泊にはうってつけの車になるのだ。そんなソリオのどんなところが車中泊に向いているのか、そしてあったら便利な車中泊おすすめのグッズも合わせて紹介していこう。

そもそもソリオってどんな車?

まず気になるのが、ソリオのいう車がどんなものなのかという点だ。ソリオを購入に悩んでいる人も、すでに購入して乗っている人もどんな車でなぜ車中泊に向いているのか、まずは知ることから始めよう。ソリオはスズキが製造・販売するコンパクトハイトワゴンだ。

初代モデルは、同社のワゴンRの派生車種「ワゴンRワイド」の名称で販売されていたが、2005年にソリオという名称で独立した。2015年に発売された現行型のモデルである4代目ソリオでは、マイルドハイブリッドによる高い燃費性能と、ゆとりある広さの室内空間が搭載された。さらに、安全面にも性能は充実している。

安全装備には衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめ、「車線逸脱警報機能」や「誤発進抑制機能」も搭載しており、さらには「ふらつき警報機能」等も搭載している。室内空間はとても広く設計されており、フルフラットも実現している。大きな荷物を載せても家族を乗せるには十分で、多彩なシートアレンジも魅力だ。

外は小さく、中は広くを両立させたソリオは、コンパクトカーの中でも最大級の広さを誇る室内空間を実現している。これによりアウトドアにも対応でき、車中泊にも十分対応できるということなのだ。

ソリオを車中泊仕様にする方法

【ソリオを車中泊できるように変える方法①】座席を倒してフルフラットに近い状態に

では、車中泊する上でどのようにするのか。シートをアレンジできるといってもどのように寝泊まりすればいいのかも詳しく解説していこう。まずは、フルフラットを実現できるように座席を倒してフルフラットに近い状態にする方法だ。

一部の旧モデルのソリオでは完全に座席をたたむ機能がない。なので、中古などで手に入れたソリオであれば旧モデルの可能性があるので、完全に座席をたたむことは不可能だろ。しかし、旧型のソリオでも実はほぼフラットの状態にすることはできる。

座席を倒してフラットにするのだが、一列目の座席に関しては快適なフラットにすることは可能だ。二列目の座席に関しては背もたれが30度近くまで倒すことができる。これにより、足を延ばす十分なスペースが確保できる。さらに、新型のソリオであれば傾きが50度程度まで傾けることが可能だ。

【ソリオを車中泊できるように変える方法②】座席を畳んで隙間を埋める方法

新型のソリオであれば、車中泊にうってつの角度に座席を調整可能だ。お尻部分を前に折り畳んで、背もたれを前に倒すことで一列目も二列目のシートもきれいに畳むことができ、それによりほぼフルフラットの状態にできるのだ。

しかし、この方法だと一列目と二列目の座席の間に隙間が生じるので、隙間にタオルや薄い毛布などを入れておくことをおすすめする。この方法であればかなりフルフラットに近づけるはずだ。若干の角度はあるものの、寝るには旧型に比べれば十分なスペースと快適さがある。

ソリオのうれしい収納ペースが車中泊に非常に便利!

【車中泊に大変役立つ!ソリオの収納スペース①】座席を倒すだけで広い収納スペース

ソリオが車中泊にうってつけという点は、なにも広いスペースだけが実現させているわけではない。ソリオにはそのスペースを実現させる収納スペースも大いに車中泊に貢献しているのだ。まずは、座席を倒すだけで広い収納スペースを実現できている点だ。

先ほども触れたように、ソリオには座席を倒すことでフルフラットに近い状態にできる。これにより、コンパクトカーでありながらも自転車等の大きな荷物を入れても快適にスペースを確保できる広さがあるのだ。さらに、開口部もとても大きい。床面を低くすることで、荷物の積み降ろしがしやすいカーゴスペースも実現している。

さらに、ソリオは大容量のラゲッジスペースに加え、使いやすくて便利な収納を多数備えているので、車中泊で使う雑多な小物もスッキリ片づけることができるのだ。

【車中泊に大変役立つ!ソリオの収納スペース②】助手席シートアンダーボックス

では、そんな雑多な小物をすっきりと片づけられる収納スペースが、まずはこの助手席シートアンダーボックスだ。助手席下の収納にスペースがあり、車内で脱ぐと臭いが気になる靴をしまっておくことができるようになっている。車中泊では靴を脱ぐ機会も多いので、これはかなり便利な機能だろう。省スペースにも大いに役立つ機能だ。

【車中泊に大変役立つ!ソリオの収納スペース③】インパネアンダーボックス

ソリオの車中泊ではこちらも大いに役立つ機能だ。インパネアンダーボックスはインパネの下にあるボックスのことで、取り外してゴミ箱としても使用することができる。もちろん、取り外さなくてもゴミ箱として使用できるので、わざわざゴミ箱を買って設置する必要がないといううれしい機能だ。

車中泊の際には、取り外しておいて使用できれば便利だろう。別途購入すれば何かとスペースを食うゴミ箱。だからといって購入しないとそれも不便なので、ありがたい機能といえるだろう。省スペースにこちらも貢献してくれる。ちなみにインパネのボックスにも便利なUSB端子があることも何かと便利な機能だ。

【車中泊に大変役立つ!ソリオの収納スペース④】助手席シートバックポケット

助手席シートバックポケットも何かと便利だ。助手席裏にある収納スペースで、旅先で買った旅行雑誌や地図、パンフレット等を入れることができる。車中泊の思い出をたくさん積むこともできるし、今後の旅の予定を考える参考資料などもたっぷり置いておくことが可能だろう。

ソリオが車中泊に適している理由は性能にも

さらに言うとソリオが車中泊に適している理由は他にもある。まず注目すべきは燃費性能だ。実燃費は最新型で平均リッター17.03キロを実現しており、軽自動車のような燃費性能だ。さらに、先述したとおりの室内の広さと、その走行性能も十分なものを搭載している。

1200ccエンジンと軽いボディのおかげで坂道や高速道路でもよく走るのだ。もちろん町中でもよく走る。コンパクトカーの中で比べると全長や全幅を小さく抑えてあり、他にはないサイズで設計されているので、小回りもよく、軽自動車での運転に慣れている人が運転しやすくなっている。

さらに、機能面でいうと影響は小さいながらもフルフラットを作るためには役立つのが、運転席シートリフター機能だ。運転席の高さを調整して、フルフラットを作るときに後席との高低差を減らせる機能のことである。また、チルトステアリングも欠かせない機能だ。

ステアリングの高さを上下に調節できる機能で、運転席側を使って寝るときにハンドルが邪魔にならないように調整できるのだ。些細な機能であるが、この機能があるからこそ、快適なスペースが確保できるというものだろう。

実際にソリオで車中泊をした人の口コミ評価は?

では、実際にソリオで車中泊をおこなった人の感想や評価にも目を向けていこう。多くの評価をしrべてみると確かに車中泊は可能のようだ。しかし、すべてが快適という意見ではない。確かに車中泊できるスペースはあるのだが、それにはやはりより快適なスペースを作るためのグッズは必要とのことだ。

細かい点でいうと、寝るのに最低限のフラットにはできるものの、やはり気になる人は座席を倒した後の凸凹がある。横になってみるとその凸凹により、少々寝づらい環境であることが挙げられるようだ。より快適な車中泊を目指すのであれば、快適グッズにも目を向けなければならないだろう。

ソリオを車中泊で使うときの注意点

そして、ソリオを車中泊利用する時の注意点にも触れていこう。まずはエンジンを切ることだ。当然ながら燃費の問題もあり、さらには排気ガスによる一酸化炭素中毒の危険性もある。雪の降る地域ではその危険性は大いに考えられるので、エンジンは必ず切るようにしよう。

また、防犯対策は怠らずにする点も注意だ。車を降りるときは鍵をかけるが、車中泊ともなれば車の中にいるからと鍵をかけない人も多い。しかし、あくまでも外での寝泊まりなので防犯はしっかりとしておくべき。このような点にも注意して、車中泊を楽しめるようにしよう。

どのモデルでも車中泊は可能!最適はソリオ・マロン

ソリオはそのモデルでも、その快適な空間から車中泊にもってこいの車になるわけだが、実はより車中泊にもってこいのモデルがあることを知っているだろうか。それがソリオ・マロンだ。こちらは、予め車中泊仕様になっており、マットもついている。

さらに、照明にはLED照明が装備してあり、このスイッチはインパネに取り付けられていて、寝ているときもつま先で操作が可能だ。また、サブバッテリーと走行充電システムが搭載されており、停泊中はサブバッテリーの電源で車両のテレビなどが使えるようになっている。こちらも切り替えスイッチが装着されている。

もし、あらかじめ車中泊を想定してのソリオの購入を検討しているのであれば、こちらのモデルもおすすめだ。どちらにしても、いろいろな車中泊用のグッズを購入するのであれば、前もって車中泊に適したモデルを購入するのも一つの手だろう。

車中泊におすすめグッズ!欠かせないマット

【車中泊快適グッズ マット編①】キャプテンスタッグ キャンピングFDマット

それでは、ソリオをの車中泊をより快適にするアイテムの紹介もしていこう。まずは必ず必要になる就寝グッズだ。いくらフルフラットに近いといっても多少の凸凹は気になるというのであれば、マットの購入は避けられないだろう。ではどんなマットがおすすめかみていこう。まずはこちらのマットだ。寝床の確保では十分な性能を発揮してくれる。

マットが硬いと次の運転にも差支える。そんなことにならないようにマットにはこだわりたいもの。そこでこちらのマットであればシートの凸凹を軽減して安眠を助けてくれる。小さく畳むこともでき、使わないときは邪魔にならず、枕にもできたりと優れものだ。

【車中泊快適グッズ マット編②】FIELDOOR 車中泊マット

こちらのマットも車中泊にはおすすめの製品だ。拡張性や持ち運びに優れているマットで、バルブを回すだけで自動的に空気が入る仕組みになっており、柔らかさを調節することもできるようになっている。こちらのマットも小さくまとめることが可能で、十分な厚みがあり、快適な睡眠を提供してくれる。

【車中泊快適グッズ マット編③】YOGOTO 超 コンパクト 軽量 封筒型寝袋

エアーベッドをイメージしがちな車中泊ではあるが、車のサイズを考えたら小回りが利くものがいいという人もいるだろう。そこでこちらのマットがおすすめだ。超コンパクトサイズでで軽量な上に、ファスナーを調節すれば腹部だけを残して使用出来たり、足を出したりすることも可能と何かと便利。低体温化を防いでくれる強力なアイテムになる。

車中泊用マットのおすすめランキング!車内専用で快適な睡眠がとれる? | MensModern[メンズモダン]

快適寝具は枕にもこだわろう!おすすめ枕

【車中泊快適グッズ 枕編① 】ザブポン エアークッション

マットにこだわったら、次は枕だろう。こちらの製品は、可愛いパッケージとは裏腹に、充実機能搭載の5wayエアクッションとなっている。携帯座布団、背もたれクッション、エアー枕、フットレスト、ベビーマットと使い方は多数対応しており、それにも関わらず値段も超安価。取り扱いも楽でかなり便利な一品だ。

【車中泊快適グッズ 枕編②】BIG KING U型旅行枕 ネックピロー 空気枕

もしも座席を倒さずに寝ることが想定される場合はこちらの枕もおすすめだ。首を痛めることなく、安眠寺に大活躍してくれることだろう。もちろん車中泊以外の飛行機などでも活躍してくれるアイテムだ。

車中泊用ベッドの作り方まとめ!自作やDIYキットなど徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

快適空間には必需品!おすすめ電源

【車中泊快適グッズ 電源編①】BESTEK カーインバーター 300W シガーソケット 車載充電器

通常、100Vの家庭用電源を使用する電化製品は、シガーソケットからの12V電源では使用することができない。これはソリオも同然だ。そのため、変換する必要があるのだが、ソリオの車中泊で大いに活躍してくれるのがこちらの電源だ。このインバーターを介してシガーソケットの電源を100Vに変換すれば、家庭用電化製品でも車の中で使うことができる。

【車中泊快適グッズ 電源編②】AUKEY インバーター カーインバーター 300W 車載充電器

こちらも上記製品同様車の電源アイテム。しかし、こちらはソリオのバッテリーから定格消費電力300Wの電子機器に給電可能な車載充電器になる。ACコンセントとUSBポートを搭載し、なおかつ内臓ヒューズがあり冷却ファンも装備してるので、多機能だけでなく、ソリオ車中泊でも安心して使える設計になっている。

ソリオの車内を明るく照らす!おすすめライト

【車中泊快適グッズ 照明編①】ジェントス LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル

車中泊ともなれば照明も必要になることだろう。かといって、エンジンを切った状態でルームランプを長時間使用していると、バッテリーが上がってしまう。そこでおすすめなのがこちらの製品。LEDランタンで、単一乾電池3本で72時間の連続使用ができ、吊るして使える便利なハンガーフックも付いてる。ソリオ車内を明るく照らしてくれるはずだ。

【車中泊快適グッズ 照明編②】THS usb ledライト USB LED電球

ソリオ車中泊でもだが、もしもアウトドアを考えてライト購入を考えるのであれば、こちらの製品もおすすめだ。便利な機能が、無段階調整できる機能。このUSB LEDライトなら、無段階調光機能付きなので、好みの光量に調整可能なのだ。モバイルバッテリーとの組み合わせで、車中泊、バイクキャンプ、テント内での照明などアウトドア全般で活躍できる。

外からの視線をカット!見落としがちなカーテングッズ

【車中泊快適グッズ カーテン編①】ソリオ専用プライバシーサンシェード

快適な安眠は、人の視線からも守ってくれるからこそできるもの。そこで必要なのがカーテンだ。個人の空間を完全に確保するためにもカーテンやサンシェードはマットに次いでおすすめアイテムといっても過言ではない。そこで、カーテンでおすすめなのが、こちらの専用グッズだ。

こちらのソリオ及びソリオバンディット専用のサンシェードは、日差しを遮ることで車内の温度上昇を防ぎ、エアコンの効率も高めてくれる。車内を隠すことができ、取り付けも吸盤方式なので、短時間で簡単に取り付けることが可能と便利なアイテムだ。防水性も高いので結露した水滴で濡れることが無く、縫製作業も国内で行っているので、耐久性も抜群だ。

【車中泊快適グッズ カーテン編②】プライバシーサンシェード 遮光カーテン

カーテンといってもなにもソリオ専用カーテンでなくとも良いという人にはこちらもおすすめだ。性能は十分なものがある。視線を防ぎ光も防いでくれるカーテンとしては十分な働きをしてくれるはずだ。こちらのカーテンは、特殊生地で光をカットし、エアコンも快適に使え、燃費向上効果もある。また、これらのカーテンは盗難防止にも役立ってくれる。

車中泊用のカーテンでおすすめは?自作・手作りのポイントや選び方を調査 | MensModern[メンズモダン]

限られたスペースを有効活用!おすすめ収納グッズ

【車中泊快適グッズ 収納グッズ編】P&F High Quality Products シートバックポケット

こちらはソリオ内部の快適なスペース確保に貢献してくれるアイテム。車中泊ともなると何かと荷物が増えがち。そして荷物が増えるとスペースが少なくなってしまいがちだ。ソリオがいくら広いといっても、できるだけ省スペースには心掛けたいもの。そこでおすすめが、こちらの製品だ。後部座席用の高耐久性シートバックポケットになっている。

細かいものを次から次へ入れていっても全然平気で、頑丈さには定評あり。寿命も長い、ソリオの中でも十分役立ってくれるだろう。もちろん、ソリオの普段使いでもおすすめの商品だ。

車中泊のおすすめ便利グッズまとめ!快適に過ごせる必須アイテムは? | MensModern[メンズモダン]

ソリオの車中泊のおすすめグッズを集めて快適な車中泊を!

ソリオの車中泊は思っている以上に快適。しかし、それでもより快適さを求めるのが人間。車中泊をより快適にするためのアイテムを集めて、より良いソリオ車中泊を実現してほしい。こだわれば必ず、今以上の車中泊環境を整えることができるだろう。

車中泊におすすめの車を調査!軽自動車やフルフラットなど人気の車種は? | MensModern[メンズモダン]

評価 3.5/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ