冬の花一覧!庭で育てられるおすすめの種類の画像・写真や花言葉を紹介

冬は花にとっては辛い季節。そんな冬の季節でも庭などで育てられる花の種類はどのようなものがあるのでしょう。冬に人気な鼻の種類や画像、そしてそんな冬の花の花言葉の種類を紹介します。冬の花の種類の一覧から、あなたのお気に入りの花を見つけてみましょう。

目次

  1. 冬の花の種類と花言葉の一覧や画像
  2. 冬の花①パンジー・ビオラ
  3. 冬の花として長く育てるためには
  4. 冬の花はゆっくりとしたペースで冬の時期を越す
  5. 冬の花のパンジーやビオラの花言葉
  6. 冬の花②ガーデンシクラメン
  7. 冬の間も色とりどりの花をつける
  8. 冬の花③ノースポール
  9. 初心者でも冬に育てることが出来る花
  10. 冬に花が見たい場合はノースポールが簡単
  11. 冬の花④プリムラジュリアン
  12. きれいな花を冬の間も咲かせるために
  13. 冬の花⑤フクジュソウ
  14. 根茎が短いが冬の間も日当たりに注意
  15. 冬の花⑥スノードロップ
  16. しずくのような花を冬に咲かせる
  17. 冬の季節でも花はしっかりと咲く

冬の花の種類と花言葉の一覧や画像

冬の寒さが厳しい季節でも、しっかりと花を咲かせる花の種類はあります。そんな、冬の花と言われる花の種類や花言葉をチェックしてみませんか。

また、冬の花の画像を見て、どんな花をつけるのか気になりますよね。花が咲かないイメージの冬という季節の中で、冬の花はどのような花をつけるのでしょうか。

初心者でも冬に育てられる種類の花を知っておくと、少し寂しくなりがちな冬の季節でも、鮮やかな花を花壇や鉢植えで咲かせることができますよ。

冬の花①パンジー・ビオラ

冬の花の代表格には「パンジー」と「ビオラ」が挙げられます。パンジーとビオラの季節は、10月から3月にかけての冬の花になります。

冬の花に分類されますが、基本的には1年間市場に出回る花の種類になります。冬の花として品種改良されており、冬以外の季節の場合は、半年近く花が咲き続けることもあるほどなんです。

非常に冬に強い点も含めて、ガーデニングの初心者でも育てやすい花の種類だといえます。冬から花にかけて丁寧に育てることで、春には満開の色とりどりの花を咲かせることもできます。

冬の花として長く育てるためには

画像のようにパンジーやビオラは綺麗な花を咲かせますが、一年を通して長く花を楽しむコツがあります。冬の季節の花ですが、花が咲いたあとに、そのまま種になったものがポイントになるんです。

種がついていると花は、種に次のエネルギーをどんどん注ぎ込んでしまうのです。そのことで花が枯れやすくなってしまうんです。そのため、花ガラがついたら、どんどんと摘んであげることで花を少しでも長く咲かせたままにすることが出来るんです。

冬の花はゆっくりとしたペースで冬の時期を越す

パンジーのように冬を含めて半年間近く花を咲かせる花は、それだけ栄養を必要とします。定期的に花の肥料を追肥することで、栄養をしっかりと花に与えてあげましょう。

肥料には固形タイプと液体タイプがありますが、固形タイプのほうがゆっくりと長い期間花に栄養を与える事ができます。そのため、冬の季節の場合は固形タイプのほうがゆっくりと栄養を与えるので、花を枯らせにくいといえるでしょう。

冬の間はゆっくりとした速度で花が咲くので、他の季節と比べると花が一度に満開になるということは少ないかもしれません。しかし、冬の季節からどんどんと温かくなっていくと、画像のようにたくさんの花を咲かせるのでじっくりと冬の間は育てましょう。

冬の花のパンジーやビオラの花言葉

パンジーの花言葉は色によって違いがあります。パンジー全体の花言葉としては「もの思い」や「私を思って」なんて花言葉があります。

紫のパンジーの花言葉は「思慮深い」、黄色のパンジーの花言葉は「つつましい幸せ」、白いパンジーは「温順」などの花言葉があります。冬の花だけに落ち着いた雰囲気の花言葉に感じるかもしれませんね。

また、ビオラの花言葉には「誠実」や「信頼」や「忠実」、そして「少女の恋」なんて花言葉があります。

冬の花②ガーデンシクラメン

シクラメンの中で、冬などに室内で飼うことが出来るのが「ガーデンシクラメン」です。非常に耐寒性があるので、冬の季節の中でも育てやすい種類になっています。

通常のシクラメンの場合は、冬には強くないので枯れてしまいます。しかし、そういった冬などの寒さに弱い点を改良させたガーデンシクラメンは、冬にも花を咲かせる植物になっています。

冬の寒さには強いのですが、マイナス5℃以下になるとさすがに枯れることがあるので、必ず室内で寒すぎない場所に置いて冬の間育てるようにしましょう。

冬の間も色とりどりの花をつける

ガーデンシクラメンは通常のシクラメンと同じように、赤や白、ピンクなどの色の花を咲かすことができます。また、画像のように生えた草ひとつひとつにしっかりと花を咲かすので、寄せ植えにすることで、たくさんの花が綺麗な見栄えになります。

季節的には、冬を含めた10月から4月ごろにかけて花を咲かせる種類になっています。冬の間もしっかりと日当たりの場所で育てる必要があるので、窓際にガーデンシクラメンを置くのがおすすめです。

逆に、ガーデンシクラメンは暑さには弱いので、あまり温度が高くなりすぎたり、直射日光を長時間あてるのは避けましょう。葉がたれているような状態は弱っている状態なので、ガーデンシクラメンを置いている場所を変更するなどして、微調整してあげるのが重要です。

花言葉で感謝・ありがとうを意味する花!記念日などに贈るおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

冬の花③ノースポール

初心者でも冬に育てやすいのが、一覧の中でも有名な「ノースポール」です。この一覧の中でも、非常に頑丈な冬の花になります。

なぜこの花の種類の一覧の中でもとくに頑丈かというと、たとえ冬の季節の中で霜が花にあたっても大丈夫なほど冬に強いからなんです。そのため、冬でも室内だけでなく庭や玄関外にプランターで育てても大丈夫なんです。

冬の花として、とても綺麗な白い花と真ん中に黄色の花をつけるのが特徴です。5センチ未満ぐらいの花を冬に咲かせます。

カラーの花言葉を紹介!彼女や好きな人へ贈るおすすめの種類と意味まとめ | MensModern[メンズモダン]

初心者でも冬に育てることが出来る花

基本的に、水をあげていれば多少の乾燥でも枯れることのない非常に強い花です。しかし、蒸れには弱いという弱点があるんです。

そのため、ノースポールを育てる際は他の花の一覧に比べると育てるのは簡単ですが、必ず水はけのよい土に植えるようにしましょう。また、土には栄養を高めるために、腐葉土を混ぜておくのがポイントになります。

花言葉で恋愛に関する意味を持つのは?片思いの相手へさりげなく贈る方法 | MensModern[メンズモダン]

冬に花が見たい場合はノースポールが簡単

肥料も少なめでよいですし、害虫にも強いです。冬も軽く水をあげて、月に2回程度追肥すれば充分きれいな花を咲かせるといえるでしょう。

今回の花の種類の一覧の中では植え替えの必要もない種類なの、冬に花が咲くものを選ぶなら、まずノースポールといえます。

ノースポールの花言葉は「誠実」や「冬の足音」、「高潔」などです。画像のように真っ白な花と黄色の花は、とても神秘的な雰囲気がありますよね。ノースポール自体に北極の白い大地を連想させるという意味があるので、そういった点も画像から伝わってきます。

花言葉で希望を意味するお花!友人やお世話になった方へ贈るおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

冬の花④プリムラジュリアン

冬でも色とりどりの花を咲かせるのが「プリムラジュリアン」です。プリムラと言われ方もしますが、この種類の花はプリムラ属と言われる500種類の花になります。

そのためプリムラジュリアンと言っても、花の形の雰囲気はさまざまです。花色は非常に豊富で紫、黄色、ピンク、赤、オレンジ、黄色、クリーム色、青紫、褐色、赤紫と、冬の季節の中でも、色とりどりな花色を楽しむことができます。

プロポーズで花束を贈るときの本数や注意点!おすすめの花の種類は? | MensModern[メンズモダン]

きれいな花を冬の間も咲かせるために

プリムラジュリアンの場合は、水やりの方法として、花が咲いている間は水が切れないようにするのが重要です。花がしおれない程度につねに水で潤っているのが重要です。

基本的に鉢の表面が乾いたら、鉢底から水が流れるぐらいたっぷりと水をやるのがプリムラジュリアンの花を枯らさない方法です。そして、花が咲いているときは、必ず肥料を与えて栄養が不足しないように気をつけましょう。

他の花と同様に花ガラは適宜摘んで、プリムラジュリアン自体が枯れないように気をつけてあげましょう。画像のようにとてもきれいな花がたくさん咲くので、冬の寂しい気持ちになりやすい季節では、プリムラジュリアンはとても喜ばれる花の種類です。

プリムラジュリアンの花言葉は「永続する愛情」、「青春の喜びと悲しみ」、「若き日の躍動と輝き」など非常に花言葉の一覧の中でも文学的な花言葉といえます。

花束のプレゼントは嬉しい?女性へのおすすめの渡し方・選び方まとめ | MensModern[メンズモダン]

冬の花⑤フクジュソウ

冬の花としておめでたい名前でもある「フクジュソウ」。その名前は漢字で書くと「福寿草」になり、新春を祝うおめでたい冬の花なんです。

根茎が短いという特徴があり、冬の中でも早春の季節である2月から5月ぐらいに花を咲かせる種類になります。画像のように土から花がぽつんと頭を出している感じになるのが、とてもかわいらしい花の画像ですよね。

画像のように黄色のきれいな花が咲き、今回の冬の花の一覧の中で、もっとも根茎が短いタイプになります。そのため、雪に埋もれてしまうような状態になることがありますが、冬の間も枯れることなく育つ花になります。

種まきとしては、春頃に咲き終わった花が実になるので、それを取って別の用土に植えれば、翌春ぐらいには発芽するようになります。そこから花が咲くようになるには5年ほどかかるので、すぐに花が咲くタイプの種類とは違うので、長い目で育てるようにしましょう。

父の日に花を贈るなら黄色のバラが人気!由来や意味は花言葉にあった? | MensModern[メンズモダン]

根茎が短いが冬の間も日当たりに注意

フクジュソウは、どうしても短い性質のため日当たりが悪くなりがちです。しかし、花を咲かすためにはしっかりと日光を当てる必要があるんです。

日が当たらないと画像のようにつぼみのまま冬を越えてしまうので、冬の間も花が見たい場合はしっかりと日光があたるように、鉢植えなどにしましょう。冬の間は鉢植えで窓際においてあげると、きれいな花を咲かせることができます。

フクジュソウの花言葉は「幸せを招く」、「永久の幸福」、「悲しき思い出」などです。画像のような綺麗な花を新春のタイミングで咲かせることが出来ると、とてもおめでたい雰囲気になるので、うまく日当たりを調節するようにしましょう。

花言葉はバラの本数や色で意味が違う!特別な人への贈り方まとめ | MensModern[メンズモダン]

冬の花⑥スノードロップ

その名前がまさに冬の季節を思わせる「スノードロップ」。冬の雪が降る中でも白い花を咲かせる花になります。

少し面白いのが、冬の寒い中でも花を咲かせますが、朝になると花を開いて夕方ごろになると花が閉じるという特徴があります。

スノードロップは別名「待雪草」という名前があり、さらに冬らしい名前に感じますよね。秋頃から根を延ばして、冬の寒い時期に芽を出して花を咲かせるという冬の中でも、早い時期に花を咲かせる冬の花です。

花言葉で愛の意味を持つお花は?大切な人へ贈るおすすめの種類を紹介 | MensModern[メンズモダン]

しずくのような花を冬に咲かせる

ちなみに、スノードロップの仲間にスノーフレークという冬の花もあります。同じ冬の花ですが、約1ヶ月ほど開花の時期がズレて、スノードロップは2月ごろ、スノーフレークは3月ごろに花を咲かせます。

水はけがよく日当たりが良い中で育てることが条件なので、外でも室内でも育てることができます。今回の冬の花の一覧の中では、室内よりも外で育てやすい花だといえます。また、肥料は遅効性の肥料を混ぜ込んでおくと、球根が太く育ち、来年の育ちもよくなります。

スノードロップの花言葉は「希望」、「慰め」などの花言葉になります。冬の花として人気ですが、天使がアダムとイブを慰めるたまえに、舞い落ちる雪をスノードロップに変えたなんて伝説もある冬の花なんです。

綺麗な花&花言葉まとめ【画像付】美しい世界の花に癒されよう | MensModern[メンズモダン]

冬の季節でも花はしっかりと咲く

冬の花を一覧で画像とともに紹介しました。冬というと花はつぼみになってしまうイメージですが、冬でもちゃんと花を咲かせる種類がたくさんあるんです。

春や夏に比べると、冬は花もおとなしくなる印象もありますがプリムラジュリアンのように、冬でも鮮やかな花を咲かせる種類もあります。改めて、冬の花の一覧や画像を見ると、そういった色鮮やかな冬の花を発見することができますね。

他の植物も冬の間にしっかりと育てることで、春先には綺麗な花を咲かせてくれます。どの植物も冬の間はじっくりと育つようになるので、冬の季節は植物を温かく見守ってあげる必要があります。

そして、冬の季節でも水は適宜あげる必要があります。冬でもたっぷりと水をあげる必要があるものや、土の表面が乾いたら、水が流れる程度あげるものなど、冬でも水は花にとって重要なものです。

初心者でも冬に育てやすい花はたくさんあります。ノースポールのように冬に強い花からスタートして、他にも冬の花を育てるのに挑戦してみるのがおすすめですね。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ