iPhoneはアプリやネットで調べものしたりすると充電がどんどん減っていきます。そこでバッテリーは問題ないのか診断しておくことで交換時期を知る事が出来ます。ここではiPhoneのバッテリーが問題なく使用出来るか調べられるバッテリー診断をしてみましょう。

iPhoneのバッテリー診断方法!おすすめの公式アプリ・やり方を紹介

目次

  1. iPhoneのバッテリー診断方法が知りたい
  2. iPhoneの普及
  3. iPhoneのバッテリー交換
  4. iPhoneバッテリー劣化での性能低下
  5. バッテリーの診断をしてみよう
  6. iPhoneバッテリーの簡単な診断方法 「アプリ」
  7. iPhoneバッテリー診断 公式アプリ「app サポート」
  8. iPhoneバッテリー診断アプリ 「Battery Life」
  9. iPhoneバッテリー診断アプリ 「Battery Life for iPhone」
  10. iPhoneバッテリー診断アプリ 「Battery Care」
  11. iPhoneバッテリー診断アプリ 「長持ちバッテリー&通信料チェッカーiPhone」
  12. iPhoneバッテリー診断アプリ 「サクサクチェッカーfor iPhone」
  13. iPhoneバッテリー診断アプリ 「バッテリードクター」
  14. iPhoneバッテリー診断アプリ(有料) バッテリーHD Pro
  15. 今すぐ診断 iPhone 6 Plus
  16. iPhoneユーザーへお勧め モバイルバッテリー
  17. iPhoneのバッテリーチェックはコマめに行おう!

iPhoneのバッテリー診断方法が知りたい

iPhoneを長く使い続けると、どうしても直面する問題なのが「バッテリー消耗」です。今回はそのiPhoneのバッテリー診断の方法についてまとめてみました。iPhoneをiPhoneとして100%の性能で使う為には、何よりもバッテリー性能が重要となります。iPhoneのバッテリー性能の低下はiPhone自体の性能の低下に直結する為、避けては通れないポイントなのです。

スマホバッテリーの交換費用まとめ!劣化を抑えて長持ちさせる方法とは? | MensModern[メンズモダン]

iPhoneの普及

スマートフォンが広まり今ではiPhoneを使用している人がとても増えてきています。見た目がとてもシンプルでボタン操作があまりないのが特徴です。iPhoneは機種変更やキャリア変更をしても見た目もボタンの数も変わらないのが特徴になります。初期から統一されているデザインのままなので、使用方法が変わらないので扱いやすいのがおすすめポイントです。

また、androidになると各キャリアごとに自由に作られるのでボタンの配置や操作性が変わってくることもあります。これにより機種変更をすると慣れるまで時間がかかるというデメリットが出てきます。アプリの質や種類も変わってくるのでandroidよりも使用方法が変わらないiPhoneを好む方が増えているという事になります。

iPhoneの持つ「おしゃれ」なイメージも日本でiPhoneが普及する要素の一つです。iPhoneを初めとするApple製品はなんとなくおしゃれっぽいとかインテリっぽいという良いイメージがあるので、そこが支持されているという事です。また日本ではiPhoneを安く購入する事が出来るのもiPhoneが普及している要因の一つです。

iPhoneは10万円前後の高級品ですので、普通に考えれば誰でも購入出来る代物ではありません。しかし日本の場合iPhoneを売る為の様々な割引やサポートが設定されているので、場合によってandroid端末よりもiPhoneの方が安く購入できるのです。他国ではこういったサポートはないのでiPhoneは高嶺の花。日本でiPhoneが普及している要因にはこの様なポイントがあるのです。

どうしてバッテリーの消耗が早いのか?

iPhoneのバッテリーは使用している時間や設定している内容によっても変わってきます。明るい所でも画面のライトを全灯にしていたり、Appの使用が多いと減りやすいとされています。また充電を頻繁に繰り返しているだけでもバッテリーが消耗してきます。iPhoneの充電を長持ちできるように設定を変更しておくといいです。

iPhoneはバッテリーを交換していけば性能低下を防いでいくことができます。iPhoneの性能が低下してしまうのはバッテリーが80パーセント未満になると劣化し始めるとAppleでは言っています。また、iPhoneはフル充電を500回以上繰り返し行うことでバッテリーが80パーセントになっていくとも言っています。

iPhoneのバッテリー交換

あまりiPhoneに触らない方だと2日~3日持つ方がいます。仕事で使用していたり、空き時間に使用するとどうしても充電が減り半日持たないで充電がなくなる方もいます。大体の方が一日持たなくて悩んでいることだと思います。どうしても駄目だと感じたらバッテリー交換を検討してみましょう。

iPhoneのバッテリーは自分自身で交換する事が出来ます。バッテリー交換キットを入手すると新しいバッテリーと一緒に必要な工具も付いてきます。ただし、手順や外すものが多いので意外と大変です。専門のショップに持っていき交換して貰うか、修理依頼するかのどちらかの方が安心して交換できます。ただ、当日中に交換完了できないこともあり、数日かかってしまうこともあります。

iPhoneのバッテリーの交換金額

iPhoneを検査して、不良個所がバッテリーか電源側なのかをまずは判断してもらいます。その診断により支払う金額が変わってきます。iPhone 6以降のモデルはバッテリーだけなら3200円と、2018年1月10日にAppleがバッテリーサービスの料金改定を発表しました。今までよりも価格が安くなっていますが2018年12月31日までの期間限定だそうです。また、保証対象の物であれば0円になることもあります。

iPhone6sは電源が落ちる不具合多発?!無償交換は可能? | MensModern[メンズモダン]

iPhoneバッテリー劣化での性能低下

「iPhoneはユーザーに長く愛して使用してもらうため」という事で、バッテリーによる意図的な性能の低下をAppleは認めています。劣化して充電能力が弱くなってしまうと強制的にシャットダウンになってしまうこともあり、改善するために2017年1月にアップデートを行い改善をしています。ただし、強制シャットダウンがなくなっただけで安心できるわけではありません。

充電の減りが早い、充電量を表すパーセンテージが明らかにおかしいなどは体験されてる方は多いですが、一番怖い症状が「バッテリー部分の膨張」です。知らないうちにバッテリーが膨張してiPhoneに隙間が出来ていることがあります。ぞしかしたら爆発する恐れもありますし、下手したらデータが飛んでしまうことも考えられます。

iPhoneバッテリー診断の重要性①

iPhoneのバッテリーは使用頻度や使用方法で変わってくることは上記でお話ししましたが、急に使用不可になってしまうと誰とも連絡を取ることもできず、必要な情報を得ることすらできなくなります。急だとバッテリー交換に行くこともできず、数日・数週間使用できないという事もありえます。

iPhoneバッテリー診断の重要性②

バッテリーの交換を希望してショップやAppleにお願いをしに行ってもバッテリー交換を断られるケースもあります。「充電の消耗が激しいからバッテリー交換すれば治る」と思ってお願いしても、バッテリーの性能が80パーセントを下回っていないと交換をしてもらう事が出来ません。ですから事前にしっかりとバッテリーの診断を行い把握しておくことが重要なのです。

バッテリーの診断をしてみよう

ただ使っているだけではなくこまめに確認できることによって、寿命を長持ちさせる事ができます。iPhoneも精密な機械なので、診断をして異常がないかのチェックをすることで少しでも長く充電が持ち、使用するのも快適になります。

iPhoneバッテリーの簡単な診断方法 「アプリ」

バッテリー診断にはいろいろな「アプリ」があります。いくつもあるアプリの中から自分にぴったりのアプリを見つけて活用していきたいところです。しかし、「簡単な方法で調べたい」「どれがおすすめなのか分からない」など出てきますよね?いくつかのアプリを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

iPhoneバッテリー診断 公式アプリ「app サポート」

バッテリーの確認方法の一つiPhone公式アプリの「Appleサポート」です。入手方法はApp storeからインストールが可能です。このアプリはバッテリーの診断を実行してサポートに問い合わせるという流れのアプリです。診断結果はその場で分かるわけではないので、すぐに知りたい方にはおすすめではありません。

iPhoneバッテリー診断アプリ 「Battery Life」

バッテリーライフはアプリをダウンロード後、iPhoneにインストールしたのちアプリを起動することで診断が始まります。ここでわかるのは、バッテリーがどれほど消耗しているか、劣化具合をドーナツ状のグラフと、数値で表示してくれます。他にも予想稼働時間や、現在の充電量、調べた履歴などを見ることができます。レビュー評価も高く使用している人は多くいるのでおすすめのアプリです。

iPhoneバッテリー診断アプリ 「Battery Life for iPhone」

バッテリーライフという名前のアプリはいくつか存在しています。ここではBattery Life for iPhoneのご紹介。上記のBattery Lifeとは違い数字と電池マークで消耗度がパッと理解しやすい使用になっています。どのアプリケーションにどれだけ使用しているかも確認ができ、通信料の表示も見る事が出来ます。ストレージの管理も可能なのでおすすめのアプリです。

iPhoneバッテリー診断アプリ 「Battery Care」

バッテリーケアはとってもシンプルに仕上がっていて、インストールした後にアプリを起動するだけで分かり易く確認する事が出来ます。Battery Life等に比べるとレビュー評価は低いですが一目で分かるようになっているのでバッテリー診断アプリの中では、一番見やすいアプリかもしれません。

iPhoneバッテリー診断アプリ 「長持ちバッテリー&通信料チェッカーiPhone」

このアプリは使用方法がとてもシンプルでレビュー評価もとても高いです。インストールしてワンタッチするだけ。月の使用量や3日前くらいまでのデータ通信料も一目で分かるようになります。Lineを頻繁に使用する人、YOUTUBEをたくさん見る人にはぜひおすすめのアプリです。

iPhoneバッテリー診断アプリ 「サクサクチェッカーfor iPhone」

このアプリはレビュー評価が高いだけでなく悪いレビューも非常に少ないアプリです。通信速度もバッテリー確認と一緒に出来るのは他のアプリと同じですが、なんと、契約プランに合わせてデータ使用量の通知が送られてくる方法を採用しているアプリです。また、iPhoneに関する知識を深められる「裏ワザ」特集も完備。これぞまさに一石二鳥なアプリでおすすめです。

iPhoneバッテリー診断アプリ 「バッテリードクター」

バッテリードクターは見た目が少しオシャレになっていて正確な使用時間が確認できるアプリです。GPSやWi-Fi、明るさも一つの画面で確認が取れて、デバイスをオフにしておける時間なども延長する事が出来るようになっています。他のアプリに比べると出来ることが多く、充電のログなども残っていて「充電の習慣管理」などができたり、iPhoneのメモリ容量なども把握できるようになっています。

また、充電の量によって「こうしていきましょう」「こうするとより良いですよ」などの充電に関する方法などのアドバイスも見る事ができます。

iPhoneバッテリー診断アプリ(有料) バッテリーHD Pro

バッテリーHD Proは上記で紹介してきたアプリとは違い「有料」のアプリになります。もちろん有料のアプリを購入しなくても診断はできますが、このバッテリーHD ProはAppleウォッチとも連動できるようになっていて、より事細かく知る事ができるようになっています

また、自分好みに見やすいカラーに変更したりチャート図での確認も可能になっています。「音楽を聴くには何時間使用できる」「電話の使用はこのくらいです」といった事も確認が出来るので有料のアプリではありますが、頼もしいアプリとも言えます。

今すぐ診断 iPhone 6 Plus

iPhone 6 Plusを現在も使用している人は出来るだけ早いうちに診断をしておくことをおすすめします。1月11日にAppleの情報で、iPhone 6 Plus用のバッテリー在庫が不足となり3月下旬から4月下旬になるという見込みになっています。現状で交換が必要な人や不足中に交換必要になると、納品待ちでどんどん遅れる可能性もありますので早めの診断をおすすめします。

iPhoneバッテリー長持ちさせるには

バッテリーの長持ちをさせる方法はいろいろあります。設定で画面の明るさを落とし、「明るさの自動調整」機能をオフにしておくと節電になります。一日中iPhoneを使用していると使用時間が多ければ消耗は激しくなります。

また、Bluetooth機能も使用していない時でも使用している状態になってしまうので、使わない時にはオフにすることをおすすめします。Wi-Fiの機能も同じで、繋げていない時でも無線LANを探して自動的に繋がろうとします。

探しているだけで充電が減りますので使わない時はオフにしておきましょう。さらに、現在使用していないアプリなどがあれば消しておくと電池の長持ちが少し良くなります。通知の受け取りも必要ないものはオフにしたり、Siriを使用しない人はオフにするなどします。要するに、使用していないアプリや機能をオフにすることが大切です。

iPhoneユーザーへお勧め モバイルバッテリー

もし外出中に充電がなくなってしまった場合、コンセントやパソコンがないと充電できません。仕事ならパソコンは持ってることもあり得ますが、旅行の場合は基本的にはないですよね。そんなときに役立つのがモバイルバッテリーです。持ち運びも楽で、いざという時にiPhoneに繋げれば溜まっている電力で充電する事が可能です。

モバイルバッテリーを充電して充電ケーブルと一緒に持ち歩いていれば使用する時に繋げるだけ。これもいろいろなデザインや容量、形があるので、自分の好みのモバイルバッテリーを用意しておきましょう。

iPhoneの新しいバッテリー「スマートバッテリーケース」

こちらは最近使用している人が増えてきています。モバイルバッテリーに近いですが、iPhoneのケースとしても使用でき、ケースの下部にライトニングコネクタが付いていて背面がバッテリーになっています。iPhoneを使用しつつ、バッテリーに溜まっている充電残量がある限り自動的に充電をしてくれます。また、ケースとして使用も出来るので一石二鳥なアイテムです。

スマートバッテリーケースの残量はセットしてあるiPhoneで確認が可能になっており、「ロック画面」や「今日の表示」などで見る事ができます。また、iPhoneが充電されない時もあり、iOSが最新になっていないといけないという欠点がありますので、使用の前にはしっかりと確認して使用してください。

金額は少し高めでApple純正品は税別で10,800円です。お使いの端末モデルに合うものを選んで使用してください。ただし、iPhone 8とiPhone X用は現在出ていないとのことです。純正でなければ価格も安価で販売されていたりします。

持ち運びタイプの充電器おすすめは?Android・iPhone別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

iPhoneのバッテリーチェックはコマめに行おう!

iPhoneは生活の中で今では欠かせない物となってきています。Apple社がバッテリーの劣化を認めて問題にもなり賛否両論ありました。しかし、iPhoneが誕生してから10年が経ち、その10年でどんどん進化をし続けて私たちの生活をサポートしてくれています。

バッテリーは消耗品です。もちろん使用していればどんな機械だって故障や劣化が始まります。iPhoneだけではないのです。使えなくなって焦るよりも事前に情報収集をしておく事がやはり大切です。バッテリー診断をして「もしも」の時に備える。診断することによって改善されることもありますので、まずは一度、お好きなバッテリー診断のアプリをインストールして診断をしてみてください。

折角のiPhoneがiPhoneとして100%の性能を発揮できないのは実に勿体ない事です。その為にもiPhoneのバッテリーチェックはコマめに行い、iPhoneの状態を把握しておく必要があります。もし自身のiPhoneのバッテリーが消耗していたら交換するもよし、新しいiPhoneにするもよし。何にせよ末永くiPhoneと付き合っていけるよう、やれることはしっかりと行いましょう。

iPadのバッテリーを交換する方法は?寿命の目安・長持ちさせるポイント | MensModern[メンズモダン]

評価 4.5/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ