ブランケット症候群の心理について調査!症状や理由・対処法を紹介

ブランケット症候群の理由や毛布を手放せなくなる心理、症状への対処法についてまとめました。毛布を手放せない心理や理由、ブランケット症候群の症状の対処法を知っておけばどうすれば良いのかわかりやすくなります。ブランケット症候群の理由や心理をチェックしましょう。

目次

  1. ブランケット症候群の症状や理由を知りたい!
  2. ブランケット症候群とはどんなもの?
  3. ブランケット症候群は病気なの?
  4. 子供は自立の過程でブランケット症候群が出ることも
  5. ブランケット症候群はどのくらいまでなら安心?
  6. 子供のブランケット症候群で避けたい対処法
  7. 大人になってもブランケット症候群になる理由
  8. 大人がなるブランケット症候群の症状とは
  9. 大人がなりやすいスマホのブランケット症候群の症状
  10. 恋愛に対するブランケット症候群の症状
  11. 大人のブランケット症候群の対処法とは
  12. ストレスを減らすために新たな趣味を持つ
  13. アウトドアレジャーの趣味でストレスを減らす
  14. 読書や映画鑑賞でストレスを緩和
  15. ブランケット症候群の理由や対処法を知っておこう

ブランケット症候群の症状や理由を知りたい!

対処法や心理状況を知っておけば安心

ブランケット症候群という言葉後ご存知ですか?毛布をはじめとしたアイテムを手放すことができない症状が現れてくるのがブランケット症候群です。子供の成長過程でよく見られるブランケット症候群ですが、大人でも同じような症状が見られることがよくあるので注意が必要。そんな場合はブランケット症候群の理由や対処法を知っておくことが重要になります。

どういった場合にブランケット症候群になるのか、どういった対処をしていけば良いのか知っておけばブランケット症候群と向き合うことができます。「自分はブランケット症候群かな?」「子供にブランケット症候群の兆候が見え始めているかな?」と感じた場合はブランケット症候群とはどういったものなのか具体的に知って対処してみてはいかがですか。

ブランケット症候群の理由をチェックしよう

「ブランケット症候群とはどんなもの?」「ブランケット症候群が現れた時の対処法について知りたい!」という場合に役立つブランケット症候群の情報についてまとめました。ブランケット症候群は怖い物ではないので、理由や対処法を知っておくことで安心して日常生活を過ごすことができるようになります。ぜひストレスフリーな生活を送ってみてくださいね。

言いたいことが言えない人の心理状態!解決策は考え方にあり? | MensModern[メンズモダン]

ブランケット症候群とはどんなもの?

毛布など心の安定を欲しがる心理状況

それでは、ブランケット症候群とはどんなものなのか具体的にチェックしていきましょう。ブランケット症候群とは、毛布やぬいぐるみなどを持っていることによって心理的な安定を求めようとする状態のことを言います。赤ちゃんなどの小さな子供の場合、お気に入りの毛布やぬいぐるみを手放さないことがよくありますよね。彼らは手放さないことで安定を手に入れようとしています。

こういった場合、毛布やぬいぐるみといった存在は子供にとってお母さん的な存在とも言えます。常に一緒にいてくれる安心できる存在として、毛布やぬいぐるみをお母さんと同一化している可能性があるのではないでしょうか。自分にとって最も安心できるお母さんを毛布やぬいぐるみに投影しています。

ライナスの毛布という表現もある

このブランケット症候群は別名で「ライナスの毛布」と呼ばれることがあります。ライナスとはスヌーピーに出てくるキャラクターの1人で、つねに毛布を持っているのが特徴。ライナスから毛布を離すとパニックになって泣いてしまいます。

このライナスのように常に持っている安心材料がなくなるとパニックになってしまうのがブランケット症候群もしくはライナスの毛布と呼びます。人間の心理的な状況として、知っておきたい言葉の1つではないでしょうか。

ブランケット症候群は病気なの?

子供の成長過程ではよくあるブランケット症候群

それでは、ブランケット症候群とは病気なのでしょうか?ブランケット症候群は子供の成長過程ではよくあることです。小さな頃は精神の安定を保つためにお母さんと同じような存在である毛布やぬいぐるみを持つことが多くあるのではないでしょうか。こういった場合のブランケット症候群は病気ではなく、子供が成長するために通る1つの過程として考えて良いでしょう。

次第に薄れていく

小さな子供の成長を見ていると、昔はお気に入りでひと時も離れなかった毛布やぬいぐるみも時間が経つごとにどこかに放置して友達と遊びに行ったり、他のことに没頭したりということが多くなってくるのではないでしょうか。このようにブランケット症候群は成長とともに徐々に薄れていくものです。小さな子供の場合はそこまで心配することなく見守っていくことが大切。

子供は自立の過程でブランケット症候群が出ることも

自立や環境の変化が理由でブランケット症候群になる

子供の場合、自立に直面したり、環境が大きく変わることによって一度はなくなっていたブランケット症候群が再び出てくることがあります。例えば弟や妹ができて家族が小さな赤ちゃんにつきっきりになると、年上の子の方がブランケット症候群が出てくることが多いのではないでしょうか。これは年下ができて自立を促されたことによる心細さが理由になるとされています。

安定材料を欲しがる心理的な状況になっている

すでにブランケット症候群が終わった子供でも、急な環境な変化によって安定材料を求めて再びブランケット症候群になる場合があります。長男や長女が子供返りをするのもこういった状態の1つと言えるのではないでしょうか。

ブランケット症候群が再び出てきた子供の場合は精神的に不安を感じている場合があるので、不安を取り除くことで再びブランケット症候群を克服できるようになります。環境の変化とともにブランケット症候群が出てきた場合は、子供の様子をよく見てあげてくださいね。

余裕がない心を整える方法は?自分を変える習慣や心理など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

ブランケット症候群はどのくらいまでなら安心?

小学校高学年・中学まで続くと心理状況に注意が必要

小さな子供によく見られるブランケット症候群ですが、どのくらいの年齢になったら気をつけた方が良いのでしょうか?小学校高学年や中学生になってもブランケット症候群が見られるようだったら注意が必要とされているので、子供の様子を見てみましょう。

成長していくうちに社会生活に馴染み、次第にブランケット症候群が薄れていくことがほとんどですが、中には社会生活にストレスを感じたり、愛情不足が原因でブランケット症候群が終わらない可能性もあります。このくらいの年齢になったら気をつけておきたいですね。

心理的なストレスを減らす対処を行おう

成長してもブランケット症候群が終わらない場合は子供が感じているストレスを取り除いてあげることも大切です。自分が愛情不足だと感じていたり、ストレスを抱えていたりすると精神を安定させるために毛布や人形などをお母さん代わりにして執着する場合があるため注意してみてくださいね。ストレスを取り除くようにしておくと次第になくなっていくかもしれません。

子供のブランケット症候群で避けたい対処法

無理に愛着を持った毛布から離すのは心理ストレスにつながる

子供がブランケット症候群になっている場合、やらない方が良い対処法としてあげられるのが無理に愛着を持っているアイテムを取り上げるということ。子供が愛着を持って触れている物を無理に離すことで精神的な安定が崩れ、さらなるストレスを誘発してしまうかもしれません。それでは意味がないので、無理に好きな物から離すのはやめておいてくださいね。

愛着を持ったものはそのままにする対処法がおすすめ

愛着を持って常に一緒にいる物がある場合、無理に離すのはやめておきましょう。ブランケット症候群はお気に入りの物を持つことで精神の安定を得ている状態なので、それがなくても安心できるような環境を作ってあげることが大切になります。

ストレスを感じず、安心していられる精神状態を保てるようになったら自然と執着していた物からも離れていくのではないでしょうか。まずは様子を見ながら環境を整えて、安心して暮らせるようにしてみましょう。

大人になってもブランケット症候群になる理由

幼少期の愛情不足が理由になることが多い

子供の成長段階でよく引き起こされるブランケット症候群ですが、実は大人になってもブランケット症候群から離れられない人も多くいます。一見すると普通に見えたとしても何かに依存をしていたりする人はブランケット症候群がある場合もあるのではないでしょうか。

こういった大人のブランケット症候群の理由としてあげられるのが幼少期の愛情不足。ブランケット症候群は毛布などを母親に見立てて安心を得ようとするものですが、幼少期に愛情が十分でないと他の物を母親に見立てて精神的な安定を得ようとする行動から離れられないのかもしれません。

自分で理由を知って症状に対処することも大切

周囲の人にブランケット症候群の兆候が見えたり、自分自身がブランケット症候群なのではないかと感じている場合はどういったことが理由になっているのか把握しておくことも大切になります。それがないとすぐにパニックになってしまうような過度なブランケット症候群は社会生活にも支障をきたす場合があるため、そうならないようにしておきたいですね。

大人がなるブランケット症候群の症状とは

毛布以外に依存することが多い

大人がブランケット症候群になる場合、その対象は必ずしも毛布やぬいぐるみといった子供が執着しやすい物ではない場合があります。毛布以外の物に依存し、精神的な安定を得ようとしていることもあるのでどういった物に依存しているからブランケット症候群になっている、とは一概に言うことはできません。

何かしらに対する強い執着心があったらブランケット症候群の可能性があります。いろいろなパターンがあるので、様子を見守っておきたいですね。

物に依存することで心理的な安定を求めている

物に依存することによって自分自身の精神的な安定を得ようとすることを大きくブランケット症候群という区分として見ることができます。大人の場合は子供の頃よりも選択肢が増えるので、依存する対象はさまざま。どういったものに依存するかによってもその人の精神状態が変わってくることがあります。自分の精神状態を把握してブランケット症候群かどうかを見極めておきましょう。

癖で分かる心理や性格!仕草・行動から相手の心を読み取る方法を紹介! | MensModern[メンズモダン]

大人がなりやすいスマホのブランケット症候群の症状

スマホがないと不安な心理状況になる症状

現代の人がよくなりやすいのがスマホに対する依存。スマホがないと不安、落ち着かないという気持ちになったことはありませんか?軽度な物であれば大丈夫ですが、スマホがないだけで何も手がつかなかったり不安に陥ったりといった状況になってしまう場合は依存のしすぎかもしれません。

特に近年はSNSの普及によってスマホの中の世界に依存をする人も増えてきています。SNSで自分をよく見せたい、友達関係で遅れたくない、といった焦燥感も加わってスマホが手放さなくなってしまうのではないでしょうか。

スマホへの心理的依存を意識して

スマホは現代の生活の中では必要なツールなので、必ずしも持っていることが悪いというわけではありません。スマホに依存をしてしまうことがブランケット症候群の一種になってしまうかもしれないという状況を理解しておくことが重要になります。

スマホに心理的な依存をしすぎていないか自分自身の状況を把握しておきましょう。便利なツールとして活用するまでにとどめて、依存はしないように気をつけてみてくださいね。

SNS依存症な人が当てはまる6つの特徴!心理的原因や対策を紹介! | MensModern[メンズモダン]

恋愛に対するブランケット症候群の症状

恋愛への心理的依存によって症状が引き起こされる

ブランケット症候群で依存するのは物だけとは限りません。恋愛に依存するブランケット症候群もあります。常に誰かと恋愛をしていたい、恋人がいないと不安、といったように恋愛に依存するタイプもブランケット症候群の1つとして考えられることもあるので把握しておきましょう。

制御できない時は症状を自覚して対処しよう

恋愛に関してもスマホと同じように好きなことに関しては全く問題はありません。ただし、恋愛に依存しすぎて問題行動を起こしたり、相手に負担をかけたりといったように自分を制御できないような状況になってしまうのはNGです。健全な恋愛関係を築けるように意識していくことも大切ではないでしょうか。

大人のブランケット症候群の対処法とは

ストレスを減らす対処法が良い

ブランケット症候群は環境によりストレスや幼少期の愛情不足といったさまざまな理由で引き起こされます。まずはストレスを解消して精神的に不安定な状態から抜け出すことも大切になるのではないでしょうか。

心理カウンセリングを受けることも対処法になる

根本的な改善をするためには、やはりプロの手を借りることも大切です。心理カウンセリングを受けて自分自身を見つめ直すなど、対処できる方法を見つけてみましょう。

ストレスを減らすために新たな趣味を持つ

新たな趣味に没頭することでストレスを緩和

依存から抜け出すためには、新しい趣味を持つのも1つの解決策。新しい趣味を持つことで1つのものに対する依存度を軽減できるかもしれません。

ストレスの緩和から依存への脱出をはかる

新しい趣味を持って環境を変えることはストレスを緩和し、精神的な安定をもたらすことも多々あります。そうすることでブランケット症候群の対処になるのではないでしょうか。

アウトドアレジャーの趣味でストレスを減らす

自然の中に自分を解放する

自然の中に自分を解放することができるアウトドアレジャーはストレス解消に最適な趣味。ゆったりとした環境の中でリフレッシュできます。

体を動かすことで充足感を得る

体を動かすことで充足感を得られ、精神的な安定も得られやすいのもアウトドアレジャーの良いところ。登山など、好みのレジャーを楽しんでみてはいかがですか。

読書や映画鑑賞でストレスを緩和

違う物語を楽しめるツールもおすすめ

物語の世界に没入することもストレス緩和には効果的ではないでしょうか。本や映画、コミックスなど好みの娯楽を取り入れてストレスを軽減してみてはいかがですか。好きな娯楽に囲まれることができたら、少なからず精神的なストレスを減らして精神の安定につなげることができそうです。

没頭できる時間を作ってみよう

忙しい毎日を過ごしていると、どうしてもストレスがたまりがち。たまにはゆったりと物語に没入できる時間を作って精神的な安定を得ることも大切になります。お好みの方法でリフレッシュしてみてくださいね。

ブランケット症候群の理由や対処法を知っておこう

成長過程にはよく見られるブランケット症候群ですが、大人になっても続いている場合は理由や対処法を知っておくことも大切になります。まずは自分や周囲の人の状況を把握して、どういったことをしていけば良いのか考えてみてくださいね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ