スノーピークの焚火台が選ばれる理由とは?人気の秘密を調査!

スノーピークの焚火台は、手入れしやすくサイズも豊富でオプションギアと合わせて使うと更に使い道も広がる便利なアイテムです。スノーピークの焚火台が選ばれる理由を始め、スノーピークの焚火台と合わせて集めたい人気おすすめアイテムもご紹介していきます。

目次

  1. アウトドアファンから愛されるスノーピークの焚火台
  2. 「耐久性に優れている」
  3. 「焚火からアウトドア料理まで幅広く使用」
  4. 「オプションギアと合わせてパワーアップ」
  5. 【スノーピーク ジカロテーブル】
  6. 【スノーピーク ザ 三脚スタンド】
  7. 【スノーピーク 鋳鉄グリドルハーフ】
  8. 【スノーピーク グリルプレート 黒皮鉄板】
  9. 【スノーピーク チリトリ鍋】
  10. 【スノーピーク 焼アミ Pro.M】
  11. 【スノーピーク 焼アミ ステンレスハーフ Pro】
  12. 【スノーピーク 焼アミ Pro.L】
  13. 【スノーピーク グリルブリッジM】
  14. 【スノーピーク グリルブリッジL】
  15. スノーピークの焚火台で楽しいキャンプタイム

アウトドアファンから愛されるスノーピークの焚火台

スノーピークの焚火台は、サイズもS・M・Lとあり、多くのアウトドアファンから愛されているキャンプギアの1つです。1人キャンプから家族キャンプまで、幅広いアウトドアシーンで活躍してくれるスノーピークの焚火台は、手入れもしやすくおすすめです。

アウトドア料理がブームになっている時代なだけに、スノーピークの焚火台は料理にも大活躍してくれるアイテムとなるでしょう。スノーピークの焚火台は、Sサイズは1人キャンプ用におすすめで、重量も1.8kgほどと軽量になっていて持ち運びしやすいです。

スノーピークの焚火台Mサイズは、家族キャンプに丁度いいサイズで、重量は3.5kgとなっています。折りたたみ可能のため、家族キャンプで荷物が多めなときでも、かさばりにくくなっています。手入れもしやすいため、清潔に保って長持ちする期待も出来ます。

焚火台Lサイズは、重量5.3kgほどで、友達などとグループでキャンプをするのに最適で、複数のスノーピークの焚火台を合わせて使うかたも多いようです。気になる価格は、スノーピークの焚火台Sサイズが9,500円前後、焚火台Mサイズが14,000円弱、焚火台Lサイズが17,000円前後で通販にて販売していて人気です。

キャンプの朝ごはんおすすめレシピ紹介!簡単なメニューから定番まで | MensModern[メンズモダン]

「耐久性に優れている」

手入れも簡単スノーピークの焚火台が選ばれる理由①

手入れも簡単スノーピークの焚火台が選ばれる理由①は、耐久性に優れているのも選ばれる理由となっています。スノーピークの焚火台の特徴として、耐久性に優れる鍵となっているのが、ステンレス製のパイプを脚の部分に使っています。

スノーピークの焚火台は、三角形のプレートで作られていてデザインも特徴があり、この三角プレートを組み合わせて作られているのも、安定感につながると言われています。厚さもしっかりと1.5mmあり、ステンレス製で高温にも強いのも、アウトドア料理をするかたにとっても嬉しいポイントとなってくるでしょう。

逆三角形のデザインが印象的なスノーピークの焚火台は、ただデザイン性を考えて逆三角形にしているのではないようです。火が通った炭が下にいくように作られているため、空気の取り入れ方なども上手く考えた作りになっているのも魅力の1つとなっています。

焚き火台のおすすめ10選!人気の定番品から新アイテムまで紹介 | MensModern[メンズモダン]

「焚火からアウトドア料理まで幅広く使用」

手入れも簡単スノーピークの焚火台が選ばれる理由②

手入れも簡単スノーピークの焚火台が選ばれる理由②は、焚き火からアウトドア料理まで幅広く使用できるところです。スノーピークの焚火台は、組み立ても簡単で手入れも簡単と言われており、それだけではなく使い道も幅広いと評判いいです。

寒い冬でも、キャンプは欠かせないアウトドアファンにとって、防寒対策は大切です。そこで、スノーピークの焚火台は、キャンピ場での寒い環境を暖かくしてくれる焚火の役目を果たしてくれるため、焚火をするためのアイテムとして用意しておきたいのも選べる理由となっているようです。

お泊りキャンプをするときも、スノーピークの焚火台は、焚火をすることで夜になって薄暗くなっていくキャンピ上に明かりを灯してくれるのも雰囲気づくりにもなり、一石二鳥となるでしょう。アウトドア料理にこだわるかたも、スノーピークの焚火台は貢献してくれると言われています。

ソロキャンプに必要な道具を紹介!初心者にもおすすめの人気アイテムは? | MensModern[メンズモダン]

「オプションギアと合わせてパワーアップ」

手入れも簡単スノーピークの焚火台が選ばれる理由③

手入れも簡単スノーピークの焚火台が選ばれる理由③は、オプションギアと合わせてパワーアップです。スノーピークの焚火台は、オプションギアと合わせて使うことで、アウトドア料理も幅広く楽しめると言われています。網などもバーベキューをする際にも揃えておきたいアイテムです。

スノーピークの焚火台は、アウトドアならではの焚火ができるというのもあり、アウトドアでしかできない料理をするかたも多いです。スノーピークの焚火台に合わせて使える、オプションギアもスノーピークで沢山販売しています。

焚火以外に料理に焚火台を使う場合には、スノーピークから販売している網を始め、鉄板なども種類が豊富なので、人数やサイズなどに寄って選び甲斐もあります。アウトドアで、今まで以上に快適な環境にするためにも、スノーピークの焚火台に合わせてオプションギアを集めるキャンパーも増えているようです。

テントならスノーピークがおすすめ!初心者から上級者まで虜にする人気商品は? | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク ジカロテーブル】

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム①

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム①は、スノーピーク ジカロテーブルです。スノーピーク ジカロテーブルは、スノーピークの焚火台を真ん中部分にセッティングできるテーブルです。手入れもしやすく長く使っていきたいアイテムとなるでしょう。

家族キャンプをする際にも最適なテーブルで、アウトドアでの食事なども一緒にみんなで焚火台を囲んで楽しい時間へとつながるでしょう。

スノーピーク ジカロテーブルのサイズは、1120mm×1120mm×400mmとなっていて、重量は10.5kgほどです。気になるスノーピーク ジカロテーブルの価格は、33,000円ほどで通販にて販売していて人気です。

キャンプ用焚き火台のおすすめを徹底比較!定番・斬新なものなど選び方は? | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク ザ 三脚スタンド】

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム②

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム②は、スノーピーク ザ 三脚スタンドです。スノーピーク ザ 三脚スタンドは、80年代にスノーピークから発売された商品であり、人気も衰えず現在も注目されているアイテムです。

スノーピーク ザ 三脚スタンドは、スノーピークの焚火台と一緒に揃えるかたも多く、キャンプ場でのレイアウトの雰囲気づくりにもなり、アウトドアのインスタ映えを狙っているキャンパーにもおすすめです。

気になるスノーピーク ザ 三脚スタンドの価格は、18,000円ちょっとで通販にて販売しています。開放感あふれるアウトドアタイムを、焚火台で火をおこした空間で楽しむのにも最適なアイテムとなるでしょう。

キャンプテーブルの自作アイデア集!初心者でも簡単にできる作り方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク 鋳鉄グリドルハーフ】

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム③

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム③は、スノーピーク 鋳鉄グリドルハーフです。スノーピーク 鋳鉄グリドルハーフは、アウトドアでステーキなどを焼く際におすすめで、焚火台と合わせて購入されるかたも多いです。

スノーピーク 鋳鉄グリドルハーフは、肉の余分な油も落とすような構造になっています。これは、スノーピーク 鋳鉄グリドルハーフの真ん中部分がこんもりした作りになっているため、肉料理を美味しく仕上げるのに最適なアイテムとなるでしょう。

スノーピーク 鋳鉄グリドルハーフのサイズは、336mm×213mm×42mmとなっていて、重量は2.2kgほどです。気になるスノーピーク 鋳鉄グリドルハーフの価格は、9,500円ちょっとで通販にて販売していて人気です。収納バッグもついているので、持ち運びにも便利なのも嬉しいポイントです。

キャンプで本格ピザを楽しむ!おいしい作り方とおすすめ簡単レシピまとめ | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク グリルプレート 黒皮鉄板】

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム④

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム④は、スノーピーク グリルプレート 黒皮鉄板です。焚火台を使用してバーベキューをしたいというかたなら、スノーピーク グリルプレート 黒皮鉄板がおすすめです。

スノーピーク グリルプレート 黒皮鉄板は、バーベキューなど鉄板を使用するアウトドア料理にひと役買ってくれるアイテムとなるでしょう。スノーピーク グリルプレート 黒皮鉄板のサイズは、330mm×500mm×35mmとなっていて、重量は3.6kgほどです。

気になるスノーピーク グリルプレート 黒皮鉄板の価格は、4,000円ちょっとで通販にて販売していて人気です。スノーピーク グリルプレート 黒皮鉄板に使用されている黒皮鉄板は、使用すればするほど鉄板パワーに期待も増す商品としても人気です。

デイキャンプのまとめ!テントなどの必要アイテムと持ち物の注意点紹介 | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク チリトリ鍋】

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑤

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑤は、スノーピーク チリトリ鍋です。スノーピーク チリトリ鍋は、浅めの作りになっているアウトドア料理に適した鍋です。

スノーピークの焚火台とスノーピーク チリトリ鍋を合わせて使用すれば、煮込みやスープ系の料理もバッチリできると言われており、寒い冬のアウトドア料理にスノーピーク チリトリ鍋は大活躍してくれるアイテムとなる期待が出来ます。

スノーピーク チリトリ鍋のサイズは、385mm×355mm×35mmで、重量は1.7kgほどです。気になるスノーピーク チリトリ鍋の価格は、12,000円ちょっとで通販にて販売しています。スノーピークの焚火台にマッチするような作りになっていて使いやすいのも魅力です。

冬キャンプは鍋料理がおすすめ!簡単人気レシピとおすすめクッカーを紹介 | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク 焼アミ Pro.M】

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑥

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑥は、スノーピーク 焼アミ Pro.Mです。スノーピーク 焼アミ Pro.Mは、家族キャンプでスノーピークの焚火台を使用する際に最適なサイズの網になります。

スノーピーク 焼アミ Pro.Mは、サイズが389mm×352mm×19mmの網で、重量は1.26kgほどとなっています。スノーピークの焚火台を使用して炭火焼き料理にトライしたい時に活躍してくれる網となるでしょう。

気になるスノーピーク 焼アミ Pro.Mの価格は、5,000円ちょっとで通販にて販売しています。素材は、スチールクロームメッキで出来た網になります。

キャンプご飯のおしゃれレシピ集!簡単おいしい絶品アイデア料理を厳選 | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク 焼アミ ステンレスハーフ Pro】

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑦

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑦は、スノーピーク 焼アミ ステンレスハーフ Proです。スノーピーク 焼アミ ステンレスハーフ Proは、長く使える丈夫な網をお探しのキャンパーにおすすめの網になります。

スノーピーク 焼アミ ステンレスハーフ Proは、339mm×206mm×18mmサイズの網で、重量は0.6kgほどとなっています。スノーピーク 焼アミ ステンレスハーフ Proの素材は、ステンレス製で出来ています。

気になるスノーピーク 焼アミ ステンレスハーフ Proの価格は、3,900円ほどで通販にて販売しています。バーベキューなどをする際にも活躍してくれる網となるでしょう。

キャンプの朝食おすすめレシピ集!簡単おしゃれなメニューの作り方は? | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク 焼アミ Pro.L】

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑧

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑧は、スノーピーク 焼アミ Pro.Lです。スノーピーク 焼アミ Pro.Lは、スノーピークの焚火台Lサイズにマッチしている網です。

6人ほどでキャンプをする際にも最適な網サイズで、484mm×352mm×19mmとなっています。重量は1.6kgほどです。スノーピーク 焼アミ Pro.Lは、ダッチオーブンも置いて料理することも可能なサイズとなっているのも魅力です。

気になるスノーピーク 焼アミ Pro.Lの価格は、6,000円ちょっとで通販にて販売しています。素材は、スチールクロームメッキで出来ています。スノーピークの焚火台Lサイズとスノーピーク 焼アミ Pro.Lがあれば、余裕あるアウトドア料理に期待が出来るでしょう。

キャンプギアとはなに?おすすめ・おしゃれな便利グッズの定番を紹介 | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク グリルブリッジM】

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑨

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑨は、スノーピーク グリルブリッジMです。スノーピークの焚火台のオプションギアとして用意しておきたいのが、スノーピーク グリルブリッジMです。

スノーピーク グリルブリッジMは、焚火台を使用してアウトドアで料理をする際の火力コントロールにもひと役買ってくれるアイテムとなるでしょう。スノーピーク グリルブリッジMは、高さ調整が可能なため、火力コントロールにもあると便利なアイテムです。素材は、ステンレス製となっています。

スノーピーク グリルブリッジMのサイズは、385mm×249mm×130mmで、重量は1.1kgとなっています。気になるスノーピーク グリルブリッジMの価格は、5,200円ほどで通販にて販売しています。

ソロキャンプは料理もこだわる!簡単美味しいレシピやおすすめ道具を紹介 | MensModern[メンズモダン]

【スノーピーク グリルブリッジL】

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑩

スノーピークの焚火台と合わせておすすめのアイテム⑩は、スノーピーク グリルブリッジLです。スノーピーク グリルブリッジLは、スノーピークの焚火台Lサイズに最適なグリルブリッジになります。

グループキャンプをする時にも、スノーピーク グリルブリッジLがあればアウトドア料理もみんなで楽しめるでしょう。スノーピーク グリルブリッジLのサイズは、445mm×445mm×149mmとなっていて、重量は1.7kgほどです。素材は、ステンレス製です。

気になるスノーピーク グリルブリッジLの価格は、5,900円ほどで通販にて販売しています。スノーピーク グリルブリッジLもMサイズと同じく高さコントロールが可能なので、アウトドア料理を焚火台使用でする際の火力調整にも最適です。ちなみに、高さは3段階まで調整が可能となっています。

キャンプで便利なおすすめバーナー比較!人気メーカーの特徴と選び方まとめ | MensModern[メンズモダン]

スノーピークの焚火台で楽しいキャンプタイム

スノーピークの焚火台は、サイズもSサイズ~Lサイズまで3種類あり、手入れも簡単で、キャンプをする人数や料理などをする際の状況などを考えつつ選べるアウトドアに欠かせないキャンプギアの1つとなるでしょう。

スノーピークの焚火台と合わせて、オプションギアも揃えることで使用範囲も広がる魅力があります。是非この機会に、スノーピークの焚火台に興味あるかたは、チェックしてみてはいかがでしょうか。暖かい焚火台を囲み、素敵なアウトドア料理をみんなで楽しく美味しく堪能できること願っております。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ