トリートメントの正しい使い方!自宅でも効果がアップするポイントは?

自宅で簡単にできる正しいトリートメントの使い方のポイントや効果についてまとめました。効果的に自宅でトリートメントを使用するには正しい使い方のポイントを知っておくことが大切。トリートメントの正しい使い方のポイントをチェックして自宅で効果的に使用していきましょう!

トリートメントの正しい使い方!自宅でも効果がアップするポイントは?

目次

  1. トリートメントの効果的な正しい使い方を知りたい!
  2. トリートメントとはそもそも何?
  3. トリートメントとコンディショナーの違いは?
  4. 洗い流すトリートメントの正しい使い方を知ろう
  5. トリートメントの効果的な使い方はシャンプーの後で
  6. 自宅でトリートメントの効果を浸透させる正しい使い方
  7. 自宅で実践したい正しい使い方のポイント
  8. トリートメントの効果をアップさせる使い方のポイント
  9. トリートメント後のコンディショナーを使って効果アップ
  10. 自宅で簡単に使える洗い流さないトリートメント
  11. 洗い流さないトリートメントの正しい使い方は?
  12. トリートメントした後に取り入れたいドライヤーの使い方
  13. トリートメントの効果を上げる正しい使い方のポイント
  14. トリートメントを自宅で使う頻度のポイント
  15. 正しい使い方でトリートメントを自宅で活用しよう

トリートメントの効果的な正しい使い方を知りたい!

髪の毛のケアに欠かすことができないトリートメント

「最近、髪の毛が傷んでいるなあ……」という場合に役立つのがトリートメント。トリートメントといえばヘアケア用品の代表的なものですが、実際に正しい使い方でトリートメントが使えているでしょうか?せっかく品質の高いトリートメントを持っていたとしてもトリートメントの使い方のポイントを知らないとその効果をしっかりと発揮させることができません。

自宅でも簡単にヘアケアをしたい場合はトリートメントの正しい使い方を知っておくことが重要になります。トリートメントとコンディショナーとの違いや、どの順番でトリートメントを使えば良いのかなどを知っておけばトリートメントの効果をさらに発揮させることができるので取り入れておきたいですね。トリートメントを活用して自宅でヘアケアを行いませんか?

トリートメントの正しい使い方のポイントをチェックしよう

「トリートメントの正しい使い方とはどんなもの?」「トリートメントはどうすれば効果的に使える?」といった場合に役立つトリートメントの正しい使い方についてまとめました。トリートメントの効果をしっかりと発揮させるためにはどの順番でどのようにトリートメントを使えば良いのか知っておく必要があります。自宅で簡単にできるトリートメントの使い方をチェックしましょう。

トリートメントとはそもそも何?

髪の毛の内部に栄養や油分を与える

トリートメントを正しく使うためには、トリートメントとはそもそもどんなものなのか知っておくことが重要なポイント。トリートメントとは、髪の毛の内部に栄養や油分、水分を与える働きを持ったヘアケア商品です。人の髪の毛はタンパク質などの栄養が不足すると髪の毛がパサパサとした状態になるのが特徴。そういった髪の毛の傷みを修復できるのがトリートメントです。

トリートメントを使うことによって髪の毛に不足した栄養を補い、ツルツル&サラサラな状態にすることができるようになります。水分や油分が足りない髪の毛はパサつくのと同時にスタイリングにも悪い影響を与えてしまうので、髪が傷んできたらぜひトリートメントを行っていきたいですね。いつまでもきれいな髪の毛をキープするためにも大切です。

特に傷んだ髪に効果的

トリートメントは特に傷んだ髪に使うのが効果的です。男性の場合、短くカットする場合が多いので髪の毛の痛みはあまり気にならないことが多いかもしれませんが、カラーリングを頻繁に行う人は髪の毛が傷みやすいので男性でもしっかりとトリートメントをすることが重要。トリートメントをすることでカラーリングによって傷んだ髪を修復することができます。

トリートメントとコンディショナーの違いは?

コンディショナーは髪の毛の表面を保護する使い方が一般的

トリートメントと並んでよく使われることが多いのがコンディショナー。実はコンディショナーとトリートメントの違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。コンディショナーとトリートメントの根本的な違いを理解しておけば、効果的に使用することができるようになるのでぜひ知っておきたいですね。

コンディショナーの主な役割としてあげられるのが、髪の毛の表面を保護するということ。髪の毛の表面に不足した油分や水分を補い、キューティクルを整えるのがコンディショナーの働きです。コンディショナーでコーティングすることで水分や油分が抜けるのを防ぎ、髪の毛を保護するのが特徴。髪の毛の内側に栄養を与えるトリートメントとは根本的な違いがあります。

それぞれ違う使い方で効果的に使うことが大切

トリートメントは栄養を内部に浸透させる役割、コンディショナーは髪の毛の表面を保護する役割を果たしてくれます。このようにトリートメントとコンディショナーには大きな違いがあるので、それぞれ正しい使い方で効果的に取り入れることが重要なポイント。髪の毛のケアをしっかりとしたい場合は正しい使い方を取り入れて効果を発揮させていきましょう。

トリートメントとコンディショナーの違いは?意外と知らない正しい使い方 | MensModern[メンズモダン]

洗い流すトリートメントの正しい使い方を知ろう

一般的に使われている洗い流すタイプのトリートメント

それでは、まずは洗い流すタイプのトリートメントの使い方についてチェックしていきましょう。洗い流すタイプんトリートメントは一般的によく使われているタイプになります。その名前の通り、トリートメントをつけてから洗い流すのでお風呂場の中で全てのケアを完結させることができるのが特徴。気軽に自宅でヘアケアをしたい場合に最適です。

トリートメントの効果を引き出す使い方を取り入れよう

トリートメントの役割を理解し、正しい順番で活用することでトリートメントの効果を取り入れることができるようになります。誤った順番や使い方をすると逆効果になることもあるので気をつけてくださいね。「最近、髪の毛が傷んでパサパサしている……」という場合は正しいトリートメントの使い方をチェックして、効果を発揮させていきましょう!

トリートメントの効果的な使い方はシャンプーの後で

シャンプーをして水気をしっかり切る

それでは、トリートメントの効果的な使い方を見ていきましょう。トリートメントは基本的にシャンプーの後で使用します。シャンプーを使って頭皮を清潔な状態にしたらトリートメントをつけてくださいね。トリートメントをつける前にしっかりと水気を切ることが大切なポイント。水気を切らないとトリートメントが水で流れて効果を実感しにくくなってしまいます。

毛先からトリートメントをつけていくと効果的

水気がとれたら手のひらにトリートメントをなじませて、傷みが気になる毛先からトリートメントをつけていきましょう。傷みが気になる箇所を中心につけていくことで、トリートメントの効果を実感することができます。毛先につけたらその他の部分にもトリートメントを揉み込んで広げていきましょう。ムラにならないように揉み込んでいくのがポイントです。

自宅でトリートメントの効果を浸透させる正しい使い方

5分ほどおく

トリートメントの主な役割は髪の毛に必要な栄養を内部に浸透させることにあります。なので、トリートメントをつけたらすぐに洗い流さずにしばらくおくようにしましょう。だいたい5分ほどおけば良いですが、トリートメントのパッケージにおく時間が表示されている場合はそれに従ってください。時間をおくことによってトリートメントが浸透し、効果が出やすくなります。

ぬるま湯でしっかりすすいで完了

時間が経過したらぬるま湯を使ってトリートメントを洗い流していきましょう。トリートメントをすすぐ場合は、ぬるっとした感触がなくなるまでしっかりとすすぐのがポイントになります。トリートメントのすすぎ残しがあると髪の毛に付着した状態が続き、かゆみやフケといったトラブルを引き起こす場合があるのでちゃんとすすぐように意識してくださいね。

市販のトリートメントでおすすめは?人気ランキング・口コミを徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

自宅で実践したい正しい使い方のポイント

トリートメントをつける時に毛先をこすらない

洗い流さないタイプのトリートメントをより効果的に使いたい場合のポイントについてもチェックしていきましょう。まず気をつけておきたいのがトリートメントをつけるときに毛先をこすらないこと。毛先をこすってしまうと、傷んだ部分に余計な刺激が加わってしまうので注意が必要です。髪の毛をいたわるようにトリートメントを優しく揉み込んでいきましょう。

トリートメントは頭皮につけない

トリートメントは頭皮につけないことも大切になります。頭皮にトリートメントが残ったままになると余計な油分が頭皮にたまり、フケやかゆみといったことに繋がってしまう可能性があるので気をつけてくださいね。トリートメントは基本的に髪の毛のみにつけます。毛先を中心になじませて、傷んだ箇所を修復するためにトリートメントを使っていきましょう。

トリートメントの効果をアップさせる使い方のポイント

トリートメントを浸透させるためにクシを使う

トリートメントの効果をより発揮させるためにおすすめなのがクシを使う方法です。トリートメントを髪の毛になじませてからクシですくことによって、トリートメントが全体になじみやすくなるのでおすすめ。クシは細めのタイプを選びましょう。クシを使う場合、毛先がからまったら無理をしてとかさずにほぐしていくことも重要です。

傷みが気になるときは蒸しタオルで包むのがポイント

髪の毛の傷みがとてもきになる場合は、トリートメントを浸透させている間に蒸しタオルを使いましょう。濡らしたタオルを電子レンジで数十秒加熱して温めた蒸しタオルを傷みが気になる箇所を中心に包んでいきます。その状態で髪の毛をおいておくことによってトリートメントが髪の毛に浸透させやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

トリートメント後のコンディショナーを使って効果アップ

コンディショナーで髪の表面を保護するのがポイント

トリートメントで髪の毛に浸透させた栄養を逃さないためにおすすめなのがコンディショナーを使う方法。コンディショナーは髪の毛を保護し、水分や油分を逃さないコーティング剤の役割を果たしてくれるのでトリートメントの後につけることで栄養を逃さずにキープすることができます。トリートメントが終わったらコンディショナーをつけて仕上げていきましょう。

髪の毛が重たく感じる場合はトリートメントだけでOK

ただし、トリートメントの中にはコンディショナーと同じような役割も果たしてくれるタイプもあるのでコンディショナーを併用して髪の毛全体が重たくなってしまった場合はトリートメントだけで大丈夫です。自分の髪の毛の様子を見ながらどういった組み合わせ方をすれば良いのか見つけていきましょう。

自宅で簡単に使える洗い流さないトリートメント

熱による傷みを保護できるオイルタイプのトリートメント

洗い流すタイプのトリートメントが一般的に使われていますが、より気軽にトリートメントを使いたい場合におすすめなのが洗い流さないタイプのトリートメントです。洗い流さないタイプなので、髪の毛につけたらすすがなくで良いのが嬉しいポイント。ドライヤーによる熱から髪の毛を守りたい場合におすすめなのがオイルタイプの洗い流さないトリートメントです。

自宅で簡単に保湿効果を発揮するミルク&ミストタイプのトリートメント

「髪の毛の保湿をしっかり行いたい!」という場合におすすめなのがミルクタイプのトリートメント。髪の毛に水分を与え、潤いのある髪質へと導いてくれます。ミストタイプも保湿効果が高いのでおすすめ。ミストタイプのトリートメントはヘアスタイリング前に髪の毛を整えるためにも使うことができるので、気軽に活用してみてはいかがですか。

トリートメントは洗い流さないのが人気!メンズも使えるおすすめ商品は? | MensModern[メンズモダン]

洗い流さないトリートメントの正しい使い方は?

シャンプー&リンス後にタオルドライ

それでは、洗い流さないタイプのトリートメントの使い方についてチェックしていきましょう。まずはシャンプーをして頭皮を清潔にしてから、リンスやコンディショナーを使って髪の毛の状態を整えていきます。それが終わったらタオルドライをしてしっかりと水気をとってくださいね。タオルドライをする場合はあまり髪の毛をこすらないのもポイント。

トリートメントを揉み込む

タオルドライが終わったら、洗い流さないタイプのトリートメントを揉み込んでいきます。普通のトリートメントと同様に傷んだ毛先を中心に優しく揉み込んでください。髪の毛をこすらないようにトリートメントを揉み込んだらOKです。

トリートメントした後に取り入れたいドライヤーの使い方

自宅のドライヤーは10〜20cmほど離してあてる

トリートメントが終わったら、ドライヤーで乾かしていきます。ドライヤーの熱が近すぎると髪の毛が傷む原因になってしまうので、ドライヤーは10〜20cmくらい離して使うのがポイント。こうすることでドライヤーの熱による直接的な影響をおさえることができます。

内側にドライヤーの熱が入るようにする

ドライヤーをかける時にやってしまいがちなのが、表面だけを乾かしてしまうということ。表面だけ乾かして内側が乾いていないと寝癖や髪の毛の傷みに繋がってしまうので気をつけましょう。襟足の部分など、髪の毛の内部にも温風がいきわたるように意識すると効率的に乾かすことができます。

トリートメントの効果を上げる正しい使い方のポイント

トリートメントは分量を守る

トリートメントはパッケージに記載されている分量を守りましょう。少なすぎると効果を発揮できませんし、多すぎると栄養過多で髪の毛がベタついてしまう可能性があります。分量を守って活用してみてくださいね。

髪の毛を濡らしたままにしない

髪の毛を濡らしたままにしないことも大切。せっかくトリートメントをしたのに髪の毛が濡れた状態のまま寝てしまうと頭皮に細菌がたまりやすくなってしまいます。ドライヤーで乾かして清潔な状態にしてはじめてヘアケアが完了するので、濡れたままにしないように気をつけてくださいね。

トリートメントを自宅で使う頻度のポイント

髪の様子を見て週に1回ほど

トリートメントには高いケア効果があるので、使用する頻度はだいたい1週間に1回程度で良いのではないでしょうか。トリートメントのパッケージに使用頻度が記載されていることがほとんどなので、それを参考にしながら頻度を決めてくださいね。

毛先の傷みが気になる時に活用しよう

トリートメントは特に髪の毛の傷みが気になる場合に効果的です。髪の毛の傷み具合に合わせて使用する頻度を考えていきましょう。カラーリングなどで傷みがひどい場合は週に2回にしたり、髪の毛の状態がよければ2週間に1回にするなど調整してみてください。

正しい使い方でトリートメントを自宅で活用しよう

トリートメントは基本的な使い方さえチェックしておけば、簡単に活用することができるので髪の毛の傷みが気になる場合はぜひ活用していきたいですね。いつまでも生き生きとした状態をキープしたい場合にトリートメントが役立つので、ぜひ正しい使い方でトリートメントを使っていきましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ