送別会で英語の挨拶やスピーチが必要な場面は、外国人のスタッフもいる職場などですと往々にしてあります。送別会が盛り上がるようにするには、伝わりやすい英語のメッセージを用意しておきたいところです。発音が得意でなければ、口にしやすいフレーズを覚えておきましょう。

送別会で英語の挨拶スピーチ!上手な発音&伝わりやすいメッセージは?

目次

  1. グローバルな時代
  2. 送別会に英語?
  3. 英語で送別会の挨拶を
  4. ハードルが上がる?送別会での英語スピーチ例
  5. 伝わりやすい送別会での英語メッセージとは?
  6. 一言送別会で気の利いた英語のフレーズを
  7. 大役!送別会の司会に英語が求められるとき
  8. 重要!送別会の案内で英語を使う
  9. 注意!送別会で気を付けるべき英語の発音
  10. 伝える気持ち

グローバルな時代

今や時代はグローバルであり、国内でも企業や学校に在籍している外国人の割合が高くなってきています。「郷に入りては郷に従え」のことわざはありますが、日本にいる外国人が日本語を話すべきであると考えることはもはや時代錯誤でしょう。特に世界の共通言語である英語を使ってのコミュニケーションについては、積極的に努力していこうという動きが進められています。

企業でも、英語を社内の「公用語」としている事例が少なくありません。英語の常用というところまでは至っていない場合であっても各種のイベント、送別会などで挨拶やスピーチをするときに英語でとなれば国籍の壁もなくなっていくはずです。

日本に滞在している外国人の間では、英語を話す日本人に親近感が湧くという話もあります。交流が深まるチャンスとなるイベントなどでは、英語を積極的に使っていきましょう。

上司へのプレゼント男性・女性別ランキング!誕生日や異動、送別会など | MensModern[メンズモダン]

送別会に英語?

海外へ留学したとき、あるいは転勤した場合には滞在期間を終えるにあたり送別会が企画されるものです。その場では、英語で挨拶やスピーチを求められるときも少なくありません。そのようなときにもしっかりと英語でメッセージを伝えることができよう、準備しておきたいところです。

送別会で英語のスピーチをするときは、何より感謝の気持ちを伝えましょう。海外では英語の発音を抑揚のあるものにすること、ジェスチャーを交えることなどで気持ちを伝えようとしますからそのあたりは積極的に真似ていきましょう。

また海外から日本へ来ていた人を送り出すにあたっても、送別会のスピーチに英語を交えることで気持ちを届けやすくなります。何より送別会の挨拶やスピーチは参加している誰もが耳を傾けるものですから、わかりやすい英語を用いることが重要です。

送別会のプレゼント!女性(20代・30代)に人気でおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

英語で送別会の挨拶を

送別会において英語で挨拶をする場合のフレーズとしては、自分が送られる側であれば感謝の気持ちを伝えることが定番です。たとえば「皆様と一緒に仕事をすることができて幸せでした」と言うのであれば、「I was very happy to work with you.」となります。

逆に送る側としては、送られていく人の今後について幸運を願うメッセージが一般的となっています。送別会で英語のスピーチをするときにはよく「幸運を祈ります」、「I wish you good luck!」といったフレーズなどが用いられています。またその人と相応に親しかった場合であれば、過去の印象的なエピソードを盛り込んでも良いでしょう。

あるいはこれからも交流を続けていこうということで連絡を取り続ける「keep in touch」などのメッセージもおすすめです。送別会でスピーチするにあたって英語の発音が伝わるかどうか不安であれば、英語でも短いフレーズの構成にすることで言いやすくも聞きやすくもなります。

10万・100万を英語で言うと?急には答えづらい英数字の例文集! | MensModern[メンズモダン]

ハードルが上がる?送別会での英語スピーチ例

実際に送別会で挨拶やスピーチをするときには、英語にしても日本語にしてもたくさんの人前でということになるでしょう。普通に話すだけでも緊張するものですから、英語となると経験がない人はよりハードルが上がるかもしれません。

英語のスピーチを送別会で行うと決まったならばやはり、あらかじめの用意や発音についても練習しておきたいところです。元より慣れていない英語での話がスムーズにならないと、送別会のメッセージも届きにくくなってしまいます。

ですから極力、英語でのスピーチ内容には明快で気持ちも込めやすいフレーズを意識しましょう。「助けてくれてありがとう」という意味の「Thank you so much for your help.」、「寂しくなります」という意味の「I will miss you.」などといった表現は送る側も送られる側も問いません。

夜景が綺麗を英語で言うと?night viewではなかった!【例文まとめ】 | MensModern[メンズモダン]

伝わりやすい送別会での英語メッセージとは?

送別会において英語でメッセージを送る際には、プライベート感があるような思い出について語ることで気持ちもより伝わりやすくなるでしょう。英語でのメッセージに楽しかったこと、その逆に失敗して恥ずかしかったことなども含めることで感情を共有することができます。

送別会に参加していて仮にそれほど接点がなかったという人にしても、エピソードトークからその人の過ごしていた時間を察することができるでしょう。それによって、快く送り出そうといった空気にもなるわけです。

自分が送り出される人間として英語でメッセージを伝えるときにも、日頃から感じていたことやステップアップしてきた歩みなどについて英語で話すと効果的です。送別会においては、過ぎた日々を回顧することも場を盛り上げるポイントになります。

面白いは英語で言うとなに?思わず笑ってしまう英訳・和訳も紹介 | MensModern[メンズモダン]

一言送別会で気の利いた英語のフレーズを

送別会で英語を使った挨拶やスピーチをするときには、わかりやすい英語のフレーズに加えて気の利いた一言も添えたいところです。職場や学校から去っていく海外の人や留学生などを送り出すにあたっては、これからの活躍について祈るメッセージも喜ばれるでしょう。

外国人スタッフが転職のために職場を退職するといったケースですと、本人の側でも後ろめたさがあるかもしれません。ですからあらたなステージで力を発揮してほしいというように、相手が気にならないような英語のフレーズを含めたいところです。

退職後に帰国することが決まっている外国人スタッフの送別会においては、在籍中の実績について讃えることがいちばんです。会社に対する貢献、会社を去ることによる損失といったことが伝われば、遠い日本で働いてくれたことへの感謝となるでしょう。送別会という場では、英語のちょっとしたフレーズであっても感動へとつながるはずです。

褒める時に使える褒め言葉を英語で紹介!相手が嬉しくなるフレーズ15選 | MensModern[メンズモダン]

大役!送別会の司会に英語が求められるとき

送別会の司会を担当するにあたって英語が求められるときは進行がスムーズになるよう、あらかじめしっかり用意しておきましょう。元々それほど人前で話をする機会がないとなると緊張のあまり、英語が出てこないことやおかしな発音になってしまう懸念もあります。送別会の本番を前にして、英語の練習は万全にしておきたいところです。

日本人が英語を発音するにあたっては、どうしても外国人からすると聞き取る上で違和感もあります。ですから英語を流暢に話そうとするのではなく、ゆっくりながらも聞き取る上でストレスがないような英語の発音を心がけましょう。

話すことを単純に暗記するだけですと無機質な進行になってしまいますから、送別会の司会と言っても十分に感情を込めてもオーバーではありません。身振り手振りも交えると、自分の緊張がほぐれることにもつながります。

買い物で使える便利な基本英語フレーズ集!海外での日常英会話まとめ | MensModern[メンズモダン]

重要!送別会の案内で英語を使う

一口に送別会と言ってもその規模はさまざまであり、中には大々的に行われる場合もあります。関係者で運営のスタッフを分担して担当する場合ですと、英語で外国人の参加者をエスコートする案内係を任されるといった可能性もあるでしょう。

多国籍な送別会になると、ゲストと対面したときの挨拶や案内も英語で対応することができるようにしておく必要があります。一般的な英語のフレーズとしては最初に「送別会へようこそ」、「Welcome to farewell party.」と声をかけることが多いでしょう。最後には「お楽しみください」、「Enjoy the party.」といった一言を添えます。

そのほか、たとえばよくあるバイキング形式を英語で言うと「Buffet style」となります。また、日本ではよくある飲み放題のシステムが海外ですとあまり一般的ではありません。ですから必要に応じて会費に飲み物代が含まれているということで、「All drinks included」といったように英語で案内しておくと親切です。

かっこいいニックネームの付け方は?絶対ウケる面白いあだ名や英語特集 | MensModern[メンズモダン]

注意!送別会で気を付けるべき英語の発音

送別会において英語で挨拶やスピーチをするにあたっては、確かにその内容や文法などに注意することも大切です。ただ大前提として、何をおいても理解してもらうことができるよう英語の発音に気を付けなければなりません。せっかく送別会だからと感動的な内容のメッセージを英語で用意していても、英語の発音がしっかりしたものでなければ伝わらなくなってしまいます。

場合によっては、意味が間違って解釈されてしまいかねないのです。ひとつ送別会で発音から誤解されやすい英語のフレーズに、「祈る」を意味する「I pray for」というものがあります。これは「I pray for you.」、「あなたのこれからをお祈りします」といった意味で用いるフレーズです。

ただ発音が正しくなければ、「祈る」の「pray」が「遊ぶ」の「play」として解釈される可能性もあります。するとたとえばよくプライベートでも遊びに出かけるような間柄だった人に対し「I play for you.」、つまり「これからもあなたの分まで遊ぶからね」のようなニュアンスで伝わってしまうかもしれません。

英語で季節を表現できる?スペルの覚え方&お役立ちフレーズ特集! | MensModern[メンズモダン]

伝える気持ち

一緒の時間を過ごした人を送り出す送別会で、英語の挨拶やスピーチをするときには何より気持ちが伝わるようにと考えることが第一です。たとえ英語に自信があるとしても、そこに気持ちを乗せなければ相手へ伝わるものにはなりません。

インターネット上などには送別会に適した英語のフレーズ集として、いろいろなものが紹介されています。そういったものを丸ごと使っても悪いということはないのですが、感情がこもっているかどうかによって聞く側の印象はまったく違うでしょう。自分のための送別会、さらにメッセージまでも準備されていたとなれば心にくるものがあるはずです。

その英語いかんによって気持ちが冷めてしまうといったことにならないよう、「伝える気持ち」は大切にしなければなりません。英語を丸暗記するようなことをしなくても、カンニングペーパーを見ながらであっても心配はありません。そのメモが自筆で書かれていれば、しっかり時間をかけて英語のメッセージを考えた証明でもあります。そういった気持ちも、十分に伝わるでしょう。

最低限覚えておくべき英語のフレーズ!仕事にも活用できます! | MensModern[メンズモダン]

評価 3.9/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ