ノースフェイスのテントをモデル別に紹介!その魅力と特徴とは?

キャンプにおいてテントはとても重要なアイテムです。そのテントで今、ノースフェイスのテントがとても人気になっています。なぜ、ノースフェイスのテントは人気なのか、魅力や特徴をファミリータイプ、登山用などのモデル別にご紹介します。

ノースフェイスのテントをモデル別に紹介!その魅力と特徴とは?

目次

  1. ノースフェイスのテントをモデル別に紹介します!
  2. 今ノースフェイスのテントが大人気
  3. ノースフェイスのテントの特徴とは
  4. ノースフェイスのテントと言えばドーム型
  5. ノースフェイスのテントをモデル別にご紹介
  6. ノースフェイスのおすすめテント「トーラス」
  7. ノースフェイスのおすすめテント「ストームブレーク」
  8. ノースフェイスのおすすめテント「ホームステッドルーミー」
  9. ノースフェイスのおすすめテント「アサルト」
  10. ノースフェイスのおすすめテント「カイジュー」
  11. ノースフェイスのおすすめテント「VE25」
  12. ノースフェイスのテントは軽量・防寒で最強のテント
  13. ノースフェイスのテントは設営しやすい
  14. 自分にあったノースフェイスのテントを選ぼう
  15. ノースフェイスのテントのモデル別紹介のまとめ

ノースフェイスのテントをモデル別に紹介します!

人気のアウトドアブランドとして、確固たる地位を築いているノースフェイス。高いデザイン性や使い勝手の良さが挙げられ、アウトドアの色々がグッズをノースフェイスで揃えている人も多いのではないでしょうか。そんなノースフェイスのアウトドアグッズの中で、何気に高い人気を誇っているのがテントです。

ノースフェイスのテントは、軽量化されている、一人用からファミリー用、キャンプに登山と多種多様な使い方ができるということで、とても人気の高い商品となっています。今回は、ノースフェイスのテントの魅力と、ノースフェイスのテントをモデル別にご紹介します。

ノースフェイスのアルパインライトパンツ!サイズ感やメンズコーデ紹介 | MensModern[メンズモダン]

今ノースフェイスのテントが大人気

キャンプはもちろんですが、野外音楽フェス、ツーリング、登山などテントを使うシーンは増えています。ファミリーでテントに泊まるのはもちろん、少人数でのテントなどテントも利用シーンにより多様なものが発売されています。

ノースフェイスのテントは、様々なシーンに対応できるテントは多く、また現在では一般的になっているドーム型のテントのパイオニアと言えるのがノースフェイスです。そのため、ノースフェイスのテントはとっても人気が高く、当然使い勝手も良いことから、テントを購入する上でまず最初に検討されるのが、ノースフェイスのテントとなります。

ダウンジャケットはノースフェイスが人気!おすすめコーデと着こなし術! | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのテントの特徴とは

ノースフェイスのテントの人気の理由は、やはり利便性の良さが挙げられます。ノースフェイスのテントの特徴は、とにかく軽量ということです。軽量化を実現することで、近年流行の女性のソロキャンプでも多く活用されており、ノースフェイスブランドのテントが人気の最大の理由だと言えるでしょう。

軽量化されているので登山でも使う方も多く、さらにファミリータイプのテントも軽量なので、簡単に設営できるというメリットもあります。また、一般的なテントのイメージだと、単色でシンプルなデザインいうイメージがあります。

しかし、ノースフェイスのテントは、カラフルでデザイン性が高いのも特徴です。ロゴも入っているので、ノースフェイスのテントは流行り廃りのない長く使えるデザイン性だと言えるでしょう。ノースフェイスのテントが人気の理由として、このデザイン性も確実に理由の1つとして挙げられるでしょう。

デイキャンプのまとめ!テントなどの必要アイテムと持ち物の注意点紹介 | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのテントと言えばドーム型

ノースフェイスのテントと言えば、ドーム型のイメージを持っている人が多いでしょう。今では主流となってるドーム型のテントですが、実はこのドーム型テントの生みの親はノースフェイスなのです。ノースフェイスがドーム型テントを発売したのは、1975年でした。

それまでのテントは、ボックス型のテントが主流でしたが、設営が難しく、一人でのテント設置が困難というデメリットがありました。結果として、キャンプは本当に年に1回楽しむための娯楽という認識が一般的でした。しかし、このドーム型のテントが一般的となったことで、テントの設置が簡単になりました。

これにより、複数人での行うことが主流だと考えられていたキャンプやアウトドアが、一人でできる贅沢な趣味として一般に浸透するようになります。そうなると、ノースフェイスは一人用のテントも発売するようになり、結果的に現在では女性の一人キャンプなども行われるようになっています。

また、テント設営に必要な部品が減ることで軽量化され、アウトドアやキャンプがより簡単に行うことができるようになったと言えるでしょう。ノースフェイスのドーム型テントが、今のアウトドアブームを作る要因の一つであることは、間違いありません。

テントマットの選び方は寝心地が最優先!おすすめ&人気マット15選 | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのテントをモデル別にご紹介

それでは、その人気のノースフェイスのテントを、それぞれモデル別にご紹介していきましょう。ノースフェイスのテントには、ファミリーキャンプ、ソロキャンプ、登山、ツーリングなど様々な利用シーンによってモデルが分けられています。今、日本で取り扱われているモデルから、人気のテントをご紹介します。テントの設営が簡単な3ポールが採用されていることも嬉しいポイントです。

単なる寝具やアウトドアのための用具としてではなく、ドーム型のテントで強度や快適性など、テントとしての役割はもちろん向上させることに成功したノースフェイスのテント。しかし、それだけではなくより軽量化、よりコンパクトにすることも成功し、さらにデザイン性も追求した、ノースフェイスだからこそできるテントの数々が揃っています。

テントならスノーピークがおすすめ!初心者から上級者まで虜にする人気商品は? | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのおすすめテント「トーラス」

気軽にキャンプを楽しみたい方向けのノースフェイスのテントと言えば、トーラスです。前室の出入り口、後室の窓と荷物の出し入れがしやすいような設計となっています。カップルでキャンプをやる場合に、ちょうど良い広さの設計のテントです。ポールが少ないので設営もしやすく、持ち運びも便利なことから、車に積んでおきたいテントです。

ワンタッチテントのたたみ方まとめ!簡単な方法・コツを動画付きで徹底解説 | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのおすすめテント「ストームブレーク」

ノースフェイスのストームブレークシリーズは、1人用と二人用が用意されているテントです。ソロキャンプ、少数でのキャンプに向いており、とっても軽量で簡単に持ち運びができ、テントの設営も簡単という特徴があります。基本的には初心者向けに開発されたテントとして、まずはここからノースフェイスのテントを体験すると、他のテントへ浮気ができなくなるでしょう。

ワンポールテントおすすめランキング20選!初心者向きメーカー&選び方とは | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのおすすめテント「ホームステッドルーミー」

2人用のテント。カップルなどでアウトドアを楽しむ時に、テントの設営を簡単に行え、かなりお手軽にキャンプを楽しめるように開発されたテントです。デザイン性も高く、ノースフェイスとしても女性の目を意識した作りとなっているのではないでしょうか。一般的な2人用テントよりも大きく設計されているので、テント特有の閉塞感は感じません。

テントはコールマンがおすすめNo. 1!ワンタッチなど人気商品を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのおすすめテント「アサルト」

ノースフェイスのテントで、登山用の2人テントと言えばアサルトをおすすめします。軽量なので、雪山登山にもうってつけのモデルです。防水透湿素材を使用しているので、寒さや雨風にも強いテントとなっています。登山をする人なら、夜の寒さがわかると思いますが、アサルトならば寝袋さえあれば比較的快適な夜を過ごせます。

テントのクリーニングが話題!プロにお任せ撥水&UV加工でピカピカに? | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのおすすめテント「カイジュー」

ファミリータイプのテントとして用意されたモデルが、ノースフェイスのカイジューシリーズです。4人用のテントと6人用のテントがそれぞれ販売されています。カイジューシリーズは、ファミリーで利用することが想定されているので、テント内にポケットがたくさんついており、あらゆるところに収納が可能なようになっています。

テントは今時レンタルがお得!激安キャンプ用品の人気サイト&ショップ特集 | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのおすすめテント「VE25」

ノースフェイスの定番モデルのテントと言えば、VE25です。3人居住用のテントとなっており、登山用のテントとなります。冬山での利用を想定されており、ドーム型に設計されていることとそれぞれのポールの組み合わせで強風にも耐えらえる設計となっています。

テントのグランドシートは必要?おすすめ商品から代替品の選び方まで | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのテントは軽量・防寒で最強のテント

ノースフェイスのテントをモデル別に紹介しました。まだまだ他にもテントはありますが、登山用、ファミリー用、少人数用、ソロキャンプ用、初心者用などあらゆるシーンを想定してノースフェイスのテントは作られているということをお判りいただけたと思います。特に、ソロキャンプや登山用の場合、持ち運びが便利、とにかく軽量であるという条件が必須となります。

ノースフェイスのテントはその条件をしっかりと満たしてくれており、まさに理想的なテントだと言えるでしょう。また、軽量化されているからといって、寒かったり風で倒れやすかったりしたら意味がありません。

ノースフェイスのテントは、防寒はもちろん、ポールも少ないながら丈夫な作りにもなっており、一説には時速200kmという暴風でも耐えられる作りとなっているそうです。キャンプはもちろん、冬の雪山などではノースフェイスのテントは必須のアイテムだと言えるでしょう。

おしゃれなテントで写真映え!ファミリー向けで設置も簡単なおすすめ品は? | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのテントは設営しやすい

また、ノースフェイスのテントの最大の利点としてあげられるのは、とにかくテントの設営が簡単だということです。意外に思われるかもしれませんが、ノースフェイスのテントは、カイジューなどの大き目のファミリータイプになればなるほど設営が簡単になっています。

これは、利用シーンを考えられているからこその特徴だと言えます。ファミリータイプのテントは、キャンプで使われることがほとんどだと思います。家族でキャンプをする場合、当然小さでやんちゃ盛りの子供がいることが想定されます。川や山では、大人が目を離したほんの一瞬で事故が起こりかねません。

なので、ファミリータイプのテントであればあるほど、テント設営に時間がかけられないのです。そういったシーンを想定しているからこそ、ファミリータイプのテントは軽さよりも、設営のしやすさ、倒れにくさを重視しした設計で作られているのです。

一方、登山タイプやソロキャンプ用は、全く別の設計で作られていると言えます。ノースフェイスのテントの人気の理由には、そういった利用シーンを細かく想定してくれているからだとも言えるでしょう。

ドームテントの人気ランキング!おしゃれで初心者にも安心なモデルを紹介 | MensModern[メンズモダン]

自分にあったノースフェイスのテントを選ぼう

様々なシーンに合わせて、ノースフェイスはそれぞれのシーンに最適なテントを提供してくれていると言えるでしょう。ファミリータイプ、ソロタイプ、雪山、登山、人数など、いろいろな条件を想定したテントを用意しています。100人いれば100通りのテントの使用環境は異なります。どんなキャンプが理想的なのかを考えましょう。

自分がどんな状況でテントを使うのか、どうやって持ち運びするのかなどを想定し、自分の使う場面にあったテントをチョイスすることでより快適なテント生活を送ることができることでしょう。逆に用途に合わないテントを選んでしまうと、宝の持ち腐れとなってしまうので気をつけましょう。

また、そういった多種多様なテントが用意されているアウトドアブランドは、実際はノースフェイスくらいだとも言えます。そういった部分で、ノースフェイスのテントが高い人気を誇っている理由であるのではないでしょうか。

登山テントのおすすめ10選!初心者のための選び方・張り方を紹介! | MensModern[メンズモダン]

ノースフェイスのテントのモデル別紹介のまとめ

ノースフェイスのテントをモデル別に紹介しました。また、ノースフェイスのテントが人気の理由も開設しました。いまから40年以上前に、ドーム型のテントを開発し、それが現在までテントの主力として残り続けていることからも、ノースフェイスがアウトドアブランドの、テントのトップランナーであると言えるでしょう。

ノースフェイスのテントは、組み立てやすさ、設営のしやすさ、軽量であることなどから現在のアウトドアブームの要因であるとも考えられています。

ノースフェイスがアウトドアのアパレルブランドであると考えている方も多くいますが、実はテント=ノースフェイスでもあります。これからキャンプを始める方も、テントの買い替えを検討している方も、ノースフェイスのテントに注目です。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ