ノートe-POWERの実燃費が良い!ハイブリッドモデルの燃費の実力とは?

ノートe-POWERは、販売台数2017年上半期1位となった車です。ノートe-POWERは燃費が良いと評判で、口コミやネットの評価が高いです。カタログ燃費と実燃費の差が少ないとも言われています。ノートe-POWERの実燃費をまとめました。

ノートe-POWERの実燃費が良い!ハイブリッドモデルの燃費の実力とは?

目次

  1. ノートe-POWERの実燃費をご紹介!
  2. 日産ノートe-POWERとはどんな車?
  3. ノートe-POWERは燃費が良いと評判?
  4. 燃費に繋がるノートe-POWER走行性能
  5. 魅力的なノートe-POWERの走行性能は
  6. ノーマルモードで走る実燃費をチェック
  7. エコドライブ!低燃費で走る実燃費とは?
  8. Sモードで走るノートe-POWER実燃費
  9. 高速道路でのノートe-POWERの実燃費
  10. 市街地を走るノートe-POWERの実燃費
  11. ノートとe-POWERの実燃費を比較!
  12. 実燃費が良いe-POWERのライバル車
  13. 日産ノートの様々なグレードをチェック
  14. e-POWER!MEDALISTグレード
  15. 贅沢なおすすめブラックアローグレード
  16. e-POWERのサイズやエンジン情報
  17. 限定デザインもある!e-POWERの外装
  18. 実燃費にも繋がる!e-POWER内装装備
  19. ノートに搭載されている安全性能とは?
  20. ノートe-POWERは実燃費が良いと評判

ノートe-POWERの実燃費をご紹介!

ノートe-POWERは、実燃費が良いと口コミやネットでの評価が高い車です。ノートe-POWERは、コンパクトハイブリッド車の中でも広々とした内装で、快適に運転することができます。またノートe-POWERの、限定色やデザインも注目です。ノートe-POWERの実燃費についてご紹介します。

日産ノートe-POWERとはどんな車?

ノートe-POWERは、日産から発売されている車です。2017年上半期1位の売り上げ台数を誇り、燃費が良いと評価が高い車となります。2017年11月の時点でノートe-POWERの販売台数は、約10万台を突破しています。電気自動車と似たシステムがある、ハイブリッド車となります。

日産ノートとは

日産ノートは、2004年に販売が開始された車です。初代ノートは、2004年から2012年まで販売されていました。現在発売されているノートは、2代目となります。2012年から販売が開始され、4回ほどマイナーチェンジが行われています。ノートという名前は、親しみやすさから付けられた名前です。

ノートe-POWERとは

ノートe-POWERは、2016年11月に販売された、コンパクトハイブリッド車となります。ノートe-POWERのエンジンシステムは他のコンパクト車には、搭載されていないシステムとなります。他のコンパクトハイブリッド車と比べ、ノートe-POWERは実燃費が良いので注目したいポイントとなります。

ノートe-POWERハイブリッド仕様のハイパワーな加速力の魅力とは? | MensModern[メンズモダン]

ノートe-POWERは燃費が良いと評判?

ノートe-POWERは燃費が良いと、口コミやネットでの評価が高いです。ノートe-POWERは、日産ノートの中でも人気の車種で、販売台数も1位を誇っています。ノートのガソリン車とは別に、ノートe-POWER限定のカラーデザインや、外装内装カスタムがあるので、注目したいポイントの一つとなります。

ノートe-POWERのカタログ燃費

ノートe-POWERのカタログ燃費は、実燃費とは異なる場合があります。ノートe-POWERのMEDALISTグレード2WDのカタログ燃費は、約34キロメートルです。ノートe-POWERのMEDALISTグレード2WD、ブラックアローのカタログ燃費は、約34キロメートルとなります。

ノートe-POWERの実燃費

ノートe-POWERの2WDカタログ燃費は、約37キロメートルです。ノートe-POWERXグレードの、ブラックアローのカタログ燃費は、約34キロメートルとなります。ノートe-POWERXグレードのシーギアタイプのカタログ燃費は、約37キロメートルです。同じノートe-POWERでも、グレードやタイプによって燃費が変わってきます。

燃費に繋がるノートe-POWER走行性能

ノートe-POWERは、コンパクトハイブリッド車唯一のエンジンシステムがあります。ノートe-POWERのエンジンシステムは、ネットや口コミで評価されている性能となります。実燃費にも関わるエンジンシステムなので、燃費を重視する人はノートe-POWERを選ぶ人が多いです。

ノートe-POWERのエンジンシステム

ノートe-POWERのエンジンシステムは、エンジン、発電モーター、駆動モーターがあります。エンジンで発電モーターを動かし、発電モーターで駆動モーターを動かし、駆動モーターで車輪を動かす仕組みとなります。ノートe-POWERはハイブリッド車ですが、電気自動車のような性能です。

実燃費に関わる?走行性能とは

ノートe-POWERは、エンジンシステムの中に、駆動用バッテリーがあります。システムの中に駆動用バッテリーがあることで、燃費が良い走行を期待することができます。駆動用バッテリーにパワーが貯まっていると、エンジンからではなく駆動用バッテリーで走行することができます。

魅力的なノートe-POWERの走行性能は

ノートe-POWERの走行性能は、実燃費にも繋がるシステムが多いです。ノートe-POWERは加速する時に、駆動用バッテリーとエンジンの2つからパワーを送ります。そのため力強い走りをすることができ、実燃費が良くなります。ノートe-POWERは実燃費が良いと、評価されています。

実燃費に繋がる走行性能

ノートe-POWERハイブリッドは、加速時には駆動用バッテリーとエンジンからパワーを送りますが、減速時は駆動用バッテリーにパワーを貯めるシステムとなります。減速時に駆動用バッテリーにパワーを貯めることによって、無駄なくパワーを使うことができます。燃費に関わる走行性能となります。

実燃費がポイントの走行性能

ノートe-POWERの評価されているポイントは、走行モードを選択できることです。ノートe-POWERの走行モードは、走行する道路状況によって、モードを変えることができます。ノートe-POWERの走行モードは、Sモード、エコモード、ノーマルモードの3モードがあります。燃費が良いモードは、エコモードです。

ノーマルモードで走る実燃費をチェック

ノートe-POWERのノーマルモードは、通常走行する時のモードとなります。ノートe-POWERのノーマルモードは、加速も減速も緩やかな走行となります。ノートe-POWERのノーマルモードのカタログ燃費は、天候や道路状況によっても変わってきますが、約34キロメートル前後となります。

ノーマルモードの実燃費

ノートe-POWERのノーマルモードの実燃費は、約25キロメートル前後のようです。ノートe-POWERで高速道路を走行した時の実燃費は、約22キロメートルとなります。ノートe-POWERは、駆動用バッテリーにパワーが無くなると、エンジンで走行するため、高速道路には不向きの車となります。

ノートe-POWERの実燃費とは

ノートe-POWERは、街乗りに評価がある車です。街乗りで信号で止まったり一時停止する時に、駆動用バッテリーにパワーが貯まるシステムとなります。そのため長距離運転よりも、街乗りに人気があります。ノートe-POWERは通常の車と同じように運転できる、評価が高い車です。

日産のハイブリッド車一覧と評判をチェック!燃費や価格の評価まとめ! | MensModern[メンズモダン]

エコドライブ!低燃費で走る実燃費とは?

ノートe-POWERのエコドライブモードは、実燃費が良くなる走行をすることができます。燃費良く走行したい方は、エコドライブモードで走行することをおすすめします。またエコドライブモードは、ノーマルモードよりも、アクセルペダルを離すと早いスピードで減速します。

ノートe-POWERのエコドライブで走る実燃費

ノートe-POWERのエコドライブモードは、実燃費良く走行したい人におすすめです。エコドライブモードで走行するカタログ燃費は、約26キロメートルとなります。またノートe-POWERの省エネモードは、ノートe-POWERのXグレードとノートe-POWERのMEDALISTグレードとなります。

ノートe-POWERは実燃費が良い!

ノートe-POWERのエコドライブモードは、実燃費が良いと評価が高いです。ハイブリッド車は元々燃費が良い車となりますが、ノートe-POWERのエンジンシステムを加えることによって、さらに実燃費が良い車となります。ノートe-POWERの実燃費は、グレードによって変わってきます。

Sモードで走るノートe-POWER実燃費

ノートe-POWERのSモードは、ノーマルモードよりも力強い走りをすることができます。ノートe-POWERのエコドライブモードとSモードは、ノートe-POWERdriveと呼ばれています。ノートe-POWERdriveは、道路状況や天候によって使い分けることができます。加速時に最適のモードです。

ノートe-POWERのSモード

ノートe-POWERハイブリッドのSモードは、登坂走行する時や高速道路での加速で、便利に使用できるモードです。Sモードは、ストレスなく軽やかな加速をすることができるので、評価が高いです。さらに加速時は、駆動用バッテリーとエンジンで加速するので、実燃費にも繋がる性能となります。

Sモードの実燃費は

ノートe-POWERのSモードの実燃費は、約23キロメートル前後となります。軽やかに走行することができるので、評価されているポイントとなります。またノートe-POWERはハイブリッド車なので、静かな走行をすることができます。住宅街でも、ストレスなく走行することができます。

高速道路でのノートe-POWERの実燃費

高速道路でのノートe-POWERノーマルモードの実燃費は、約22キロメートル前後です。高速道路でのノートe-POWERエコモードの実燃費は、約24キロメートル前後となります。ノートe-POWERはグレードにもよりますが、クルーズコントロール機能がないので、他のハイブリッド車と比べると高速道路では不向きです。

高速道路でのノートe-POWER

高速道路は車が停止している時間が少ないので、駆動用バッテリーにパワーが貯まりにくくなります。そのため駆動用バッテリーにパワーが無くなると、エンジンからパワーを送るシステムとなります。他のコンパクトハイブリッド車と比べると実燃費は良いですが、不向きなようです。

市街地を走るノートe-POWERの実燃費

市街地を走るノートe-POWERノーマルモードの実燃費は、約22キロメートル前後となります。ノートe-POWERエコモードの実燃費は、約25キロメートルとなります。実燃費を考えると、ノートe-POWERのエコモードがおすすめとなります。評価されているモードとなります。

ノートe-POWERハイブリッドで市街地を走る

ノートe-POWERハイブリッドで市街地を走ると、停止する時間が多いので駆動用バッテリーにパワーが貯まりやすくなります。駆動用バッテリーにパワーが貯まると、実燃費の良い走りをすることができます。ノートe-POWERハイブリッドは、市街地走行や街乗り走行におすすめとなります。

ノートとe-POWERの実燃費を比較!

ノートe-POWERとノートガソリン車は、実燃費に大きな違いがあります。ノートe-POWERのノーマルモードの実燃費は、約34キロメートルとなります。ノートのガソリン車の実燃費は、約23キロメートル前後となります。ノートe-POWERとノートガソリン車では、約10キロの実燃費の違いがあります。

ノートの実燃費

ノートe-POWERハイブリッドとノートガソリン車は、グレードやタイプによて実燃費が変わってきます。また道路状況や天候によっても、実燃費が変わります。ノートe-POWERハイブリッド車は車体価格が高くなるので、日常で頻繁に車を使わない人は、ノートのガソリン車が良いようです。

実燃費が良いe-POWERのライバル車

ノートe-POWERハイブリッド車は燃費が良いと評価が高いですが、他の車メーカーにも燃費が良いと評価されているハイブリッド車があります。ノートe-POWERハイブリッド車の他には、トヨタアクアハイブリッドや、ホンダフィットハイブリッドなどがあります。実燃費が良いと、人気のコンパクトハイブリッド車です。

トヨタアクア

トヨタのアクアハイブリッド車は、長時間ドライブに適している車です。トヨタアクアのカタログ燃費は、約34キロメートル前後となります。天候や道路状況にもよりますが、実燃費は約25キロメートル前後のようです。また高速道路の実燃費は30キロメートル、街乗りは22キロメートルです。

ホンダフィットハイブリッド

ホンダフィットハイブリッド車のカタログ燃費は、約37キロメートルとなります。また実燃費は平均的に22キロメートルから26キロメートル前後となります。フィットハイブリッド車の街乗りの実燃費は、約20キロ前後です。高速道路での実燃費は、約25キロから30キロメートルとなります。

日産の軽自動車の一覧と価格や燃費でおすすめは?人気ランキングまとめ! | MensModern[メンズモダン]

日産ノートの様々なグレードをチェック

ノートe-POWERハイブリッド車のグレードは、ノートe-POWERXグレード、ノートe-POWERSグレード、ノートe-POWERMEDALISTグレード、ノートe-POWERXグレードブラックアロー、ノートe-POWERXグレードシーギア、ノートe-POWERXモードプレミア、ノートe-POWERNISMOとなります。

ノートe-POWERのグレード

ノートe-POWERの標準グレードは、Sグレード、Xグレード、MEDALISTグレードとなります。XグレードとMEDALISTグレードには、ブラックアローモデルというモデルがあります。ブラックアローモデルと、ノートe-POWERの通常グレードの実燃費は、大きな違いはないようです。

ノートガソリン車

ノートのガソリン車は、ノートSグレード、ノートXグレード、ノートMEDALISTグレード、ノートXFOURなどがあります。ノートe-POWERハイブリッド車と比べると、実燃費は悪いようです。しかしノートe-POWERと比べると、車体価格が安いのが特徴となります。

e-POWER!MEDALISTグレード

ノートe-POWERハイブリッドのMEDALISTグレードは、上質な室内空間があります。評価の高いグレードで、シートの質感や内装カラーが上品な色合いとなります。またノートe-POWERのMEDALIST、限定カラーや限定デザインなどもあるので注目です。評価されているグレードです。

MEDALISTグレード

ノートe-POWERのMEDALISTグレードは、限定カラーとしてゴールドカラーがあります。ゴールドカラーは、ノートe-POWERのMEDALISTグレードだけなので、評価が高いです。また標準グレードではオプション装備だった装備が、MEDALISTグレードだと標準装備になっている場合があります。

贅沢なおすすめブラックアローグレード

ノートe-POWERのブラックアローグレードは、車体カラーや内装がシックな雰囲気の車となります。ブラックアローという名前のように、全体的に黒で統一されています。スタイリッシュな車体となるので、一味違ったグレードとなります。ノートe-POWERブラックアローグレードは、人気があります。

ブラックアログレードと標準グレード

ノートe-POWERハイブリッドのブラックアログレードと、ノートe-POWERの標準グレードの実燃費は、大きな差はないようです。しかしカスタムやオプションを付けることで、実燃費が変わる場合があります。実燃費を良くしたい方は、オプションなどを付けすぎないことがポイントとなります。

ノートe-POWERのブラックアロ-グレード

ノートe-POWERハイブリッドのブラックアロ-グレードは、他のノートe-POWERグレードよりも、車体価格が高くなります。オプション装備が標準装備になっていたりするので、選ぶ時のポイントにもなります。ノートe-POWERハイブリッドのブラックアローグレードは、スタイリッシュに走行できる車です。

e-POWERのサイズやエンジン情報

ノートe-POWERの標準グレードのサイズスペックは、全長サイズ4100ミリメートル、全幅サイズ1695ミリメートル、全高サイズ1520ミリメートルとなります。またホイールベースサイズは、2600ミリメートルとなります。ブラックアローグレードも、同様のサイズスペックとなります。

ノートe-POWERのサイズスペック

ノートe-POWERのXグレードシーギアのサイズスペックは、全長サイズ4140ミリメートル、全幅サイズ1705ミリメートル、全高サイズ1535ミリメートルとなります。ノートe-POWERのモードプレミアは、全長サイズ4130ミリメートル、全幅サイズ1695ミリメートル、全高サイズ1520ミリメートルです。

ノートe-POWERのエンジン情報

ノートのエンジンスペックは、DOHC水冷直列3気筒となります。さらにノートe-POWERハイブリッドのエンジンスペックはDOHC水冷直列3気筒と、直噴ミラーサイクルエンジンとなります。またタンク容量は41リットルとなります。ノートe-POWERは、燃費良く走行することができる車です。

限定デザインもある!e-POWERの外装

ノートe-POWERの外装デザインは、ノートe-POWER限定のカラーデザインがあります。ノートe-POWERの限定カラーは、オレンジカラーとブラックカラーのツートンカラーとなります。おしゃれなデザインで、口コミでの評価が高いです。またブラックやホワイトなどの、定番カラーも人気があります。

限定カラーや専用デザイン

ノートe-POWERは、MEDALISTグレードとブラックアローグレードがあります。MEDALISTグレードとブラックアローグレード共に、限定カラーや専用デザインなどがあります。好みによって選ぶことができるのも、人気ポイントの一つです。また標準グレードでも、オプションで付けることができる場合があります。

評価が高いグレード

ノートe-POWERハイブリッドのMEDALISTグレードは、上質な空間が人気です。室内がシックな色合いとなるので、落ち着いた雰囲気があります。またノートe-POWERのブラックアローグレードは、黒がメインの内装となります。どちらのグレードも、ネットや口コミでの評価が高いです。

実燃費にも繋がる!e-POWER内装装備

ノートe-POWERの内装サイズスペックは、全長サイズ2065ミリメートル、全幅1390ミリメートル、全高サイズ1255ミリメートルとなります。コンパクトハイブリッド車としては、広々とした内装空間となっています。またノートe-POWERグレードによって、内装サイズが違ってきます。

ノートe-POWERの内装

ノートe-POWERハイブリッドの内装は、快適な空間があります。特徴の一つとなるのが、収納スペースが多いことです。様々な場所に収納スペースがあるので、快適に運転することができます。またラゲッジスペースも大きいので、ベビーカーやゴルフバッグなどを、簡単に収納することができます。

助手席回転シート

ノートe-POWERハイブリッドはオプション装備を付けると、助手席回転シートを付けることができます。助手席回転シートは、体の不自由な人でもスムーズに乗り降りすることができます。また乗り降りに便利なグリップなども付けることができます。スマートの乗り降りできる人気の装備です。

ノートに搭載されている安全性能とは?

ノートe-POWERハイブリッドに搭載されている安全性能は、グレードによって搭載されている性能が変わってきます。評価されている安全性能は、車線逸脱防止システムです。車線逸脱防止システムは、ウィンカーを出さずに車線から出ると、ブザーや警告音が鳴るシステムとなります。

ノートの安全性能

ノートe-POWERハイブリッドの評価されている安全性能は、インテリジェントエマージェンシーブレーキです。インテリジェントエマージェンシーブレーキは、障害物を検知し自動的にブレーキが作動する性能です。またブレーキが作動する前には、警告音やブザーが作動して警告します。

安全なノートe-POWERの性能

ノートe-POWERハイブリッドは、アラウンドビューモニターが搭載されています。アラウンドモニターは、駐車をする時に便利な性能となります。上空から車体を映してくれるので、初心者の人も駐車がしやすい性能です。またノートe-POWERの安全性能は、オプションとなる場合が多いです。

ノートe-POWERは実燃費が良いと評判

ノートe-POWERハイブリッドは、グレードによって実燃費が変わってきます。街乗りや長距離運転など、道路状況によっても燃費が違ってきますが、コンパクトハイブリッド車の中では、燃費が良いと評価が高いです。日産ノートe-POWERの実燃費を知りたい方は、是非参考にしてみてください。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ