ソロキャンプに必要な道具を紹介!初心者にもおすすめの人気アイテムは?

ソロキャンプを安全かつ快適に楽しむために必要な物がキャンプ道具だ。テントやシュラフなど多数あるが、しかしソロとなると荷物の持てる量も限られてくる。そこで今回は。ソロキャンプに必要な道具を、初心者にもおすすめの人気のものから詳しく紹介していこう。

目次

  1. 道具もいろいろ!ソロキャンプの魅力とは?
  2. これだけは用意しておきたい!ソロキャンプ道具一式
  3. 道具は自作することでソロキャンプの荷物を減らすこともできる!
  4. ソロキャンプ道具であれば予算に応じて安く済ませることも!
  5. ソロキャンプ用テントのおすすめは?
  6. キャンプ場でリラックスするには欠かせない道具!アウトドアチェア
  7. 快適な睡眠には必要不可欠な道具!シュラフ
  8. 寝心地を追求するならこちらも!ソロキャンプおすすめシュラフマット
  9. ソロキャンプの雰囲気を決める重要道具!?ランタン
  10. 調理にもコーヒータイムにも大活躍の道具!ストーブ
  11. 使用用途によって使い分けよう!ミニテーブル
  12. ソロキャンプでも焚き火は大きな魅力!焚き火台
  13. 調理を楽しむには必要不可欠な道具!ソロキャンプでも快適料理を!クッカー
  14. 見た目も重要!?ソロキャンプの休息道具!カップ
  15. 優雅な食事は道具選びから!ソロキャンプでもおすすめカトラリー
  16. ソロキャンプも道具をこだわってより快適な時間を演出しよう!

道具もいろいろ!ソロキャンプの魅力とは?

キャンプといえば、みんなでわいわい盛り上がるのがキャンプと思いがちかもしれないが、友達と予定が合わないなどでなかなかキャンプに行かれないときでも、一人で気ままに計画できるキャンプであれば、何かと都合もよく、十分に楽しめる。ソロキャンプには一人だからこその楽しみもある。

一人でなんでもこなしていかなければならないというのももちろん楽しみだが、自由気ままにできることも楽しいし、最低限の準備でいかに効率よく快適に過ごせるかという点もソロキャンプならではの楽しみだ。行く先のキャンプ場の情報さえあれば、後はなにもいらないほど、ソロキャンプは気ままで楽しい。

しかし、かといって何もいらないということはない。ソロキャンプであっても必要最低限なものはいるわけで、適切なキャンプ道具はもちろん、よりあったら快適な道具も取り揃えておけば、例えソロキャンプでもより快適に過ごせるというもの。しかし、初心者であればそんな必要な快適道具もどれをそろえていいかわからないものだろう。

そこで、この記事では、ソロキャンプをより快適に過ごすためにも、必要最低限のもので楽しむためにも、ソロキャンプにおすすめの道具を紹介していこう。何を準備して持っていけばいいのか、逆になくても大丈夫な物まで把握できるはずだ。これで無駄なものは一切ない、快適なソロキャンパーの仲間入りだ。

これだけは用意しておきたい!ソロキャンプ道具一式

では、まずソロキャンプがしたいとおもって必要になる一式の道具をリスト化してみよう。まず必要な道具といえば、一人用テント、チェア、シュラフ、シュラフマット、ランタン、ストーブ、ミニテーブル、焚き火台、クッカー、カップ、カトラリーなどが挙げられるだろう。これだけあれば、夜も快適にソロキャンプの時間を過ごすことができるはずだ。

他にあれば便利というものであれば、ナイフやまな板などの調理器具を注中心に、ごみ袋や携帯トイレ、携帯ラジオなど、救急箱や軍手、雨具、洗面用具タオルなどが必要かと思われる。しかし、ソロキャンプのだいご味であるキャンプを楽しむのであれば、必ず必要となると先にあげた11種類程度のものだろう。

これらの道具こそ最低限の道具といえる。テントで寝泊まりと調理のことを考える前提での荷物なので、もしキャンプ場でレンタルできるものがあるのであれば、レンタル品を借りるという手もあるだろう。それであればより荷物は減らすことができる。

さらに、もし備え付けのベンチやテーブル、かまどなどがあり、利用できるのであれば、そちらを必要に応じて利用して、さらに荷物を減らすこともできるだろう。

道具は自作することでソロキャンプの荷物を減らすこともできる!

荷物の軽量化に貢献してくれるベストな方法を紹介しておくと、こちらの自作道具も荷物を減らすことのできるコツだ。レンタルや備え付けの利用で荷物が減らせるのに加えテーブルやポールなどは自作することで、さらに荷物を減らすことができるのだ。

また、普段なら荷物になるからとおもって持っていけない、ランタンスタンドやトライポッドなども自作することができる。例えば、タープを設営する時には、かならずポールが必要にはなるが、しかし木の枝を工夫して使用すればタープの設営もできてしまう。

ポールなしで組み立てることができるのであれば、かさばらずに重さも軽減させることができ、持ち物に加えやすくなるだろう。こういった、現地での創意工夫も事前に調べておけば可能なことは多い。自作することで、事前の荷物量も大きく変わるので、参考にしてみてほしい。

キャンプ用焚き火台のおすすめを徹底比較!定番・斬新なものなど選び方は? | MensModern[メンズモダン]

ソロキャンプ道具であれば予算に応じて安く済ませることも!

キャンプ道具をそろえようと思うと、かなりのコストがかかることは、キャンプを一度経験したことのある人であればわかるだろう。そこで、ソロキャンプであればいろいろなもので代用したり、レンタルや、特には自作したりでかなり荷物の量を減らせることが分かった。

しかし、とは言えそれでも必要な物を用意する必要はあるため、初心者ではなかなか敷居の高いものだ。そこで、キャンプ道具をそろえる予算間にも注目してほしい。ソロキャンプともなれば、できるだけ道具も軽いほうがいいのだが、そこまで性能がいいもにになると当然コストも上がってくる。

しかし、頑張れば予算1万円から3万円で道具一式をそろえることも可能だ。性能は多少ながら落ちはするが、ソロキャンプにチャレンジしてみたい人は、まずこれらの低予算の道具で挑戦してみてはどうだろうか。低予算で道具一式をそろえることができれば、いざ大人数で必要なキャンプ道具にも、次の機会に割くことができるだろう。

ソロキャンプ用テントのおすすめは?

コールマン ツーリングドームST

それでは具体的にソロキャンプに必要となる道具を紹介していこう。まずは必ず必要となるテントからだ。テントは、オートキャンプ、ツーリングキャンプ、登山キャンプ、どんなシチュエーションでソロキャンプを行うかによってアイテムの選定基準が変わってくる。

オートキャンプなら車でキャンプ場へ乗り入れるのでテントの重さは気にしなくて大丈夫だが、ツーリングキャンプなら荷物に限りがあるのでコンパクトな収納性が重要となるだろう。また、登山キャンプであれば、自分で長時間持ち歩くことになる。より軽量なテントが望ましいはずだ。

そういった必要に応じた機能に合わせてテント選びは必要になっている。まず最初に紹介するのが、前室を高くして開放感抜群のコンパクトサイズのドームテントだ。人地でも設営しやすいのが特徴だが、こちらは受領4.4キロと少々重め。オートキャンプかツーリングキャンプ向きのテントといえるだろう。

スノーピーク ラゴ2

次に紹介するのが、こちらのテント。素早く設営できるのが特徴で、内側に土間を作り軽量化を実現させたモデルだ。雨風をしっかりと防ぎながらも、結露対策も万全と機能性も必要なものが備わっている。登山キャンプにも持っていけるほどの軽量テントなので初心者にもおすすめだ。

キャンプ場でリラックスするには欠かせない道具!アウトドアチェア

カーミットチェア

キャンプ場で好きな場所でリラックスくつろぎの空間を作るのであれば、背もたれのあるアウトドア用チェアもなくてはならない存在といえるだろう。そんなアウトドアチェアはソロキャンプの場合、軽量性や見た目、快適性や座面の高さなどが重要ポイントになる。ぴったりなものでないと、姿勢が痛くなり快適ではないからだ。

より軽量なものをと探しているのであれば、こちらのカーミットチェアはおすすめだ。カーミットチェアは、他の携帯用のアウトドアチェアでは見られない快適さと美しさを持つ軽量チェアで、58センチの長さの小さな袋に収納することもできる程、コンパクトになる。ツーリングなどに最適なモデルだ。

ALITE(エーライト)メイフライチェア

携帯性だけでなく、より快適性も求めるのであれば、こちらのチェアもおすすめだ。前足のフレームの着脱により、ロッキングと自立安定の両方を楽しむことができるように設計されている。座面は地面に程よく近い高さなので、背の低い子供でも座りやすいような設計。ソロキャンプでなくとも対応できるのもうれしい。

快適な睡眠には必要不可欠な道具!シュラフ

モンベル ダウンハガー800

シュラフは、自分がソロキャンプを行う季節や環境によって、より適切なものを選ぶ必要がある。保温性や軽量性はもちろんだが、頭をすっぽりと覆うタイプなのか、あるいは背丈に合った高さを有するものなのかどうか、どのタイプが自分にとって快適に寝ることのできる寝袋になるのか把握しておくことも必要だ。

一年を通じて使用できると人気のシュラフがこちらだ。夏の高山から冬の低山キャンプまで使えるトータルバランスの優れたモデル。抜群の快適性と軽量性を備えつつ、コンパクトに収納できる性能も併せ持っている。登山やツーリングなど、どんなシチュエーションでも対応が可能なが人気の理由だ。

ナンガ オーロラセンター

センタージッパー構造で、足のみ出すことのできるモデルがこのシュラフだ。シュラフ自体が防水加工もされているので、機動性も高く、通気性も確保できており痒い所に手が届く一台だ。コンパクト性能もとても高く、収納しやすいので、登山でのソロキャンプに最高のおすすめモデルだ。

寝心地を追求するならこちらも!ソロキャンプおすすめシュラフマット

サーマレスト リッジレスト ソーライト

快適な寝心地実現のためには、シュラフの次に重要視しなければならないのがシュラフマット。せっかくの一人時間も寝心地が悪いとよい朝は迎えられないというものだ。地面お凹凸を吸収し、体を優しく包み込んでくれるマットは夜のマストアイテムといえるだろう。

まずおすすめするのがこちらのシュラフマット。表面にアルミ蒸着が施されており、ロール収納のクローズドせるマットレス。アルミ蒸着加工により体から出る熱を反射し、表面の凹凸に閉じ込めてくれる設計になっている。こちらは保温性能がとても高く、初冬や初春シーズンの使用におすすめだ。

モンベル U.L.コンフォートシステム パッド180

超軽量と快眠の両方を叶えたい人に人気のモデルがこちらのマット。U.L.コンフォートシステム採用により、快適な寝心地を実現しており、付属のスタッフバッグは、握力の弱い女性がラフに畳んだ状態でも入れやすいように大きめのサイズに作られているのがうれしいポイントだ。

寝心地抜群で、地面の凹凸なんて全く気にならないと人気も高い。さらに、扱いやすいときているため、ソロキャンプ愛用者だけでなく、女性からの支持も厚い。

ソロキャンプの雰囲気を決める重要道具!?ランタン

コールマン ルミエールランタン

次にランタンを紹介していこう。ランタンは、ソロキャンプの雰囲気を決めるといって過言ではない重要な道具だ。LEDランタンにするのか、あるいはキャンドルランタンにするのか、もしくはヘッドライトしか使わないのかで快適性も大きく変わる。

まず紹介するのが、キャンプ用品で有名なコールマンのランタンだ。ランタンマントルが不要で、着火するだけのカンタン操作とこちらも快適。ガスの炎がやさしく揺れて癒される、雰囲気抜群のガスランタンとなっている。ガラス製なので、持ち運びの多い距離では向かないが、落ち着いて使用するには雰囲気もよいおすすめのランタンだ。

ソーラーパフ ウォームライト

ソロキャンプといっても、しっかりと雰囲気を重視したいのであれば、こちらのランタンがおすすめ。折り紙の様に折り畳むことが出来、電池も不要なので本体重量がなんと75グラムと超軽量で持ち運びにも適している。明るさもソロキャンプであれば申し分ないものを放つので、大活躍してくれるだろう。

扱いも簡単でキャンプ初心者でも扱いやすく、お風呂の中でも使用できると優れものだ。一度使えば、使用感とデザインの良さにくせになること間違いなしだ。

調理にもコーヒータイムにも大活躍の道具!ストーブ

イワタニ カセットコンロ

ソロキャンプといえども、調理やコーヒーをゆっくり楽しむこともキャンプの楽しみの一つ。そこは譲れないと思う人も多いだろう。そこでストーブにもこだわろう。選ぶポイントとしては、自分が使うソロキャンプの環境を創造し、火力、軽量性、収納性、風除けは必要かどうかなど確認する必要がある。

こちらのストーブは、取り外しできるトップカバーによる大きな風防とバーナーを囲む風防リングで、屋外でも風を気にせず使用できるように設計されている。扱いも簡単なので、初心者にもおすすめの一台だ。

SOTO(ソト) MUKAストーブ

扱いやすさと同時に、火力も当然重視した人にはこちらもおすすめだ。ガススストーブの扱いやすさと、ガソリンストーブの力強さを融合させたモデルのストーブ。自動車用ガソリンも使用できるため、旅先での利用の幅は広い。ツーリングやオートキャンプとの相性抜群のモデルだ。

使用用途によって使い分けよう!ミニテーブル

ユニフレーム 焚き火テーブル

ソロキャンプといえば、チェアと同じくテーブルにもこだわりたい。特に焚き火などをするのであれば、軽量性や収納性と同時に、熱いものをおいても大丈夫な物かどうかなどのポイントも押さえておきたいところだ。しかし、テーブルは、使用用途のほかに荷物の量にも大きくかかわることになる。

なので、これらのポイントを中心によく選ぶ必要がある道具といえるだろう。まずはこのテーブルがおすすめだ。特殊エンボス加工のステンレストップになっているので、ダッチオーブンをじかに置いてもキズ付きにく、熱や傷、汚れにも強いと使う場所を選ばない。初心者にはありがたい機能だ。

ソロキャンプといえども、焚き火を楽しむこともあるだろう。そんなオートキャンプにはぜひおすすめの人気テーブルになる。

プロモンテ コンパクトテーブル

とにかく安全性とコンパクト性能重視なテーブルを探している人には人気の高いテーブル。脚と天板、それらを接続するパーツで構成されており、収納時はとてもコンパクトになるのが特徴。それでいて、耐荷重が10キロまでと重いものまで難なく持てる。

ストーブを乗せて簡単な調理やお湯を沸かすのにも使用できるので、安全性も高く、初心者にもとても扱いやすいテーブルとなっているのが大きな注目ポイントだ。

ソロキャンプでも焚き火は大きな魅力!焚き火台

キャプテンスタッグ ヘキサステンレスファイアグリル

ソロキャンプでも焚き火をしたいと願う人も多い。近年焚き火台も軽量化を進めているが、その中でも特にコンパクトなものも登場している。もちろんソロキャンプにもおすすめのものも多いので、特別な時間を作るのに大きく貢献してくれるだろう。

まず人気なのがこちらだ。ファイアグリル。キャンプ初心者でも知るほど人気の高い商品だ。焚き火とバーベキューが楽しめる一台で、錆びにくい丈夫なステンレス製でお手入れも楽々。薄くコンパクトに収納できるものの、さすがに登山キャンプには向かないので注意しておこう。

ロゴス ピラミッドグリル・コンパクト

10秒で組み立て、10秒で収納が可能との触れ込みで人気の焚き火台コンロがこちらだ。卓上で炭火焼きが楽しみたい人におすすめのアイテムで、火力もアルコールバーナーを使えばより高火力できると評判。ソロキャンプでの使用ならば、夜は炭火でバーベキュー、翌朝はアルコールバーナーで調理が人気のパターンのようだ。

ソロキャンプは料理もこだわる!簡単美味しいレシピやおすすめ道具を紹介 | MensModern[メンズモダン]

調理を楽しむには必要不可欠な道具!ソロキャンプでも快適料理を!クッカー

スノーピーク トレック900

クッカーは、キャンプでの料理に使うもの。選ぶポイントとしては素材と利用用途だろう。素材によってお手入れや特徴が異なる。熱伝導もおおきくかわるので注意が必要だ。また、利用用途も考えよう。ソロキャンプといえども調理の手間は惜しまない人は、よりバリエーション豊かなメニューが作れるものをそろえる必要がある。

まず紹介するこちらのクッカーであれば、深型と浅型の2タイプのセット。素材もステンレス、アルミニウム、チタニウムの3種類を用意してあり、使用用途や予算に応じて選択可能とうれしい。ソロキャンプでもある程度の調理には対応できるタイプでおすすめだ。

トランギア メスティン TR-210

炊飯にもこだわりたいのであれば、こちらのクッカーもおすすめだ。バックパッキング向きの飯盒で、世界最小の飯盒だが、それ以外でも普通のコッフェルとしても使える他用途のメスティンとなっている。一人分のご飯を炊けるのもソロキャンプならではの使用用途で人気も高い。

見た目も重要!?ソロキャンプの休息道具!カップ

キャプテンスタッグ ダブルステンレスマグカップ

初心者といえども、ソロキャンプのくつろぎ空間としては、カップにもこだわりたいものだ。カップにもチタン製で軽いものから木製で重いものまで素材によって様々で、温かいものを飲む場合は、保温性や持ちやすさを考えるのも重要なポイントといえる。もちろんデザインも重要だろう。

こちらのカップは、保温性にすぐれるカップで、持ちやすく蓋がついているのでオートキャンプでゆったりとしたい人にはおすすめの一品だ。

Travel Cup Mugs

とにかく軽量性やコンパクト性能を重視したい人は、こちらもおすすめ。ステンレス鋼材で作られた収納式のカップで、日本酒やウイスキー・ブランデーを楽しむ大人のソロキャンプにも対応できるお猪口のような小さなカップというのが最大の特徴だ。もちろん、初心者キャンプにも活躍してくれる一品として人気も高い。

優雅な食事は道具選びから!ソロキャンプでもおすすめカトラリー

コールマン カトラリーセット4/パーソナル

食事の際にはカトラリーにもこだわりたいものだ。軽量性、素材、箸が必要かどうか、ナイフが切れる可動かという点に注目して選んでほしい。食事の気分を上げてくれるそんなアイテムにしたいもの。そこでおすすめがこちらのカトラリー。手になじむ天然木製取手の1人用カトラリーセットで、柄の部分は天然木で暖かみのある作りになっている。

キャンプギアとはなに?おすすめ・おしゃれな便利グッズの定番を紹介 | MensModern[メンズモダン]

ソロキャンプも道具をこだわってより快適な時間を演出しよう!

ソロキャンプでも、道具にこだわってより快適なキャンプにすることができる。もちろん、道具を使わず現地のもので代用することもおすすめだ。しかし、ソロキャンプならではのものを集めておけば、快適でまた違った楽しみ方があるのも事実。自分のキャンプシーンに合ったものを見つけて選んでほしい。

キャンプ道具の自宅収納アイデア!ボックスを使ったすっきり整理整頓術 | MensModern[メンズモダン]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ