ユニフレームのフィールドラックが欲しくなる!満足度が高い理由とは?

キャンプグッズで便利と感じるものの代表的なものと言えば、フィールドラックです。各アウトドアメーカーがフィールドラックを販売していますが、中でもおすすめのメーカーといえば、ユニフレームです。ユニフレームのフィールドラックがおすすめの理由をご紹介します。

ユニフレームのフィールドラックが欲しくなる!満足度が高い理由とは?

目次

  1. ユニフレームのフィールドラックが欲しくなる理由をご紹介
  2. ユニフレームのフィールドラックとはどんなアイテム?
  3. ユニフレームのフィールドラックが優れている点は?
  4. ユニフレームのフィールドラックの使い方は?
  5. ユニフレームのフィールドラックが人気の理由
  6. ユニフレームのフィールドラックは様々な役割を担う
  7. ユニフレームのフィールドラックの使い方①30kgまで耐えられるラック
  8. ユニフレームのフィールドラックの使い方②簡易テーブル
  9. ユニフレームのフィールドラックは天板とセットで購入しよう
  10. ユニフレームのフィールドラックの天板は自作することも可能
  11. ユニフレームのフィールドラックの上手な収納方法は?
  12. ユニフレームのフィールドラックは超有能グッズ
  13. ユニフレームのフィールドラックは何個も欲しくなるアイテム
  14. ユニフレームのフィールドラックで快適なアウトドアライフを!
  15. ユニフレームのフィールドラックを欲しくなるまとめ

ユニフレームのフィールドラックが欲しくなる理由をご紹介

キャンプや車中泊といったアウトドアの際に欠かせないアイテムと言えば、何を想像するでしょうか?テント?寝袋?こういったアイテムは当然必須の物だと言えます。基本的には、衣食住に関するアウトドアグッズを充実させて、その他のアイテムは節約したいと思う人がほとんどでしょう。

しかし、アウトドアをしていると、「無くてもいいけどあったら重宝するアイテム」というものがたくさん存在します。その中の代表的なものが、フィールドラックではないでしょうか。フィールドラックは、1つあると様々な用途で利用することが可能な便利アイテムで、本格的にアウトドアをやろうと思う人ほど重宝するアイテムだと言えるでしょう。

そのフィールドラックの中でも、一番のおすすめは、ユニフレームのフィールドラックです。ユーザーからの評価がとても高い、このユニフレームのフィールドラック。人気の秘密を調べてみました。

ノースイーグルは商品もコスパも魅力的!人気のアウトドアアイテムを紹介 | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックとはどんなアイテム?

アウトドア用品メーカーとして、「キャンパー目線の便利グッズ」を取り扱っているユニフレーム。「ユニークな炎を創造する」という理念を掲げているユニフレームでは、アウトドアの楽しさを引き出してくれるグッズを開発しており、フィールドラックもその中の1つだと言えるでしょう。

フィールドラックとは、その名の通り、外で使う棚のことで、地面に置いて汚れたら嫌なものを置いたり、地面が濡れている場合には、焚き火用の薪を濡れないように置いたりと、様々な用途で利用することのできる、便利アイテムがフィールドラックです。

ユニフレームのおすすめ製品10選!キャンプビギナー必見の品を紹介! | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックが優れている点は?

数あるアウトドアメーカーの中でも、ユニフレームのフィールドラックが優れている部分はいったいどんなところなのでしょうか。ユニフレームのフィールドラックが優れている部分は主に2つ挙げられます。1つ目は、収納がとっても楽ということです。ユニフレームのフィールドラックは、収納時の厚さがわずか1cmとなっており、持ち運びにとても便利なグッズだと言えるでしょう。

アウトドアでは、現地での快適な生活を考えると、どうしても荷物が多くなってしまいます。車で移動する場合でも、収納方法を考えないと物が乗らない!なんていうことも多々あるでしょう。ユニフレームのフィールドラックならば、畳んでしまえば収納は楽チンなので、準備や片付けも気になりません。

2つ目は、ユニフレームのフィールドラックは、フィールドラック同士を最大4つ、繋げられるという部分です。一般的なフィールドラックのイメージは、1つで棚が2段から3段となっています。その方が収納力が高いことは間違い無いのですが、持ち運びの時の収納では、どうしてもかさばってしまいます。

ユニフレームのフィールドラックなら、1つ1つが独立しているので複数持っていれば別の場所でそれぞれ使うことも、連結させて棚にすることも可能です。1つだけでも便利ですが、複数持っている用途が広がるのが、ユニフレームのフィールドラックが優れている点だと言えるでしょう。

アウトドア用食器セットのおすすめは?収納しやすい・おしゃれな商品まとめ | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックの使い方は?

ユニフレームのフィールドラックの使い方は、とっても簡単です。単純に足を折ったり伸ばしたりするだけで使うことができます。収納力が高く、使い方も簡単なのでユニフレームのフィールドラックは、誰でも簡単に取り扱いが可能です。

また、フィールドラックは、単純な面積も広いのでクーラーボックスを置いたり、薪を置くような使い方から設営前のテントなどを置いておくことも可能です。ユニフレームのフィールドラックは、色々な使い方が考えられるので、高い収納力を生かした使い方はもちろん、自分なりのオリジナルの使い方を探すのも楽しみの1つです。

アウトドアにおすすめのストーブランキング!寒い冬キャンプもぽかぽかに | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックが人気の理由

ユニフレームのフィールドラックは利用者からとっても高い人気を誇っています。なぜ、ここまでユニフレームのフィールドラックの人気が高いのか調べてみると、3つの理由が挙げられました。1つ目は、価格が安いということです。ユニフレームのフィールドラックは、¥3,900(税込)と、とても安く、複数個持つことを考えても比較的予算をかけずに入手することができます。

2つ目はコストパフォーマンスが高いことです。1つ目と関連するのですが、価格の割に頑丈で長年使うことができるという点です。耐久性が高いので、中には10年ぐらい使っているという人もいるくらい、コストパフォーマンスに優れると言えるでしょう。

3つ目は、使い方の多様さです。基本的なラックとしての使い方はもちろん、そのほかにも色々な使い方ができるように、ユニフレームが考えてくれた上で設計されているので、誰でも簡単に色々な使い方をすることができます。ユニフレームのフィールドラックはこのような理由から高い人気を誇っているのだと言えるでしょう。

アウトドアの趣味おすすめ一覧!定番からマニアックまで始め方など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックは様々な役割を担う

ユニフレームのフィールドラックの特徴として、単純なラックとしての使い方はもちろん、それ以外にも色々な使い方ができるのが嬉しいポイントです。ユニフレームのフィールドラックの使い方の一部をご紹介します。色々な使い方をマスターすることで、よりフィールドラックの可能性が広がります。

アウトドア用キャリーカートおすすめ特集!便利な折りたたみ式など人気は? | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックの使い方①30kgまで耐えられるラック

フィールドラックの最大の特徴は、重さ30kgまで耐えられる強度です。焚き火を行う場合は、薪を地面に置くと湿ってしまう場合がありますが、フィールドラックに積んで置けばその心配もありません。30kgまで耐えられるので、壊れる心配もなく、相当量の薪をストックして置くことも可能です。

アウトドアのおすすめ便利グッズ特集!家でも使えてプレゼントにも最適? | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックの使い方②簡易テーブル

フィールドラックを応用した使い方としてメジャーなものと言えば、簡易的なテーブルとしての使い方です。フィールドラックを2段並べて、上に天板を置けばテーブルとしても利用することが可能です。当然、30kgまで耐えられるので、重たい鍋などもそのまま置くことも可能です。簡易テーブルとしてフィールドラックを使う方は、かなり多いと言えるでしょう。

一人キャンプおすすめのアイテム50選!初心者でも一人で楽しむアウトドア | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックは天板とセットで購入しよう

ユニフレームのフィールドラックを有効活用したいのであれば、フィールドラックとは別売りの天板とセットで購入することをおすすめします。ステンレスの天板は¥2,800(税込)、ウッドの天板は¥3,800(税込)とフィールドラックと同等の価格となっているので少し高い気がします。

ただし、天板は絶対に持っておいた方が良いアイテムだと言えるので、1つは購入することをおすすめします。ウッドの天板の方が見た目はオシャレですが、熱い鍋なども置けるという点では、ステンレスの天板の方が使い勝手は良いといえます。どちらの天板を選ぶかは好みなので、自分のスタイルにあった天板を選ぶと良いでしょう。

アウトドアテーブルで人気なのは?キャンプ以外でもおしゃれな使い方がある! | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックの天板は自作することも可能

ユニフレームから発売されている、フィールドラック用の天板は価格が意外と高いのでなかなか購入することに躊躇ってしまう人も多いはず。そんな人におすすめなのは、フィールドラックの天板を自作することをおすすめします。天板を自作するというのは難しく感じるかもしれませんが、実は意外と簡単に自作することが可能です。

ユニフレームのウッドの天板は、シナベニヤ合板という素材で作られています。これは、厚さや大きさにもよりますがユニフレームのウッド天板と同じかそれ以下の金額で、2枚以上作ることができる大きさのシナベニヤ合板が、ホームセンターなどで手に入ります。

DIYが得意な人ならば、シナベニヤ合板を切って整えるだけなので、オリジナルの天板をたくさん自作することが可能です。天板にかける予算を抑えたいという人は、自作すると良いでしょう。自作のポイントは、フィールドラックよりも少し大きめにカットすることです。

大きめにカットした後に角を削って自作すると、とても自作とは思えない完成度の天板を作ることができるでしょう。また、天板に色を塗ったり、焦げ目をつけてみたりと、自分なりのおしゃれな自作天板を作成することが可能です。純正の物よりも自作したものの方が思い切ってアレンジもできるので、ぜひ自作にチャレンジしてみましょう。

アウトドア料理に挑戦したい!簡単な作り方やレシピをご紹介! | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックの上手な収納方法は?

ユニフレームのフィールドラックを使うと、とても便利な収納が可能となります。4段まで連結させることが可能なので、背の高いラックとして収納アイテムとして使うのもよし、2×2でセッティングして、上をテーブル代わりに、下を収納にするなど、様々な収納方法が考えられるでしょう。

また、フィールドラック自体の収納も簡単です。天板、フィールドラック共に畳むと1cm程度なので、重ねて収納しても大した厚さになりません。下に敷いてもいいので、色々な隙間のスペースに収納することが可能です。

アウトドアブランドの一覧!人気のおすすめをランキングでご紹介! | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックは超有能グッズ

ユニフレームのフィールドラックは、収納も楽々で、コストパフォーマンスが高く、様々な用途の使い方ができ、天板を自作してコストを抑えることができるという、超有能アイテムだと言えるでしょう。

フィールドラックの購入を考えている方は、ユニフレームのフィールドラックを一度体験すると、使い方の幅広さに驚愕すると思います。ユニフレームのフィールドラックは、キャンプ上級者であればあるほど、恩恵を存分に受けられるアイテムです。

バンドック社製キャンプ道具はコスパが良すぎ!その魅力と特徴まとめ | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックは何個も欲しくなるアイテム

ユニフレームのフィールドラックを1つ使うと、その便利さに何個も欲しくなってしまう、ユニフレームのフィールドラックは、そんな魅力的なアイテムだと言えるでしょう。そのため、ユニフレームのフィールドラックを購入する人は、3個セットのものを購入すると転倒防止のコンプレッションベルトがセットになったお得なセットが販売されています。

最初から複数個購入を検討している人は、このコンプレッションベルトがセットになっているフィールドラックを購入すると良いでしょう。

ソロキャンプに必要な道具を紹介!初心者にもおすすめの人気アイテムは? | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックで快適なアウトドアライフを!

ユニフレームのフィールドラックを活用することで、キャンプをはじめとしたアウトドアライフをより快適に過ごすことができるでしょう。特に、焚き火を充実させて、料理なども直火で行いたいという人には、フィールドラックは絶対に必要なアイテムだと言えるでしょう。

アウトドアグッズとしてももちろんですが、自宅でも収納グッズとして使うことが可能なのでユニフレームのフィールドラックは、1つは購入することをお勧めします。

キャンプ道具の自宅収納アイデア!ボックスを使ったすっきり整理整頓術 | MensModern[メンズモダン]

ユニフレームのフィールドラックを欲しくなるまとめ

ユニフレームのフィールドラックが欲しくなる理由をご紹介しました。フィールドラック自体、とても優秀なグッズなので1つ持っておくとキャンプの生活を快適に送ることができるでしょう。その中でも、ユニフレームのフィールドラックは、利便性も高く、使い方も複数あり、そしてコストパフォーマンスの高い最強のフィールドラックだと言えるでしょう。

天板とセットで購入することでより快適性が増しますが、その分コストもかかってしまいます。そんな人は、安くホームセンターで板を購入して自作することも可能です。コストを抑えつつ、自分だけのフィールドラックを作ってみてはいかがでしょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ