会社の役職一覧!順位・序列や役割など社会人が知っておきたいことまとめ

会社における役職一覧にはどんなものがあるのでしょうか?序列や役割など、社会人である以上、知っておくととても重宝するべき情報だと言えるでしょう。社長はどれくらい偉いのか、次長と課長はどちらが上なのか、会社における役職の順位と役割を解説します。

会社の役職一覧!順位・序列や役割など社会人が知っておきたいことまとめ

目次

  1. 会社の役職一覧を紹介!序列や役割も解説!
  2. 会社の役職の順位を知っていますか?
  3. 会社における役職の役割
  4. 日本の会社における役職一覧
  5. 日本の会社における役職の序列
  6. 海外の会社における役職の一覧
  7. 会社における役職の順位をしっかり理解しておくべき!
  8. 会社員ならば役職者を目指すべき
  9. 役職は会社を支える大切な存在
  10. 会社の役職一覧のまとめ

会社の役職一覧を紹介!序列や役割も解説!

サラリーマンの出世の指標として示されるものといえば、役職です。会社には様々な役職が存在し、役職につけば「役職手当」など給与にも反映され、その分責任も多くなります。自社の場合の上下関係はもちろんですが、クライアントの会社の担当者の役職を知る上でも、「この人は会社のどのポジションなのか」というのが、名刺の役職をみれば一発で理解することが可能です。

しかし、社長や専務などの取締役ならわかりますが、「部長?次長?どっちが偉いの?」と迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、会社における役職の一覧の紹介と、役職の順位、役割などを解説してご紹介します。

会社を設立するメリットとは?起業までの手順や費用・期間など疑問を解決 | MensModern[メンズモダン]

会社の役職の順位を知っていますか?

会社のおける役職の順位を理解している人は、どのくらいいるのでしょうか?上場しているような企業と、上場していない中小企業とでは、会社の規模によって役職の有無があります。なので、あまり馴染みのない役職が存在する会社も多いことでしょう。

会社というのは、経営を担当する社長などの役員をトップとし、その下の執行役員、そして一般の従業員と、それぞれの責任の大きさによって、序列が存在しており、序列の中にさらに順位がつけられます。部活動などを例に挙げると、部長=社長、副部長=副社長、専務etc、各学年のリーダー=執行役員、部員=従業員というイメージです。

会社において役職の順位とは、責任の大きさを表すものであり、順位が高ければ高いほど、意思決定権を持つことになりますが、当然その分失敗したときの責任を持つ必要があると考えられます。

おしゃれオフィスまとめ!こんな会社で働きたい!【日本の絶景】 | MensModern[メンズモダン]

会社における役職の役割

会社における役職の役割には、役職によって様々です。しかし、どれも会社において重要な役割を担う存在であることは、言うまでもありません。従業員レベルの役職であれば、実務の意思決定はもちろん、グループのマネージメントや人材育成という、会社の未来を担うべき社員を育てることも大切な役職者の仕事だと言えるでしょう。

一方で、執行役員や役員になると、実務の部分以外に、会社全体の方向性や会社の経営方針、新規事業の立ち上げなど経営に携わるべきレベルの案件の責任を持つ役割を担うこととなります。やりがいはもちろんありますが、その分責任も大きく、役割が大きくなればなるほど、会社の資産を扱う機会が多くなると言えるでしょう。

日本の会社における役職一覧

では、日本の会社では、一体どのような役職があるのでしょうか。経営陣における役職では、会長、社長、副社長、専務、常務という役職があります。常務以下の取締役は「平取」と呼ばれ、経営陣に参画はしていますが、実務と経営の両方を担当するケースが多いようです。

例えば、取締役経営本部長や取締役営業本部長など、会社独自の役職がつくケースも多く見られます。以下、従業員では、1つの部を取り仕切る部長をトップとして、部長をサポートする次長が存在します。あとは、どんどん規模が縮小し、課長、係長、主任など、小さなチームをまとめる人役職が振り分けられている会社がほとんどでしょう。

日本の会社における役職の序列

基本的に会社の役職の序列は、前述した役割一覧の通りになります。しかし、取締役には様々な制約があり、一部上場企業の場合、株主総会という、株主が会社のトップという位置づけで序列がスタートします。

株主総会の次は、外部の人間が監査役としてはいり、次に取締役会が存在します。基本的には、上場会社では個人ではなく株主総会や取締役会といった、団体がトップとなっており、その次初めて個人として社長がトップにくる序列がほとんどです。会長や相談役は、会社によって扱いは様々ですが、ほとんどの場合代表権は持っていない取締役というケースが多く見られます。

これは副社長にも同じことが言え、あくまで経営陣の序列としては、社長→専務→常務→取締役となっている場合が多いです。社長は一般的な呼称であり、基本的には「代表取締役」いう方が気になります。その他の役職者は、「専務取締役」「常務取締役」という代表権を持たない役職者はこのようになります。

中小企業では、社長の一人代表取締役の場合が多くありますが、会社が大きくなると副社長や専務も代表権を持った取締役の場合が多く、その場合は「代表取締役専務」や「代表取締役副社長」というような役職となり、序列は社長より下にはなりますが、登記上はほぼ変わらないと言ってもいいでしょう。

役員以下となると、(本部長)→部長→次長→(室長)→課長→(主幹)→(主査)→係長→主任というような序列となります。かっこの役職に関しては、ほとんどの会社には存在しない役職ですが、稀に役職を作っている会社があるので、知っておくと良いでしょう。

幼稚園役員の仕事とは?役割や役職・やっておくと良いメリットを紹介! | MensModern[メンズモダン]

海外の会社における役職の一覧

最近は、日本の企業でも海外の役職を名刺に記載する会社が増えてきています。日本の会社における役職の序列はわかっても、海外の役職と順位はなかなかわからないと人が多いのではないでしょうか。アメリカの場合、トップはCEOになります。日本でいう所の社長に当たり、経営の全責任を負う立場となっています。

次にCOOとなります。これは、副社長、専務のポジションとなり、会社の執務を行う役職となります。以下CAO・CAO・CFO・CSO・CKO・CLO・CMO・CIO・CTO・CAO・CISOなど、挙げればキリがありません。アメリカの序列の場合、基本的には上下関係などの順位や存在せず、それぞれの部署や役割に応じた最高責任者を作り、それ相応の責任や役割を担うという形になります。

あくまでもCEOとCOOが会社にとってのNo,1、2であり、それ以下のC○Oは、基本的には平等、プロジェクトに応じて順位が入れ替わるイメージです。C○Oは、基本的に日本でいう部長に該当する場合が多く、あまり役員などには入っていない場合と、役員でありながら実務を担当している場合も多いようです。

会社における役職の順位をしっかり理解しておくべき!

日本の大手企業や昔から続く会社の場合は、基本的に日本の会社における役職で表記されていることがほとんどです。また、役職における順位も決まっており、当然順位が高い役職者の方が、会社における意思決定の能力が高いことを意味します。

主任よりも係長、係長より課長の方が当然責任も役割も多いので、営業先の会社に対してのアプローチも、対応窓口の役職によって変える必要があると言えるでしょう。

会社員ならば役職者を目指すべき

会社員として働くのであれば、当然役職者を目指すべきだと言えるでしょう。自身の報酬に直結することももちろんですが、役職に就くことで当然責任も大きくなり、任される役割も増えます。そうすることで、仕事に対するモチベーションや会社にとっての責任なども芽生え、ビジネスマンとして一歩上のレベルに上がることができると言えるでしょう。

当然、役職なんて就きたくないという人がいて、そういう自由な生き方も素晴らしいとは思います。しかし、やはり会社という組織に属している以上、役職についてマネージメントを行える立場になった方が、別の観点か会社を観ることができるでしょう。

役職は会社を支える大切な存在

役職に就くというのは、会社から必要とされている存在である、会社を支えてくれる人材だと評価されている証でもあります。その分、プレッシャーも感じるでしょうが、やりがいも大きくなることでしょう。役職は、会社を支える大切な存在です。当然その分、会社からの期待も大きいと言えるでしょう。

大企業になればなるほど、役職に就いて、偉くなればなるほど身動きが取りにくくなる場合も当然あるでしょう。会社を支える大きな存在となるでしょう。

会社の役職一覧のまとめ

会社の役職についてまとめました。日本の会社における役職と、海外の会社における役職では、若干ニュアンスは違いますが、それでも責任が多く存在するということは共通していることです。会社員として働く以上、やはり役職に就くことは目標として持つべきです。独立を希望している人でも、役職に立って働くことで、新しい視点を持つことができるでしょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ