食事のバランスを取る良い方法は?バランスガイドを活用しよう!

健康を維持できる食事のバランスガイドや料理の適量についてまとめました。健康に暮らすためには食事のバランスガイドを参考にし、適量の料理をいただくことが大切。料理のバランスガイドを参考にしながら、健康的で適量範囲の食事を楽しんでいきましょう!

食事のバランスを取る良い方法は?バランスガイドを活用しよう!

目次

  1. 食事のバランスガイドについて知りたい!
  2. 健康を保つためには1日3回の食事が大切
  3. 食事では腹八分目の適量を守る
  4. 健康のために食事のバランスガイドを活用
  5. バランスガイド以外にも取り入れたい健康的な食事の特徴
  6. 食事バランスを保つために嗜好品は適量に
  7. 肉や魚の食事のバランスは?
  8. 脂質控えめのおすすめタンパク質類
  9. 簡単に食事バランスをとれるおすすめ料理
  10. 食事のバランスをとりながら健康を維持しよう

食事のバランスガイドについて知りたい!

健康を保つにはバランスが良く適量の食事をとることが大切

食事のバランスは健康を保つためにとても大切。食事バランスが乱れていると体調を崩しやすくなったり、肌荒れがしたりといったようにさまざまな影響が出てしまうので気をつけていきたいですね。食事のバランスをしっかりと整えていけば健康的な生活を楽しめるようになるので、意識をしながら食事のバランスをとっていくことが重要なポイント。

食事のバランスをとるのは難しそうに見えるかもしれませんが、基本的なポイントさえおさえておけば簡単に食事バランスは整えられます。いつまでも健康でいるためにも「最近、食事のバランスが乱れているなあ」と感じている場合は見直してみてはいかがですか。健康的な体づくりの元となる食事を整えて、日々の食生活を楽しんでいきましょう。

バランスのとれた料理で健康を維持しよう

「食事のバランスをとるためにはどうすれば良い?」「気軽に取り入れられる食事バランスの取り方を知りたい!」という場合にぴったりな食事バランス情報についてまとめました。食事のバランスを整えていけば、健康を保つだけでなくダイエットにも繋げられるのが嬉しいポイント。いつまでも元気でいるために食事のバランスを整えてみてくださいね。

食事管理アプリでダイエット成功!おすすめ人気アプリ5選! | MensModern[メンズモダン]

健康を保つためには1日3回の食事が大切

朝・昼・晩と食事のバランスをとるように

食事のバランスをとるためにまず気をつけておきたい基本ポイントが1日3食をとること。忙しいと朝食を抜いてしまったり、ついつい昼ごはんを食べそびれてしまったりといったことがあるかもしれませんが、なるべく3食を食べるようにすることで必要な栄養がとりやすくなるので頑張ってみましょう。

特に1日のエネルギーをチャージするために必要となるのが朝ごはん。朝ごはんでエネルギーをとることによって1日を元気に過ごすことができるようになるので朝ごはんはしっかりと食べておきたいですね。次の日に時間がなさそうであれば前日に朝ごはんの準備をしておくなどの工夫をして、バランスのとれた食事にしてはいかがですか。

1日3回の中で分量を調整しよう

健康的に食事を楽しむためには1日3回における食事量のバランスをとっていくことも大切になります。1日の活動源となる朝ごはんや午後の活力を保つために必要な昼ごはんはしっかりめに食べて、夕飯は軽めにするなどの工夫をするのがおすすめ。夕飯時は代謝が落ち始めているので、他の食事よりも軽めにすることで脂肪の蓄積をおさえることができます。

食事では腹八分目の適量を守る

満腹になるまで食べるのは食べ過ぎ

腹八分目という適量を守る事も食事バランスをとる上で大切になります。美味しそうな食事を目の前にすると、ついつい満腹まで食べてしまうことがありますが満腹になるべて食べるのは食べ過ぎになるので気をつけましょう。満腹になるまで食べると胃に負担をかけたり、脂質や糖質を想像以上に摂取してしまったりということになるので注意しておきたいですね。

腹八分目のバランスをとるようにしよう

基本的に腹八分目の食事量にしておけば、食べ過ぎを抑えてバランスを取りやすくなります。「まだ食べられるけれども、お腹はそれなりに満たされた」というくらいの食事量に抑えて腹八分目にしてみてはいかがですか。特に代謝が落ちる夕飯の時間帯は控えめにする事によってダイエットにも役立てられるのでおすすめ。

早食いではなくよく噛んで食べる事で満腹感を得られやすくなり、食べ過ぎを抑える事ができるようになります。ついつい食べ過ぎてしまう場合はよく噛む事を意識してみましょう。生活習慣に取り入れる事で腹八分目を守りやすくなります。

血液サラサラにするための美味しいレシピは?食材や食事の仕方も! | MensModern[メンズモダン]

健康のために食事のバランスガイドを活用

厚生労働省と農林水産省が作成した食事のバランスガイド

「食事のバランスをとるために具体的にどんな食材をどのくらい摂取すれば良いのか?」と悩んでしまう事がありますよね。そんなときは、厚生労働省や農林水産省が作成した食事のバランスガイドを参考にしてみましょう。1日あたりに必要な栄養を品目ごとに区分けして示しているので、食事のバランスをしっかりと整えたいときにぴったりです。

バランスガイドの見方は簡単。バランスガイドでは1SVという単位で分量を表します。品目によって単位のg数が変わり、炭水化物であれば40gが1SV、副菜は70gが1SVになるのがポイント。主食は5〜7SVが基本なので、gに表すと200g〜280gほどになります。このように計算をして、1日に必要な品目の分量を出していきましょう。

活動状況によって料理の適量を調整しよう

バランスガイドを参考にするときに大切なのが、自分の活動量にあった数値を出すことになります。1日に体を動かす事が多い人であれば、全体のSV量は多くなり、体を動かす事が少ない場合はSV量は少なくなるのでその人のタイプによって変わってくる事を意識しておきましょう。自分の活動量を考えながらバランスガイドを参考にしてみてくださいね。

バランスガイド以外にも取り入れたい健康的な食事の特徴

料理の塩分の取りすぎに気をつける

バランスガイド以外でも食事において気をつけておきたいことはまだあります。まず、基本的に気をつけておきたいのが塩分をとりすぎないようにすること。特に外食が多いと知らないうちに塩分をとりすぎてしまっていた、ということになりがちですよね。塩分量をおさえることで高血圧といった疾患を予防できるので、日々の食事で意識していきましょう。

脂質や糖質の多い料理ばかりを食べない

脂質や糖質の多い食事ばかりを食べ過ぎない事も大切になります。脂質や糖質を含んだ料理は満腹になりやすく、満足度も高いですが活動量を上回る分量を摂取すると肥満の原因になるので気をつけましょう。脂質や糖質も体を作るためには必要ですが、適量を守って他の食材とのバランスをとることが重要になります。食事のバランスをとるために気をつけてくださいね。

食事バランスを保つために嗜好品は適量に

お菓子類の食べ過ぎは食事のバランスを乱す

スナック類や甘い物などの嗜好品の食べ過ぎは栄養バランスを乱す原因になるので気をつけましょう。お菓子ばかりを食べ過ぎてご飯時になってもお腹が空かず、必要な栄養をとれなくなってしまうこともあるので注意したいですね。嗜好品は一息つけたい時に適量を守って少しずつにしておきましょう。1日3回の食事をメインにする事が大切です。

塩分が多めのおつまみ料理にも注意

お酒を飲む時のお供となるおつまみ類にも注意が必要。お酒と合わせるために塩分が強めになっているおつまみも多いので、食べすぎると塩分過多になってしまいます。おつまみを用意する場合は塩分量も意識してみましょう。また、お酒の飲み過ぎは暴食にもつながるのでたしなむ程度にしておきたいですね。

30代におすすめのダイエット方法は?食事と運動で生活改善! | MensModern[メンズモダン]

肉や魚の食事のバランスは?

肉や魚は1:1の割合で食事に取り入れよう

タンパク質をとる時に気になってくるのが魚と肉のバランスはどうすれば良いのかという事です。基本的に肉と魚は1:1の分量で食べると良いとされているので参考にしてみましょう。どちらかに偏るのではなく、1:1で食べていく事で効率的に栄養を摂取しやすくなります。

脂質にも気をつけながら適量をいただく

肉類を食べる時に気をつけておきたいのが脂質。肉類には良質なタンパク質が豊富に含まれていますが、脂身の多い肉の部位だと脂質をとりすぎてしまいます。脂質の取りすぎは肥満やコレステロール値の上昇などいろいろな面で悪影響が出てしまうので、部位を工夫する事も重要なポイント。

脂質控えめのおすすめタンパク質類

肉類のおすすめ

肉類であれば、脂身が少なめの鶏胸肉やささみなどがおすすめ。また、豚肉や牛肉なら赤身を選んでいきましょう。意識して脂質を控えめにする事で美味しくお肉をいただけます。

豆腐などの大豆製品もぴったり

脂質を控えめにしたい場合は、動物性だけでなく植物性のタンパク質も活用してみましょう。良質なタンパク質を含んだ大豆製品がおすすめです。豆腐や納豆、きな粉などいろいろな料理で使える大豆製品を活用してはいかがですか。

筋肉をつける食事法!おすすめ簡単メニューや食べるタイミングは? | MensModern[メンズモダン]

簡単に食事バランスをとれるおすすめ料理

忙しいときは具沢山スープがおすすめ

忙しくて料理をする手間をかけられない場合におすすめなのが具沢山の野菜スープ。野菜類やタンパク質類を一緒に煮込んで味付けするだけで栄養バランスが整った食事に仕上げられます。カレースープやトマトスープなど味のバリエーションが豊かなのも嬉しいポイント。

多めに作ってストックすると便利

時間がある時に多めに作って冷蔵庫や冷凍庫にストックしておくとさらに便利です。温め直すだけで簡単に食事バランスが整った食卓に仕上げられるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

食事のバランスをとりながら健康を維持しよう

食事のバランスを意識することで健康的な体づくりにつながります。ぜひ栄養満点の食事を楽しんでくださいね。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ