旅行や、出張のみならず大事な場面での外出時に歯ブラシを持ち歩くという方が増えています。歯ブラシを持ち歩く際に必要なのが、専用のケース。あなたは専用のケースをどんな基準で選んでいますか?今回は持ち運びに便利でおしゃれな歯ブラシ用ケースについてまとめてみました。

歯ブラシ用ケースのおすすめ特集!持ち運びに便利なおしゃれ人気商品は?

目次

  1. 外出時に必要な歯ブラシ用ケースを選ぶポイントとは?
  2. オフィスに便利な歯ブラシセット!どんなケースが人気あっておすすめなの?
  3. 旅行に人気の専用ケース付き歯ブラシセット!どんなものがおすすめ?
  4. 歯ブラシ一体型のケース!人気やおすすめ!メリットとは?
  5. 人気の歯ブラシ専用ケース・UV除菌効果のあるおすすめは?
  6. 持ち運びに便利!シンプルな歯ブラシ用ケースの人気・おすすめは?
  7. 持ち運びに便利なおしゃれな歯ブラシ専用ケースの人気・おすすめ商品は?
  8. 丸洗いできる!人気のタオルケースのおすすめ
  9. 人気の歯ブラシ専用ケース・ポーチタイプの選び方
  10. 歯ブラシケースとして代用できるケースはある?
  11. 人気の歯ブラシケースランキング5選 どれがおすすめ?
  12. オリジナルの歯ブラシケースを手作りしてみよう!
  13. 歯ブラシ専用ケースのお手入れ方法は?
  14. 歯ブラシ専用ケースを選ぶにあたって注意する点は?
  15. 【まとめ】自分に合った歯ブラシケースを見つけて清潔に持ち運びをしよう

外出時に必要な歯ブラシ用ケースを選ぶポイントとは?

旅行や出張先で、必ずと言っていいほど、お世話になる「歯ブラシ」もちろん、宿泊先には常に常備されている歯ブラシですが、やはり歯ブラシは「マイ歯ブラシ」として常に携帯をされている方も多いでしょう。

歯ブラシを携帯するには、保護するうえでその専用のケースが必須になりますよね。しかし、歯ブラシを保護するケースにはいろんなタイプがあります。あなたはどんな基準で選んでいますか?

いつもきれいでいたい!そんな方は除菌してくれるケースがおすすめ

歯ブラシを濡らしたまましまっていませんか?実は歯ブラシには便器と同じくらいの細菌がいることをご存知でしょうか。また、歯ブラシを常にきれいに保ったまま携帯したいという方も多いでしょう。そんなあなたには携帯してるだけで除菌してくれる歯ブラシケースがおすすめです。

え、ケースに入れておくだけで除菌できるの?という方もまずは一度試してみてください。除菌ケースには持ち運びに便利な携帯するタイプと、据え置きタイプがあります。用途に合わせて使い分けするのも良いと思います。

歯ブラシもおしゃれに携帯したい!そんな方にはコラボしたケースがおすすめ

衛生面はもちろんのこと、もっとおしゃれに歯ブラシを携帯したいというあなた。それならば、歯医者さんが監修したものをもとに作成されたケースはいかがでしょうか。おしゃれなポーチになったタイプなどは歯科医師とデザイナーのコラボという商品が多いです。

機能的な要素や、衛生面を歯科医師が監修し、それをデザイナーに依頼してデザインされたものは、しっかり除菌され衛生面を保たれるとともに、おしゃれに携帯できるとあって、バッグの中身までこだわっておしゃれにしたいという方にはおすすめです。

余計なデザインはいらない!清潔重視!そんな方にはEVA素材がおすすめ

歯ブラシを収納するのに、余計なものはいらない!とにかく衛生面が充実していて清潔が重視!そんな方にはEVA素材のケースもおすすめ。清潔重視ならば、除菌してくれるケースもありますが、通気性が抜群のEVA素材でできているケースもおすすめです。

EVAとは、Ethylene-Vinyl Acetateの略称でエチレンービニル共重合樹脂でできた素材のことを言います。夏の風物詩であるビーチサンダルや、バスマットなどを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

水に浮き、軽い素材なのです。熱には弱いので火の気のある場所に置くには注意が必要ですが、耐久性に優れ、水にも強く、通気性が良いので、歯ブラシを清潔に保管をすることができます。

洗濯が出来ちゃう歯ブラシケース!丸洗いしたいならタオル生地で出来たケースがおすすめ。

何となくプラスチックケースだとかびちゃって心配。という方にはタオル生地でできた歯ブラシ専用ケースはいかがでしょうか。タオル生地でありながら急速分解消臭機能を持ち合わせ、丸洗いでき、歯ブラシを清潔に保つことができます。タオル生地なので、口も拭くことができますよ。

これは便利!定番の歯磨き粉とセットになった歯ブラシケース

歯ブラシケースと言わずとも、バラバラで買うのが面倒という方は、歯磨き粉とセットを購入することがおすすめです。最近は抗菌されているものも多いので、清潔に保つことができ、そのまま持ち運びするのも楽ちん。歯磨き粉や歯ブラシを別々に買わずに済んで、しっかりとしたケースに入れられているのがうれしいですよね。

ケースだけじゃない?ブラシ部分を保護しよう!歯ブラシキャップ

歯ブラシケースは歯ブラシ全部を保護してくれますが、特に口の中に入るブラシの部分そのまま放置しておくと細菌がたまりやすくなり、衛生面からしても良くないですよね。ブラシの部分をどう保護したらよいの?そんな時は、歯ブラシキャップをしてみてはどうでしょうか。

歯ブラシにセットとしてキャップがついているものとそうでないものがあります。バラで買うのが面倒という方は、キャップ付きのセットで購入をするのが近道ですが、キャップはばら売りもしています。キャップをしておくことで、ブラシの部分が清潔に保たれますよ。

ただし、キャップをする際には、ブラシの部分をよく乾かしてからにしましょう。濡れたままキャップをすると反ってブラシの部分に細菌が増えていき逆効果となるので注意が必要です。

おすすめの歯ブラシランキング!歯科医のおすすめや人気商品は? | MensModern[メンズモダン]

オフィスに便利な歯ブラシセット!どんなケースが人気あっておすすめなの?

歯磨きのタイミングと言えば朝晩のイメージが強いと思われがちですが、実はオフィスでもランチの後には歯磨きをする習慣をつけている方が多く見受けられますよね。歯ブラシをバッグに忍ばせておくか、オフィスに置いておくことになりますが、そんなオフィスでの保管、あなたはどうしていますか?

バッグに携帯して持ち運びたい!オフィス用に人気の歯ブラシケースとは?

オフィスにとどまらず、ちょっとした外出先にも持ち運びに便利な人気の歯ブラシケース。歯磨き粉とセットになっていればどこにいても大変重宝しますよね。しかし、旅行以外の外出に歯磨き粉とのセットを携帯するとなるとバッグの中でかさばったりしますよね。

歯ブラシをバッグに忍ばせて持ち運びをしたいという方は、プラスチックケースがおすすめです。歯ブラシをしっかり保護し、バッグには省スペースで携帯が出来ます。ただし歯磨き粉をセットに出来ないというデメリットがあります。

オフィスでの保管すぐ使いたい!オフィスに人気の歯ブラシケースとは?

オフィスですぐ歯ブラシを使いたいという方の多くは、持ち運びはせずに、オフィスで保管されているという方も多いでしょう。オフィスですぐに使いたい!そんなオフィス保管派の方には、歯磨きとセットになったものがおすすめ。

歯磨き粉をセットなったものであれば、オフィスにおいてすぐに使えますよね。セットになっているものであれば、中には、ケースや歯ブラシと言ったものに、こだわりがあって、おしゃれのためにあえてバラバラに買う方もいらっしゃるようですが、面倒という方は、無理にこだわる必要はないと思います。

必要なのは、オフィスに保管するということで、清潔に保てるよう、歯ブラシキャップがついているセットを準備しておけば、心配はいらないでしょう。

歯ブラシスタンドのおしゃれランキング!洗面台を素敵に彩る人気アイテム | MensModern[メンズモダン]

旅行に人気の専用ケース付き歯ブラシセット!どんなものがおすすめ?

旅行に行くと、必ずホテルや旅館には、歯ブラシや歯磨き粉など常備されているのが当たり前となっていて、歯ブラシはもっていかないなんて方も多いかもしれませんね。しかし、どうしても自分で使っているものでないと違和感があったり、旅館やホテルに常備されている歯ブラシが合わなくて、持参したいなんて方もいると思います。

ホテルや旅館にはコップやタオルなんかも一緒に常備されていますが、どうしても使いたくないという方は、コップとして使える歯ブラシケースがおすすめ。ケースそのものが、歯ブラシや歯磨き粉を取り出し、水を入れることで、ケースがコップに早変わり。持ち運びにも便利なので、長期出張やレジャーでの長期旅行にはぴったりでしょう。

Tingberoo【トラベル 旅行用 持ち運び便利 歯ブラシ収納ボックス】

歯ブラシや歯磨き粉はもちろん、フェイスタオルも収納できてしまう、優れものです。またケースの蓋の部分ははみ履きの際にコップとしても使用が可能なので、両行や長期出張などには大変重宝するアイテムと言えます。プラスチックでできているので丸洗いも可能です。ピンクとピンク+ブルーの2種類があります。

Miya【歯ブラシケース】

歯ブラシケースがそのまま歯ブラシスタンドとしても使え、ケースの蓋がそのままコップとしても使用できるケースです。歯ブラシや歯磨き粉の収納はもちろん、小さめの櫛が収納できるので旅行や長期出張の荷物をコンパクトにまとめたいという方にはおすすめです。

歯ブラシ一体型のケース!人気やおすすめ!メリットとは?

歯ブラシの中にはケースとUV除菌機が一体型となった音波振動歯ブラシがあります。しっかり磨けて、なおかつ除菌を徹底したいという方にはおすすめの歯ブラシと言えます。またコンパクトな設計のものが多く、軽量なのでバッグの中に携帯するのにも便利と言えます。

しかし、単三または単四電池を入れて操作するものが多いのが特徴ですが、電池は別売りになっているものがほとんどで、電池を買い足さなければならないデメリットはあります。

電動歯ブラシで歯科医おすすめや人気は?選び方のポイントも紹介 | MensModern[メンズモダン]

人気の歯ブラシ専用ケース・UV除菌効果のあるおすすめは?

歯磨きをする方の多くは、衛生面や清潔感を重視した歯ブラシの保管方法を色々考えているという方がほとんどでしょう。単純に歯磨きをして、歯をきれいにするだけでなく、歯ブラシそのものを清潔に保ちたいのだけれど、いちいちケースを洗うのは面倒で時間もない!そんな方には少々お値段は張りますが、UV除菌をしてくれる歯ブラシケースはいかがでしょうか。

自動で除菌!【BEMOTION 電池式UV紫外線歯ブラシ除菌庫】

少々お値段が張っても良いということであれば、電池式のUV紫外線を使ったタイプの歯ブラシケースはいかがでしょうか。歯ブラシをしまい、蓋を閉めると約7分間自動的に除菌を開始します。ケースを洗うのが面倒という方にもこれはおすすめ。誤って蓋を開けたとしても、紫外線センサーが反応して自動的にオフになるので、安全性にも優れています。

自動で除菌!【エセンシア 歯ブラシ 除菌器 ポータブル シリーズ ESA-101】

歯ブラシをしまい、蓋をするとUVランプがつきます。除菌時間は約5分間で、単4アルカリ電池を使用しており、1日2回の使用で、約1か月位の寿命になります。電池の寿命も比較的長いので学校や職場使用するのにはおすすめです。

歯ブラシとセット【KIVOS音波式電動歯ブラシ】

歯ブラシとセットになったKIVOSの超音波電動歯ブラシは黒と白の2種類あり、替えブラシが2本ついていてかなり衛生的と言えます。黄緑色したケースは蓋を閉めると10分間しっかり除菌をしてくれる優れものです。歯ブラシにはクリーンモード、美白モードの2種類と3種類の調整速度モードを搭載しています。ケースの除菌を徹底したい方や本気で歯の美白を目指したい方にはお勧めの商品です。

歯ブラシの正しい除菌方法は?消毒方法やおすすめの商品を紹介! | MensModern[メンズモダン]

持ち運びに便利!シンプルな歯ブラシ用ケースの人気・おすすめは?

旅行や学校や会社などのオフィスでの歯磨きのための持ち運びは、日常あることですが中にはちょっとしたランチや、1日だけのレジャーのために歯ブラシを持ち歩く方もいらっしゃるでしょう。長時間自宅を離れているならともかく、数時間自宅を離れている間に持ち運びが出来る歯ブラシならば、歯ブラシを単体で保護できるようなケースがおすすめと言えます。

candyfouse【歯ブラシボックス】

長さ21㎝、幅4㎝というコンパクトな設計でありながら歯ブラシだけでなく歯磨き粉も収納が可能。ロックデザインでしっかり歯ブラシを埃や汚れから守り、しっかり保護してくれます。グリーン、ブルー、ピンク、ロース赤の4色があります。

Cisixin【歯ブラシボックス】

ピンクとブルーの2色セットでAmazonで販売しています。普通の歯ブラシを汚れや埃から守り、ブラシの変形からも保護してくれます。プラスチックでできており、サイズは21.5㎝×3㎝×4㎝。バッグにもスマートに収納できて、ちょっとした外出時の持ち運びが便利です。

エビス【くりたん ハブラシケース】

蓋の上の部分にかわいらしいスマイル顔が印象的な歯ブラシケースは、子どもから大人まで人気のある商品です。市販の歯ブラシ1本が収納でき、ちょっとした外出に携帯するには便利でしょう。別売りの歯ブラシキャップと揃えるとかわいらしさが増します。イエロー、グリーン、ブルー、ピンクの4色がありますが、色を自分で選べないというデメリットも。

おしゃれに歯ブラシを収納しよう!100均からDIYまでアイデアまとめ! | MensModern[メンズモダン]

持ち運びに便利なおしゃれな歯ブラシ専用ケースの人気・おすすめ商品は?

旅行に、出張に歯ブラシケースは何といってもおしゃれでないとダメ。という方のためにおしゃれな歯ブラシ専用ケースをご紹介します。あなたに合ったおしゃれな歯ブラシ専用ケースを見つけてくださいね。

Honel 【歯ブラシボックス】

ケースに花柄をあしらい、かわいらしい印象のケースはビニール製で軽量なので、持ち運びも楽々。歯ブラシや歯磨き粉のほかに、小さめの櫛も収納が可能です。サイズは19.5㎝×6㎝×9㎝。色はパープル、ピンク、ブルー、ベージュの4種類あります。

DBMART 【歯ブラシホルダー カップ収納5セット 】

歯ブラシや歯磨き粉はもちろん、シャンプー用のボトルが2本、櫛、ミラー、漱コップがセットになっていてコストパフォーマンスが充実した収納ケース。収納が3つに仕切りが出来、衛生面にも優れています。203㎜×55㎜とコンパクトで小型ですが、多機能に優れているので長期旅行も安心して使えます。

丸洗いできる!人気のタオルケースのおすすめ

歯ブラシケースと言えば、歯ブラシそのものを保護したり、埃や汚れから守るという役割があります。ケースの素材はビニール製やプラスチックなどが多くありますが、水分の吸収に優れているタオルタイプのケースもあるのです。

歯ブラシそのものの保護力にはやや欠けてしまいますが、丸洗いができ、歯磨きの後の洗顔や口回りをしっかり拭けるものならば【MOYOの歯ブラシケース(WAKATAKE)】はいかがでしょうか。MOYOの歯ブラシケースは今治タオルが使用されているのでタオルを別に持っていく必要がありません。肌にも優しいのでタオルが荷物になってしまうという方はおすすめです。

人気の歯ブラシ専用ケース・ポーチタイプの選び方

これは女性に多いのですが、歯ブラシのケースとしてポーチタイプのものを利用している方も多く見受けられますが、もちろん男性でも使用することができるポーチは数多くあります。歯ブラシや歯磨きををバラで買い、専用のポーチにオシャレなものを使用するというのもありかもしれませんね。

男性に人気があり、おすすめの歯ブラシケースのポーチタイプはどんなものがあるのでしょうか。また歯ブラシケースにポーチタイプを選ぶポイントとは?

おしゃれなポーチを歯ブラシケースに!ファスナーの開け閉め

歯ブラシケース用に作られたポーチは、ビニール製の長方形をしたファスナーつきが多く出回っています。選ぶポイントとしてはファスナーの開け閉めがしっかりできるという点は、最低条件ではないでしょうか。

ポーチについているファスナーはスライダーと呼ばれるものと、プラスチックでできたジッパータイプのものがあります。安いものだと、ジッパータイプのものは部品が外れてしまったり、ジッパーを通しても閉まらなくなってしまいます。長く使いたいという方は、スライダータイプのケースがおすすめです。

おしゃれなポーチを歯ブラシケースに!ポーチの生地

歯ブラシケースに使用されている生地の多くは、ビニールでできていたり、布製でもビニールで覆われた生地のものが多くあります。これは、ビニール製は水分に強く、歯ブラシを水でぬらしたりするためで、バッグなどに入れても他の物が濡れたりしないというメリットがあります。

しかし、歯ブラシを濡らしたままポーチの中に放置しっぱなしでは、カビが映えたり異臭が起こったりしてしまうものです。きちんと清潔に保つためにはポーチをしっかり乾燥できるもの、通気性の良いものを選ぶのがポイントとなります。

おしゃれなポーチを歯ブラシケースに!持ち運びに便利かどうか

歯ブラシケースをオフィスで保管するという方も多いと思いますが、中にはバッグに携帯し持ち歩く方もいらっしゃると思います。あなたのバッグはきちんと携帯される環境にありますか?歯ブラシケースがバッグの中で引っかかっているということはよくある話で、バッグから取り出しづらければ意味がありません。

歯ブラシの持ち運びに便利なポーチを選ぶことが大事です。バッグの中からすっと取り出し、しまえるポーチは理想ですよね。

歯ブラシケースとして代用できるケースはある?

歯ブラシケースとして、自分に合ったものや、ほしいなと思ったものが見つからない場合、歯ブラシケースとして、代用できるポーチやケースを見つけるというのも、一つの方法かもしれません。歯ブラシケースとして販売されているものを無理に購入するより、普通のポーチとして販売されているものに、歯ブラシや歯磨き粉を入れても良いでしょう。

大切なのは、自分が使いやすいという点、歯ブラシや歯磨き粉の出し入れがスムーズであること、生地に通気性があり、歯ブラシや歯磨き粉を清潔に保護できて、バッグにかさばらずに収納が出来る事です。ご自分で、どのようなタイプのケースが使いやすいか、店頭に見に行ってみましょう。

人気の歯ブラシケースランキング5選 どれがおすすめ?

人気の歯ブラシケースランキング5選5位【クリアクリーン携帯用超コンパクトケース】

歯磨き粉とセットになってしっかりしたケースで保護されながら、コンパクトに収まり、荷物が多くなりがちな旅行や遠距離の出張などでもスマートに鞄に収まるのがうれしいですね。歯磨き粉の大きさや歯ブラシの長さを見ると長期の外出には不憫な点もあるかもしれませんが、2日から3日程度の宿泊にはおすすめです。

ハードケースなので、軽い汚れならサッとふき取ることもでき、丸洗いも出来るので衛生面にも優れていて、いつでも清潔さを保つことができます。

人気の歯ブラシケースランキング5選4位【PLALA 携帯用ポーチタイプ 歯ブラシセット】

プラスチックのソフトケースにディズニーキャラクターが入ったそのデザインは、どちらかと言うと女性向きですが、デザインや機能性を重視したいという方はおすすめです。

ピンク、ミントブルー、パープルの3色があり、歯磨き粉と歯ブラシがセットになっていて、歯ブラシにはキャップもついています。専用ケースは、ジップ式のファスナーで開閉をするタイプで、まるまる水洗いができるので衛生面も抜群です。

人気の歯ブラシケースランキング5選3位【Shop-Riez UVライト除菌 歯ブラシケース】

紫外線で除菌してくれるタイプのケースで、歯ブラシを1本収納することができます。紫外線を当てて除菌をしますが、紫外線の弱い曇りや雨の日でも安心して除菌をすることが出来るので、こまめにケースのお手入れが難しいという方には、おすすめの歯ブラシケースでしょう。

人気の歯ブラシケースランキング5選2位【エビスくりたんハブラシケース】

ケースの蓋の部分に入った、かわいらしいスマイルが特徴の歯ブラシケースで、幅広い方に人気を集めている商品です。大人用の歯ブラシ1本が収納可能で、蓋のスマイル部分は通気性の良い穴が開いているので、カビなどの細菌の繁殖を防いでくれます。お手入れはケースの底の部分は細長いものにティッシュやコットンなどを巻いてふき取るようにするときれいに保てます。

人気の歯ブラシケースランキング5選1位【ピュオーラ オフィス&トラベルセット】

しっかりしたつくりのハードケースは丸い部分と平らな部分の作りがあるため、歯磨きをする際に縦に置くことが可能です。洗面台が極端に狭い場所での歯磨きをする方にはおすすめのケースです。

ハードケースには複数の通気性の良くする穴が開いており、カビや雑菌などの繁殖を防いでくれて、嫌な臭いも押えます。ハードケースなので水洗いもできて、サッと拭きとれるのがうれしいですね。

オリジナルの歯ブラシケースを手作りしてみよう!

歯ブラシケースがどうしても通販を含めて、自分に合うものがなかったり、ほしいなと思う歯ブラシケースが見つからない場合は、自分で手作りをしてみるというのも1つの方法です。

水分に強い生地やファスナー、スライダーも市販されていますので、ご自分の好きな色や柄を見定めて手作りしてみてはいかがでしょうか。ほんの一例ですが使わなくなったタオルを使ってポーチの作り方をご紹介します。

使わなくなったタオルと言えば、雑巾にしたり、あまりにボロボロであればそのまま処分をしてしまうという方も多いのではないでしょうか。本当に、ボロボロで使えなくなったタオルは処分と言う形になっても仕方がありませんが、まだまだきれいなままのタオルは処分をするのがもったいないと思われる方も多いでしょう。

準備するものはタオル、またはタオルハンカチとスライダー(ファスナー)があれば簡単に出来るので、チャレンジしてみてください。【作り方】①タオルを裏返し、半分に折り、始点、終点の印をつける。(ファスナーの縫いずれ防止のためにタオルの周辺折り目の付いた4か所にも印をつけておきます)

②ファスナーを表にして始点の2㎜ほど外側を縦に縫う。③スライダーを表側に広げて抑えミシンをかける。ファスナーにも縫いズレ防止のために真ん中で印をつけておく。④タオルの始点に印をつけた部分にファスナーを縫ってある中央を合わせる。周囲をまち針で留めるか、仮縫いをする。

⑤まち針で留めたファスナー部分をミシン縫いする。1周させて縫うのではなく、片側ずつ始点から終点までを縫っていきます。ファスナーギリギリまで縫うのではなく、2㎜ほど余裕を持たせます。⑥ファスナーの取っ手部分を表に引っ張り上げる。⑦そのままファスナーを閉じればポーチの完成です。 

歯ブラシ専用ケースのお手入れ方法は?

歯ブラシケースにもデザインや、生地の素材によってお手入れの方法も変わってきます。しかし、どんな素材でできているケースでもお手入れは必要です。中には蓋をするだけで除菌をしてくれる歯ブラシケースもありますが、毎日使う歯ブラシを保護するケースは、放っておくとカビなどの細菌が繁殖してしまいますよね。

ケースがビニール製であれば、水洗いは可能ですが、ラミネート加工の場合はあまり水に浸しておくわけにはいきません。こまめに、水分や汚れをふき取る必要があります。また、タオルなどの布生地であれば、洗濯をすることで、清潔に保つことができます。お手持ちの専用ケースの生地をよく確認したうえでこまめにケースのお手入れをすることが望ましいですね。

歯ブラシ専用ケースを選ぶにあたって注意する点は?

前章でもご紹介したように、歯ブラシケースにも生地や、容量など様々です。歯ブラシケースを選ぶにあたって注意する事とはいったい何でしょうか。

歯ブラシケースを選ぶにあたっての注意点!自分が使いやすいものかどうか

今流行りのものや、デザインのカッコいいものやかわいいもの、見た目にも奇抜なデザインや派手めなもの、または控えめでシンプルなもの。歯ブラシケースを選ぶ基準は人によって様々ですが、大事なのは自分にとって使いやすいかどうかなのです。

友達や会社の同僚が持っているものに惹かれて自分も同じものを買おうという行動はよくある話ですが、必ずと言って同じものが自分にとって使いやすいものとは限らないということを覚えておくと良いでしょう。

歯ブラシケースを選ぶにあたっての注意点!ファスナーやボタンの開け閉めがスムーズか?

自分が使いやすいものかどうかと言う点の追記になりますが、歯ブラシケースの出し入れがスムーズにできるかどうかも選ぶ基準として必須項目になるのではないでしょうか。歯磨きをしたい時、しまう時にケースのファスナーやボタンをスムーズに開けられないでいると、いくら見た目がおしゃれでカッコいいケースでもイライラしてしまいますよね。

歯ブラシケースを選ぶにあたっての注意点!バッグにかさばらずに携帯できるか?

旅行やキャンプ、職場や学校などだけでなく、ちょっとした外出時に歯磨きをする方もいらっしゃると思います。外出時にはバッグに歯ブラシを欠かさず持つようになるでしょう。

歯磨きをしたい時にバッグからスムーズに取り出せず、バッグの中に散乱してしまうと、歯磨きをする時間よりも、歯ブラシを探す時間に取られてしまいますよね。そんな無駄な時間をなくすためにも、バッグからスムーズに取り出せるケースを選ぶようにしたいものですね。

歯ブラシケースを選ぶにあたっての注意点!お手入れがしやすいかどうか?

歯ブラシケースのデザインや生地が様々であるように、それを選ぶ方の嗜好も様々ですね。お手入れ方法でもご紹介しましたが、生地によってもお手入れの仕方が変わってきます。自分がお手入れをしやすい生地であるか、デザインであるか見定めることも必要かもしれませんね。

【まとめ】自分に合った歯ブラシケースを見つけて清潔に持ち運びをしよう

今回は持ち運びに便利な歯ブラシケースの人気商品やおすすめをご紹介しました。歯ブラシケースには、歯ブラシを単体で保護するタイプと歯磨き粉や他の備品も収納できるケースと大きく分けられることが分かりましたよね。見た目の判断だけでなく使う環境や、自分に合ったものを選ぶことが重要と言えます。

また、どうしても自分に合う歯ブラシケースが販売されていなければ、手作りをしてみるのも良いと思いますので、手作りが得意な方やそうでない方も簡単な作り方がありますのでご参考にしてみてください。

この記事に載せている以外でも参考になるものがあればそちらを参考にして、制作をしてみても良いでしょう。ご自分に合った歯ブラシケースで外出先でも歯をきれいにピカピカにしてくださいね。


評価 4.5/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ