初めてのメールで失敗しない例文集!印象の良いビジネスメールの挨拶文は?

初めてのビジネスメールでの書き出しや挨拶に役立つ例文をまとめました。初めてのビジネスメールは印象の良い挨拶や書き出しをすることが大切になります。挨拶や書き出しの例文をチェックして、初めてのビジネスメールを印象の良いものにしましょう!

初めてのメールで失敗しない例文集!印象の良いビジネスメールの挨拶文は?

目次

  1. 初めてのビジネスメールの例文を知りたい!
  2. 初めてのメールは件名の書き出しが大切
  3. 内容が伝わる初めてのメールの件名の例文
  4. 初めてのメールでの宛名の書き出しのポイント&例文
  5. ビジネスメールを初めて送る場合の挨拶の書き出し例文
  6. 挨拶の後は自己紹介をするのが初めてのメールのポイント
  7. 新規の取引先に送るビジネスメールの例文
  8. 引き継ぎのメールを初めて送る場合の例文
  9. 初めてのメールの結びの言葉は?
  10. 好印象を残せる初めてのメールにしよう

初めてのビジネスメールの例文を知りたい!

挨拶や書き出しなど初めてのビジネスメールは印象が大切

営業メールを送らなければならなかったり、前任者から引き継ぎをした後に取引先にメールを送る必要がある時など、どういったメールの文章にすれば良いのか悩んでしまうことがありますよね。初めてのメールだからこそ、相手に良い印象を与えられるようなメールにすることが大切になります。初めて連絡をする場合はメールを工夫していくことが重要なポイント。

ビジネスメールに役立つ例文をチェックしよう

「初めてのビジネスメールではどういった文面にすれば良い?」「好印象を残せる初めてのメールにしたい!」という場合に役立つ初めてのメールのポイントや例文についてまとめました。ちょっとしたポイントをおさえることによって初めてのメールでも良い印象を残すことができるようになります。工夫をしながら初めてのメールを作ってくださいね。

飲み会でご馳走になった時のお礼メールの書き方!上司へ返信する例文を紹介! | MensModern[メンズモダン]

初めてのメールは件名の書き出しが大切

件名で警戒心をとくのが初めてのビジネスメールでは重要

初めてのメールで気をつけておきたいのが件名。特に営業メールの場合は件名が上手くできているかできていないかによって開封してくれる確率が全く変わってきます。初めてのメールは相手も「どういった人からのメールなのだろう?」とう警戒を抱きやすいので、まずは件名を工夫することによって相手の警戒心をとって開封してもらうようにすることが重要なポイント。

読みやすいシンプルな内容にする

初めてのメールの件名で悩んだ時に気をつけておきたいのが、一目でメールの内容がわかるようなシンプルな文言にすることです。開封して欲しいからといって件名にたくさんの事項を盛り込みすぎると読みにくいですし、具体的にどういった内容のメールなのか分かりにくくなってしまうので注意。そうなると、必要なメールでもスルーされて読んでもらえなくなってしまいます。

就活のメール返信の書き方は?面接の日程調整など例文とマナー紹介 | MensModern[メンズモダン]

内容が伝わる初めてのメールの件名の例文

会社名や紹介者の名前をメールの件名に入れる

それでは、内容が伝わりやすい初めてのメールの件名の例文についてチェックしていきましょう。まず初めてのメールで基本となるのが会社名と送信者の名前です。どういった人がメールを送っているのかわかるようにしておくと、相手の警戒心も解きやすくなるのではないでしょうか。「◯◯株式会社 名前」といったように入れておきましょう。

具体的な内容を含んだ初めてのメールの件名例文

件名に会社名と名前を入れたら、続いてはメールの内容が具体的にわかるような言葉を端的に入れていきましょう。前任者から引き継ぎをした後に取引先に初めてメールをする場合は「引き継ぎのご挨拶」といったように、何を示唆したメールなのかすぐにわかるようにすると相手もすぐに開封しやすくなります。

また、新しい取引先への営業メールであれば「◯◯改善ツール『◯◯』についてのご提案」といったようにどういったものを営業したいのか具体的に記入しておくとわかりやすくなります。件名でメールの内容がわからない場合、初めてのメールだと見てもらえない可能性があるので気をつけてくださいね。

初めてのメールでの宛名の書き出しのポイント&例文

書き出しの宛名は失礼のないように

初めてのメールでの宛名の書き出しのポイントについてもチェックしていきましょう。宛名の書き出しは相手の社名と名前をしっかりと記入することが大切になります。万が一、相手の名前が間違っていたら大変な失礼になってしまうので、初めてのメールだからこそ宛名に間違いがないかどうかチェックをしてからメールを送るようにするのがおすすめ。

後株や前株の確認を忘れずに

メールをする相手の部署などはわかる範囲で記入するのでOKです。ただし、相手の会社の名前は正式名称で記入するようにしましょう。ついつい間違えてしまいがちなのが後株と前株。後株なのに前株をつけてしまったり、前株のはずか後株にしてしまったりといったミスをすると印象がダウンしてしまうので気をつけましょう。会社名も今一度確認してくださいね。

ビジネスメールを初めて送る場合の挨拶の書き出し例文

書き出しでは簡単な挨拶からはじめよう

それでは、メール本文の書き出しに移っていきましょう。書き出しでは、簡単な挨拶からはじめます。「初めてご連絡をさせていただきます」「突然のご連絡、失礼いたします」といったように初めてメールをした意味合いの挨拶にしてくださいね。挨拶の書き出しは意外と重要になります。最初に目に入るポイントでもあるので、相手に失礼に内容にすることが大切。

カジュアルすぎる挨拶の書き出しは印象ダウン

「初めまして」だけなどのカジュアルすぎる挨拶にすると相手の印象がダウンしてしまうので気をつけましょう。「失礼な人だな」という印象を最初に与えてしまうと、相手もメールの内容をしっかりと読む気が無くなってしまいます。これからも取引を続けていく相手であれば、なおさら挨拶の文面には気をつけてメールを作成することが重要なポイント。

挨拶の後は自己紹介をするのが初めてのメールのポイント

会社や所属部署などを明記

挨拶が終わったら、続いては自分の自己紹介をしていきましょう。初めてのメールなので、相手にとっては自分は道の人物であるということを意識してくださいね。自分がどういった素性のものなのかをしっかりと知らせることが大切になります。まずは自分の会社名と部署、名前、現在担当している仕事について自己紹介をしていくことで、簡単に相手に知らせていきましょう。

メールの内容について軽く触れる

自己紹介が終わったら、続いては今回メールをした具体的な内容について軽く触れておきましょう。前任者からの引き継ぎの場合は「引き継ぎの連絡をさせていただきました」、営業の場合は「弊社の◯◯についてご提案させていただきたく連絡させていただきました」といったように、これからどういった内容のメールになるのか知らせておくと伝えやすくなります。

新規の取引先に送るビジネスメールの例文

メールの内容を端的に表現する

それでは本文に入りましょう。「弊社では◯◯のような機器を提供しております。御社の事業でお役立ちできるのではないかと思います」といったように営業に入ります。「資料を添付させていただきますので、◯◯にご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ御社へ具体的な提案をさせていただきたいと思います」というようにしてはいかがですか。

箇条書きにできるところは箇条書きに

営業のメールは端的に伝えることが大切。営業したい商品の良いところを箇条書きにあげていくことで、わかりやすくなります。箇条書きも活用しながらメールを作成していきましょう。

営業メールでの書き方の効果的なポイントを紹介!アポが取れるコツとは? | MensModern[メンズモダン]

引き継ぎのメールを初めて送る場合の例文

引き継ぎをしたことを相手に知らせる

続いて、引き継ぎをしたことを知らせるメールの内容を見ていきましょう。「◯月◯日をもちまして、前任者の◯◯から業務を受け継ぎました。不慣れなこともあるかもしれませんが、お役に立てるよう努めてまいります」といったような文面にします。「前任者と同様、ご指導ご鞭撻いただきますようよろしくお願いいたします」といった言葉を入れても良いかもしれません。

後日、改めて挨拶をすることも明記

これから長く付き合っていく人の場合は、メールだけでは失礼になってしまうので後日伺う旨も伝えましょう。「後日、改めてご挨拶をさせていただきます。取り急ぎ、メールでのご連絡にて失礼いたします」といったようにしておくと良いのではないでしょうか。

初めてのメールの結びの言葉は?

何にでも使える定番の結びの言葉

初めてのメールの結びの言葉についてもチェックしていきましょう。どんなメールにも使いやすい結びの言葉としておすすめなのが「今後ともどうぞよろしくお願い致します」といった言葉。この言葉を結びにしておけば、体裁を簡単に整えることができるので便利です。初めてのメール以外でも使いやすいので、ぜひ活用しておいてくださいね。

新規の取引先は連絡をもらえるような結びに

新規の取引先開拓のためのメールなら、連絡をくれるように結びの言葉を入れていきましょう。「大変お手数をおかけいたしますが、下記にご連絡いただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします」といったように連絡先を記入しておきます。

このように全体を通して初めてのメールの内容を見ていきましたが、簡潔に相手にメールの内容を知らせることが重要なポイントになります。長くなりすぎたメールは読んでいて疲れますし、文章が長いと読む気が無くなってしまうので気をつけましょう。簡潔に伝えたい事柄は箇条書きで表すなど、相手に合わせたメール内容にしてみてくださいね。

ビジネスメールで使える締め・結びの言葉・フレーズ文例集まとめ | MensModern[メンズモダン]

好印象を残せる初めてのメールにしよう

好印象を残すためには相手に配慮したメールにすることが重要になります。初めてのメールで失敗しないように頑張ってみてくださいね。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ