灯油ランタンのおすすめ5選!静かで扱いやすい特徴と魅力について紹介

灯油ランタンは、キャンプの雰囲気づくりの明るさを灯すのに最適で、暖かいのも特徴です。コールマンなど人気アウトドアブランドからも灯油ランタンは、多く人気商品が販売されています。そんな灯油ランタンの魅力や人気商品をご紹介していきます。

灯油ランタンのおすすめ5選!静かで扱いやすい特徴と魅力について紹介

目次

  1. キャンプの雰囲気を極める灯油ランタン
  2. 「ゆったりまったりモードに導く明るさ」
  3. 「暖房代わりにもなる期待」
  4. 「コスパに優れている」
  5. 自作の灯油ランタンも簡単にできる!?
  6. 【フュアーハンド社 ハリケーンランタン】
  7. 【デイツ ハリケーンランタン30】
  8. 【ペトロマックス HK500】
  9. 【コールマン ケロシンランタン】
  10. 【コールマン ワンマントルランタン】
  11. 灯油ランタンでポカポカなくつろげるアウトドア空間

キャンプの雰囲気を極める灯油ランタン

キャンプの雰囲気を極めると言っても過言じゃない灯油ランタンは、コールマンを始めとする、多くのアウトドアブランドから発売されていて注目されています。自作で灯油ランタンを作ってしまうキャンパーもいるほど、灯油ランタンはキャンプにマストアイテムと言われるギアの1つでもあります。

灯油ランタンには、フュアーハンドタイプと圧力タイプの2種類があり、フュアーハンドタイプは、ハリケーンランタンとも呼ばれており、使い方も簡単でご愛用者も多いです。圧力タイプの灯油ランタンは、少し使い方が難しいというかたもいらっしゃり、燃料に圧力をかけてから点火するタイプになります。

フュアーハンドタイプの灯油ランタンの使い方ポイント

基本的な灯油ランタンの使い方ポイントも知っておくことで、いざキャンプで灯油ランタンを使用するときに便利です。ここでは、ご愛用者が多い、フュアーハンドタイプの灯油ランタンの使い方に視点をおいていきましょう。

灯油ランタンの燃料は、灯油を使用します。灯油を挿入する際のスポイドを予め準備しておくと、燃料を入れるのにも楽に出来ると言われています。

灯油ランタンに、燃料を入れたら、灯油ランタンの芯の部分に灯油が染み込むのを待ちます。通常30分ほどで染み込むと言われています。灯油ランタンの芯に、灯油が染み込んだのを確認したら、点火して完了となっています。

ハリケーンランタンのおすすめランキング12選!キャンプに◎安全&暖かい | MensModern[メンズモダン]

「ゆったりまったりモードに導く明るさ」

灯油ランタンの特徴と魅力①

灯油ランタンの特徴と魅力①は、ゆったりまったりモードに導いてくれる明るさです。灯油ランタンの明るさは、電球の明るさに似ていると言われています。丁度いい雰囲気をかもしだしてくれる、リラックスモードになれる明るさを演出できるでしょう。

アウトドアでのディナーを楽しむ際にも、テーブルの上に灯油ランタンを置いて、雰囲気のいい明るさでディナーも更に美味しさが増すかもしれません。灯油ランタンをテーブル用のランタンとして使用するかたも多いようです。

灯油ランタンでも、圧力タイプの灯油ランタンだと、100ワットほどあるものが多いため、キャンプをしている場所の全体的な明かりに使うのがベストと言われています。こうして、灯油ランタンの使い方も種類に寄ってわけることで、更にアウトドアの雰囲気もグッと魅力的になるでしょう。

ランタンのおすすめ15選!キャンプで人気のマストアイテムの選び方 | MensModern[メンズモダン]

「暖房代わりにもなる期待」

灯油ランタンの特徴と魅力②

灯油ランタンの特徴と魅力②は、暖房代わりにもなる期待ができるところです。テント内での灯油ランタンの使用は避けたいですが、外で夜もゆったりしたいときに、灯油ランタンを使うことで、外で夜空を見上げながら、暖房代わりに灯油ランタンを使うことでくつろげるでしょう。

注意しなければいけない点は、暖房代わりに灯油ランタンをテント内や寝る前などに使おうとしてしまうかたも少なくないようですが、換気や苦しくなったりしてしまう可能性もあるため、基本テント内での灯油ランタン使用はNGと考えておいたほうがいいでしょう。

薪ストーブでキャンプの秋冬シーズンを暖かく!おすすめ5選と使い方紹介 | MensModern[メンズモダン]

「コスパに優れている」

灯油ランタンの特徴と魅力③

灯油ランタンの特徴と魅力③は、コスパに優れているところです。灯油ランタンは、ガソリンタイプのランタンよりも、燃焼時間も長いと言われています。

給油回数のことなどを考えると、灯油ランタンのほうが、給油回数も少なく80パーセントほど灯油を入れておけば、7時間ほど持つため、長時間明るい状態をキープしたい際にも灯油ランタンは大活躍してくれるでしょう。

ハロウィンのかぼちゃランタンの作り方!使用する種類や由来も紹介 | MensModern[メンズモダン]

自作の灯油ランタンも簡単にできる!?

灯油ランタンは、人気アウトドアブランドから発売されているものが人気ですが、こだわりのあるキャンパーは、自作の灯油ランタンを持参するというかたも増えているようです。自宅で簡単に自作できる灯油ランタンの作り方も簡単と言われています。

用意する材料は、蓋が付いているアルミ缶を2つとデニムの生地を適量、そして、灯油があれば自作の灯油ランタンが出来てしまうようです。自作の灯油ランタンの作り方は、まず1つのアルミ缶で1cm×3cmサイズのアルミ板を2枚作ります。

その後に、アルミ缶の蓋に穴を開けます。穴のサイズは、最初に作ったアルミ板2枚とデニム生地が入る程度が目安となっています。そして、アルミ板とデニム生地をアルミ缶の蓋に通したら、もう1つのアルミ缶に接続します。その接続したアルミ缶に燃料である灯油を挿入すれば、自作の灯油ランタンの出来上がりとなります。

いつもとは違う、冒険心で灯油ランタンを作ってみたいというかたもいらっしゃるようです。ただし、自作の灯油ランタンのため、安全面などは、しっかり責任を持つ必要があるようなので、自作の灯油ランタンを使用する際には、注意しながら使用しましょう。

キャンプ用ランタンのおすすめ特集!初心者向けの選び方・使い方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

【フュアーハンド社 ハリケーンランタン】

おすすめの灯油ランタン①

おすすめの灯油ランタン①は、フュアーハンド社 ハリケーンランタンです。フュアーハンド社 ハリケーンランタンは、ドイツ生まれの100年以上の歴史を持つフィアーハンド社の人気灯油ランタンです。

彼女とカップルでキャンプに行くときでも、女性も持ちやすい灯油ランタンなので使えるランタンとなるでしょう。

フュアーハンド社 ハリケーンランタンは、カラーバリエーションも豊富で、定番のシルバーを始め、ブラック、レッド、ブルー、パステルイエロー、キャメル、ハバナ、アーミーグリーンなど、アースカラーシリーズも含め、様々な色から選べるのもフュアーハンド社 ハリケーンランタンが人気の理由となっているようです。

気になるフュアーハンド社 ハリケーンランタンの価格は、3,800円ほどで通販にて販売しているようです。燃料タンクの容量は、340ml対応となっています。明るさは、7CPとなっています。

キャンドルランタンのおすすめは?アウトドアやキャンプの人気アイテム特集 | MensModern[メンズモダン]

【デイツ ハリケーンランタン30】

おすすめの灯油ランタン②

おすすめの灯油ランタン②は、デイツ ハリケーンランタン30です。アメリカ生まれのデイツから販売されている人気灯油ランタンで、キャンプをしている区画を全体的に照らしたい場合におすすめの灯油ランタンになります。

デイツ ハリケーンランタン30の明るさは、30cpで、長時間灯油ランタンを使用したい際にも活躍してくれる灯油ランタンとなるでしょう。デイツ ハリケーンランタン30の燃料タンク容量は、510ml対応で、燃焼時間は23時間となっています。

デイツ ハリケーンランタン30は、キャンプだけではなく、防災器具としても用意しておくと便利と言われています。気になるデイツ ハリケーンランタン30の価格は、3,200円ほどで通販にて販売しているようです。

ランタンLEDタイプのおすすめ紹介!エコ&スマートなキャンプの灯とは? | MensModern[メンズモダン]

【ペトロマックス HK500】

おすすめの灯油ランタン③

おすすめの灯油ランタン③は、ペトロマックス HK500です。ペトロマックス HK500は、デザイン性にも優れていて、ドイツ生まれの老舗ブランドペトロマックスの人気商品です。

ペトロマックス HK500は、キャンパー初心者よりもキャンプなどアウトドアに慣れているかたにおすすめの、圧力タイプの灯油ランタンになります。ペトロマックス HK500の明るさは、500cpで明るさが強いので、メインランタンとして使用するのにおすすめされています。

ペトロマックス HK500の燃焼時間は、8時間で、燃料タンク容量は、1リットルとなっています。気になるペトロマックス HK500の価格は、25,000円前後で通販にて販売していて人気です。

ガソリンランタンの正しい使い方紹介!仕組みや手入れ方法などまとめ | MensModern[メンズモダン]

【コールマン ケロシンランタン】

おすすめの灯油ランタン④

おすすめの灯油ランタン④は、コールマン ケロシンランタンです。コールマンの灯油ランタンは、ネットでも話題になっていて並行輸入して手に入れるかたも多いコールマン ケロシンランタンは、人気の灯油ランタンの1つです。

コールマン ケロシンランタンは、キャンプ初心者にもおすすめの使い方が簡単で、取り扱いやすいのも人気の理由となっているでしょう。コールマン ケロシンランタンの明るさは、62cpとなっています。

コールマン ケロシンランタンの燃料タンク容量は、1リットルとなっていて、燃焼時間は5.75時間です。気になるコールマン ケロシンランタンの価格は、参考価格は21,384円となっていますが、通販サイトのショップに寄っては、13,000円ほどで販売しているショップもあるようです。

コールマンのランタンの魅力とは?充実した機能と選ぶ際のポイントを紹介 | MensModern[メンズモダン]

【コールマン ワンマントルランタン】

おすすめの灯油ランタン⑤

おすすめの灯油ランタン⑤は、コールマン ワンマントルランタンです。コールマン ワンマントルランタンは、コールマン ワンマントルランタンは、インスタなどでもよく見かけるというかたも多い、おしゃれでレトロな感じもたまらないとキャンパー達から愛される人気灯油ランタンです。

コールマンの公式オンラインショップにて、13,824円(税込み)にて販売しています。2010年には、ロングライフデザイン賞も受賞しているため、デザインにこだわりのある灯油ランタンと言っても過言じゃないでしょう。

コールマン ワンマントルランタンには、プラスチックケースも付属されていて、燃焼時間は、最大15時間までと言われています。明るさは、200cpとなっていて明るいです。

冬のキャンプに、コールマン ワンマントルランタンを使用するかたも多いですが、1年を通して使える灯油ランタンとしてもキャンパー達から人気を集めている灯油ランタンです。

キャンプ初心者のお役立ち情報!必要な道具や場所の選び方など徹底解説 | MensModern[メンズモダン]

灯油ランタンでポカポカなくつろげるアウトドア空間

灯油ランタンは、キャンプの雰囲気づくりや気温が下がる夜のキャンプにも心も体も温まるキャンプギアです。キャンパー初心者から慣れているキャンパーまで、灯油ランタンは快適なアウトドアを楽しむために必須アイテムとなっているようです。

コールマンを始め人気アウトドアブランドの灯油ランタンもあれば、自作などで灯油ランタンを作るかたもいらっしゃるようで、灯油ランタンはキャンプの良きパートナー的存在になってきている時代。是非この機会に、お気に入りの灯油ランタンとの出会いがあることを願っております。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ