今回は、パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合う服選びのポイントをご紹介します。パーソナルカラーについての基礎知識と共に、パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方の特徴もまとめてみました。自分に似合う色を知ることで、おしゃれの幅を広げてみませんか?

パーソナルカラーオータム(秋)タイプのコーデに似合う色は?

目次

  1. パーソナルカラーって男性用もあるの?
  2. パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の特徴
  3. 黄色が含まれる色味が似合うオータムタイプ(秋)
  4. 強い色でアクセントをつけた着こなしが似合う
  5. オータムタイプ(秋)におすすめのビジネススーツは?
  6. ベージュからブラウン系の色味のスーツでシックに装う
  7. オータムタイプ(秋)はネイビーのスーツをこう着こなす
  8. 大人シックなカジュアルコーデに挑戦しよう
  9. さし色に使いたい色はこっくりとした秋色!
  10. パーソナルカラーを知っておしゃれの幅を広げよう!

パーソナルカラーって男性用もあるの?

個人個人に似合う色を導き出すパーソナルカラーのメソッド

雑誌などでもよく特集されている「パーソナルカラー」をご存じですか。生まれ持った肌や瞳の色から、個人個人に似合う色を導き出すメソッドとして、アメリカで誕生した考え方です。これまでは、女性のメイクの色選びなどに活用されてきたパーソナルカラーですが、男性にも効果があることが知られるようになりました。

四季にタイプ分けされているパーソナルカラー

アメリカで生まれたパーソナルカラーのメソッドは、顔や肌の色をイエローベースとブルーベースの2つに分類し、さらにそれぞれを2つに分ける4シーズン法が主流です。四季に合わせたネーミングはキャッチ―で覚えやすいですね。インターネット上には手軽にパーソナルカラーが診断できるサイトもありますので、ぜひチェックしてみてください。

初対面での印象を左右するパーソナルカラー

男性のためのパーソナルカラーメソッドは、主に服装選び、コーディネート術に適応されています。ビジネスのシーンでは、取引先の方や職場の上司や部下にどうみられるのか、という印象がとても重要ですね。仕事ぶりを見てもらう前に、まず第一印象を良くしたいと考えるビジネスマンも多いのではないでしょうか。そんな時に、パーソナルカラーが役に立つのです。

パーソナルカラーを使ってポジティブで洗練されたイメージを演出しよう

男性の場合、服やネクタイの色選びによって、顔色をよく見せたり若々しくポジティブなイメージを相手に与えることができます。プライベートなシーンでも、よりおしゃれで洗練された印象を演出するために、パーソナルカラーを知り似合う色を身につけてみましょう。今回は、パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)と診断された方に似合う色やコーディネートをご紹介していきます。

パーソナルカラー診断・男性編!自分に似合う色の見つけ方は? | MensModern[メンズモダン]

パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の特徴

オータムタイプ(秋)の肌色の特徴は

パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の特徴を見ていきましょう。まず、肌色は黄色みを帯びたイエローベース。ゴールドが混じったような強い色味の方もいらっしゃいます。見た目の第一印象は、落ち着きがあってシックな雰囲気。秋の陽だまりのような温かみもあるでしょう。

ナチュラルシックとスパイシーリッチがあるオータムタイプ(秋)

パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方には、実は2つのパターンがあります。1つは、穏やかで落ち着きのあるナチュラルシック。もう1つは大人メンズのワイルドな雰囲気が感じられるスパイシーリッチ。どちらも、軽くちゃらちゃらした雰囲気はなじみにくく、重厚感や高級感のある物が似合うタイプです。

黄色が含まれる色味が似合うオータムタイプ(秋)

ダークでハードなカラーが似合う

パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合う色は、黄色が含まれる色味。中でも、暗い色や濃い色、つまりダークでハードな色が似合うのです。秋のイメージそのままに、オレンジやグリーン系の色も肌なじみがいい色。明度は低めから中程度のカラーを選ぶとよいでしょう。

深みのある色はぬくもり感を伝えてくれる

パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合うオリーブやモスグリーン、マスタードにテラコッタといった深みのある色は、ぬくもり感を伝えてくれる色でもあります。まさに、秋の色といえますね。

パーソナルカラースプリング(春)タイプのコーデに似合う色は? | MensModern[メンズモダン]

強い色でアクセントをつけた着こなしが似合う

オータムタイプ(秋)のベースカラーはアースカラーがおすすめ

パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合うベースカラーは、ベージュやカーキなどのアースカラー。豊かな実りを感じさせる豊穣な土の色や、豊かに生い茂る常緑、さらに刻々と色づく紅葉の色など、天然の秋色が映えるベースカラーとなります。

オレンジ・イエロー系でくっきりとしたコントラストを

穏やかでナチュラルな印象のアースカラーに合わせたいのは、くっきりとしたコントラストが生まれる強い色。オレンジレッドやトマトレッドのような深みのあるカラーは、着こなしのアクセントとして活躍してくれます。

オータムタイプ(秋)におすすめのビジネススーツは?

こっくりと深いフォレストグレーンがオータムタイプ(秋)を魅力的に

それではここから、パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合うビジネススーツについてご紹介していきましょう。上述のように、オータムタイプ(秋)の方に似合うのは、アースカラー。グリーン系のスーツは、日本のビジネスシーンではあまりなじみがありませんが、深みのあるフォレストグリーンやモスグリーンのスーツは、落ち着きを感じさせます。

シックでクラシカルな着こなしが似合うオータムタイプ(秋)

上述のように、パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合うスタイルは、シックでクラシカルな着こなし。ビジネススーツにおいても、落ち着いた雰囲気を漂わせたコーディネートがおすすめです。深みのある色をベースカラーに選ぶことで、知的なイメージもプラスされます。

オリーブグリーンのスーツで知的に装う

パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方におすすめしたいグリーンはまだあります。黄色みが含まれているオリーブグリーンのスーツは、落ち着きがあって知的な印象を見る人に与えてくれます。ネクタイにはオレンジが入ったものを選ぶと顔周りが明るく見えるでしょう。

パーソナルカラーのサマータイプ(夏)に似合うカラーコーディネート! | MensModern[メンズモダン]

ベージュからブラウン系の色味のスーツでシックに装う

オータムタイプ(秋)の特徴を活かすベージュのスーツ

続いて、パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方におすすめしたいスーツの色味はベージュからブラウンへのグラデーション。ベージュは薄すぎずスモーキーなトーンが大人らしいシックな印象を与えてくれます。明るいキャメルもパーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合う色です。

オレンジが入ったスパイシーなテラコッタカラー

こちらはオレンジが含まれているような、テラコッタカラー。ゴールドブラウンのネクタイを合わせたグラデーションコーデが決まっています。シャツの色は、真っ白だと青みを感じることがあるため、アンティークホワイトや生成り色のものを選ぶとよいでしょう。

大人メンズのオータムタイプ(秋)なら、チョコレートブラウン!

ダークチョコレートのような色合いのチョコレートブラウンのスーツは、大人の品格を感じさせる色。深みのあるブルーとの組み合わせが、洗練された着こなしを作り上げます。

オータムタイプ(秋)はネイビーのスーツをこう着こなす

オータムタイプ(秋)の苦手な色を克服するには

パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方は、実はネイビーが苦手色。顔色が青白く見えてしまうのです。けれど、ネイビーにはかなり色相の幅があることをご存じでしょうか。日本の色名で言うところの「鉄紺」のようなグリーンが入ったトーンなら、オータムタイプ(秋)の方でも安心です。Vゾーンには紫を感じるブルーのシャツを合わせてみてはいかがでしょう。

はっきりと鮮やかなブルーのシャツで顔色を明るくする

こちらはタキシードのコーディネートアイデアですが、色の選び方の参考にしてみましょう。パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方がネイビーのスーツを着用する場合は、上述のようにネクタイやワイシャツの選び方で顔周りを明るくすることが可能。オータムタイプ(秋)の方には、ターコイズやティールブルーのような鮮やかな青や黄みを帯びたグレーがおすすめです。

パーソナルカラーのウィンタータイプ(冬)の人のおすすめコーデは? | MensModern[メンズモダン]

大人シックなカジュアルコーデに挑戦しよう

パーソナルカラーの特徴を活かして

続いてパーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合うカジュアルなコーディネートをご紹介していきましょう。ビジネススーツの着こなしと同じく、カジュアルなスタイルであってもきちんとした服装を選ぶと、オータムタイプ(秋)の方の特徴を活かすことができます。襟のあるポロシャツやボタンダウンシャツがおすすめです。

オータムタイプ(秋)の方にはチノパンがおすすめ!

パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方のカジュアルスタイルには、チノパンがおすすめです。温かみのあるベージュやこっくりとしたマスタード、明るいキャメルなどのカラートーンが、ナチュラルで落ち着きのあるオータムタイプ(秋)の特徴を上手に引き出してくれるでしょう。

ウォームグレーのセットアップ

カジュアルなスタイルでもきちんとしたクラシカルな装いが似合うオータムタイプ(秋)の方。黄色みがあるウォームグレーのセットアップをノーネクタイでさらりと着こなして。インナーにはトーンがそろった同系色や、やわらかい印象のベージュがおすすめです。

さし色に使いたい色はこっくりとした秋色!

「トマトレッド」は深みのあるオータムカラー!

最後に、パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合うさし色をいくつかご紹介しましょう。どの色も、こっくりと深みのある秋色です。たとえば、こちらのシューズはトマトレッドと呼ばれる赤。ダークな色味が落ち着いた印象を与えてくれます。

小物で取り入れる「スパイシーオレンジ」

秋の実りを連想させる「スパイシーオレンジ」も、パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合うさし色の1つ。オレンジ系ではほかに、パンプキンオレンジやオレンジレッドもおすすめです。主張の強い色なので、小物などで少量遣いをしてもコーディネートのアクセントになってくれるでしょう。

澄んだ秋空のような「ティールブルー」

秋の澄み切った空の色のような「ティールブルー」も、パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合うさし色の1つ。ティールブルーのネクタイは、明るく温かみのあるベージュのスーツのVゾーンを華やかに装います。

こっくりと深い秋色アイテムを組み合わせて

こちらは、パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方に似合う秋色コーディネート。こっくりとしたマスタードイエローのコート、深みのあるグリーンのトップス、そしてディープなバイオレットのボトムスと、どれもはっきりとしたハードなカラー。秋色という共通項が、それぞれの色を上手に引き立てています。

パーソナルカラーを知っておしゃれの幅を広げよう!

パーソナルカラーがオータムタイプ(秋)の方の特徴と似合う色、コーディネートアイデアをご紹介しました。落ち着きがありシックな印象を与えるオータムタイプ(秋)の方は、アースカラーをベースに強い色を組み合わせることでリッチなイメージをプラスできます。クラシカルで重厚なスタイルがなじむので、カジュアルなシーンでも襟付きシャツやジャケットを楽しみましょう。


評価 4.3/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ