パーソナルスペースの広い人の性格や距離感についてまとめました。パーソナルスペースが狭い・広いによって距離感や好意の伝え方は変わってきます。パーソナルスペースの広い人の性格をチェックして、相手との距離感や好意について知っていきましょう。

パーソナルスペースの広い人の特徴とは?距離感で考え方や好意がわかる?

目次

  1. パーソナルスペースの広い人の性格を知りたい
  2. パーソナルスペースとは
  3. パーソナルスペースの距離感はどんなもの?
  4. パーソナルスペースが広いとはどういう性格?
  5. パーソナルスペースが広い人にはこんな性格の特徴も
  6. パーソナルスペースが狭い人の性格は?
  7. パーソナルスペースが広い人は性格を知ることが大切
  8. パーソナルスペースが広い人がされて嫌なことは?
  9. パーソナルスペースが広い人に好意を伝えるには
  10. 徐々にパーソナルスペースに近づくようにする
  11. パーソナルスペースが広い人の時間を奪わない
  12. 束縛をしないことも好意を伝えるには大切
  13. パーソナルスペースが狭い人が広い人と付き合うには
  14. パーソナルスペースが広い人の好意の見せ方
  15. パーソナルスペースの広い人の性格を知っておこう

パーソナルスペースの広い人の性格を知りたい

パーソナルスペースと広い人と狭い人がいる

世の中にはいろいろな性格の人がいますが、相手と良い関係を築くために大切になってくるのがパーソナルスペースを用いた距離の取り方になります。パーソナルスペースは個人によって違うことが多く、広い人や狭い人がいるので相手のパーソナルスペースがどうなっているのか考えながら接していくことが重要になるのではないでしょうか。

パーソナルスペースが広い人に対して、パーソナルスペースが狭い人と同じような接し方をすると相手の負担になってしまうことがあります。「もうちょっと距離感を持って接して欲しいな」とパーソナルスペースが広い人が思ってしまったら、せっかく好意を伝えたいと思っていても逆効果になってしまうので気をつけておきたいですね。

パーソナルスペースの広い人の性格や好意の伝え方をチェックしよう

「パーソナルスペースの広い人と狭い人の違いってどんな物?」「パーソナルスペースが広い人との距離の縮め方を知りたい!」という場合に役立つパーソナルスペースが広い人の性格や距離の縮め方についてまとめました。パーソナルスペースが広いと感じたら、その人にあった接し方が大切になります。パーソナルスペースが広い人との付き合い方をチェックしましょう!

気になる人ができたら?距離を縮めるコツや効果的なアプローチ方法 | MensModern[メンズモダン]

パーソナルスペースとは

パーソナルスペースとは心理的な縄張り

それでは、そもそもパーソナルスペースとはどんなものなのでしょうか?パーソナルスペースとは、簡単に言うと心理的な縄張りになります。実際は目に見えなかったとしても、自分にとっての心理的な縄張りがあり、それが広いか狭いかによって相手との接し方が異なってくるのが特徴。パーソナルスペースが広い人は心理的な縄張りが広いということになりますね。

パーソナルスペースは広い人と狭い人がいある

パーソナルスペースの取り方は人それぞれで異なってきます。生まれ育った環境や考え方、性格などでパーソナルスペースの広い・狭いが分かれてくるのですべての人が自分と同じようなパーソナルスペースを持っていると考えるのには注意がいるため気をつけましょう。自分では良いと思っていることでもパーソナルスペースを侵害されて嫌がる人もいます。

相手との円滑なコミュニケーションをとるためには、パーソナルスペースがどういったものなのかを把握しておくことが重要になります。相手のパーソナルスペースを侵害しないような付き合い方をすることで、「この人と一緒にいると居心地が良いな」と思わせることができるので、パーソナルスペースのことを学んでいろいろなシーンで役立てていきましょう。

パーソナルスペースの距離感はどんなもの?

公衆距離と社会距離

パーソナルスペースについてよく知るためには、心理学的に分類される4つの距離感についても知っておく必要があります。相手との距離感を心理学的に見ていくことで、コミュニケーションの基本とすることができるのでぜひ取り入れておきたいですね。4つに分類される距離感のうち公衆距離と呼ばれるものは350cm以上。コンサートや講演会など公衆性の高い場所での距離感です。

続いてあげられるのが社会距離。社会距離は120cm〜350cmくらいの距離になります。相手との1:1のコミュニケーションはとれるものの、相手に触れることはできない距離のことを社会距離と呼びます。ミーティングやプレゼンなど社会性の高い場所での距離感のことを指す場合が多いのではないでしょうか。

個体距離と密着距離

個体距離になると、ぐっと距離感が縮まってきます。個体距離は45〜75cmくらいの相手と触れることができる距離感のことを指すのが特徴。親しい友達など近づいても不快に思わない人は個体距離に入ることができます。逆にそこまで親しくない人が個体距離に入ってくると不快に感じる場合も。個体距離あたりがパーソナルスペースとなりそうですね。

密着距離は45cm〜0cmの距離のことをさします。恋人や家族といったように密着をしても不快に感じない、特に親しい人であれば密着距離に入っても大丈夫。逆にそこまで親しくない人が密着距離に入ると、友達だったとしても戸惑ってしまうことがあります。このように生活における距離感は4つに分類されることができることがわかりますね。

パーソナルスペースが広いとはどういう性格?

パーソナルスペースが広いと相手と距離をとりやすい

ここまで見てきたように人には自分が感知することができる4つの距離感があります。特に個体距離や密着距離に関しては親しい人のみに許された領域なので、パーソナルスペースが広いひとはこの距離感も広いということになるのではないでしょうか。パーソナルスペースが広いからこそ、相手との距離を取りやすく、親しい仲になるのが難しい可能性が高くなります。

内向的な性格になりやすい

パーソナルスペースが広いと、相手との距離を縮めにくくなります。そうなると相手と親しくなることもあまりなくなってしまうので、内向的な性格になりやすいのがパーソナルスペースの広い人の特徴。相手との距離をとることで自分の内面へと目を向けがちになり、内向的な性格になりやすくなってしまうのではないでしょうか。

恋愛が怖いと感じる人の心理は?克服のためのアドバイスを紹介! | MensModern[メンズモダン]

パーソナルスペースが広い人にはこんな性格の特徴も

集団行動が苦手で一人が好きな性格

パーソナルスペースが広い人には他にもいろいろな性格の特徴があります。まずあげられるのが集団行動が苦手だということ。パーソナルスペースが広いと相手と距離を取りやすくなり、集団で行動することに対して負担を感じる場合が多くなります。集団行動をしていると、どうしてもパーソナルスペースに相手が入ってくることが多くなるのが原因になるのではないでしょうか。

パーソナルスペースが広い人は、相手がパーソナルスペースに入ってくるのを嫌がる傾向にあるため、パーソナルスペースに入られることのない一人の時間を好みます。一人であれば誰かが不用意にパーソナルスペースに入ってくることもないので落ち着いた気持ちになれるのではないでしょうか。

自分のペースを保ちたい性格が多い

パーソナルスペースが広い人の特徴としてあげられるのが、マイペースであるということ。パーソナルスペースが広いからこそ、自分のペースを守りながら行動したいという気持ちが大きくなるのかもしれません。相手のペースに合わせるのではなく、自分のペースを守ることでパーソナルスペースを守りながら生活していくことを好む傾向にあります。

パーソナルスペースが狭い人の性格は?

パーソナルスペースが狭い人は相手との距離を縮めやすい性格

パーソナルスペースが広い人がいる一方で、パーソナルスペースが狭い人もいます。パーソナルスペースが狭いということは、個体距離や密着距離が狭いということにもつながるので、自然と相手との距離を縮めやすい性格であるということがわかるのではないでしょうか。相手が近づいても全く平気なので、初対面の人との仲良くなりやすくなります。

パーソナルスペースが狭い人は一般的に多くの人と仲良くなりやすく、リーダーシップをとる人も多くいるとされています。パーソナルスペースが狭いからこそいろいろな人が懐に入っていきやすく、頼りになる存在として信用されるようになるのではないでしょうか。

パーソナルスペースが狭いと集団行動も厭わない

パーソナルスペースが狭いということは、集団行動を厭わないということにもつながっていきます。多くの人と空間を共にしても特に負担に感じないため、パーソナルスペースが狭い人は集団行動を得意とする場合が多くなるのではないでしょうか。パーソナルスペースが狭い人は集団の中でもリーダーになりやすく、みんなを引っ張る指導力を持つ場合も多くあります。

パーソナルスペースが広い人は性格を知ることが大切

パーソナルスペースが広いからこそ距離感を考えることが重要

「この人はパーソナルスペースが広いな」と感じた場合は、その人のパーソナルスペースにあった接し方が大切になります。パーソナルスペースが広い人に対して間違った距離の縮め方をすると相手が不快に感じたり、負担に思ったりするので気をつけておきたいですね。パーソナルスペースが広いからこそ相手との距離感を考えながら円滑にコミュニケーションをとっていきましょう。

パーソナルスペースが広い人との接し方を考えてみよう

けれども、実際にパーソナルスペースの広い人と接する場合はついつい自分の基準で物事を考えて不用意に距離を縮めてしまうことがありますよね。そうならないようにパーソナルスペースが広い人とはどうやって接していけば良いのか知っておく必要があるのではないでしょうか。相手と仲良くなるためにもパーソナルスペースが広い人との接し方をチェックしていきましょう。

パーソナルスペースが広い人がされて嫌なことは?

不用意に距離を縮めようとする

パーソナルスペースが広い人と円滑にコミュニケーションをとるために気をつけておきたいのが距離感。パーソナルスペースが広い人に対して物理的に不用意に近づいたりすると嫌がられる可能性があります。パーソナルスペースが広いということは個体距離に関しても広いということになるので、近づきすぎると不快に思われたり、体を逸らされたりされてしまうこともあるため注意。

仲良くないのに物の貸し借りをしようとする

パーソナルスペースが広い人の場合、相手が自分のものに触れたり、不用意に物の貸し借りをしようとするのも嫌がる可能性があります。パーソナルスペースが広いな、と感じたら物の貸し借りはある程度仲良くなってから行ったほうが良いでしょう。そうでないのに物の貸し借りをしようとすると「図々しい人だな」と相手に思われてしまうことがあるので気をつけておきたいですね。

パーソナルスペースが広い人に好意を伝えるには

好きな相手のパーソナルスペースが広いと距離の縮め方が大変

もし、パーソナルスペースが広い人を好きになってしまった場合、相手とどうやって距離を縮めて良いのかわからなくなってしまいますよね。好意を伝えたいと思ってした行動が相手にとっては嫌な行動である場合もあるので、しっかりと考えながらパーソナルスペースの広い人との距離を縮めていくことが重要なポイントになるのではないでしょうか。

上手に好意を伝えて距離を縮めていこう

好意の伝え方を工夫していけば、パーソナルスペースが広い人であっても徐々に距離を縮めることができるようになります。パーソナルスペースに入っても良いような関係になることができれば、きっとより親密になることができるのではないでしょうか。相手が嫌がらないような好意の伝え方をするためにも、気をつけながら距離感を縮めていきたいですね。

好感度を上げる心理効果13選!仕事や恋愛で活用する方法とは? | MensModern[メンズモダン]

徐々にパーソナルスペースに近づくようにする

いきなりパーソナルスペースに入ると嫌がられる

パーソナルスペースが広い人と好きになった場合、慌ててすぐに距離を縮めようとするのはNG。いきなりパーソナルスペースに入ってこられると、相手が戸惑ったり、不快に感じたりしてしまう可能性が高くなります。せっかく好意を伝えたいのに相手に嫌な思いをさせてしまっては意味がないですよね。気をつけながら距離を縮めていきましょう。

少しずつ距離を縮めて好意を伝えよう

すぐに親密になりたいとはおもわず、ゆっくりと相手との関係を築いていくことが重要になるのではないでしょうか。パーソナルスペースが広い人の場合は相手に心を許す時間も長くなる場合が多いので、「この人は信用できるな」と感じさせることが大切になります。時間をかけながら距離を縮めることで相手のパーソナルスペースに入れるようにしてくださいね。

パーソナルスペースが広い人の時間を奪わない

一人を好む人の時間を奪うと逆効果

パーソナルスペースが広い人は一人でいる時間を好みます。それを考えずに不用意に相手の時間を奪うようなことをすると、負担に感じてしまうことがあるので気をつけましょう。

相手の時間を考えて好意を伝えていく

パーソナルスペースが広い人が一人の時間を楽しめるように考えながら一緒にいる時間を増やしていくことが大切になります。好意を伝えたいからといって時間を奪ったり、しつこく誘ったりすると嫌がられることが多いので気をつけてくださいね。

束縛をしないことも好意を伝えるには大切

好意があるからといって常に行動を束縛すると嫌がられる

束縛されすぎるのもパーソナルスペースが広い人にとっては負担になってしまいます。自分のペースを保つことができず、一緒にいることが嫌になってしまうので気をつけましょう。

お互いに自由に過ごせるようにする

ある程度、お互いが自由に過ごせる時間を作ることが大切になります。お互いのペースを守りながら、付き合いを続けていきたいですね。

パーソナルスペースが狭い人が広い人と付き合うには

パーソナルスペースが狭い人は自分を基準で考えない

パーソナルスペースが狭い人の場合、「このくらい近づいても大丈夫」と自分基準で考えるがあまり相手のパーソナルスペースを侵害してしまうことがあります。そうならないように相手を基準に考えることが大切。

狭い人と広い人の特性をいかした付き合い方にしよう

パーソナルスペースの狭い人と広い人、それぞれの特性を考えながら付き合うことが大切。お互いの個性を尊重することでスムーズにコミュニケーションがとれるようになります。

パーソナルスペースが広い人の好意の見せ方

近づいても身体を避けない

パーソナルスペースの広い人が相手に心を許した場合、パーソナルスペースに入っても体を避けなくなります。心理的な縄張りに入ってもOKというサインですね。

自分からパーソナルスペース内に入る

自分から距離を縮めてくるのも大きなサイン。あえて自らパーソナルスペースに入る行動に出るということは、相手に心を許し好意を持っている証拠ではないでしょうか。

女性が一緒にいて楽しい男性は?恋愛や友達でも使える方法は? | MensModern[メンズモダン]

パーソナルスペースの広い人の性格を知っておこう

パーソナルスペースが広い人と仲良くなるには相手の気持ちを考えながら近づくことが大切。円滑なコミュニケーションがとれるように接してみてくださいね。


評価 4.2/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ