小学生などの子供のダイエット方法ってなかなかイメージがわきませんよね?子供の為のダイエット方法の気をつけるべきポイントやダイエットを行ううえでの食材選びや調味料などの点からしっかりとご説明していきますので是非参考にしてみてください。

子供のダイエット方法まとめ!痩せる運動方法やレシピ集も!

目次

  1. 子供にぴったりなダイエットとは?
  2. なぜ子供にダイエットが必要なのかを考える
  3. 子供の現在の基礎体重やBMI、各身体のサイズをしっかりと把握する
  4. 子供の基本的生活習慣を把握する
  5. 子供に与える間食について考えてみる
  6. 子供の頃の肥満は大人になっても続く為ダイエットが必要
  7. 子供のダイエットの天敵は親の食生活が原因?
  8. 実は少ない?子供の平均運動時間ではダイエットは不可能!
  9. 朝食を抜くと子供のダイエットは失敗する
  10. 子供のダイエットで食事制限は危険!
  11. 子供におすすめのダイエット運動法とは?
  12. 子供にダイエットをさせる上で重要な食事の基本とは?
  13. 子供のダイエットにおいて食材選び、調味料選びが重要
  14. 子供のダイエットには置き換えレシピがおすすめ!
  15. 子供のダイエット目的だけでなく成長も加味する事が大切
  16. 親がしっかり管理して子供のダイエットをさせよう!

子供にぴったりなダイエットとは?

子供のダイエットについてなかなかデリケートな為どのようにしてダイエットを行えばよいか不安な部分が多い親も多いと思います。どの方法が良いのか、ストレスを翔けないようにするにはうんどうがいいのか、など様々な部分で迷うと思います。

そういった、親の方の悩みの部分にかんして、今回は、子供のダイエットに関する運動や方法について様々な方法をまとめてご紹介していきたいと思いますので、是非参考にしてみてください。

なぜ子供にダイエットが必要なのかを考える

今回は子供の、ダイエットにはどのような必要なことがあるのか。また本当に子供自身にダイエットが必要なのかを考える場面でもあります。子供だけにダイエットの基準を押し付けるのではなく子供の体型の変化は食生活をコントロールしている親の食生活に大きな原因があります。その点も子供だけでなく親子で考えるように意識しましょう。

まず一番重要な事は現在の子供に対してダイエットという痩せる方法が本当に必要かどうかです。ダイエットのやり方を間違えれば間違いなく子供の正しい成長に悪影響を与え無理な痩せる方法を行う事は子供の将来を左右すると言うことを理解しておくことが大切です。

子供の現在の基礎体重やBMI、各身体のサイズをしっかりと把握する

まずは、上記でも述べたようにダイエットが本当に必要であるかを把握する必要があります。そのためにまずは、簡単に基礎体重やBMIなどを計算してみましょう。

そして、一番大切なことなのですが「ダイエット」と言われるとかなりの確立で「体重」でコントロールしようとする方が多いですがそれは大きな間違いです。現代医学が進歩した今体重は当てになりません。一番大切なのは身体の各サイズを「何Cmにしたいか」なのです。え?それなら脂肪があって太っているから重たいのでは?と思う方も多いと思います。

筋肉は脂肪よりも重いが、その体積は半分以下

筋肉によって脂肪が消費され痩せるという仕組みをご紹介した後になぜ、体重で管理してはダメなのかというと運動によって脂肪が消費されていてもその分筋肉を動かしてる(筋肉がついていく)為体重の変動はあまりありません。ですが、筋肉と脂肪では同じ1KGでも大きさがまったく違うのです。

そのため、ダイエットにおいて体重でコントロールするのはまず不可能なのです。基本的には同じ1KGであっても筋肉のほうが重たい為体重変化はありませんが、サイズ(cm)で管理することによって大きく変化を実感することが出来ます。ダイエットの目的は見た目の改善が一番のはずですよね?ですので、体重ではなくサイズで管理しましょう。

子供のダイエットに関わらず体重で管理してはNG!

基本的にダイエットと言えば、運動ですよね?では、なぜ運動をするのでしょうか?なぜ筋肉トレーニングなどをするのでしょうか?答えは代謝を上昇させたいからですよね。身体の代謝機能を使って脂肪を燃焼させたいという目的をお持ちのはずです。しかし、代謝をおこなっている部分は「筋肉」がほとんどの役割を担っています。

つまり、運動する理由は「運動によって筋肉を動かしその熱量で脂肪を消費する」という事で、その運動後は筋肉痛などになりますね。その筋肉痛(筋繊維の再生)を経てまた運動をし脂肪を消費するというサイクルなのですが結果的には、筋肉を使うことによって脂肪がなくなり体が引き締まって見えると言うことなのです。

子供の基本的生活習慣を把握する

子供の基本的な生活習慣をメモしてみましょう。子供のどの時間帯にご飯を食べどの時間帯に何をしているのか、また子供の間食はいつしているのはをしっかり把握することで効率よくダイエットに結び付けられるようになります。子供が遊びに言ったりなどしていた際は、どのようなことをして遊んでいたのかも聞いてあげてください。ダイエットに繋がります。

この子供の基本的生活習慣を把握する事で、子供だけでなく現在の親が管理している生活習慣の問題点が見えてきます。さらには、生活スタイルに合わせることでダイエットをしている感覚に子供が陥らず、スムーズかつ楽しみながら身体の改革を行うことが出来ますので、必ずメモなどで把握しましょう。そのくらい子供の成長期のダイエットはデリケートです。

子供に与える間食について考えてみる

上記でも、ご説明した通り子供の間食のタイミングについて考えて見ましょう。まず、夜中に食べる糖類(ケーキやお菓子)は昼間に食べるより糖質の吸収、つまり脂肪になる変化率が12倍も高いです。ケーキ一つお昼に食べるのと夜に食べるのとでは、お昼の12倍なので12個のケーキを食べてしまっている事になります。

間食のタイミングは日本古来から言われている「13時~15時」が一番糖質が脂肪に変化せずエネルギーとして使用されるためおやつの時間として有名になっています。間食の量についても、子供の一日の摂取カロリーを加味してお菓子を選びましょう。

食事管理アプリでダイエット成功!おすすめ人気アプリ5選! | MensModern[メンズモダン]

子供の頃の肥満は大人になっても続く為ダイエットが必要

肥満を招く脂肪細胞の数は三回に分けて増加すると言われています。まず、胎児の末期、生後一年ごろ、思春期という三回にわかれています。そして、子供の頃肥満だった人の70パーセント以上が大人になってもその傾向を引き継ぎ、肥満になりやすい為痩せる為ダイエットをしても苦労が絶えないようです。

ですので、子供の頃にどれだけ脂肪細胞を増やさないよう意識していたかによって大人になったときに肥満になるかならないかの確率がかなり変ってくるのです。ですので、ダイエットまでとは行かずとも子供の頃から規則正しい食生活を心がけることでダイエットを意識せずともダイエットの効果を発揮できるのです。

子供のダイエットの天敵は親の食生活が原因?

厳しいことを言うようですが、子供の肥満の原因は親にあります。食事のコントロールや間食に食べるもののチョイスなど、小学生にもなればなかなか家にあるものを食べてしまいがちです。痩せる身体にしにくくいているのは、親の食生活や好みなどの問題も大きいのです

まずは、親自身が食べているものを意識してみましょう。家の食事に茶色が多くないか、間食で食べるおやつのカロリーはどのくらいあるのか、などしっかりと意識してみましょう。子供は親の与えるものをそのまま信じて食べてしまいます。ですので、まずは子供の親の食生活をメモして見える化してみることが良いでしょう。

ささみのカロリーは?ダイエット効果をあげるには茹で方が要! | MensModern[メンズモダン]

実は少ない?子供の平均運動時間ではダイエットは不可能!

親の世代からの小学生などの子供のイメージは遊び活発なイメージだと思いますが、現代ではなかなか子供の遊び場として機能する場所に安全性が無いなどの指摘から公園などが消えていっています。ですので単純な遊びの量だけではダイエットになりません。道路も増えなかなか外で遊ぼうにも遊ぶ場所が無いのが現代の現状なのです。

最近では、ゲーム機などで家の中で遊ぶ小学生などの子供も増えておりなかなか脂肪が燃焼されず痩せる為にはかなり遊びと運動をくっつけ習慣化させる必要があります。昔に比べるとかなり運動時間も減ってきており小学生などが痩せる傾向にあるとはなかなか言いがたいです。

内閣府のHPに小学生などの子供の運動能力に関するデータや運動時間などについての記載もあるので是非チェックしてみてください。

朝食を抜くと子供のダイエットは失敗する

朝食をしっかりと食べない小学生などは、太りやすい傾向にあります。ダイエット以外でも朝食などをエネルギーとして変換しやすいフルーツやタマゴ類などをしっかり食べていない小学生は太りやすくなってしまいダイエットも失敗します。身体は基本的に摂取する栄養が無い場合次のエネルギー摂取まで体が働けるように蓄えようとしてしまい結果太りダイエットになりません。

朝食を食べない小学生は、昼食を体が脂肪にして蓄えようとする為逆に太りやすく、ダイエットでも痩せることが難しくなってしまいます。しかも、身体は、脂肪はエネルギーに変える時工程が多い為いち早くエネルギーを作る為に筋肉を分解して、エネルギーに変えてしまう為、基礎代謝が減少し汗をかきにくく痩せるに程遠い体つきになってしまう為ダイエットも失敗してしまいます。

グルテンフリーダイエットの正しいやり方まとめ!効果を倍増させる方法は | MensModern[メンズモダン]

子供のダイエットで食事制限は危険!

小学生のような子供の場合いくら、身体に脂肪がついているからと言って食事制限はしてはいけません。大人の行うダイエットの場合でも食事制限をする人は大体の確立で失敗しダイエット成功してもリバウンドします。本格的に食事制限を行うのであれば、ダイエットとしては、食事制限とは本来運動と組み合わせて行うことで効果を発揮することです。

子供、とくに小学生のように成長期であり心の発育が早い時期に食事制限をすると体が色々な部分を削り落とそうとしてしまう為よくありません。過度のストレスから不登校や、いじめ、精神的親への不信感などを招きます。ダイエットとは、大人のように本来絶対に無理をして食事制限ダイエットをすることではありません。

食事制限って食べない事と認識していませんか?

本来、「食事制限」とは食べ過ぎなどを防ぐ為に何らかの食材に制限をかける事で食べないことではありません。炭水化物を控えめにしお肉やお魚、豆腐などでその部分を補うと言った方法なのでしっかり覚えておきましょう。

子供におすすめのダイエット運動法とは?

ダイエットをお考えの方に、おすすめの運動法はまず外に出て遊ぶことです。子供は親と遊んだり話したり、一緒に何かを行うときに脳のA-10神経という部分が活発に働きます。そのため、体内で心を穏やかにするセロトニンが分泌され脳でもカロリーを消費します。

ですので、お外に出てフリスビーやキャッチボール、キャンプでもいいです。自然に一緒に触れてあげてください。子供ダイエットとは大人の考える間違ったダイエットではないことを理解しましょう。他にも、室内では一緒にバランスボールなどに乗って体の芯を鍛えるなど一緒に遊んであげましょう。

確かに勉強も大切ですが、脳科学てきな分野の話をするならば、勉強というのは正義ではありません。趣味です。必ずしもそれを一つに絞ってやっている事は脳をワンパターンかさせてしまい柔軟な思考を奪ってしまいます。ですので、遊びを加えることで脳も活性化し勉強の記憶力も上昇するのです。

子供と一緒に遊ぶことが大切。

親の都合で、子供の遊びに付き合ってあげられないと言うのはそれはエゴです。時間は作るものであり、与えてもらうものではありません。何かのために時間と言うなの投資をする、その姿勢をみて子供はさらに学んでいきます。子供の運動などダイエットに必要なことは一緒になってどこまで本気で遊びとして変換してあげられるか、が親の一番の責任です。

子供にダイエットをさせる上で重要な食事の基本とは?

小学生などの子供のように、成長期で食べるのもの多い時など困ってしまうこともあるかともいます。しかし、基本的な部分は大人も子供も変りません。味付けはなるべく薄味にし、塩分を使う料理は一つに絞る相することで自然とバランスよく箸が動きます。

油も、植物性のピュアオイルに変更し全体的な色味もしっかりと考慮しましょう。脂質を摂取しすぎることで肥満になってしまうので、ヘルシーな鶏肉、赤身肉、などを使用しましょう。炭水化物のご飯などは少し量を減らしなるべく脂肪になりやすい炭水化物は減らしましょう。ご飯十六穀米などをまぜたりし工夫しましょう。

子供のダイエットにおいて食材選び、調味料選びが重要

調味料においては、なるべく砂糖を使わないようにしましょう。と言っても甘味を使わないと入ってません。はちみつなどの自然由来の糖分に置き換えるのです。お肉料理などにはちみつを使うと脂肪を分解する効果を持っている為柔らかく美味しく仕上がります。そうすることで、より一層遊びのときにカロリーを消費しダイエットに繋がります。

塩なども、なるべく加工されているものではなくミネラルを含んでいる岩塩などを使用するとよいでしょう。今まで、油揚げなどを使ってお味噌汁を作っているのであれば野菜の味噌汁に変えましょう。食材は野菜を中心に揃え、お肉はささみや鳥の胸肉、牛の赤身、魚などを使用すると良いでしょう。塩分をしっかり摂取すると浸透圧のかんけいでダイエット効果になります。

フライパンで焼くトーストのレシピ集!簡単な焼き方でおいしい朝ごはん | MensModern[メンズモダン]

子供のダイエットには置き換えレシピがおすすめ!

野菜たっぷりロールキャベツ

ロールキャベツの材料は、キャベツの葉8枚、たまねぎ1個、にんじん1本、きのこ類1袋、合いびき肉300g、卵1個、牛乳大さじ3、塩小さじ1/2、こしょう少々、コンソメ顆粒小さじ1.5弱、豆乳300㏄、オリーブオイル大さじ1、ローリエ1枚(香りづけにあれば)です。


たまねぎにんじんはみじん切りに、きのこ類はスープにいれるので軽く汚れをふきとりほぐす、キャベツはさっとゆで水気をしっかりとりましょう。あとは、お肉と調味料を混ぜ合わせしっかりコネ、包んでスープで煮込んで完成です。満腹感があるためダイエットをしていない感覚でダイエットを行うことが出来ます。

お肉にはつなぎは一切入れませんしっかりとこね温度管理を行えば肉崩れすることはありませんので、コネ終えたらしっかりと冷蔵庫でラップをいましょう。キャベツは甘みが出る食材の為、ゆでると言うよりは蒸すほうが美味しく仕上がります。油などもオリーブオイルを使い身体に溜まりにくいものを使うとよいでしょう。

魚の南蛮漬け

魚の南蛮漬けの材料は、魚(白身魚)4切れ、片栗粉適量、オリーブオイル大さじ1、玉ねぎ1/2個、しょうがお好みで、葉ねぎ10cm程、酢大さじ4、しょうゆ大さじ4、はちみつ大さじ2~3です。魚は基本白身魚であれば何でも良いです。

魚に片栗粉をまぶして、生姜はお好みで千切りやみじん切りに、ねぎは斜め切りにしましょう。丸の調味料を混ぜておきます、フライパンで魚を焼いていろがついたら調味料をいれ煮立てて、弱火にしてとろみが少し出たら完成です。砂糖をはちみつに置き換えて使用することによって、ダイエットに自然と繋がります。子供にもダイエットを意識させないことが大切です。

朝ごはんで痩せるダイエット!効果的な食べ方や低カロリーレシピを紹介! | MensModern[メンズモダン]

子供のダイエット目的だけでなく成長も加味する事が大切

痩せる方法について今回は詳しくご説明しましたが、痩せる為だけにこだわるのではなく色々な方法を試すことが大切です。たしかに、痩せる方法となると体重などの部分を意識してしましますが一番大切なのは子供の成長に合わせて痩せる方法を考え体重に左右されないことです。

子供と相談しながら、個体差のあることを配慮した方法を選びしっかりと成長をサポートできるよう色々な方法を試してみてください。ダイエットとは、痩せることだけでなく体調を本来の機能に戻すことを、ダイエットの真髄としています。

親がしっかり管理して子供のダイエットをさせよう!

今回は、小学生などの子供に関するダイエット方法についてご紹介しました。ですが、子供だけの原因と捉えるのではなく家族全体が健康に私生活を送れることが大切ですので、しっかりと意識してみましょう。是非この機会に、家族で健康な食生活を始めてみませんか?


評価 4.5/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ