ルーフボックスのおすすめは?取り付け方&中古の塗装方法など紹介

ルーフボックスを活用していますか?アウトドアが趣味という人には、ぜひルーフボックスを取り付けてもらいたいところです。今回は、おすすめのルーフボックスをご紹介します。また、お手頃に済ませたい人のために、中古のルーフボックスの塗装方法もご紹介!

ルーフボックスのおすすめは?取り付け方&中古の塗装方法など紹介

目次

  1. ルーフボックスおすすめを紹介!取り付け方や中古品の塗装方法もご案内
  2. ルーフボックスとは?
  3. ルーフボックスはそれぞれの車種に合わせて選ぼう
  4. ルーフボックスの取り付け方は簡単?
  5. おすすめのルーフボックスをご紹介
  6. ルーフボックスは中古で購入できる!
  7. 中古のルーフボックスを自分好みに塗装してみよう
  8. ルーフボックスはキャンプなどのアウトドアシーンで大活躍
  9. ルーフボックス1つで快適な車内ライフを!
  10. ルーフボックスのおすすめのまとめ

ルーフボックスおすすめを紹介!取り付け方や中古品の塗装方法もご案内

キャンプや車中泊などのアウトドアシーンで車を活用するシーンは多くあります。しかし、コンパクトカーや軽自動車だと、車種によっては荷物を積むことで、車内の快適性を犠牲にしてしまうこともあるでしょう。そんな人は、諦めないで!車に取り付ける、ルーフボックスを取り付けるだけで、車内の快適性がぐっと上がることを知っていますか?

ルーフボックスは、意外と知られていませんがとても便利なカーアイテムです。今回は、おすすめのルーフボックスのご紹介はもちろん、取り付け方もご紹介します。また、オークションなどで落札した中古のルーフボックスを、キレイに塗装して使う方法もご紹介します。

ルーフキャリアのおすすめは?取り付け方法や選ぶ時の注意点まとめ | MensModern[メンズモダン]

ルーフボックスとは?

ルーフボックスを知っていますか?道路を走っていると、たまに車のルーフ(屋根の部分)についている、ボックス型の収納庫を見かけたことがあると思います。それがまさにルーフボックスです。この中には荷物が入るようになっており、キャンプや車中泊、釣りや登山など荷物が多くなってしまいがちのアウトドアでは、車の中の積みきれない荷物をしまったりします。

ルーフボックスの利点は、ルーフボックスの中に荷物をしまうことができるので、車内の快適性を保つことができることが挙げられます。アウトドアで使うアイテムは、大きいものが多いので車内に全て積もうと思うと、SUVやミニバンでないと、荷物を積むことで車内のスペースを犠牲にしてしまうこととなります。

そんな時、ルーフボックスを取り付けて荷物を積めば、荷物は入るし車内も快適で一石二鳥というわけです。ルーフボックスの他にも、ルーフの部分にスノーボードやサーフボード、自転車などを積めるような物もあり、小さい車でもルーフを有効に使うことで、趣味でも活用できるようになる便利アイテムです。

キャンプにおすすめの車の選び方!人気車種はSUVとミニバンどちら? | MensModern[メンズモダン]

ルーフボックスはそれぞれの車種に合わせて選ぼう

現在、国内で流通しているルーフボックスのメーカーは、主に3社挙げられます。この3社は、それぞれに特徴があり、車種によってメーカーを選ぶ必要があると言えるでしょう。主なメーカーのルーフボックスの選び方をご紹介します。

スーリー

スウェーデンのメーカーで、世界的なシェアはNo,1という実績を誇るルーフボックスのメーカーがスーリーです。世界最大手のメーカーのため、スーリーのルーフボックスは、外国車には最適の大きさや重量となっています。海外の車はただでさえ広々しているので、ルーフボックスを活用することでより快適なカーライフを送ることができます。

テルッツオ

一見するとイタリアンな感じの名称のテルッツオですが、日本のメーカーです。日本車のほとんどに適応するルーフボックスを作ってくれています。また、デザインが比較的薄めでスタイリッシュな作りとなっており、立体駐車場の多い日本のことを考慮した作りとなっていることも嬉しいポイントです。

イノー

イノーも日本のメーカーです。特に軽自動車用のルーフボックスが充実しており、また軽自動車につけられるものはどのメーカーよりも安価で売られているという強みのあるメーカーです。ルーフボックス初心者には、ぜひイノーのルーフボックスをおすすめしたいところです。

エクストレイルで車中泊!マットやベッド・カーテンなどおすすめグッズ特集 | MensModern[メンズモダン]

ルーフボックスの取り付け方は簡単?

ルーフボックスの取り付け方は、比較的簡単です。しかし、ボックスの大きさや車種の車高の高さなどもあるので、2人以上で取り付け作業を行うことをおすすめします。ルーフボックスを取り付けるためには、まずルーフキャリアを取り付ける必要があります。ルーフキャリア自体は、簡単に取り付けられるようになっているので、1人でも取り付けは行えます。

ルーフキャリアは、バー、フット、取り付けキットの3つの構成でできており、それぞれを取り付けた後、バーの上にルーフボックスを取り付けることになります。ルーフボックスは重いので、男性でも気をつけて取り付け作業を行なってください。

ソリオの車中泊おすすめグッズ!カーテンやマットなど快適アイテムまとめ | MensModern[メンズモダン]

おすすめのルーフボックスをご紹介

上記のメーカーで、自分の車に適合しているルーフボックスを販売しているメーカーがどこなのか、各メーカーのサイトに行って確認するとよいでしょう。各メーカーのルーフボックスはそれぞれに特徴があり、どれもおすすめのメーカーだと言えます。その中で、特におすすめのメーカーとして挙げられるのが、イノーです。

国産車はほとんどカバーできているということ、そして初心者から上級者まで幅広い層のためのルーフボックスが用意されていること、他の2メーカーと比べても価格が安いということがその理由です。特にイノーの「WEDGE 665」というルーフボックスは、大きさもトップクラスでありながら、左右両開きで使い勝手も良いのでぜひおすすめです。

NBOX新型の車中泊仕様まとめ!マットなどおすすめの快適グッズは? | MensModern[メンズモダン]

ルーフボックスは中古で購入できる!

ルーフボックスは、こだわらなければ安価で購入できる物もたくさんあります。それこそ、アウトドアのために車を買い替えるよりはかなりお得な買い物だと言えるでしょう。しかし中には、もっと安く抑えたいという人や、ヴィンテージ感にこだわりたいという人もいるのではないでしょうか。

そのような人におすすめのなのが、ルーフボックスを中古で購入するということです。オークションやメルカリなどのフリマサイト、リサイクルショップなどで結構売られているので、ルーフボックスを安く手に入れたいという人は調べてみるとよいでしょう。

車の便利グッズ厳選ランキング20!かっこいいカー用品&アクセサリー【最新版】 | MensModern[メンズモダン]

中古のルーフボックスを自分好みに塗装してみよう

ルーフボックスを中古で手にいれることのメリットの1つに、自分好みに塗装ができてしまうということが挙げられます。もちろん、新品のルーフボックスを塗装しても問題ありません。しかし、新品をいきなり塗装するのは気がひけるという人も多いでしょう。マスキングテープで削って、スプレー缶で行えば簡単に塗装できます。

そんな人には、安価で購入したルーフボックスを、自分好みのDIYして塗装することをおすすめします。他にも、傷が気になったり、車のカラーと合わないという場合は、塗装をしてしまいましょう。塗装は、それなりの技術や道具が必要です。事前に下調べを行なってから塗装をするようにしましょう。

ウェイクの車中泊は居心地最高?注目のおすすめグッズや自作ベッドを紹介 | MensModern[メンズモダン]

ルーフボックスはキャンプなどのアウトドアシーンで大活躍

ルーフボックスは、キャンプや登山などのアウトドアシーンでは大活躍のアイテムだと言って間違いありません。大きめのルーフボックスならば、テントやタープ、寝袋などキャンプや車中泊で使う寝具はルーフボックスに十分収まる場合もあります。

ソロキャンプやソロ車中泊なら、ルーフボックスがあれば車内を広々利用することができます。どんなシーンでも、ルーフボックスを取り付けておくととても便利だと感じることは、間違いありません。

4WDのおすすめ車種を紹介!アウトドアで使える人気モデルは?【2017年版】 | MensModern[メンズモダン]

ルーフボックス1つで快適な車内ライフを!

ルーフボックスが1つあれば、キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、家族旅行などでも快適な車内ライフを過ごすことができるでしょう。自分好みのルーフボックスがない、少し予算オーバーだという人でも、中古のルーフボックスは安価で売られています。

ルーフボックスを自分色に塗装したり、塗装したルーフボックスを取り付けることで、よりアウトドアやドライブが楽しくなることでしょう。

デリカD5は車中泊に最適!ベッドの自作方法やおすすめ仕様・グッズ紹介 | MensModern[メンズモダン]

ルーフボックスのおすすめのまとめ

ルーフボックスについてご紹介しました。ルーフボックスのおすすめは、車種によって様々です。外車ならスーリー、国産車ならイノーかテルッツオで検討すると良いでしょう。自分の車種名+ルーフボックスで検索すると、おすすめのルーフボックスが表示されるので試してみてください。

ルーフボックスの多くは、白、黒、シルバーのどれかの色であることが多いので、自分の車の色には合わないという人には、中古でルーフボックスを購入して塗装することをおすすめします。中古のルーフボックスなら、新品の半額程度で売られていることも多いので、予算も抑えることができます。キャンプなどのアウトドアが趣味の人は、ぜひルーフボックスは取り付けておきましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ