簡単で人気な焚き火料理のレシピや必要な道具についてまとめました。焚き火料理のレシピは簡単なのに美味しく作れることから人気を集めています。必要な道具を集めて、美味しくて簡単な焚き火料理レシピを楽しみませんか?どんな道具が焚き火料理に必要かチェックしましょう!

焚き火料理のレシピ紹介!簡単ホイル焼きや必須調理道具まとめ

目次

  1. 焚き火料理のレシピや必要な道具を知りたい!
  2. 焚き火料理をするメリットとは?
  3. 焚き火料理をするときに気をつけたいこと
  4. 焚き火料理をする場合は洋服にも気をつけて
  5. 焚き火料理で持っていきたい道具
  6. こんな道具も焚き火料理にあると便利!
  7. 焚き火料理の簡単レシピといえばホイル焼き!
  8. 芋類とアルミホイルを使った簡単な焚き火料理レシピ
  9. こんな野菜もアルミホイルで焚き火料理にするのが人気
  10. 旨味たっぷり!ホイルを使った魚介類の焚き火料理レシピ
  11. 意外と簡単で人気!ローストビーフの焚き火料理レシピ
  12. 簡単で人気を集めるシチューの焚き火料理レシピ
  13. デザートに最適!簡単な果物の焚き火料理レシピ
  14. 人気の焼きマシュマロでスイーツタイムを楽しもう
  15. 道具を準備して人気の焚き火料理を満喫しよう!

焚き火料理のレシピや必要な道具を知りたい!

キャンプの醍醐味といえば、焚き火料理

「思い切りキャンプを楽しみたい!」という場合に欠かせないのが焚き火料理。焚き火の上で調理をしたアウトドア料理は、キャンプならではの美味しさを楽しめるのが嬉しいポイントです。焚き火をするだけでその場が盛り上がり、みんなで楽しく料理をいただくことができますよね。キャンプへ出かけたら、ぜひ焚き火料理を満喫してみませんか?

簡単な人気レシピや道具をチェックしよう

「焚き火料理に必要な道具にはどんなものがある?」「焚き火料理の簡単レシピを知りたい!」という場合にぴったりな焚き火料理の情報についてまとめました。必要な道具を用意し、火の扱いを気をつけておけば、バリエーション豊かな焚き火料理を楽しむことができるようになります。ぜひお好みの焚き火料理を堪能してみてくださいね。

デイキャンプのまとめ!テントなどの必要アイテムと持ち物の注意点紹介 | MensModern[メンズモダン]

焚き火料理をするメリットとは?

直火でじっくり美味しい料理を作れる

それでは、まずは焚き火料理を作るメリットについてチェックしていきましょう。焚き火料理のメリットとしてまずあげられるのが、直火でじっくり料理が作れるということです。焚き火でじっくりと火を通すことによって食材の旨味が引き出され、簡単に本格的な料理を堪能できるのが嬉しいポイント。アウトドアでも焚き火を使えばワンランク上の料理に仕上がります。

焚き火を楽しめ、寒い時期は防寒になる

焚き火料理の良いところは、焚き火をゆったりと眺めながら落ち着いた時間を過ごせるということです。焚き火がゆらゆら揺れている様子は、アウトドアでしか見られない特別感がありますよね。焚き火の光はとてもきれいで、そういった意味でも癒されるのではないでしょうか。キャンプならではのリラックスタイムを焚き火料理で楽しんでみてくださいね。

焚き火料理は寒い冬の時期の防寒にも役立ちます。焚き火を作ることで周囲が温まり、屋外でも防寒しながら料理を楽しめるのが嬉しいポイント。焚き火を使えば熱々の料理を気軽に楽しむことができるので、体の奥から温まることができます。「冬のキャンプを楽しみたい!」という場合は、ぜひ焚き火料理を作って体を温まってみてはいかがですか。

焚き火料理をするときに気をつけたいこと

焚き火のすぐ近くに水や消化剤を準備しておく

美味しい料理を気軽に作ることができる焚き火ですが、火を使うからこそ気をつけておきたいポイントがいくつかあります。まず焚き火料理で気をつけておきたいのが水や消化剤をしっかりと準備しておくこと。焚き火のそばに水や消化剤を置いて料理をしておけば、いざというときにすぐ対処することができます。もしもの時のために、必ず準備しておいてくださいね。

火の始末はしっかりと行う

焚き火料理を楽しんだ後は、しっかりと火の始末を行いましょう。火の始末がちゃんとできていないと、思わぬトラブルが起きてしまうことがあります。ちゃんと焚き火が消えたことを確認してから、料理を締めくくってくださいね。焚き火を使った料理だからこそ、火の管理を行いながらぜひ気をつけてみてくださいね。

焚き火料理をしてお酒を楽しんでいると、ついつい火の始末が雑になってしまうことがあります。アルコールが入った場合は特に焚き火の始末に気をつけておきましょう。焚き火料理をしたみんなが火の始末に意識的になって、安全に楽しんでみてくださいね。

焚き火料理をする場合は洋服にも気をつけて

化学繊維の洋服だと火の粉で穴が開くことがある

焚き火料理をする場合は、洋服にも気をつけておく必要があります。焚き火をしていると、火の粉が飛んで服についてしまうことがありますよね。そんな時にすぐに火の粉で穴が開いてしまうような素材だと、穴だらけになったり、最悪の場合は火がついたりしてしまうこともあります。

特に避けておきたいのが化学繊維の洋服。化学繊維の洋服は火の粉で穴が開きやすくなってしまうので、気をつけてくださいね。焚き火料理をする時は化学繊維の洋服は避けておきましょう。

火の粉がついても大丈夫な素材の洋服を着よう

火の粉で穴が開きにくい素材としておすすめなのがウールやコットンといった自然素材。こういった素材だと、火の粉の影響を受けにくいのでおすすめです。そのほかにアウトドア用品のお店で火の粉に耐久性の高い素材を使った洋服がたくさん展開されているので、焚き火料理をする場合は取り入れておくのがおすすめ。焚き火料理を安全に行うために活用してくださいね。

焚き火料理で持っていきたい道具

鍋や焚き火台などの調理道具を準備

それでは、焚き火料理に必要な道具についてチェックしていきましょう。焚き火料理を楽しむために必要なのが焚き火台。キャンプ場に焚き火の設備があれば良いですが、ない場合もあるので焚き火台を準備しておきましょう。あとはアウトドア用の鍋や調理道具を準備。作りたい焚き火料理に合わせてぴったりな鍋を用意してくださいね。

トングやアルミホイルといった道具も用意しよう

焚き火料理を安全に楽しむのに欠かせないのがトング。トングを使えば、焚き火の中で加熱をしている食材を簡単に取り出すことができます。また、焚き火料理で大活躍するのがアルミホイル。アルミホイルが1つあれば、バリエーション豊かな料理を作ることができます。あとはウェットティッシュやゴミ袋など、身の回りで必要となる道具を準備しておきましょう。

キャンプ道具のおすすめ特集!あると便利な初心者向け必需品リストは? | MensModern[メンズモダン]

こんな道具も焚き火料理にあると便利!

串焼きを楽しめる竹串

焚き火料理では串もあると便利。お好みの食材を串に刺して焚き火にかざすだけで、美味しい串焼きを楽しむことができるようになります。焚き火料理をしっかりと楽しみたい場合は、ぜひ串も準備しておいてみてくださいね。串刺しにする作業をみんなでやりながら楽しんでいけば、焚き火料理もさらに盛り上がるのではないでしょうか。

本格料理を満喫できるダッチオーブン

「もっと本格的な焚き火料理を楽しみたい!」という場合におすすめなのがダッチオーブン。蓄熱性が高く、食材の美味しさを引き出してくれるダッチオーブンは本格的な焚き火料理に欠かせません。ダッチオーブンがあれば、炒め物や揚げ物、煮込み料理、パン焼きなどいろいろな焚き火料理ができるので、バリエーションを増やしたい時に取り入れてはいかがですか。

ダッチオーブンの本格レシピ!キャンプ&自宅両用の人気飯15選! | MensModern[メンズモダン]

焚き火料理の簡単レシピといえばホイル焼き!

簡単なことで人気を集めているホイル焼き

「美味しい焚き火料理を楽しみたい!」という時におすすめなのがホイル焼き。アルミホイルで食材を包み、加熱をするだけで簡単に美味しい焚き火料理を楽しむことができるようになります。シンプルな味付けでも、焚き火でじっくりと加熱をすることでワンランク上の味わいになるので、焚き火料理初心者の方はまずホイル焼きにチャレンジしてはいかがですか。

アルミホイルは食材の旨味を閉じ込めて調理するのに最適な道具

アルミホイルは熱伝導率がよく、保温性も高いので食材の旨味を閉じ込めて調理するのにぴったりです。焚き火にかざしておくだけで簡単に作れるのも嬉しいポイント。「焚き火料理に慣れていないけれども、みんなが喜ぶような料理を簡単に作りたい!」という場合は、アルミホイルを使ってみてくださいね。いつもの食材もワンランク上の味わいに仕上がります。

芋類とアルミホイルを使った簡単な焚き火料理レシピ

洗った芋をキッチンペーパー&新聞紙で包む

それでは、アルミホイルを使った簡単な焚き火料理のレシピをチェックしていきましょう。アルミホイルを使ってまず作っておきたいのが芋類のホイル焼き。さつまいもやジャガイモといった芋類をアルミホイルで焼くことでホクホクとした美味しさを楽しめます。まずはキッチンペーパーを濡らして芋を包み、その上から新聞紙を巻きつけてください。

アルミホイルで包んで焚き火へ

全体をアルミホイルで包んだら、焚き火で加熱しましょう。中まで熱が通ったら、できあがり。ジャガイモはお好みでバターを塩胡椒をトッピングするのがおすすめです。塩辛をのせても美味。さつまいもはそのまま食べても美味しいですが、バターをトッピングしても良いですね。

こんな野菜もアルミホイルで焚き火料理にするのが人気

旨味たっぷりなトマトやタマネギを焚き火料理のレシピに

「旨味たっぷりなホイル焼きを野菜で作りたい!」という場合におすすめなのがタマネギやトマトといった野菜。丸ごと加熱することによって、旨味をじっくりと引き出すことができます。タマネギやトマトは皮付きのままアルミホイルでくるみ、焚き火で加熱しましょう。中までしっかりと熱が通ったらできあがり。

トマトにはオリーブオイルをたらして塩胡椒で味付けをするのがおすすめ。カットしてパンの上にのせても美味しいです。タマネギはバターをのせたり、粉チーズをトッピングしたり、お好みでアレンジを楽しんでみましょう。野菜本来の美味しさを堪能することができます。

きのこのホイル焼きのレシピも簡単で人気

きのこのホイル焼きもおすすめ。きのこの種類はなんでもOKです。石づきを取って食べやすい大きさにカットしたら、アルミホイルに包んで焚き火で加熱しましょう。風味をプラスしたい場合はスライスしたニンニクを加えるのがおすすめです。きのこに熱が通ったら、塩胡椒で味付けし、バターやオリーブオイルをお好みでたらして完成。ごま油をたらしても美味しいです。

旨味たっぷり!ホイルを使った魚介類の焚き火料理レシピ

牡蠣やエビなどお好みの魚介類をホイルで包む

焚き火を使ったホイル焼きはや災害でも楽しむことができます。まずおすすめなのがエビやホタテ、牡蠣といった魚介類のホイル焼き。ホイル焼きにすることで旨味が濃縮され、ワンランク上の味を楽しめるのが嬉しいポイントです。

エビは殻をむくなど、それぞれの魚介類に適した下処理を終えたらアルミホイルに包みましょう。このとき、一緒にオリーブオイルやバターといった油分を入れておくのがおすすめです。

焚き火で加熱し、塩胡椒で味付けしたらできあがり

焚き火で中に熱が入るまで加熱をしたら塩胡椒で味付けをして完成。塩胡椒というシンプルな味付けにすることで魚介類の美味しさを引き出すことができます。お好みで刻んだネギをトッピングしたり、きのこも一緒にホイル焼きにしたりといったようにお好みでアレンジしてみてくださいね。

意外と簡単で人気!ローストビーフの焚き火料理レシピ

塩胡椒で下味をつけてから焼き目をつける

「リッチな焚き火料理を楽しみたい!」という場合におすすめなのがローストビーフ。焚き火でも簡単にローストビーフを作ることができるので、メイン料理としてぜひ取り入れておきたいですね。まずは牛肉のかたまりに塩胡椒をすりつけて下味をつけます。しっかりめに下味をつけたら、全体の表面に焼き色をつけ、アルミホイルで包みましょう。

15分ほど焚き火で加熱し、余熱で調理したら完成

アルミホイルで包んだら焚き火で加熱。15分ほど加熱をしたら焚き火から取り出して、余熱で1時間ほど熱を通していきましょう。余熱でじっくりと熱を通すことでジューシーで柔らかなローストビーフに仕上げるのがレシピのポイントです。1時間が経過したらアルミホイルを開いて、お好みの厚さにスライスしたらできあがり。

簡単で人気を集めるシチューの焚き火料理レシピ

お好みの具材をカットして鍋で煮込む

鍋を使った焚き火料理として人気なのがシチュー。具材をカットして煮込むだけでの手軽さが魅力です。シチューのルーを使えば、味も簡単に決まるのが嬉しいポイントです。ジャガイモや人参、タマネギ、きのこといった野菜類や鳥もも肉をはじめとしたお好みの肉類を食べやすい大きさにカットしましょう。全体が浸るくらいの水を鍋に加えて焚き火で煮込みます。

シチューのルーを入れたら完成

焚き火でじっくり煮込んで食材に熱が通ったら、シチューのルーを溶かし入れて完成です。シチューのルーはなんでもOK。ホワイトシチューやビーフシチューなどお好みで選んでみてくださいね。ご飯やパンとの相性も良いので、1品作るでけで満足感のある焚き火料理を堪能することができます。

冬キャンプは鍋料理がおすすめ!簡単人気レシピとおすすめクッカーを紹介 | MensModern[メンズモダン]

デザートに最適!簡単な果物の焚き火料理レシピ

りんごやバナナをアルミホイルで包む

焚き火料理ではデザートも簡単に作ることができます。気軽に作れるデザートとしておすすめなのが果物のホイル焼き。りんごやバナナといった焼いて美味しい果物を焚き火で加熱することで、甘みたっぷりのデザートを楽しめます。りんごの場合は芯をくりぬいてから中にバターやレーズンを詰めてアルミホイルで包みましょう。バナナは皮付きのままホイルで包みます。

焚き火で加熱したらできあがり

焚き火で加熱をし、中まで熱が通ったらホイルを開きます。お好みでシナモンをふりかけたり、バニラアイスをトッピングしたりして完成。とても簡単ですが、甘みたっぷりのデザートになります。

人気の焼きマシュマロでスイーツタイムを楽しもう

串にさしたマシュマロを焚き火で焼くだけ

焚き火料理で人気を集めているデザートといえばマシュマロ。串に刺したマシュマロを焚き火にかざすだけで、熱々&とろとろな焼きマシュマロになります。食後にみんなでマシュマロを焼いて楽しんでみてはいかがですか。

スモアにするのもおすすめ

焼きマシュマロはスモアにするのもおすすめです。焼いたマシュマロと板チョコをビスケットではさんだらスモアのできあがり。チョコソースを使っても美味しく仕上がります。ぜひアレンジを加えて焼きマシュマロのスモアを作ってみてくださいね。

道具を準備して人気の焚き火料理を満喫しよう!

焚き火料理は日の始末さえ気をつけておけば、気軽にアウトドアで楽しむことができます。アルミホイルやダッチオーブンなど便利な道具も活用して焚き火料理を堪能してみてくださいね。


評価 4.3/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ