BeatsXのレビューまとめ!使い方やAirPodsとの性能の違いは?

BeatsXは、AirPodsとの違いなどレビューも多くのBeatsXご愛用者からされています。BeatsXは、毎日のミュージックライフを更にヒートアップさせるためのイヤホンと言っても過言じゃないでしょう。そんなBeatsXのレビューをまとめてみました。

BeatsXのレビューまとめ!使い方やAirPodsとの性能の違いは?

目次

  1. BeatsXのレビュー!ミュージックライフにスパイス
  2. 【Siriに対応しているRemote Talkリモコン】
  3. 【屋内でもBluetooth対応だから安心のミュージックタイム】
  4. 【Apple Musicファンに嬉しい無料コード】
  5. 【充電を素早くしてくれる】
  6. 【ペアリングを再度行う際の動作の速さ】
  7. 【イヤーチップを装着すると音質レベルUP!?】
  8. 【イヤーパッドの紛失度を低くする作り】
  9. 【スイッチをOFFにする時に手間がかかる!?】
  10. 【電源が入っているかの確認について】
  11. 【装着時の感触】
  12. 【防水効果には期待しすぎないほうがいい!?】
  13. 【遮音性が期待できるカナル型】
  14. 【短めのケーブル】
  15. 【バッテリー切れ前に通知してくれる】
  16. 【電源のボタン操作】
  17. 「ケーブルの有り無し」AirPodsとBeatsXの違いレビュー①
  18. 「バッテリー消費と充電」AirPodsとBeatsXの違いレビュー②
  19. 「自動的な音楽再生停止機能」AirPodsとBeatsXの違いレビュー③
  20. BeatsX以外の注目されているイヤホン・ヘッドホン
  21. BeatsXで音楽がそばにあるライフスタイル

BeatsXのレビュー!ミュージックライフにスパイス

BeatsXが発売されて以来、ミュージックファンからの高い評価を得ていてレビューなどインターネットなどでも話題になっています。BeatsXのライバル的存在とも言われるAirPodsとの性能の違いなども比較されることが多いようです。

BeatsXは、オンラインショップで発売されてから初回の発売分がすぐにソールドアウト状態だったと言われるだけに、BeatsXの性能や音質などについても気になるかたが増えています。

実際にBeatsXのご愛用者も、使い心地など好みがわかれるようです。AirPodsと両方持っているかたもいらっしゃり、BeatsXのデザインにも注目しているミュージックファンも沢山いらっしゃるようです。

Apple Musicからの嬉しいサプライズもBeatsXを購入するとついてくるため、Apple Musicユーザーもそうでないかたも、音楽ざんまいの毎日を送ることにつながるでしょう。屋内でも屋外でも、通学・通勤から帰宅後のミュージックタイムも快適に楽しませてくれるBeatsXは、注目のイヤホンの1つでもあります。

Beatsのイヤホンやヘッドホンは、海外セレブ達の間でも人気でおしゃれなデザインも注目されています。音楽をライフスタイルの一環として生活している方達にとっても、BeatsXを始め、Beatsのイヤホンやヘッドホンは、モチベーションアップする生活へと導いてくれるパワーも持っているようです。

BeatsXの価格とカラーバリエーションについて

BeatsXは、15,984円(税込み)で、通販にて販売していて人気です。BeatsXは、カラーバリエーションが豊富なことでも知られています。

BeatsXの色は、ブラックを始め、グレイ、ホワイト、マットシルバー、マットゴールド、ブルーの6色展開となっています。

Appleが買収したBeatsとはどんな会社?創業者や理由について調査 | MensModern[メンズモダン]

【Siriに対応しているRemote Talkリモコン】

BeatsXの使い方や性能などレビュー①

BeatsXの使い方や性能などレビュー①は、Siriに対応しているRemote Talkリモコンについてのレビューになります。Remote Talkリモコンは、BeatsXの注目すべきポイントの1つでもあります。

Remote Talkリモコンがあることで、Siriに対応しているのもあり、音楽を楽しむだけではなく、通話も可能となり、長押ししてSiriを起動させることで様々な操作が可能になると言われています。

Siriが苦手なかたでも、もちろんRemote Talkリモコンを手動で操作して音楽の再生や停止など操作も簡単にできます。BeatsXのデザインとともに、Remote Talkリモコンに寄り操作の快適さからも、音楽に集中しやすくなるでしょう。

beatsビーツのヘッドホンでおすすめは?高評価の理由や魅力は? | MensModern[メンズモダン]

【屋内でもBluetooth対応だから安心のミュージックタイム】

BeatsXの使い方や性能などレビュー②

BeatsXの使い方や性能などレビュー②は、Bluetooth対応に関してです。BeatsXは、Bluetooth対応でiPhoneなどを使って音楽を自宅で聴くかたでも、安心して移動しながらもiPhoneなどをデスクに置いたままBeatsXで音楽が楽しめるのも嬉しいところです。

ちなみに、BeatsXのBluetoothの電波レベルは、Class1というレベルに値しているようです。100mほどまでは、届く範囲となっているBluetoothの電波レベルになるため、1人暮らしのお家でも安心して音楽を楽しめるのもBeatsXのレビューのプラスポイントとなるでしょう。

カナル型イヤホンのおすすめモデル特集!高音質・コスパ最強の人気機種は? | MensModern[メンズモダン]

【Apple Musicファンに嬉しい無料コード】

BeatsXの使い方や性能などレビュー③

BeatsXの使い方や性能などレビュー③は、Apple Musicファンに嬉しい無料コードつきというところです。BeatsXは、Apple Musicとのコラボ的なこともしているようです。

BeatsXを購入すると、Apple Musicが半年ほど無料でできるという無料コードが一緒についてくるのも魅力のポイントです。iPhoneユーザーなら、Apple Musicを毎月980円払って利用しているかたも多いでしょう。

BeatsXは、Apple Musicを利用しているユーザーでも3ヶ月無料コードというのがついてきて、Apple Musicは初めてというかたなら、半年くらいまで無料で利用できるようになっているのもミュージックファンへの思いやりですね。

低音が出るイヤホンのおすすめランキング!コスパや音質で比較してみた! | MensModern[メンズモダン]

【充電を素早くしてくれる】

BeatsXの使い方や性能などレビュー④

BeatsXの使い方や性能などレビュー④は、充電を素早くしてくれるところです。毎日忙しくて、朝から晩までお仕事でBeatsXの充電も忘れてしまって充電切れしそうというときでも、BeatsXは素早く充電してくれると言われています。

BeatsXは、お急ぎの際の充電は、5分充電するだけで2時間ほどの再生可能となる魅力があります。朝の身支度中に軽く充電するだけでも、通学・通勤には十分に使える充電が期待できます。

また、BeatsXのバッテリーがあと何パーセントで切れてしまうかも、iPhoneなどのバッテリー表示設定の部分でセッティングしておけば、確認もできるようになっているので、BeatsXはただほイヤホンでは終わらないアイテムとなるでしょう。

ジョギング用イヤホンおすすめ特集!Bluetooth・片耳用など紹介 | MensModern[メンズモダン]

【ペアリングを再度行う際の動作の速さ】

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑤

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑤は、ペアリングを再度行う際の動作の速さです。BeatsXは、iPhoneユーザーにとって嬉しいペアリングしやすい作りになっている魅力があるのもプラスなレビューとなるでしょう。

BeatsXの電源ボタンを1~2秒ほど押すと接続できてしいまいます。また、再度iPhoneとペアリングしたい際も、ほぼすぐに再度ペアリングが完了してしまいます。

BeatsXをiPhone付近に近づけてONにするだけ、ペアリングも完了してしまうようです。iPhoneにロックがしてあるかたは、iPhoneのロックを解除してからの使用になることも忘れてはいけない部分でもあります。

イヤホンをスッキリ収納する方法!おすすめのケースや100均グッズを紹介 | MensModern[メンズモダン]

【イヤーチップを装着すると音質レベルUP!?】

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑥

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑥は、高音質なところです。やはりイヤホンは、高音質でないと始まらないというミュージックファンが殆どです。BeatsXは、付属品のイヤーチップを装着することで高音質になるというレビューが多いです。

購入時のBeatsXのまま音楽を聴いても、高音質に感じたならそれはマッチしているイヤーチップと言われています。何個か付属されているサイズのイヤーチップを試してみて、一番高音質に感じるものを選ぶのも大切なBeatsXの使用時のポイントとなってくるでしょう。

自分の耳にフィットしていないイヤーチップのまま、BeatsXで音楽を聴いてしまうと、音質が悪いというレビューを書きたくなってしまうサウンドになってしまうかたもいらっしゃるようですので、ここは気をつけたほうがいいところです。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめは?騒音を減らす人気製品まとめ | MensModern[メンズモダン]

【イヤーパッドの紛失度を低くする作り】

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑦

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑦は、イヤーパッドの紛失度を低くする作りについてです。BeatsXの特徴として、イヤーパッド部分がマグネットタイプになっています。

マグネットタイプになっていることで、音楽を聴いていない際のBeatsXの収納も左右のイヤーパッドをマグネットでくっつけておくことで、ケースなどに収納する必要なく失くす確立も減らしてくれるでしょう。

また、マグネットで左右のイヤーパッドをくっつけておき、そのまま首に、ぶらさげておくのもいつでも音楽がまた聴けるので便利です。それぞれの使いやすい方法で、音楽を聴いていないときでもスタイリッシュにBeatsXを持ち歩けるのも魅力です。

イヤホンは絡まない巻き方まとめ!痛まない・イライラしない簡単なやり方 | MensModern[メンズモダン]

【スイッチをOFFにする時に手間がかかる!?】

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑧

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑧は、スイッチをOFFにする時に手間が少しかかってしまうというユーザーのレビューも多いです。BeatsXで音楽を楽しんで、音楽が終わってそのままにしておくと、充電の消費はそのまま続いてしまいます。

BeatsXで音楽を聴いていないときには、しっかりスイッチOFFの状態にしておかないと、充電の無駄遣いになってしまい、あっという間にバッテリーがなくなってしまうこともあるようです。

Bluetoothが接続カットとなったときでも、そのままBeatsXのスイッチはOFFにしない限りは、ON状態が続くと言われています。そのため、バッテリーに気をつけて使いたいかたにとっては、少し手間がかかってしまうかもしれません。

イヤホンで重低音のおすすめランキング!コスパ最強・人気の商品は? | MensModern[メンズモダン]

【電源が入っているかの確認について】

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑨

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑨は、電源が入っているのかの確認についてです。BeatsXは、電源が入っているのかどうか少しわかりにくい弱点があると言われています。

話題となっているBeatsXでも、弱点はあるようで、特に使用していない際に首にかけたりバッグに収納しておいたりする時に、電源が入っているのかどうかの確認もしたいときにわかりにくいようです。

ちなみに、BeatsXに電源が入っているときは、LEDライトが白く光った状態になっていますが、このライトが確認しづらいというレビューなども少なくないです。

イヤホンでノイズキャンセリング対応の人気ランキング!最新のおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

【装着時の感触】

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑩

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑩は、装着時の感触です。BeatsXには、イヤホンにつけるウィングチップが装備されています。ウィングチップは、お好みで装着しても装着しないでBeatsXを使用してもOKです。

スポーツ時などに、BeatsXで音楽を聴きながらスポーツを快適にしたいという際には、ウィングチップをつけると外れにくくなるので便利と言われています。ただし、長い間のウィングチップつきのBeatsXを装着していると、耳の疲れというより、かゆみを感じてしまうと言われています。

耳の感触などが敏感なかたにとっては、ウィングチップの利用はBeatsXには向いていないかもしれません。一度試してみて、BeatsXのウィングチップの感触がどうか確認してからの利用がベストとなるでしょう。

イヤホンのイヤーピースの選び方まとめ!特性やおすすめの種類は? | MensModern[メンズモダン]

【防水効果には期待しすぎないほうがいい!?】

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑪

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑪は、防水効果には期待しすぎないほうがいいという点です。BeatsXは、先ほどもご紹介したようにBluetooth対応のイヤホンになります。

Bluetooth対応のBeatsXをスポーツ時に利用するかたも多いです。でも、スポーツをしていると汗もかきますし、水しぶきや急な雨などへの対応も気になるところです。

BeatsXは、便利な機能がたくさんついているものの防水効果に関しては、あまり期待ができないと言われています。

晴れの日のジョギングやウォーキングなら、BeatsXは雨の心配などもなく快適に使えるでしょう。BeatsXは、デザインもスポーツ向きな印象があるため、防水性に優れているようなイメージを持つかたも多いですが、防水機能に関しては期待しないほうがいいようです。

イヤホンでランニング用におすすめは?走りやすい・外れない人気製品は? | MensModern[メンズモダン]

【遮音性が期待できるカナル型】

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑫

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑫は、遮音性が期待できるカナル型という点についてです。BeatsXは、カナル型のイヤホンであるため、公共機関などで周りに迷惑をかけてしまうことを軽減できる遮音性に期待ができます。

また、外出時に歩きながら音楽をBeatsXで聴いている際には、周りの交通状況などにも気をつけないと、遮音性が高いせいか騒音を聞きとることがむずかしくなってしまうので、環境に寄ってはBeatsXを外して行動したほうがいい環境もあります。

ミュージックファンのなかには、カナル型は苦手というかたもいらっしゃいます。カナル型のイヤホンが苦手なかたには、BeatsXは避けたほうがいいとも言われています。特に、ボリュームを大きめにして聴く習慣があるかたにとっては、カナル型となっているBeatsXはおすすめされています。

ランニング用のイヤホンのおすすめは?Bluetoothなど最強イヤホン | MensModern[メンズモダン]

【短めのケーブル】

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑬

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑬は、短めのケーブルについてです。BeatsXは、スポーツ時に使用するかたも多いため、ケーブルは短めに作られているのも特徴です。

Bluetooth対応でも、ケーブルが微妙に長く感じてしまうイヤホンも少なくないですが、BeatsXに関しては、ケーブルも短めに作られているため、移動中の音楽を聴くときや、スポーツ時の音楽を楽しむときでも十分に楽しめます。

イヤホンでハイレゾ対応のものは?人気製品や最新おすすめ・売れ筋を紹介 | MensModern[メンズモダン]

【バッテリー切れ前に通知してくれる】

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑭

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑭は、バッテリー切れ前に通知してくれる機能です。BeatsXで音楽に没頭してしまうと、バッテリーのことなど気にせずにどんどん音楽に没頭してしまうことも多いです。

そんなときのためにも、BeatsXのバッテリー切れ前(10パーセントを切ったとき)に電源のランプで通知してくれるのだけではなく、通知音でバッテリー切れのことを教えてくれる便利な機能がBeatsXについています。

イヤホンの人気ランキングまとめ!高品質でおすすめアイテム・選び方紹介 | MensModern[メンズモダン]

【電源のボタン操作】

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑮

BeatsXの使い方や性能などレビュー⑮は、電源のボタン操作についてです。BeatsXのケーブルは短めにできていて便利と言われていますが、リモコンの電源ボタン操作がしづらいという声もあるようです。

BeatsXの電源のボタン操作をするのに、ちょうど首のあたりの位置に電源を入れるボタンがついているため、押すのにちょっと大変とうかたもいらっしゃいます。

結構BeatsXの電源ボタンのサイズは、コンパクトサイズとなっているため押すのにも大変という弱点もみられるようです。他のBeatsXの機能を考えれば、これくらいは許せるというBeatsXのレビューもありますが、電源はBeatsXの入り口でもあるため、押しにくいのはもうひと頑張りBeatsXにしてもらいたいというレビューもあるようです。

イヤホンやヘッドホンの修理方法・費用まとめ!自分で直すやり方もある? | MensModern[メンズモダン]

「ケーブルの有り無し」AirPodsとBeatsXの違いレビュー①

AirPodsとBeatsXの違いレビュー①は、ケーブルの有り無しです。AirPodsは、BeatsXのようにケーブルがついていません。ワイヤレスとなっているため、そこがまず違いと言えるでしょう。

BeatsXのケーブルは、先ほどもご紹介したように短めにできてはいるものの、完全ワイヤレスがお好みのミュージックファンにとっては、AirPodsのほうがワイヤレスになので使いやすいというかたもいらっしゃいます。

イヤホンを洗濯した時の対処法!水没から復活させる方法やその後の音質は? | MensModern[メンズモダン]

「バッテリー消費と充電」AirPodsとBeatsXの違いレビュー②

AirPodsとBeatsXの違いレビュー②は、バッテリーの消費と充電の違いについてです。AirPodsは、専用の充電ケースがあり、そのケースで充電を15分すると、3時間ほど最大再生時間が可能となります。

それに対し、BeatsXは、先ほどもご紹介したように5分間の充電で2時間ほどの再生時間が可能となっています。AirPodsは、充電ケースがついているため、そこが充電をすぐできる違いとも言えるでしょう。

充電関係に関しては、AirPodsのほうがBeatsXよりも便利という声もありますが、それぞれのライフスタイルに寄っては、短時間で少しの時間でも音楽を楽しめるBeatsXのほうが使いやすいという違いもあるようです。

イヤホンの音が片耳だけ聞こえない時は?原因や簡単な解消法・直し方 | MensModern[メンズモダン]

「自動的な音楽再生停止機能」AirPodsとBeatsXの違いレビュー③

AirPodsとBeatsXの違いレビュー③は、自動的な音楽再生停止機能の違いについてです。AirPodsは、完全ワイヤレスのためリモコン操作というのがありませんが、BeatsXはRemote Talkリモコン付きとなっているため、ここにも違いがあります。

それぞれの好みに寄っても、AirPodsとBeatsXどちらが使いやすいかの違いも出てくるでしょう。音楽再生や停止などのコントロールには、BeatsXのリモコン操作が便利と言われています。

AirPodsには、耳から外しただけで聴いていた音楽も自動的に一時停止にしてくれる機能がついています。これは、BeatsXには残念ながらついていないこともあり、BeatsXにもAirPodsのような自動的に音楽再生停止機能などがあったら更に快適なミュージックタイムを楽しめるという声も多いようです。

イヤホンからノイズが!原因や対処法・音質アップの方法を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

BeatsX以外の注目されているイヤホン・ヘッドホン

BeatsXが発売されてからも、Beatsから発売しているイヤホンは人気が衰えないイヤホンも沢山あります。Beatsはアメリカ生まれで、ミュージシャンやプロデューサーとしても有名なDr.Dre(ドクター・ドレー)氏が生んだオーディオメーカーとしても知られています。

BeatsXに興味があるかたは、BeatsX以外にも人気の、Powerbeats3 Wirelessイヤホンにも興味を持たれるかたが多いようです。20,000円以上するイヤホンではありますが、BeatsXと同じくBluetooth対応であるところも人気の理由の1つとなっているようです。

また、汗などにも強くできているためPowerbeats3 Wirelessは、スポーツ向きのイヤホンと言っても過言じゃないでしょう。

BeatsXはイヤホンになりますが、Beatsのヘッドホンも海外セレブなども利用しているかたが多いです。価格は30,000円以上するため高価ですが、カラーバリエーションも豊富でおしゃれにファッションの一環としてもBeatsをまといたいというかたにおすすめされているBeats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドホン。

Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドホンは、マットブラックを始め、グロスブラック、グロスホワイト、シルバー、ゴールド、ローズゴールド、マットシルバー、マットゴールド、レッドの9色展開となっています。耐久性にも優れていて、耳へのフィット感にも優れているヘッドホンになります。

イヤホンの種類や選び方は?基本の形からおすすめ機種まで徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

BeatsXで音楽がそばにあるライフスタイル

BeatsXのレビューは、様々な機能があるだけにやはりプラス面が多いです。弱点もありますが、ミュージックファンにとってBeatsXは新しい音楽を楽しむためのアイテムに欠かせないイヤホンと言っても過言じゃないでしょう。

AirPodsとの違いなどにも注目されるBeatsXのレビューをチェックし、是非BeatsXにご興味あるかたは、機能など参考にしてみて楽しいミュージックライフにつながること願っております。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ