飛行機で携帯電話は使用できる?機内モードやWi-Fiなど注意点を調査

飛行機で携帯を使用できるのかは、短くないフライトの時間においては知っておいておきたいことですよね。いつまでが良くて、いつからがダメなのか、また、飛行機での携帯の機内モードやWiFiなどに関する注意点などについてもご紹介したいと思います。

目次

  1. 飛行機で携帯の使用
  2. 機内モードとは
  3. 飛行機内で携帯は使用できる
  4. 2014年から飛行機で携帯使用可能に
  5. 飛行機で携帯を使用する条件
  6. 飛行機内でWi-Fiが使える
  7. 飛行機で携帯が使用できないとき
  8. 機内モードでも使えない時がある
  9. 携帯の充電器は飛行機で使える?
  10. 飛行機での携帯の使用まとめ

飛行機で携帯の使用

皆さん、飛行機には乗ったことはありますでしょうか。修学旅行で沖縄に行った!などで学生の方でも乗る機会があるため、飛行機に乗ったことがないという方はそこまで多くはないかと思います。しかしそれでも、まだ飛行機に乗ったことがない方はいることでしょう。

飛行機の中では、フライト中ならば主に景色を眺めて楽しむなど、空を飛んでいなければ味わえないこともあるでしょう。しかし、ずっと外を眺めていても飽きますから、携帯で暇つぶしでもしたいですよね。でも、飛行機で携帯って使用しても良いのでしょうか。

また、携帯にある「機内モード」の使い方や、Wi-Fiの使用などについても気になるのではないかと思います。ということで今回は、飛行機での携帯の使用や機内モード、Wi-Fiの注意点などについてまとめてみました。

機内モードとは

飛行機内での携帯の使用には、「機内モード」が大きくかかわってきますので、最初に機内モードとはどんなモードなのかを簡単にご紹介しておきたいと思います。機内モードとは、一言で言うと、スマートフォンの全ての通信をオフにする機能です。

機内モードになると、携帯電話ネットワーク (音声およびデータ)、Wi-Fi、Bluetooth、GPS、位置情報サービスの通信機能がオフになります。日常生活では、通信機能をオフにすることでバッテリーの消費を抑える、などの目的で利用している方が多いようです。

飛行機内で携帯は使用できる

結論から言いますと、飛行機内で携帯を使用することは普通にできます。初めて飛行機に乗られる方も、「飛行機内で携帯を使って大丈夫なんだろうか」と少し心配になられたこともあったのではないかと思いますが、意外に他の乗客はふつうに携帯を使用していたかと思います。

このように、飛行機内で携帯を使用することは普通にできます。しかし、それができるようになったのはごく最近のことですし、当然ながら制限や注意点もあります。ということで、飛行機内で携帯を使用する際の条件などについても後にご紹介します。

犬を飛行機に乗せる前に知っておくべき事は?注意点や料金など手続きまとめ | MensModern[メンズモダン]

2014年から飛行機で携帯使用可能に

前の見出しで述べた通り、飛行機内で携帯が使用できるようになったのはごく最近のことなのです。国土交通省の定める告示により、2014年9月1日から飛行機内でスマホを含む一部の電子機器類が使用できるようになりました。

飛行機内で使用できるようになったのは、携帯電話、PHS、トランシーバー、パーソナルコンピュータ、ゲーム機、無線式のヘッドホンやイヤホン、電池式のICタグおよび、Bluetoothなどの他の電子機器と無線通信を行う機能を有するものなどが主な機器です。

スマホを含む一部電子機器のうち、作動時に電波を発信しない状態にある電子機器は、テレビ、ラジオ、ビデオカメラ、DVDプレーヤー、電子手帳、電子辞書、充電器などが主な機器です。電波を発しない状態の電子機器であるデジタルカメラは、運航状況によっては使用できない場合もありますのでご注意ください。

飛行機で携帯を使用する条件

次に、飛行機内で携帯の使用をする際の条件についてご紹介していきたいと思います。飛行機は精密機器の塊です。これはスマホなどの携帯電話と変わりませんが、大きさ、規模は桁以外です。なんらかの電子機器が悪影響を及ぼせば、運航に支障をきたす可能性もあります。

携帯を飛行機内でで使用するには、飛行機の離着陸時を含み、電波を発さない状態、つまり機内モードがそれにあたりますので、その状態にしておく必要があります。飛行機に搭乗する前に、携帯を機内モードに設定しておくと良いでしょう。

機内モードは電波を発しない、受信しない状態なので、それが必要なインターネットの利用や通話などは当然ながらできません。また、たとえ利用自体はオフラインでできても、起動時に通信が必要なアプリを使用することもできません。飛行機内でスマホを利用する場合、主に携帯に保存した音楽を聴いたり動画を見ることになります。

飛行機にペットボトルは持ち込みOK?注意点や預かる条件は? | MensModern[メンズモダン]

飛行機内でWi-Fiが使える

そんな訳で電子機器には厳しい飛行機ですが、飛行機内でWi-Fiの使用ができるそうです。2016年1月まではJALのみ国内線のWi-Fiサービス提供していましたが、ANAもWi-Fiサービスの提供を開始しました。

Wi-Fiサービスを利用することで、搭乗中に、スマートフォン、タブレットなど無線LANを接続できる端末で、航空会社独自の動画や電子書籍などのコンテンツを無料で利用できます。インターネットに接続する場合は有料です。機内でWi-Fiに接続するには、搭乗前までに専用のアプリをダウンロードする必要があります。

飛行機で携帯が使用できないとき

機内モードにしていても、携帯が使用できない時があります。機内で携帯が利用できない時間帯は、出発時の「飛行機のドアが閉まった時」から「着陸後の滑走が終了する時」までです。搭乗の時と地上走行から降乗するときには機内モードを解除していても大丈夫ですが、それ以外のフライト中は基本機内モードにする必要があります。

ですので、飛行機のドアがしまったら携帯を機内モードにしておくか、もしくは電源を切る必要があります。スマホを含む一部の電子機器を利用できない時間帯については、機内アナウンスに従うことをおすすめします。

飛行機にノートパソコン(PC)は持ち込みできる?機内での利用は? | MensModern[メンズモダン]

機内モードでも使えない時がある

たとえ機内モードに設定したスマホであっても、その飛行機の機長が安全運航に支障があると判断した場合には、使用できません。また、ペースメーカーなど、医療機器を使用している搭乗者が近くにいる場合、安全を考慮して電子機器の使用を控えなければならなくなる必要があります。注意点として覚えておきましょう。

もし使ってしまったら

携帯を含む一部電子機器の使用に関して違反した場合、つまり使ってはいけない時に携帯を使用してしまった場合には、航空法施行規則第164条15という法律により、50万円以下の罰金が科せられることがあります。飛行機内でスマホを利用するときは、アナウンスをよく確認してから利用しましょう。

携帯の充電器は飛行機で使える?

携帯充電器にも注意点アリ

普段の生活でも使用することが多いモバイルバッテリー。モバイルバッテリーは電池に分類され、機内に持ち込む際には注意が必要です。電池を機内に持ち込む場合、リチウムを含まない、乾電池、ニッケル水素電池、ニカド電池は制限なく機内に持ち込めます。

飛行機の荷物として制限があるのは、リチウム電池またはリチウムイオン電池です。リチウム電池とリチウムイオン電池の違いは、使い捨てのものを「リチウム電池」、充電できるものが「リチウムイオン電池」です。携帯の充電器には主にリチウムイオン電池が使用されているので、制限がかかります。

機内に持ち込めるリチウムイオン電池は、「160Wh」以下のものです。リチウム電池はリチウムの含有量が2g以下であれば機内に持ち込めます。また、携帯などを充電するモバイルバッテリーは機内に持ち込めますが、預けられません。また、ワット数が100Whを超えるリチウムイオン電池は、個数に制限があり機内に2個までしか持ち込めません。

飛行機での携帯の使用まとめ

飛行機でスマホを使用するには条件があり、機内モードにして電波を発したり、受信しない状態にしておけば、機内での利用が可能となっていました。機内では、いつでもスマホを使用できるわけではなく、使用が禁止されている時間帯もあるため、機内アナウンスや機長の指示に従いましょう。

また、携行品として携帯充電器も飛行機内に持ち込むことができるようになっていました。ただし、携帯を充電するようなものには、制限のかかるリチウムイオン電池が使用されていますので、自分の携帯充電器が制限にかからないかを見ておきましょう。

皆さんの中でもし飛行機に乗ったことが無いという方は、ぜひ本記事を参考にして飛行機内での携帯の使用に関する制限や注意点について知っておいてみてください。ということで今回は、「飛行機内での携帯の使用や注意点」などについてまとめてみました。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ