火おこしの方法とコツまとめ!初心者でも簡単にできるやり方とは?

初心者でも簡単にできる火おこしのやり方や火おこし方法のコツについてまとめました。火おこしはやり方のコツを掴み、簡単な方法を取り入れることで初心者でも気軽にできます。やり方のコツをおさえた火おこし方法で初心者でも簡単に火おこしをしていきましょう!

目次

  1. 火おこしの簡単な方法とやり方のコツを知りたい!
  2. 初心者でもできる新聞紙を使った簡単な火おこし方法
  3. 牛乳パックで簡単に火おこしできる方法
  4. 着火剤を活用する火おこしのやり方に必要な材料
  5. 着火剤を使った初心者にもできる火おこし方法のコツ
  6. 初心者も気軽にできるバーナーを使った火おこしのやり方
  7. 火おこし機を使った簡単な火おこしのコツ
  8. 火おこしする場合の注意点
  9. 火おこしができたら食べたいアウトドア料理
  10. 火おこしの簡単なコツをチェックしておこう!

火おこしの簡単な方法とやり方のコツを知りたい!

初心者でも簡単な方法なら火おこしが可能

アウトドアキャンプで大切になるのが火おこし。火おこしがしっかりとできないと、アウトドアで料理を作ることができずに困ってしまいますよね。美味しいアウトドア料理を作る秘訣はきっちりと火おこしができるかどうか。火おこしができることによって、みんなで楽しめるアウトドア料理を簡単に作ることができるようになります。

s_mano_hachiさんの投稿
26070234 1453906334728740 5443278866179162112 n

火おこしの方法はバラエティ豊か。いろいろな方法で火おこしをすることができるので、自分のやりやすい方法を取り入れていくことがおすすめです。やりやすい火おこしの方法をチェックすることができたら、日常的にキャンプで火おこしをすることができるので頼もしいですよね。キャンプを思い切り楽しむために火おこしの方法をチェックしていきましょう!

火おこしのやり方をチェックしてコツをつかもう

nozomeenstanleyさんの投稿
26071966 315627035615834 7582649514230546432 n

「初心者でも簡単にできる火おこしの方法とはどんなもの?」「キャンプなどのアウトドアで気軽に火おこしをするためのコツを知りたい!」という場合に役立つ火おこしの方法についてまとめました。火おこしの方法は基本のポイントさえおさえておけばとても簡単です。美味しいアウトドア料理を作るのに欠かせない火おこしの方法を学んでおきませんか?

焚き火テーブルまとめ!ユニフレーム&囲炉裏型などの魅力とおすすめとは? | MensModern[メンズモダン]

初心者でもできる新聞紙を使った簡単な火おこし方法

ひねった新聞紙をコンロに入れ、炭で囲む

身近な材料を使って簡単にできる火おこしの方法としておすすめなのが新聞紙を使ったやり方。新聞紙を使えば簡単に火おこしをすることができるので、取り入れてみてはいかがですか。コストも大きくかからず、気軽に活用できるのも嬉しいポイントです。新聞紙や木炭、軍手、ライター、炭ばさみなどを準備して火おこしを行っていきましょう。

devochopperさんの投稿
26072250 1811559602252798 7805679619654287360 n

まずは新聞紙をひねって棒状にしていきます。棒状にした新聞紙を10本用意したら、コンロの中央に井桁に組んでください。コンロにはあらかじめ炭のかけらを置いておきます。新聞紙を中央に置いたら、それを囲むようにして木炭を並べていきましょう。木炭が新聞紙を囲むようにしていくのがポイント。

火をつけてしばらく待てば火おこし完了

aogawakyoさんの投稿
26184302 1996304330696180 5891329742828732416 n

新聞紙を筒状に炭で囲んだら、中央に炭を2個ほど置いて着火。2〜3分もすると火が回っていきます。新聞紙から着火して炭に火がつくまでだいたい20分ほど。待っているうちにだんだんと木炭に火が回ってくるので様子を見ながら時間を調整してくださいね。炭に火がついたら火おこしの完了。気軽にできる方法として取り入れてみてはいかがですか。

牛乳パックで簡単に火おこしできる方法

牛乳パックをコンロにのせ、炭をのせた網ものせる

続いては、牛乳パックを使った火おこしの方法です。牛乳パックを使うのは意外なように見えるかもしれませんが、牛乳パックは火がつきやすいので火おこしにぴったり。新聞紙よりも長く燃えるのに加えて燃えかすも少ないので、掃除が楽なのも嬉しいポイントです。牛乳パックもぜひ火おこしに活用してみてはいかがですか。

ddai3116さんの投稿
25039175 141263369871680 8575006969306284032 n

牛乳パックはあらかじめ細かくカットしておきます。細かくカットした牛乳パックをコンロにのせていきましょう。ここで牛乳パックを広げずに中央にまとめておくのが火おこしのポイントです。こうすることで火がつきやすくなります。牛乳パックを並べたら、網を上にのせてください。そこへ中央を開けながら炭をおいていけば着火準備はOKです。

着火して炭に火が移ったら完了

kairu1412さんの投稿
26065683 158443821598988 1679679774374494208 n

炭を積み上げることができれば、あとは着火すれば大丈夫です。牛乳パックに着火をし、炭に火がつくのを待ってください。炭に火がついたら火おこしの完了。コンロに炭を並べ、アウトドア料理に活用していきましょう。頃合いを見計らって炭を追加し、火を絶やさないようにします。薪を使った場合もこのようにして火おこしをしてみてくださいね。

着火剤を活用する火おこしのやり方に必要な材料

着火剤とは?

tabboricostyleさんの投稿
12144227 778355008957786 1050682323 n

着火剤とは、可燃性の成分が多く含まれた火おこしに便利なアイテム。アルコールなどの可燃性成分が含まれているので、気軽に火おこしをしたい場合にも役立ちます。火おこしには時間がかかる場合が多いので「なるべく時間をかけずに火おこしをしたい!」という場合に着火剤を活用してみましょう。時短作業につながり、火おこしがぐっと身近になります。

木炭やライターなどを準備しよう

pinopino19さんの投稿
26066951 356689688147785 5085121470351278080 n

着火剤を使った火おこしに必要なのは、着火剤の他にライターや木炭、炭ばさみ、うちわ、軍手となります。基本的な道具だけなので、気軽に取り入れられるのが嬉しいポイント。キャンプなどでアウトドア料理をする予定がある場合は着火剤を準備しておくと良いかもしれないですね。初心者でも簡単に火おこしをすることができるので、とても便利です。

着火剤を使った初心者にもできる火おこし方法のコツ

炭に着火剤をつけて火をつける

marumibaseさんの投稿
25016430 2039966062953736 7847378473583640576 n

液体の着火剤の場合は、炭に着火剤をつけていきます。着火剤をつけたら火をつけ、井桁に組んでいきましょう。煙突の形にしたらOKです。着火剤には固形の着火剤もあるので、好みに合わせて使い分けてください。固形の着火剤の場合は、そのまま井桁の形に重ねていき、その上に炭をのせていけば大丈夫です。これで着火の準備は整いました。

送風し、火が落ち着いたら炭を追加

camper_20thさんの投稿
23596329 154806268370757 3079674864731160576 n

うちわなどを使って風を送ることによって効率的に火を回すことができるようになります。ある場合は、送風機を使ってもOK。風を送りながら炭にしっかりと火がつくのを待ちます。炭に火が回ったのを確認したらコンロに炭を広げて新たな炭を上にのせていきましょう。こうすることで全体に火がつき、安定した火力を維持することができるのでチャレンジしてみてくださいね。

初心者も気軽にできるバーナーを使った火おこしのやり方

炭を積み上げてバーナーで着火

real_bluesmanさんの投稿
26065622 476241099436937 7821564758062006272 n

バーナーを使っても火おこしをすることは可能です。まずは、コンロに炭を並べていきましょう。中央が空洞になるように組み立てていくのがポイント。また、木炭は小さめのものにすると空気が入って火が回りやすくなるので選んでみてくださいね。炭を組み立てることができたら、中央の空洞の部分に向かってバーナーで火をつけていきます。

送風し、コンロ全体に炭を広げる

nowestcampさんの投稿
26067176 338210696655421 2933710414061502464 n

バーナーで炭に火をつけることができたら、うちわを使ってさらに火力を上げていきます。炭全体に火をつけることができたらうちわで扇ぐのをやめ、コンロ全体に炭を広げましょう。これで火おこしの完了です。

火おこし機を使った簡単な火おこしのコツ

固形の着火剤に点火し、火おこし機をかぶせる

shinkou_asobuさんの投稿
13394980 1624792514502589 1992844319 n

火おこし機とは、上昇気流を作ることで簡単に火おこしができる便利なアイテム。初心者でも簡単に火おこしをすることができるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。まずは固形の着火剤を井桁の形に組んでいきましょう。形に組むことができたら着火剤をかけます。火がついてから炭をいれた火おこし機をかぶせてください。

10分ほど待てば火おこし完了

tomiguroさんの投稿
13151255 937174239714418 412641696 n

10分ほど待てば炭に火が通るので火おこしの完了。ちなみに、火おこし機に炭を入れる場合は7割くらいの分量にしましょう。炭が多すぎると空気が回らずに火がつきにくくなってしまいます。

焚き火台のおすすめ10選!人気の定番品から新アイテムまで紹介 | MensModern[メンズモダン]

火おこしする場合の注意点

消化剤は必ず用意する

arataohkuboさんの投稿
26276109 146821099433882 7213289091348037632 n

火おこしをする上で最も気をつけておきたいのが、消火できる環境を整えておくこと。消化剤などもしもの時のために消火ができるようなアイテムを準備しておきましょう。何かあってからでは遅いので、しっかりと準備をしてから火おこしをしてくださいね。

火の粉に影響を受けやすい服は着ない

sx4_lifeさんの投稿
25036888 1717910391565608 4700620334267629568 n

火おこしをすると火の粉が飛んで服につくことがあります。この時、化学繊維など火の粉に影響を受けやすい服を着ているといつの間にか服が穴だらけになっていた、ということになってしまうので注意が必要。アウトドア洋品店などで販売されている火の粉に影響を受けないタイプの服を着ておくのがおすすめです。

焚き火を安全快適に楽しむには?便利グッズ&必須アイテム5選 | MensModern[メンズモダン]

火おこしができたら食べたいアウトドア料理

ダッチオーブンで簡単に本格料理

sunmoon912さんの投稿
25036359 329219947576844 8477365891468623872 n

安全に火おこしができたら、美味しい料理作りに取り掛かりましょう。おすすめはダッチオーブンを使った料理。ダッチオーブンを使えば、ローストチキンやローストビーフ、カレー、シチューなどバラエティ豊かな料理を気軽に作れます。

焼きマシュマロなどもおすすめ

takayuumamさんの投稿
26285889 322356068252879 8639525731803594752 n

火を使ったデザートでは焼きマシュマロがおすすめ。マシュマロは焼くことでいつもとは違った味わいを楽しむことができるようになります。

熱々のマシュマロはアウトドアだからこそ味わえる美味しさ。チョコレートビスケットに焼いたマシュマロをはさんでスモアにしても美味しくいただけるので、試してみてはいかがですか。火おこしに成功したら、ぜひいろいろな料理を楽しんでみてくださいね。

焚き火料理のレシピ紹介!簡単ホイル焼きや必須調理道具まとめ | MensModern[メンズモダン]

火おこしの簡単なコツをチェックしておこう!

kumano_love_river_jpさんの投稿
25039189 2005791813042195 2521582420537376768 n

火おこしはコツを掴めばとても簡単。安全対策もしっかり行いながら火おこしをしてくださいね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ