ワックスを取ってオイルを染み込ませるダッチオーブンのシーズニングの手入れ方法や調理法についてまとめました。ダッチオーブンはオイルを使ってシーズニングの手入れをすればいろいろな調理法で使える便利なアイテム。ダッチオーブンのシーズニングの手入れを行いましょう!

ダッチオーブンのシーズニングを失敗しないやり方!コツと注意点を紹介

目次

  1. ダッチオーブンのシーズニングの手入れ方法を知りたい
  2. ダッチオーブンとはどういうもの?
  3. ダッチオーブンにシーズニングが必要なのはなぜ?
  4. ダッチオーブンのシーズニングに必要な道具
  5. ワックスを落としてオイルの手入れをする
  6. クズ野菜を炒めてオイルを塗り重ねる
  7. 使用後のダッチオーブンのシーズニング方法
  8. ダッチオーブンのシーズニングの注意点
  9. ダッチオーブンでチャレンジしたい調理法
  10. ダッチオーブンのシーズニングを行おう

ダッチオーブンのシーズニングの手入れ方法を知りたい

ダッチオーブンにはシーズニングの手入れが必要

いろいろな調理法で使えて便利なダッチオーブンですが、ダッチオーブンを使う場合に取り入れておきたいのがシーズニング。ダッチオーブンを長く愛用するためにシーズニングのお手入れは必要不可欠になります。シーズニングをしておかないと、ダッチオーブンが焦付きやすくなったり、サビがついてしまったりといった不具合の原因になるので気をつけておきたいですね。

ダッチオーブンのシーズニングというと面倒なイメージがあるかもしれませんが、慣れればとても簡単。日常的に気軽に取り入れることができるようになります。ダッチオーブンのシーズニングの基本をおさえて、しっかりとお手入れをしていきませんか?日々のお手入れをちゃんとやっていれば、長く愛用することができる便利なダッチオーブンに仕上げられます。

ダッチオーブンのシーズニング方法をチェックしよう

「ダッチオーブンのシーズニング方法ってどんなもの?」「シーズニングが終わったダッチオーブンで可能な調理法について知りたい」という場合にぴったりなダッチオーブンのシーズニング方法についてまとめました。ダッチオーブンのシーズニングをちゃんとやっておけば、バリエーション豊かな調理法で楽しめます。ぜひダッチオーブン料理を楽しんでみてくださいね。

ユニフレームのダッチオーブンは優秀!初心者におすすめできる理由とは | MensModern[メンズモダン]

ダッチオーブンとはどういうもの?

蓄熱性が高い金属製の鍋

それでは、そもそもダッチオーブンとはどういったものなのでしょうか?ダッチオーブンとは、蓋がついた蓄熱性の高い金属製の鍋のことをさします。ダッチオーブンというと鋳鉄というイメージが強いかもしれませんが、ステンレス製や黒皮鉄板製といったいろいろな素材を使ってダッチオーブンは作られているのが特徴。

それぞれの素材に特徴があるので自分にぴったりのタイプを選ぶことが大切になります。ちなみに、お手頃価格で気軽に取り入れやすいダッチオーブンは鋳鉄製。予算や使用用途に合わせて選んでくださいね。

アウトドアや自宅での調理法で役立つ

ダッチオーブンはアウトドア料理で大活躍する便利なアイテム。アウトドアでおこした火にかけてじっくりと加熱することによってバリエーション豊かな調理法で活用することができます。アウトドアで本格的な料理を作ることができたら、特別な気分を味わえて良いですよね。ダッチオーブンはそういった願いを叶えてくれます。

家庭でも使えるタイプのダッチオーブンを選べば、アウトドアでも自宅でもダッチオーブン料理を楽しめるのが嬉しいポイント。料理の幅がぐっと広がるのではないでしょうか。そんなダッチオーブンを正しく使うためにはシーズニングが欠かせません。シーズニングをしていくことによってダッチオーブンの良さを引き出すことができます。

ダッチオーブンにシーズニングが必要なのはなぜ?

ダッチオーブンには錆止めワックスがついている

それでは、なぜダッチオーブンではシーズニングが必要なのでしょうか?その理由としてまずあげられるのがダッチオーブンについている錆止めワックスをとるということ。ダッチオーブンには錆止めワックスがついている場合があり、それを落とすためにシーズニングをする必要が出てきます。ちなみにステンレス製のダッチオーブンはシーズニングが不要。

ワックスを落としてオイルで手入れをすることが必要

錆止めワックスを落とし、オイルを染み込ませるシーズニングを行うことによって初めてダッチオーブンを使うことができるようになります。また、シーズニングはサビを防ぐという意味でも行うことが大切。最初にシーズニングを行うだけでなく、調理をした後は必ずシーズニングをすることで長くダッチオーブンを愛用することができるようになります。

ダッチオーブンはシーズニングをしながらお手入れしていくことによって、徐々に黒光りして独特の風合いが増していきます。ダッチオーブンを育てていく感覚でシーズニングをしていきましょう。何回も使っているうちに自分だけのオリジナルの風合いが増して、愛着も増していきます。ぜひダッチオーブンのシーズニングを楽しんでみてくださいね。

ダッチオーブンのシーズニングに必要な道具

オイルや洗剤、たわしなど

それでは、シーズニングに必要な道具をチェックしていきましょう。最初のシーズニングに必要となるのが中性洗剤・たわし・オリーブオイル・ヘラ・キッチンペーパー・クズ野菜を準備します。使用するオイルはオリーブオイルがおすすめですが、植物性のオイルであれば基本的にOK。

金属製のたわしはNG

たわしを準備する時に気をつけておきたいのが金属製のたわしはNGだということ。金属製のたわしだとダッチオーブンを傷つけてしまう可能性がるので避けてください。普段のお手入れでも、もちろん金属製のたわしを使うのを避けてくださいね。

ダッチオーブンの正しい使い方まとめ!キャンプ料理の美味しいレシピも紹介 | MensModern[メンズモダン]

ワックスを落としてオイルの手入れをする

ダッチオーブンのワックスを洗剤で落とそう

それでは、ダッチオーブンのシーズニング方法についてチェックしていきましょう。まずはワックスを落としていきます。中性洗剤とたわしを使って全体をよく洗い、ワックスを落としてください。鍋の中にたっぷりのお湯を沸かしてワックスを落としてから全体を洗剤で洗うのもおすすめです。

乾燥させてからオイルを塗ってシーズニング

タオルなどで水気を拭き取ってから弱火で加熱をし、水気をしっかり飛ばしていきます。乾燥したら熱を冷ましてオイルをぬっていきましょう。この時、ダッチオーブンの内側だけでなく取っ手なども外側もしっかり塗るのがポイントです。塗り終わったら再び火にかけて焼き付け、再びオイルを塗るという作業を5回ほど繰り返してください。

クズ野菜を炒めてオイルを塗り重ねる

クズ野菜を炒めてニオイをとるお手入れが必要

焼き付けが終わってダッチオーブンが黒光りしてきたらOK。続いてクズ野菜を炒めていきましょう。クズ野菜を炒めることでダッチオーブンについたニオイを落としていきます。玉ねぎや人参などニオイが強めの野菜がおすすめ。

オイルを塗ったらシーズニングの完了

クズ野菜を炒め終えたら、汚れを軽く拭き取ってオイルを塗り込みます。全体にしっかりとオイルを塗りこんだらシーズニングの完了。

ダッチオーブンのおすすめを紹介!人気メーカーやサイズの選び方は? | MensModern[メンズモダン]

使用後のダッチオーブンのシーズニング方法

お湯を沸かして汚れを取る

シーズニングは最初だけでなく、調理をした後も行います。ダッチオーブンで調理をした後は、まずしっかりと冷ましてから水を入れてお湯を沸かしましょう。お湯が沸くと汚れも浮いてくるので、お湯が冷めてから汚れをたわしなどで落としていきます。

乾燥させたら油を塗りこんで完了

汚れがとれたら加熱をして水分をしっかりと飛ばします。水分が飛んでダッチオーブンが冷めたらオリーブオイルを塗りこんでシーズニングの完了。この作業を繰り返すことで、ダッチオーブンの風合いが増します。

ダッチオーブンのシーズニングの注意点

使用後は洗剤を使って洗わない

調理をした後のシーズニングで気をつけておきたいのが洗剤を使わないということ。最初のシーズニングでは洗剤を使って洗いますが、それはワックスを落とすための作業です。調理後に洗剤で洗うとせっかく塗りこんだオイルがとれてしまい、サビが出てくる原因となるため気をつけましょう。

熱いうちに水をかけず、濡れた状態で放置しない

ダッチオーブンが熱いうちに水をかけると温度差で割れてしまうことがあるので冷めてから洗うのがおすすめ。また、濡れた状態で放置しているとサビが出る原因になります。お手入れをしたら、しっかり乾燥させましょう。また、作った料理をいつまでもダッチオーブンの中に入れているのもサビの原因となるので他のお皿に移してシーズニングをしてくださいね。

ダッチオーブンでチャレンジしたい調理法

焼いたり、炒めたりといった調理法

ダッチオーブンはバリエーション豊かな調理法で活用することができます。ダッチオーブンを使えば、ローストチキンやローストビーフ、パンなどを焼くことが可能。また、炒め物も美味しくつくることができます。

煮る、揚げる、燻すといった調理法もある

蓄熱製の高いダッチオーブンは煮込み料理を作るのにも最適。また、揚げ物もダッチオーブンですることが可能です。ダッチオーブンにセットできる網を準備すれば燻製もできるのが嬉しいポイント。このようにダッチオーブンがあればいろいろな調理ができるので、ぜひ気軽に使ってみてくださいね。

ダッチオーブンでローストチキンを作ろう!簡単な焼き方とレシピを紹介 | MensModern[メンズモダン]

ダッチオーブンのシーズニングを行おう

ダッチオーブンはシーズニングを行うことによって長く愛用することができるので、基本をチェックしてお手入れをしっかり行っていきたいですね。シーズニングのお手入れが行き届いたダッチオーブンはいろいろな料理に大活躍。パンを焼いたり、煮込み料理を作ったり、燻製を楽しんだりといったようにお好みに合わせて使ってみましょう。


評価 4.9/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ