燻製用スモークチップでおすすめの種類は?使い方や特徴も徹底解説

燻製をするのにおすすめなスモークチップの特徴や種類についてまとめました。スモークチップは種類によって特徴が違うので、燻製する材料にあったスモークチップを選ぶのがおすすめ。スモークチップの特徴をおさえて、燻製におすすめの種類を取り入れていきましょう。

燻製用スモークチップでおすすめの種類は?使い方や特徴も徹底解説

目次

  1. 燻製におすすめのスモークチップの種類や特徴
  2. 燻製には3種類ある
  3. スモークチップはどんな種類の燻製に適している?
  4. 燻製に役立つスモークチップの具体的な特徴は
  5. 燻製に使うスモークチップの種類はバラエティ豊か
  6. 種類によって異なる燻製用チップの特徴
  7. 燻製用のチップはどんなところで手に入る?
  8. 燻製をする前に知っておきたい注意点
  9. 簡単にできる燻製用チップの使い方
  10. チップで燻製する場合の時間は?
  11. チップで気軽に燻製できるおすすめ定番食材
  12. 肉や魚類も燻製にすると美味しい
  13. 調味料もチップで燻製してみよう
  14. こんな食材も人気の燻製に
  15. チップを活用して燻製を楽しんでみよう

燻製におすすめのスモークチップの種類や特徴

自家製燻製に欠かせないスモークチップ

「美味しい自家製燻製を気軽に作りたい!」という場合に欠かせないのがスモークチップ。スモークチップを準備しておくことによって、簡単に燻製を楽しむことができるようになります。「燻製って初心者でもできるの?」と心配になってしまうかもしれませんが、燻製は身近な材料を使って意外と簡単に作ることができるのでおすすめ。

チップを使った燻製であれば、いろいろな食材に香り付けできるのが嬉しいポイント。風味豊かな燻製はお酒との相性もぴったりです。ホームパーティーなどでおしゃれなおつまみを出したい時や、キャンプで美味しいアウトドア料理を作りたい時などにも大活躍。燻製用チップの基本的な使い方や種類の特徴を知って、取り入れてみてはいかがですか?

特徴やおすすめの種類をチェックして燻製を作ろう

「燻製用のスモークチップの使い方を知りたい!」「スモークチップの種類の特徴とはどんなもの?」といった場合に役立つ燻製用チップの情報についてまとめました。基本的なチップの使い方を知っておけば、初心者でも気軽に燻製を楽しむことができるようになります。バリエーション豊かな食材をチップで燻製にして、美味しい時間を楽しんでみましょう。

燻製器のおすすめランキング!室内や屋外で使える人気アイテムを調査 | MensModern[メンズモダン]

燻製には3種類ある

生ハムなどを作るのが特徴の冷燻、ベーコンなどを作れるのが特徴の温燻

まずは、燻製の基礎知識を身につけていきましょう。燻製には大きく分けて3つの種類があります。まずあげられるのが冷燻。冷燻とは、15〜30℃くらいの低温で長期間にわたり燻製を行う方法です。1日から長い時で数週間に及ぶ時間もかかることがあり、生ハムやスモークサーモンなどを作るのに最適。手間がかかるので初心者にはおすすめできません。

続いてあげられるのが30~80℃で燻製をする温燻。温燻はベーコンやハムといったものを作るのに使用される方法として知られています。1時間から1日ほど時間がかかることがあり、温度の管理や下ごしらえに手間がかかるので初心者向けではないかもしれません。冷燻と温燻に関しては、燻製をするのに慣れてからチャレンジするのがおすすめです。

初心者向けの種類なら熱燻

初心者向けの燻製としておすすめしたいのが熱燻。熱燻は、80〜120℃くらいの高温で食材に燻製の香りをつけることができる燻製方法として知られています。短時間ですぐに燻製が仕上がり、手間もほとんどかからないので燻製初心者の方にぴったり。ゆで卵などの加熱済みの食事はもちろんのこと、すぐに熱の入る肉類や乾物類も熱燻することが可能です。

スモークチップはどんな種類の燻製に適している?

スモークチップは熱燻に適しているのが特徴

それでは、スモークチップはどのタイプの燻製に使われるのでしょうか?スモークチップは一般的に熱燻に使われることがほとんどです。短時間でたくさんの煙を出すことができるスモークチップは、高温で香りをつけたい場合に最適。また、温燻であっても温度管理をしっかりできる環境であればスモークチップで作れるので慣れてきたらチャレンジしたいですね。

冷燻や温燻はスモークウッドを使うのがおすすめ

スモークチップは熱燻で使うのが一般的ですが、冷燻や温燻の場合はスモークウッドを使うことが多くあります。スモークウッドとは木材を固めて煙を出すために作られた燻煙材のこと。スモークウッドは直接火をつけて燻製をするのが特徴です。長時間煙を出すことができるので、時間がかかる冷燻や温燻を作るのにぴったり。用途に合わせて使い分けてみてくださいね。

燻製に役立つスモークチップの具体的な特徴は

燻製中は常にスモークチップを熱する

それでは、燻製に使用するスモークチップの具体的な特徴についてチェックしていきましょう。スモークウッドの場合は直接火をつければ熱源を必要としませんが、スモークチップの場合は燻製している間は常に何かしらの熱源で加熱をする必要があります。そうすることで煙をだし、食材を燻製するのがスモークチップの特徴。チップを使う場合は熱源を準備しましょう。

少量の食材の燻製にもおすすめ

スモークチップは分量を調整しやすいのも嬉しいポイント。少量の食材だけを燻製したいと思ったら、それに見合った少量のチップで簡単に燻製をすることができます。なので、少量の食材を燻製したい場合にもぴったり。「おつまみとして何か燻製を作りたいな」という場合にはスモークチップを使って気軽に燻製を楽しんでみてはいかがですか。

燻製の基本的な作り方・レシピを紹介!初心者でも簡単に試せる! | MensModern[メンズモダン]

燻製に使うスモークチップの種類はバラエティ豊か

桜やクルミ、リンゴなどいろいろな種類の燻製用チップがある

燻製に使うスモークチップは、木の種類によってさまざまな商品が揃っています。一般的に手に入りやすいと言われているのが桜やクルミ、リンゴ、ならといった木を使用したスモークチップ。燻製用のチップと一口に言ってもいろいろな種類があるため燻製をしたい食材の特徴にぴったりのスモークチップを選ぶことも燻製をする上では大切になります。

ブレンドすることで好みの燻製になるのもチップの特徴

スモークチップは、スモークウッドと違ってブレンドしやすいのも魅力。燻製をする食材や好みに合わせてチップをブレンドすることによってオリジナルの風味をつけることができるようになります。もちろん、1種類のスモークチップでも美味しい燻製を作ることができるので、燻製をするのに慣れてきたら徐々にスモークチップのブレンドを満喫してみてはいかがですか。

種類によって異なる燻製用チップの特徴

桜やりんご、くるみといった種類の特徴

それでは、それぞれのスモークチップの特徴についてチェックしていきましょう。まずは、日本でよく見かけられる桜のチップについてです。桜の燻製用チップは香りが強めなのが特徴。風味豊かな香りを楽しめるので、羊肉や青魚といったクセが強めの食材に使うのにぴったりです。豚肉に使うのもおすすめ。リンゴは柔らかで優しい風味がつくのが魅力です。

リンゴのチップを使うと鮮やかに色づき、見た目も良い燻製に仕上げられます。白身魚や鶏肉といった淡白な味わいの食材に使うのにおすすめ。くるみはすっきりとした香りを楽しめる汎用性の高いチップ。クセが少ないのでいろいろな食材に合わせやすいため、初心者向けのチップと言えるのではないでしょうか。

ヒッコリーやなら、ウィスキーオークなどの種類の特徴

ヒッコリーのチップは個性的な香り。ベーコンやハムの他に肉全般の風味付けに使うのにおすすめです。鮭を燻製するのにもぴったり。ならのチップは優しい香りが特徴的な使いやすいチップです。いろいろな食材と相性ピッタリ。きれいに色付けをすることができるので、見た目をきれいに仕上げたい場合に取り入れてみてはいかがですか。

ウィスキーオークのチップは、その名前の通りウイスキーを貯蔵する際に使用された樽を燻製用のチップにしたもの。ウイスキーのほのかな香りを感じることができ、大人の風味に仕上がります。白身魚や鶏肉といった食材を燻製するのに最適。ぜひ好みや種類に合わせてチップを変えてみてくださいね。

燻製用のチップはどんなところで手に入る?

アウトドアショップやホームセンターで手に入る

チップの種類について細かく見てきましたが、燻製用のチップはどういった場所で手に入れることができるのでしょうか?基本的に燻製用のチップはホームセンターやアウトドア用品店で手に入れることができます。スモークチップを販売をしている近くで他の燻製用のアイテムを販売している場合も多いので、ついでにチェックしてみると良いかもしれないですね。

気軽に手に入れるなら100均ショップもおすすめ

近年の燻製人気の高まりから、100円均一ショップでも燻製用のチップを見かけるようになりました。100円単位で購入することができるので、気軽に燻製を楽しみたい時におすすめです。少量パックでかさばらないので「ちょっと燻製を試してみたいな」という時に使ってみてはいかがですか。

100均ショップの道具だけを使って燻製器を作ることも可能です。ステンレスボウルと網で作る簡易的な燻製器とチップを活用すれば燻製のできあがり。意外と身近で燻製を楽しめることがわかりますね。

燻製を簡単に自宅で作る方法!おすすめの作り方と注意点について紹介! | MensModern[メンズモダン]

燻製をする前に知っておきたい注意点

家の中で燻製をするなら換気は必須

燻製用のチップが手に入ったら、いよいよ燻製にチャレンジ。ただし、その前に気をつけておきたいことがあります。燻製は煙がたくさん出るので自宅でやる場合は換気が必須。換気をしていたとしても部屋にニオイが染み付いてしまう場合のあるので、注意をしながら行いましょう。屋外でやる場合も周辺の家へニオイが広がりすぎないようにしてくださいね。

専用の鍋を準備しておこう

燻製は中華鍋や土鍋などを使っても作ることができますが、使用した後はニオイがつくので安い鍋を燻製専用にする気持ちで使ったほうが良いでしょう。日常的に使う予定のある鍋は使わないほうがおすすめです。また、煙が出にくい自宅用の燻製専用鍋も数多く出ているのでもっと燻製を気軽に楽しみたい場合に取り入れてみてはいかがですか。

簡単にできる燻製用チップの使い方

燻製用の鍋にアルミホイルをしいて燻製用チップをのせる

それでは、スモークチップを使った燻製の仕方を見ていきましょう。まずは使用する鍋の下にアルミホイルをしきます。その上に燻製用のチップを片手ひとつかみ分くらいのせてください。食材の量によってスモークチップの量は調整しましょう。チップをのせたら蓋をして加熱をします。

燻製が始まったら網にのせた食材をセットして蓋をする

加熱をしていると、鍋の蓋から煙が出てくるのがわかります。こうなったら燻製のスタート。食材をのせた網を燻製鍋の上に乗せて蓋をし、燻製を開始します。中火〜弱火に火力を調整しながら燻製をしてください。

チップで燻製する場合の時間は?

そのまま食べられる食材なら5〜10分くらいでOK

燻製をする時間は食材によって異なります。ゆで卵やウインナー、ちくわなどもともと火が通っている食材の場合は燻製の香りがつくだけでOK。だいたい5分〜10分くらい燻製をすればできあがりです。簡単に燻製ができるので、初めて燻製をする場合はこういった加熱済みの食材を使ってみると良いかもしれないですね。

加熱しなければならない食材なら1〜2時間ほど

加熱をしなければならない生の食材を使う場合は、食材の大きさや種類にもよりますがだいたい1時間〜2時間ほど燻製をします。燻製時間は様子を見ながら調整していきましょう。小さめの食材であれば30分くらいで良い場合もあります。燻製をいろいろやっていくうちに食材によって燻製時間をはかりやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

チップで気軽に燻製できるおすすめ定番食材

卵やナッツなど

チップを使った気軽な燻製でおすすめなのがゆで卵やナッツといった食材。簡単にできるのに加えて、万人受する美味しさに仕上がるので初めて燻製にチャレンジする方におすすめです。ウインナーやちくわなどの加工品も美味しく仕上がるのでぜひ取り入れてみてはいかがですか。

チーズは溶けないように気をつけて

定番のスモークチーズは溶けにくいタイプのチーズを使うのがおすすめ。溶けやすいチーズと使うと燻製をしている間に溶けてしまう可能性があるので気をつけましょう。プロセスチーズやカマンベールチーズなどを使ってみてはいかがですか。

肉や魚類も燻製にすると美味しい

お手軽ベーコンも燻製チップで簡単に

肉類や魚類も燻製にするとワンランク上の味わいに。調味液に一晩漬け込んだ豚肉を燻製器で1時間ほどスモークすれば本格的なベーコンのできあがりです。また、ささみの燻製することでしっとりと美味しく仕上がるのでおすすめ。ローストビーフも燻製で簡単に作れるのでチャレンジしてみてくださいね。

ししゃもなども燻製におすすめ

ししゃもや干物といった魚類も燻製すると美味しくなります。燻製の香りがついておつまみにぴったり。いつもの魚類をもっと美味しく食べたいという場合に取り入れてみてはいかがですか。

調味料もチップで燻製してみよう

いろいろな味付けに使える燻製醤油

調味料類も燻製で香り付けすることができます。おすすめは燻製醤油。醤油を数分燻製することで、いろいろな料理に使える調味料になります。卵かけ御飯に使ったり、ゆで卵を漬け込んだりするだけで燻製の香りを楽しめるのが魅力。

風味付けにぴったりな燻製オリーブオイル

オリーブオイルも燻製にすれば風味豊かに。パスタに使ったり、サラダにかけたりといったように幅広い用途で使えます。

こんな食材も人気の燻製に

バナナやトマト

バナナやトマトも燻製にすると美味しい食材。皮をむいたバナナを15分ほど燻製したら、ねっとりとした食感が美味しい燻製バナナになります。トマトも燻製することで旨みたっぷりの仕上がりに。

ポテトサラダや肉じゃが

ポテトサラダや肉じゃがも燻製すると美味しい料理。できあいのポテトサラダや肉じゃがも燻製するだけで本格的な味わいになります。ジャガイモを燻製してからポテトサラダや肉じゃがを作るのもおすすめ。このように燻製用のチップを使えばいろいろな食材で燻製を楽しめます。ぜひ、お好みの食材を使ってみてくださいね。

燻製におすすめの食材15選!定番のレシピから変わり種も紹介! | MensModern[メンズモダン]

チップを活用して燻製を楽しんでみよう

スモークチップと一口に言っても桜やリンゴなど特徴の違う種類がたくさんあるので、好みに合わせて選んでいくことが大切になります。燻製に慣れてきたらチップをブレンドしてオリジナルの燻製を楽しんでみてはいかがですか。卵やチーズ、ささみなど燻製にできる食材もバラエティ豊か。美味しい燻製料理を作って堪能してみましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ