ユニフレームの焚き火テーブルは万能!使い勝手の良い特徴と機能とは?

ユニフレームの焚き火テーブルは、組み立てやすく、他のテーブルと合わせてカスタマイズしたり改造するなど、連結も可能と言われる機能性に優れた焚き火テーブルです。そんな人気のユニフレームの焚き火テーブルの特徴と機能を始め、注意ポイントなどご紹介していきます。

目次

  1. ユニフレームの万能な人気焚き火テーブル
  2. 「デザインがシンプルで馴染みやすい」
  3. 「高さへのこだわりも人気の秘密」
  4. 「アウトドアに最適なダメージなど受けにくい」
  5. 「収納ケースに入れてコンパクトサイズ」
  6. 「ダッチオーブンも置けて便利」
  7. 連結してユニフレームの焚き火テーブルが多目的で大活躍
  8. ユニフレームの焚き火テーブルと合わせて改造・カスタマイズ
  9. バランスには要注意!ユニフレームの焚き火テーブル注意ポイント
  10. ユニフレームの焚き火テーブルでお気に入りのアウトドアシーンへ

ユニフレームの万能な人気焚き火テーブル

ユニフレームの焚き火テーブルは、使い勝手が良いと人気で多くのアウトドアファンから高い評価を得ています。ユニフレームは、人気のアウトドアブランドであり、様々なキャンプギアを販売しています。

そのユニフレームの焚き火テーブルが、キャンパーの間で話題になっているようです。ユニフレームの焚き火テーブルを改造したりカスタマイズしたりして、様々な使い方をしているキャンパーも多く見かけます。改造・カスタマイズの方法にも、ユニフレーム以外のブランドのオプションギアを取り付けたりもできるのも特徴です。

ユニフレームの焚き火テーブルは、重量も軽く2.3kgとなっていて、参考価格も7,500円とコスパも良いと言われています。耐荷重は、50kgまで対応していて、持ち運びやすくアウトドアを快適に過ごせる焚き火テーブルとなるでしょう。

焚き火テーブルまとめ!ユニフレーム&囲炉裏型などの魅力とおすすめとは? | MensModern[メンズモダン]

「デザインがシンプルで馴染みやすい」

使い勝手の良いユニフレームの焚き火テーブルの特徴と機能①

使い勝手の良いユニフレームの焚き火テーブルの特徴と機能①は、デザインがシンプルで馴染みやすいところです。ユニフレームの焚き火テーブルは、天板がステンレス製で、天然の木材でできたサイドプレートで作られているシンプルなルックスです。

テントや他のキャンプギアにも馴染みやすい、さりげないシンプルなデザインで、影の力持ち的存在でもあるユニフレームの焚き火テーブル。このシンプルさから、アウトドア以外でも自宅で焚き火テーブルをテーブル代わりに使用しているかたもいらっしゃるようです。

キャンプ用焚き火台のおすすめを徹底比較!定番・斬新なものなど選び方は? | MensModern[メンズモダン]

「高さへのこだわりも人気の秘密」

使い勝手の良いユニフレームの焚き火テーブルの特徴と機能②

使い勝手の良いユニフレームの焚き火テーブルの特徴と機能②は、高さへのこだわりも人気の秘密というポイントです。ユニフレームの焚き火テーブルは、ユニフレームの人気のテーブル「ざたくⅡ」との連結も可能な高さとなっています。

そのため、アウトドア料理を楽しむ際にも、ざたくⅡと一緒に連結させることで、料理なども置けてとても便利と評判いいです。

テーブルの連結だけでなく、アウトドアで使用するチェアのロータイプのものにも、ユニフレームの焚き火テーブルの高さは丁度いいため、使い勝手の良い魅力は、こういった他のキャンプギアともマッチしやすい作りになっているところにもあるようです。

キャンプ用テーブルおすすめブランド特集!折りたたみ式やロール式が人気? | MensModern[メンズモダン]

「アウトドアに最適なダメージなど受けにくい」

使い勝手の良いユニフレームの焚き火テーブルの特徴と機能③

使い勝手の良いユニフレームの焚き火テーブルの特徴と機能③は、アウトドアに最適なダメージなど受けにくい作りになっているところです。

ユニフレームの焚き火テーブルは、ただのステンレス製の焚き火テーブルというわけではなく、更にエンボス加工がしてあるため、ダメージを受けにくい構造になっています。そのため、アウトドアで中々避けることができない、汚れなどもふき取りやすく、ユニフレームの焚き火テーブルは手入れも簡単と評判いいです。

また、しぶとい汚れが付いてしまう場合も、アウトドア料理をしていると避けられません。その際には、ユニフレームの焚き火テーブルは洗剤を使用して洗うことで、清潔に保て見た目も綺麗をキープできるでしょう。

焚き火料理のレシピ紹介!簡単ホイル焼きや必須調理道具まとめ | MensModern[メンズモダン]

「収納ケースに入れてコンパクトサイズ」

使い勝手の良いユニフレームの焚き火テーブルの特徴と機能④

使い勝手の良いユニフレームの焚き火テーブルの特徴と機能④は、収納ケースに入れてコンパクトサイズに収納ができるところです。キャンプ初心者でも、安心の組み立てやすさは、ユニフレームの焚き火テーブルの人気の理由にもなっています。

ユニフレームの焚き火テーブルは、脚の部分と天板を接続したら、金具で止めるだけで組み立てが完了するため、時短で焚き火テーブルの組み立てができてストレスフリーなアウトドアを快適に過ごせるでしょう。

そして、収納もコンパクトサイズに収納可能で、更にこだわるのならユニフレームの焚き火テーブル専用のケースも、ユニフレームに合わせて購入すると持ち運びしやすいと言われています。

専用ケース『ユニフレーム 焚き火テーブルトート』も揃えて準備万端

ユニフレームの焚き火テーブルの専用ケースは、ユニフレーム 焚き火テーブルトートが人気です。名前の通り、トートバッグのようなデザインで、ケースにしておくのは勿体無いというかたもいらっしゃいます。

ユニフレーム 焚き火テーブルトートは、3,000円ほどで通販にて販売していて、耐久性に優れた焚き火テーブルを更に長持ちさせるためにも、ユニフレーム 焚き火テーブルトートがあることでプロテクションにもなるケースであると言われています。

ユニフレーム 焚き火テーブルトートは、ユニフレームの焚き火テーブルが2枚収納可能なので便利です。ユニフレームの焚き火テーブルを何枚か持っているというキャンパーも多いことから、ユニフレーム 焚き火テーブルトートは持ち運ぶ際に2枚ずつ入れられるので、収納上手なケースのようです。

アウトドアテーブルで人気なのは?キャンプ以外でもおしゃれな使い方がある! | MensModern[メンズモダン]

「ダッチオーブンも置けて便利」

使い勝手の良いユニフレームの焚き火テーブルの特徴と機能⑤

使い勝手の良いユニフレームの焚き火テーブルの特徴と機能⑤は、ダッチオーブンも置けて便利なところです。アウトドア料理を本格的にするかたは、キャンプギアもアウトドアの料理に使うギアを一通りそろえている方も多いです。

料理だけではなく、料理が仕上がってからダッチオーブンで作った美味しいごはんをそのまま置けるテーブルがあると便利のため、ユニフレームの焚き火テーブルはひと役買ってくれるでしょう。

アウトドア料理は、ダッチオーブンを使用した料理が多く、料理が出来上がったばかりで温度もかなり熱くなっています。そのため、地面に置くわけにも行きません。そこで、ユニフレームの焚き火テーブルがあることで、簡単にそのままダッチオーブンを置けるので料理を取り分ける際にも便利です。

ユニフレームのダッチオーブンは優秀!初心者におすすめできる理由とは | MensModern[メンズモダン]

連結してユニフレームの焚き火テーブルが多目的で大活躍

ユニフレームの焚き火テーブルは、多目的で大活躍してくれるのも人気の理由となっているでしょう。ユニフレームの焚き火テーブルは、先ほどもお話ししましたが、ざたくⅡのテーブルなどに連結もできますし、その他にも複数焚き火テーブルを購入して、連結させて使ってゆとりを持って、料理など置いたりするかたも増えているようです。

料理を置くだけではなく、子供さん連れで家族キャンプを楽しむご家庭なら、子供さんがアウトドア風景を描いたりするときのテーブルとしても使用できて何かと便利な使い方ができると評判いいです。複数持っていることで、連結したり目的別に使ったりできる魅力がユニフレームの焚き火テーブルにはあります。

焚き火をタープの下でする時の注意点!難燃性の高いおすすめも紹介 | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームの焚き火テーブルと合わせて改造・カスタマイズ

ユニフレームの焚き火テーブルは、他の人気アウトドアブランドのキャンプギアと合わせて改造したりカスタマイズしたりして、独自のテーブルやキャンプギアに変身させるかたもいらっしゃるようです。

ユニフレームの焚き火テーブルは、他社ブランドのオプションギアなどを使用することで、焚き火テーブルと合わせて改造して、ゴミ袋など設置できるようにカスタマイズすることもできます。ユニフレームの焚き火テーブルに対応している、他社ブランドのオプションギアも多いのも特徴です。

ユニフレームの焚き火テーブルを他社の天板を設置することで、自分だけの改造・カスタマイズテーブルが完成して、使いやすさも更にアップすると言われています。

焚き火を安全快適に楽しむには?便利グッズ&必須アイテム5選 | MensModern[メンズモダン]

バランスには要注意!ユニフレームの焚き火テーブル注意ポイント

ユニフレームの焚き火テーブルは、耐久性にも優れていて機能も抜群ですが、使用する際の注意ポイントも知っておいたほうがいいようです。ユニフレームの焚き火テーブルは、安定感に優れてはいるものの、やはり焚き火テーブルの上に置くもののバランスに寄っては、傾いてしまって崩れてしまう場合も稀にあるようです。

そのため、ユニフレームの焚き火テーブルをお使いになる際には、バランスを考えて食べ物や飲み物など置くことも大切な注意ポイントとなってくるでしょう。

また、ユニフレームの焚き火テーブルは、商品名が焚き火テーブルとなっているため、テーブルの上で普通にそのまま焚き火ができるというイメージを浮かべるかたも少なくないようです。でも、ユニフレームの焚き火テーブルの天板で焚き火をすることはNGとされているので気をつけましょう。

焚き火をする際には、焚き火テーブルではなく焚き火台を用意する必要があるため、ここもキャンプギアを予めしっかり用意しておくことも大切です。

ユニフレームのファイアグリルの魅力とは?絶大な人気を誇る理由を紹介 | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームの焚き火テーブルでお気に入りのアウトドアシーンへ

ユニフレームの焚き火テーブルは、シンプルなデザインで他のブランドのオプションギアなどを合わせて、改造したりカスタマイズができる魅力もあり人気です。

複数焚き火テーブルを購入しているキャンパーも多く、連結して使用するかたも多いです。是非この機会に、ユニフレームの焚き火テーブルをキャンプギアのリストの1つとして入れてみてはいかがでしょうか。

使用上の注意ポイントもあるため、焚き火テーブルを初めて使用する際には注意ポイントも意識して、快適なアウトドアへとつながること願っております。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ