長距離移動や車での旅行の時、どうしても荷物が多くなってしまいがち。そうすると車内が狭くなってしまいますが、そんな時におすすめなのがルーフキャリアです。ルーフキャリアは積載量もアップするのでキャンプにもおすすめ。ルーフキャリアの取り付け方などをご紹介します。

ルーフキャリアのおすすめは?取り付け方法や選ぶ時の注意点まとめ

目次

  1. ルーフキャリアのおすすめや取り付け方をご紹介
  2. ルーフキャリアとは一体どんなもの?
  3. ルーフキャリアをつけるメリットは?
  4. ルーフキャリアを選ぶときの注意点は?
  5. ルーフキャリアの種類「ルーフボックス」
  6. ルーフキャリアの種類「サイクルキャリア」
  7. ルーフキャリアの種類「スキー・スノボーキャリア」
  8. ルーフキャリアの種類「サーフキャリア」
  9. ルーフキャリアの取り付け方をご紹介
  10. ルーフキャリアの代表的なメーカーは3つ
  11. スーリーのおすすめルーフキャリアをご紹介
  12. イノーのおすすめルーフキャリアをご紹介
  13. ルーフキャリアはキャンプでも大活躍!
  14. ルーフキャリアを使って快適な車生活を送ろう
  15. ルーフキャリアのおすすめや取り付け方のまとめ

ルーフキャリアのおすすめや取り付け方をご紹介

ルーフキャリアを知っていますか?車の屋根の部分に取り付けて、より多くの荷物を運べるよにするアイテムです。もともと車内が狭かったり、キャンプや旅行で長時間車に乗る予定で、車内を快適な空間にしておきたいときに重宝するのがルーフキャリアです。

ルーフキャリアは、比較的簡単に取り付けることができ、かつ荷物もたくさん積むことができるので、意外とおすすめのアイテムとなります。ルーフキャリアのおすすめメーカーや取り付け方をご紹介します。

軽トラックの人気おすすめランキング!気になる燃費や価格・積載量は? | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアとは一体どんなもの?

ルーフキャリアとは、車の屋根の部分に荷物を載せられるようにするためのグッズになります。たまに道路を走っていると、屋根の上にサーフボードを乗せたり、スノーボードを乗せたり、自転車を乗せたりしている車を見かけることがあるでしょう。

これは全て、ルーフキャリアを使って屋根の上に荷物の載せられるようにしているのです。ルーフキャリアは別名「ベースキャリア」と呼ばれ、なんの荷物を載せる場合でもルーフキャリアが必要となります。そして、用途に応じて載せるもの様のキャリアをチョイスする様な仕組みとなっています。

エクストレイルで車中泊!マットやベッド・カーテンなどおすすめグッズ特集 | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアをつけるメリットは?

ルーフキャリアをつけるメリットは、やはり車内の広さを確保できるという部分です。キャンプや旅行に車で行く場合、どうしても荷物が多くなってしまいます。家族4人でキャンプに出かける場合、ミニバンやSUVならばしっかりと車に荷物が載りますが、コンパクトカーでは車内が狭くなってしまい、着いた時には疲弊している…、なんてことも珍しくありません。

そうならない様に、車内の快適席を保ちつつ、荷物を載せられるようにするためには、やはりルーフキャリアの存在は心強いと言えるでしょう。

ソリオの車中泊おすすめグッズ!カーテンやマットなど快適アイテムまとめ | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアを選ぶときの注意点は?

ルーフキャリアは、様々なメーカーから発売されており、有名なメーカーではスーリー、イノー、テルッツオなどが挙げられます。各メーカーが様々なルーフキャリアを発売していますが、当然載せるものや車種によってルーフキャリアの種類はたくさん存在します。

ルーフボックスを載せる予定だったのに、サイクルキャリア用のルーフキャリアだった、自分の車種には適していないルーフキャリアだった、などということがないように、用途にあったルーフキャリアなのか、自分の車に適合しているルーフキャリアなのか、しっかり確認してからルーフキャリアは選びましょう。

NBOX新型の車中泊仕様まとめ!マットなどおすすめの快適グッズは? | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアの種類「ルーフボックス」

ルーフキャリアは、あくまでも荷物を載せる土台となる部分のことを言います。さらにその上に、目的に合わせて様々なグッズを載せるような形になります。主なアイテムをご紹介していきましょう。まず、キャンプや旅行に最適なルーフキャリアのアイテムと言えば、ルーフボックスでしょう。

運転していて、ルーフボックスを載せている車を見かける機会は多いかと思います。ルーフボックスは様々な大きさが用意されており、軽自動車にも載せられるボックスから、5人前後の荷物が入るボックスまで、大きさは様々です。必要に応じてボックスを購入し、ルーフキャリアで載せることで、キャンプや旅行にも快適な車内を保ったまま遊びに出かけることが可能となります。

車の便利グッズ厳選ランキング20!かっこいいカー用品&アクセサリー【最新版】 | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアの種類「サイクルキャリア」

自転車を車の上に積んでいる人をたまに見かけます。そういう人は、ルーフキャリアの上に、サイクルキャリアをセッティングして自転車を固定しているのです。目的地まで車で向かって、旅先でサイクリングをする人や、子供の送り迎えの際、自転車を持って帰るためにサイクルキャリアをルーフキャリアで使っている人も多く存在します。

自転車は、車内に載せようとすると、スペースもとるし、車自体もそれなりの大きさが必要となったり、シートアレンジを変更しなければならなかったり、車が汚れてしまったりします。そんな時、ルーフキャリアを使ってサイクルキャリアで運べると便利ですね。

ウェイクの車中泊は居心地最高?注目のおすすめグッズや自作ベッドを紹介 | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアの種類「スキー・スノボーキャリア」

冬になるとよく見かけるのが、屋根にスキーやスノーボードを載せて走っている人です。もちろんこれもルーフキャリアを使用して載せています。スキーやスノーボードの板は、どう頑張ってもコンパクトにはならないので、ルーフキャリアを使うととても効率の良い収納となります。

また、スキーやスノーボードをする人は、スキー場などで車中泊をする人も多いので、スキーやスノーボードを車内に載せておくと快適な車中泊せ活を行うことができません。そういった観点からも、ルーフキャリアを重宝している人は多いようです。

4WDのおすすめ車種を紹介!アウトドアで使える人気モデルは?【2017年版】 | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアの種類「サーフキャリア」

スキーやスノーボードと同じくらい見かけるのが、サーフィンに板を載せている車です。これもルーフキャリアを利用して載せているのです。サーフボードは、大きな車でないと車内に載らない場合も多く、またロングボードをやっている人は大きな車でも乗り切らないサーフボードを持っている場合もあります。

サーフィンをする人の多くは、ルーフキャリアを使って運べるような用意はしているのではないでしょうか。快適な車内空間を維持するためにも、ルーフキャリアは趣味を充実させている人ほど、上手に使っているアイテムであると言えるでしょう。

デリカD5は車中泊に最適!ベッドの自作方法やおすすめ仕様・グッズ紹介 | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアの取り付け方をご紹介

用途にあったルーフキャリアが見つかったら、自分の車が適合しているのかどうか、しっかりと確認しましょう。ルーフキャリアの取り付け方は、年々簡単になってきており、最近では工具も一切使わないルーフキャリアも発売されています。

基本的な取り付け方はバラバラになって梱包されているステーを取り付けて、ステーをルーフレールに乗せ、あとはノブを回して固定するだけです。ルーフキャリアは簡単に取り付けができるので、まだ持っていない人は、1つ持っているといざという時に便利です。

ルーフキャリアの取り付け方は簡単ですが、その上に載せるアイテム、ルーフボックスやサイクルキャリアなどは、男性一人だと少し難しいかもしれません。重さもあるので、安全のことも考慮すると二人以上で取り付けるようにしましょう。

便利グッズで快適なドライブを!車のアクセサリーおすすめ20選紹介 | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアの代表的なメーカーは3つ

ルーフキャリアの種類や取り付け方をご紹介しました。ルーフキャリアにも、代表的なメーカーが存在し、それぞれのメーカーによって色々なこだわりがあります。代表的なメーカーは先述した通りスーリー、イノー、テルッツオの3つのメーカーだと言われています。

日本で一番有名なメーカーといえば、イノーではないでしょうか。イノーは日本のメーカーのため、国産車への適合するルーフキャリアが豊富にあります。また、日本のメーカーなので、やはり価格的にも安いことで重宝されています。次に人気のメーカーは、スーリーです。スーリーはスウェーデン発のカーキャリアメーカーで、世界的に見ると最大のシェアを誇るメーカーだと言えます。

国産車ではイノーの方が適合するルーフキャリアは豊富ですが、キャンプやアウトドアを楽しむ人は輸入車を持っている人も多く存在します。輸入車のルーフキャリアであれば、スーリーの右にでるメーカーはいません。

テルッツオは、名前はイタリアっぽいメーカーですが、こちらも日本のメーカーとなります。テルッツオは、主に軽自動車に適したルーフキャリアを取り扱っているメーカーで、軽自動車ユーザーはテルッツオいしておけば間違いありません。

セレナの車中泊おすすめグッズ!ベッドの自作やマット・カーテンも紹介 | MensModern[メンズモダン]

スーリーのおすすめルーフキャリアをご紹介

スーリーのおすすめのルーフキャリアをご紹介します。スーリーのルーフキャリアでおすすめは「TH754」のモデルをおすすめします。最大積載量が75kgという、ちょっと太めの成人男性が乗るくらいの積載量を誇るスーリーのこのモデルは、特許を持っているグリップ技術が自慢です。

スーリーのTH754であれば、キャンプ用品や旅行の際の荷物など、ほとんどルーフボックスに詰め込んでも大丈夫なくらいの強度を誇っています。車内に荷物ゼロを可能とできる、スーリーのTH754はおすすめのルーフキャリアです。

フィットで車中泊!マット・カーテンなどの快適グッズや便利アイテム紹介! | MensModern[メンズモダン]

イノーのおすすめルーフキャリアをご紹介

国産車ならば、イノーの「XS200」がおすすめです。国産車は丸みを帯びたデザインが多いので、ルーフキャリアをつけていると目立ってしまう場合があります。しかし、XS200は、車体との一体感を重視したデザインとなっているので、違和感なく使用することが可能です。

このルーフキャリアは、プリウスなどのセダンにおすすめできるので、元々の積載量がそこまで多くない車のために作られた、ルーフキャリアの本質を追求したルーフキャリアだと言えるでしょう。ミニバンでも当然使えるルーフキャリアなので、おすすめです。

ステップワゴンの車中泊グッズまとめ!おすすめカーテン・マットなど紹介 | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアはキャンプでも大活躍!

ルーフキャリアをつけ、ルーフボックスを設置することで、一番活躍できるシーンはやはりキャンプではないでしょうか。キャンプの場合、行き帰りの車内を快適な空間で過ごすことができるという大きなメリットはもちろんです。

しかし、それ以上に大きなメリットがあると言えます。それは、「車の中を汚さなくて済む」ということです。汚れたものは、全てボックスに入れてルーフキャリアに積んでしまえば、車内は汚れないし、匂いも気にしなくて大丈夫です。ルーフボックスは当然取り外しが可能なので、少し汚れたら洗ってしまえばOKです。

ヴォクシーで車中泊!おすすめのマットやベッドなど快適グッズを紹介 | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアを使って快適な車生活を送ろう

ルーフキャリアやルーフボックスは、付けたことのない人は抵抗のあるアイテムでしょう。しかし、一度使ってみたらその便利さに驚くことでしょう。ルーフキャリアを有効に使うことで、やはり車内を広々使うことができるというのは、キャンプや長距離移動を伴う旅行などでは重要なポイントになります。

特に、車中泊を伴う場合などには、車内に荷物があると寝るスペースの確保や大人数での車中泊が難しくなってしまいます。ルーフキャリアやルーフボックスは、敬遠せずに気軽に導入してみることをおすすめします。

ハイエースの車中泊がおすすめ!快適な仕様や便利グッズも徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

ルーフキャリアのおすすめや取り付け方のまとめ

ルーフキャリアのおすすめメーカーや取り付け方をご紹介しました。また、ルーフキャリアの種類、ルーフボックスやサイクルキャリアなどがあるというご紹介もしました。ルーフキャリアのメーカーについては、国産車はイノー、輸入車はスーリー、軽自動車はテルッツオと覚えておきましょう。

ルーフキャリアを使うことで、荷物がこれまで以上にたくさん積める、車内が広くなるなどのメリットはもちろんですが、キャンプなどでは匂いのするものや汚れたものをルーフキャリアに入れれば、車内の汚れや匂いは気になりません。また、サイクルキャリアやボードキャリアなども同じ理由で、車内が汚れないというのも、メリットになります。

どのメーカーのルーフキャリアも、近年のものは取り付けが簡単になっているので、とりあえずルーフキャリアだけつけておくというのも手ではないでしょうか。キャンプや旅行、これまでには考えられない快適な車内空間が広がることを保証します。


評価 4.7/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ