Audi A1のスポーツモデルであるAudi S1は、欧州コンパクトカーの中では高級スポーツコンパクトという立ち位置で人気の車です。Audi S1の人気は、どんなところなのか?スペックや価格などの詳細な解説と、市場での評価・評判をご紹介します。

AudiのS1スポーツバックを解説!スペックと評価・評判は?

目次

  1. Audi S1スポーツバックの詳細を徹底解説
  2. Audi S1スポーツバックとは?
  3. Audi S1スポーツバックのエクステリアは?
  4. Audi S1スポーツバックのインテリアは?
  5. Audi S1スポーツバックのエンジンは?
  6. Audi S1スポーツバックのトランスミッションは?
  7. Audi S1スポーツバックの駆動方式は?
  8. Audi S1スポーツバックのドライビングモードと走行性能は?
  9. Audi S1スポーツバックの安全性能・自動運転システムは?
  10. Audi S1スポーツバックのスペックは?
  11. Audi S1スポーツバックの燃費スペックと実燃費は?
  12. Audi S1スポーツバックの価格は?
  13. Audi S1スポーツバックの中古車価格は?
  14. Audi S1スポーツバックの車検料は?
  15. Audi S1スポーツバックの年間維持費は?
  16. Audi S1スポーツバックのカスタムは?
  17. Audi S1スポーツバックの走行性能で評価・評判は?
  18. Audi S1スポーツバックの乗り心地で評価・評判は?
  19. Audi S1スポーツバックのフルモデルチェンジは?
  20. Audi S1スポーツバックに目が離せない

Audi S1スポーツバックの詳細を徹底解説

ドイツ高級車3メーカーの中で、コンパクトカーに最も力を入れているのはAudiでしょう。Audiはフォルクスワーゲングループに属するため、エンジンやプラットフォームなどフォルクスワーゲンと同じものを使用した車種が多いです。Audi A1はフォルクスワーゲン ポロとシャシーやエンジンなど共通部品が多く、ユーザーからはポロの高級車仕様という意識が強いです。

Audi S1スポーツバックになるとAudi A1よりもエンジンの排気量が上がり、アウディのSモデルらしくクワトロシステムの4WDを採用しています。コンパクトホットハッチモデルであるAudi S1スポーツバックは他メーカーのコンパクトカーよりもスポーティーで、かつ高級感も前面に引き出した希少モデルであり、コンパクトカーで速いコンパクトカーが欲しい方にはぴったりの車です。

Audi S1スポーツバックとは?

Audi S1スポーツバックは2014年11月5日に日本で発売されたコンパクトカーで、生産はベルギー・ブリュッセルにあるAudiの工場で行われています。ボディは「フォルクスワーゲングループPQ25」のプラットフォームが使用され、3ドアモデルと5ドアモデルに2種類があります。

Audiは、リリースする車種の一部にスポーツモデルとして「Sモデル」を展開しており、Audi A1のスポーツモデルがAudi S1となります。Audi A1では1.4エンジン直列4気筒TFSI直噴ターボエンジンが搭載されていますが、Audi S1スポーツバックではフォルクスワーゲングループで使用されるEA888エンジンを搭載し、こちらは2.0リットル4気筒ターボエンジンとなっています。

Audi S1はスポーツモデルであるためかトランスミッションは6速マニュアルしか用意されておらず、0-100km/L加速が5.8秒と他社のコンパクトカーの性能スペックに比べるとAudi S1はかなり速い車です。

Audi S1スポーツバックのエクステリアは?

Audi S1スポーツバックのフロントマスクから見ていくと、ヘッドランプ内が立体的で複雑な作りになっています。これは、バイキセノンヘッドランプとよばれ、ポジショニングライトにLEDを採用しています。バンパーのサイドエアダクトは蜂の巣状のメッシュタイプになり、S1のロゴが入ったところにA1とは違うオーラを出しています

Audi S1スポーツバックをサイドからみると、スペック上で18インチのアルミホイールが装着されており、ホイールスポークからのぞかせるブレーキキャリパーがS1のロゴ入りとなっています。ミラーはアルミ調となって、ここだけの変更でスポーティー感が一気に増しているようです。ホイールの大径化は車をカッコよく見せる良い評価・評判につなげることができます。

リアビューでは、テールランプに直目すると、ブレーキライト、テールライト、リアナンバー、ブレーキライトのすべてにLEDを採用したLEDリアコンビネーションランプを搭載しています。LEDライトは近年の新車に当たり前のように搭載されており、評価・評判で見えやすく長持ちといわれています。

デイライトとはなに?特徴と取り付け方・車検での保安基準を解説 | MensModern[メンズモダン]

Audi S1スポーツバックのインテリアは?

Audi S1スポーツバックの内装は、スポーティーな雰囲気を前面に出したスタイルになっています。黒を基調にした内装色にステンレス素材を多用し高級感を演出しており、ペダルキャップもステンレス製を採用。本革巻きのステアリングホイールやシフトノブがAudiらしいプレミアムスポーツカーのイメージを出しています。

Audi S1はステアリングホイール3スポークレザーとマルチファンクションフラットボトムが標準装備されています。ステアリングに装着されているマルチファンクションによるMMIなどインフォメーション機能を操作ができ、ハンドルの上下奥行調節も可能です。

Audi S1スポーツバックのMMIナビゲーションとメーターパネルは6.5インチのカラーディスプレイを標準装備しており、MMIナビゲーションとメーターのカラーディスプレイで表示される情報を共有することができます。オプションで14個のスピーカーによるBOSEサウンドシステムが搭載可能で、高音質でエンターテイメントサウンドを楽しめます。

Audi S1スポーツバックのMMIディスプレイはコンパクトでありながら、Audiの最新ナビゲーション機能が備わっています。カラーディスプレイであることはもちろんですが、ハンズフリー通話機能、ボイスレコードで音声操作も可能です。DVDドライブ(MP3、WMA、AAC、MPEG-4)と20GBまで容量を確保できるHDが搭載され、SDカードなども挿入できます。

インテリアの照明には、「LEDインテリアライティングパッケージ」が標準装備されています。フロントとリア、読書灯、メイクアップミラー、ドアシル、フットウェル、ドアオープナー、反射照明、ラゲッジコンパートメントライトに省エネで交換周期も長いLED照明を搭載しています。

Audi S1スポーツバッグはアクセルスタート・ストップボタンを押すだけでエンジンの始動と停止ができる「アドバンスキーシステム」が標準装備されています。キーを持っているだけで車が認証し、キーを差し込むことなくエンジン始動が可能です。外からのドアロック、アンロックもセンサーが検知し自動で行います。

Audi S1スポーツバックのエンジンは?

Audi S1スポーツバックのエンジンは2.0リッター直列4気筒TFSIターボエンジンで、「Audi S3」譲りのダブルインジェクションを搭載しています。エンジンを始動すると高負荷時はイグニッションからシリンダー内へ直噴、巡航走行時は間接噴射となるデュアルイグニッション方式を採用しています。

さらに、エンジン内は二つのバランスシャフトが採用され、ターボ圧は最大で1.4バールになります。これによりエンジンスペックの最高出力170kW(231PS)/6,000rpmで、最大トルク370N・m/1,600~3,000を発生するパワフルエンジンとなっています。

Audi S1スポーツバックのトランスミッションは?

Audi A1シリーズにはオートマチックトランスミッションがありますが、Audi S1スポーツバックは6速マニュアルのみが用意されています。オートマ限定の免許証を取得している方にとっては残念なところ。マニュアルしかないということは、Audi S1スポーツバックがそれだけスポーツカーとしての意識が強いということでしょう。

Audi S1スポーツバックの駆動方式は?

Audi S1スポーツバックは、Audiオリジナルの4WDシステム・クアトロ(quattro)を標準装備されています。電子制御式のマルチプレーンクラッチと(EDL)ディファレンシャルロックが、4輪の駆動配分をフルタイムで変化させます。

これによりオーバーステア、アンダーステアを打ち消し、素晴らしいトラクションを実現します。雨で濡れた路面を走行した時もスリップを極力なくすようし、タイヤが路面に張り付いているかのようなトラクション性能です。

Audi S1スポーツバックのドライビングモードと走行性能は?

Audi S1スポーツバッグには「Audiドライビングセレクト」が装備されており、「EFFICIENCY(効率)」「Auto(オート)」「DYNAMIC(ダイナミック)」の3モードがあります。これを切りあえることにより、エンジン特性、ステアリングのダイレクト感、サスペンションの油圧ダンパーなどセッティングが変更されます。

ドライビングモード「EFFICIENCY」時の特徴は?

Audi S1スポーツバッグのドライビングモードを「EFFICIENCY」にしたときは、燃費消費を改善できる設定となっており、アクセルの開度を一定に保つクルージング時などに効力を発揮しやすいです。

ドライビングモード「Auto」時の特徴は?

ドライビングモードを「Auto」はデフォルト値となっており、アクセルの開度やステアリングの切り替えによって、「EFFICIENCY」または「DYNAMIC」に自動で変更されます。ユーザーからの評価・評判では、街乗りでステアリングが軽く、高速道路ではしっとりとした乗り心地だそうです。

ドライビングモード「DYNAMIC」時の特徴は?

ダイナミックモードは最もスポーティーで、エンジン音が一気に変わりアクセル開閉のレスポンスが向上し、ダンパーもかなり硬くなります。ワイディングをそれなりのペースで走行したり、サーキット走行なんかでも選びたいドライビングモードです。

Audi S1スポーツバックの安全性能・自動運転システムは?

Audi S1スポーツバッグには、「レイン/ライトセンサー」が装備されて、ウインドスクリーンワイパー、カミングホーム/リービングホーム機能を自動でコントロールを行います。これは、ヘッドライトやリアライト、ナンバー灯、ポジショニングライトを駐車やドアの開閉に伴い車が自動でオンオフを切り替えるシステムです。

Audi S1スポーツバックに搭載される「アシスタンスシステム」は、万が一の事故の時は、フロント・サイド・リアにエアバッグが搭載され乗員のダメージを極力軽減する仕組みになっています。また、ESC(エレクトリック スタビリゼーション コントロール)では、急にステアリングを回してもタイヤのスリップを抑えるようにコントロールされます。

Audi パーキングシステムは、車を駐車する際に音やビジュアルでアシストします。死角にある車両を車に搭載されたセンサーで感知し、前後方向をMMIディスプレイに表示されます。

Audi S1スポーツバックのスペックは?

Audi S1スポーツバッグの寸法・車重・乗車定員のスペックは、全長×全幅×全高(mm):3,990×1,745×1,440、ホイールベース(mm):2,465、トレッド前/後(mm):1,460/1,455、車重(kg):1,380、乗車定員(名):4です。

また、3ドアモデルのAudi S1の寸法・車重・乗車定員のスペックは、全長×全幅×全高(mm):3,990×1,740×1,440、ホイールベース(mm):2,465、トレッド前/後(mm):1,460/1,455、車重(kg):1,360、乗車定員(名):4です。

エンジンスペックはAudi S1とS1スポーツバッグともに同じで、総排気量(cc):1,984、エンジン種類:直列4気筒DOHC16バルブターボ、最高出力(kW[PS]/rpm):170[231]/6,000、最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):370[37.8]/1,600~3,000、トランスミッション:6速マニュアル、駆動方式:4WDです。

Audi S1スポーツバックの燃費スペックと実燃費は?

Audi S1スポーツバッグのカタログ燃費スペックはJC08モード燃費値で14.4km/Lです。実燃費を調べてみると約10.0km/Lという意見が多く、2.0リッターの高出力エンジンを搭載するコンパクトホットハッチなため、これぐらいの実燃費値は妥当といったところでしょう。

無鉛プレミアムガソリンとは?意味や特徴・レギュラーとの違いを解説 | MensModern[メンズモダン]

Audi S1スポーツバックの価格は?

Audi S1スポーツバッグの車両価格は、ベースグレードで443万円、クアトロリミテッドエディションで471万円です。一方で3ドアのAudi S1はベースグレードで423万円、クアトロリミテッドエディションで449万円です。5ドアは3ドアよりも約20万円アップですが、後部座席を良く利用する方は20万円アップでもS1スポーツバッグが良いでしょう。

Audi S1スポーツバックの中古車価格は?

Audi S1スポーツバッグは中古車市場でタマ数は少なく、2011年に発売された新しいモデルであるため中古車価格は高額設定です。平均価格相場は280万円で、250~400万円で販売されています。3ドアモデルのAudi S1に注目すると240~360万円で販売されており、新車価格同様に中古車もAudi S1が約20万円ほど安いです。

中古車の走行距離と年式の関係とは?購入時に安全な車を選ぶための目安 | MensModern[メンズモダン]

Audi S1スポーツバックの車検料は?

Audi S1スポーツバッグは2年間の自賠責保険が27,840円 重量税が24,600円、印紙代が1,700円になります。車検をAudiのディーラーに出すと、アウディ正規ディーラーの車検料金で、点検整備料が24,840円、保安確認検査料が10,800円、車検代行費用が12,960円かかります。

さらにエンジンオイル交換やエレメントの交換費用を30,000円と仮定すれば、一度の車検で132,740円になります。これは実際に車検に出した場合、車体状況などで価格が前後違ってくるためご了承ください。

車検でおすすめはディーラー?費用とサービス・業者の選び方も解説 | MensModern[メンズモダン]

Audi S1スポーツバックの年間維持費は?

Audi S1スポーツバッグを所有するうえで年間かかるガソリン代は実燃費10.0km/L、リッターあたりのハイオクガソリン代を140円、年間走行距離を1万キロとすれば、14万円になります。次にAudi S1スポーツバッグの自動車税は年間で39,500円であるため、1年分の車検代、ガソリン代、自動車税を足し合わせると、約31万円になります。

トータルの年間維持費で考えれば、これに自動車保険料、駐車場代、エンジンオイル・タイヤなど消耗品の交換費用などを考えれば、大まかに50~60万円ぐらいかかると予想されます。あくまでの予想なので、実際に所有した際の維持費が変わってくることもありますので、ご注意ください。

Audi S1スポーツバックのカスタムは?

Audi S1スポーツバックのカスタムは、ホイール変更のみがほとんどで、大幅なカスタムをしているかはほとんど見受けられません。スペックでは十分なパワーであるため、エンジン内部や排気系のカスタムをしている方は少数派のようです。

サスペンションも、電子デバイスが組み込まれて走行モード変更でサスペンションダンパーのセッティングも変わるため、社外品の車高調を組み込むのも、ノーマルの機能をなくす思い切ったカスタムになるため、Audi S1スポーツバックにハードチューニングは難しいようです。

今話題の世界ラリークロス世界選手権ではAudi S1で出場する選手もおり、マシンのスペックもかなりパワーアップしています。それだけラリーベース車としてAudi S1は素晴らしい素材なのでしょう。

Audi S1スポーツバックの走行性能で評価・評判は?

Audi S1の試乗での評価・評判は、低速からトルクの出るエンジンと外車でありながらクラッチペダルが軽めで、発進やシフトチェンジがスムーズに行えると評価されています。

マニュアルしか設定しなかったことは、Audiとしても思い切った販売方針だったと思いますが、購入するドライバーの評価・評判では、それが走りに対する本気度合いを感じられ、コンパクトスポーツハッチ好きの心をつかみ評判が良いようです。

Audi S1スポーツバックのオーナーの評価・評判は、「とにかく走るのが楽しい」と評判されており、Audi S1スポーツバックのスポーツ性に大満足しています。スペック以上のパフォーマンスを実現しているあたりは、さすがAudiと評価できるところです。

Audi S1スポーツバックの乗り心地で評価・評判は?

Audi S1スポーツバックの乗り心地に関する評価・評判は、マニュアルのみのコンパクトスポーツハッチということもあり、外から加速やエグゾーストサウンドなど車内に入って少しうるさいと評価される声が一部聞かれます。しかし、ドライビングモードがセレクトできることから、路面からの凹凸などは不快なほど感じないと乗り心地でも評判は良さそうです。

Audiの最小のコンパクトモデルであるため、後席の広さとか荷室の広さはあまり期待できなようで、後部座席に座るときは窮屈感を感じるのは仕方ないところです。ファミリーカーとしてはお勧めできませんが、セカンドカーや1・2人でしか使わないときはAudi S1スポーツバックの大きさでも十分でしょう。

Audi S1スポーツバックのフルモデルチェンジは?

次期モデルとみられる新型Audi A1がドイツの公道でテストされているスパイショットが出回っており、今年から来年上旬あたりには新型Audi A1が発売すると見られます。カモフラージュで覆われた新型Audi A1は外観からおおきな変更があるとは見られません。

しかし、ヘッドライトやグリルの形状の変更が若干みられるのと、パワートレインの変更がなされると一部のメディアで噂されています。新型Audi A1ではフロントグリルが6角形で開口部が大きくなっていることと、ヘッドランプのサイズが若干大きくなり、エッジのきいたデザインになっています。さらに、新しいデザインのリアコンビネーションランプが搭載されると見られます。

新型Audi A1のインテリアは、MMIディスプレイの後には、メーターパネルを全液晶パネル化してナビゲーション画像をメーターパネルに投影できる機能が追加すると予想されます。

プラットフォームは、フォルクスワーゲングループで使われるMQB A0プラットフォームを使用し、従来通り1.0リッター、1.4リッターのターボチャージャーされた3気筒と4気筒のガソリンエンジンと北米・欧州仕様で1.6Lディーゼルエンジンが搭載されるでしょう。最高出力や最大トルクなどのスペックは向上すると予想されます。

安全装備や自動運転支援システムを充実させるために、Audiの緊急ブレーキング(AEB)、アダプティブクルーズコントロールなど、最新のドライバーアシスタンスとインフォテインメントシステムが搭載されることも予想されます。

Audi A1がフルモデルチェンジとなれば、Audi S1もフルモデルチェンジされることは確実と思われます。もちろんこれまで通り、Audi A1をベースに、ボディの補強、エンジン、サスペンションなどをS1仕様に変更されると思いますが、現行モデルから変えるようなエンジンがあまりないため、2.0リッターのままでエンジンスペックの向上が予想されます。

トランスミッションを6速マニュアルに加え、7速デュアルクラッチオートマチックが追加されると思われます。さすがに6速マニュアルだけだと、評価・評判で不満をもつユーザーもいたと思うので、新たにオートマチック仕様も追加することも期待できます。

Audi S1スポーツバックに目が離せない

Audi S1スポーツバックは、走りの性能で評価・評判が非常によく、コンパクトスポーツハッチの理想的な車に近いでしょう。コンパクトでキビキビ走るコンパクトカーであれば、Audi S1スポーツバックはおすすめできる車です。価格が約400万円とちょっと高額ですが、他のメーカーでは味わえない走りを堪能できることは間違いありません。


評価 3.7/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ