クーラーボックスといえばハードタイプをイメージする人が多いと思いますが、最近ではソフトクーラーボックスの人気も高まってきています。保冷力は劣りますが使い勝手の良さがメリットといえます。ここではおすすめのソフトクーラーボックスと保冷力アップの方法を紹介します。

ソフトクーラーボックスのおすすめ10選!保冷力をアップする方法も紹介

目次

  1. ソフトクーラーボックスはコンパクトにできるのが魅力
  2. クーラーボックスの定番メーカー
  3. おすすめソフトクーラーボックス①アルティメイトアイスクーラーⅡ
  4. おすすめソフトクーラーボックス②エクストリームアイスクーラー
  5. おすすめソフトクーラーボックス③デイリークーラー
  6. おすすめソフトクーラーボックス④insul10ソフトクーラー
  7. おすすめソフトクーラーボックス⑤ハイパー氷点下クーラー
  8. おすすめソフトクーラーボックス⑥ソフトクーラー18
  9. おすすめソフトクーラーボックス⑦シルバーソフトクーラー
  10. おすすめソフトクーラーボックス⑧キャンプアウト クーラーバッグ
  11. おすすめソフトクーラーボックス⑨クーラートート
  12. おすすめソフトクーラーボックス⑩ソフトクーラーREF
  13. ソフトクーラーボックスのおすすめ10選!のまとめ

ソフトクーラーボックスはコンパクトにできるのが魅力

近年アウトドアブームの到来でキャンプなどを楽しむ人が増えていますが、キャンプといえばクーラーボックスが必須アイテムでしょう。特に人気が高いのは保冷力の良いハードタイプのクーラーボックスとなっていますが、頑丈な造りの為に重くサイズが大きいという面もあります。

そこでおすすめしたいのがソフトクーラーボックスです。1泊や2泊するキャンプであれば食材の保存を考えハードタイプを選ぶべきですが、日帰りキャンプでは軽量で折りたたんでコンパクトにできるソフトクーラーボックスが活躍します。そこでここではソフトクーラーボックスの選び方や保冷力アップの方法、おすすめソフトクーラーボックスを紹介します。

ソフトクーラーボックスの選び方

まずはソフトクーラーボックスの選び方ですが、保冷力としては各メーカーで販売されているソフトクーラーボックスに大きな違いはありません。選び方のポイントとしては用途に合わせた容量にあります。ソフトクーラーボックスの用途としては日帰りキャンプや近場でのピクニックとなるでしょう。

また泊まりがけのキャンプでもフルーツなど常温保存は可能でも日光にあてたくない食材を入れておく為にも使えます。ピクニックやキャンプでは運ぶ食材の量に違いがでてくるので用途を考え容量を選んでいく必要があるわけです。またソフトクーラーボックスはコンパクトにして持ち運びを楽にすできるという点も選ぶ際のポイントになります。

ソフトクーラーボックスの保冷力をアップする方法

ただソフトクーラーボックスは保冷力に不安を感じる人が多いのではないでしょうか。せっかく用意した食材が夏の暑さで痛んでは意味がありません。そこでソフトクーラーボックスの保冷力をアップする方法を紹介します。まず保冷剤を入れる事は最低限の方法ですが、ソフトクーラーボックスを2重にする事で格段に保冷力がアップします。

最近では100均でも発泡ケースが販売されているので、ソフトクーラーボックスよりも一回り小さいケースを入れて使います。またサイズ違いのソフトクーラーボックスを組み合わせるのも両方折りたたんでコンパクトにできます。2重にしたクーラーボックスにすき間ができれば常温保存の食材を入れるなど便利な面もあります。

クーラーボックスで保冷力最強なのは?おすすめの選び方や性能を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

クーラーボックスの定番メーカー

おすすめソフトクーラーボックスを紹介する前にクーラーボックスを販売している定番メーカーを紹介していきます。ここで紹介するメーカーはクーラーボックス以外にも様々なアウトドア用品を扱っているので、アウトドア用品の購入で迷う場合は紹介するメーカーの製品を購入すると良いでしょう。

定番メーカー①コールマン

まず1つ目のメーカーはアメリカのコールマンです。世界各国のアウトドア好きに愛されているコールマンはガソリン式のランプから始まったメーカーです。日本でも人気が高く日本法人が設立されてからは日本専用製品の製造販売も行われています。

定番メーカー②ロゴス

定番メーカー2つ目はロゴスです。ロゴスは大阪に本社を置くメーカーで国産アウトドア用品といえばロゴスの名前が必ずでるほど定番となっています。またロゴスではキャンプ用品の他に登山用品や子供向け、ペット向け製品の販売も行っています。

定番メーカー③スノーピーク

最後に紹介する定番メーカーは新潟のアウトドアメーカー・スノーピークです。最近では海外展開も進めているスノーピークですが、製品は少し高めの価格設定となっていますが年数による劣化や過失による破損ではない限り永久保証を行っています。

クーラーボックスの小型おすすめ特集!保冷力が高くてコンパクトが人気? | MensModern[メンズモダン]

おすすめソフトクーラーボックス①アルティメイトアイスクーラーⅡ

それではここからおすすめのソフトクーラーボックスを紹介します。まず1つ目のソフトクーラーボックスはコールマンのアルティメイトアイスクーラーⅡです。アイスクーラーⅡでは25lと35lのラインナップがあり、保冷力も約49時間とソフトクーラーボックスとしては高い性能といえます。

クーラーボックスはコールマンがおすすめ?保冷力・容量など徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

おすすめソフトクーラーボックス②エクストリームアイスクーラー

2つ目に紹介するソフトクーラーボックスはコールマンのエクストリームアイスクーラーです。エクストリームアイスクーラーには取り出し口が搭載されているので冷気が逃げる事を抑えられます。またサイズラインナップも豊富で最も小さい容量の5lはランチボックスとしてもおすすめです。

コールマンのランタンの魅力とは?充実した機能と選ぶ際のポイントを紹介 | MensModern[メンズモダン]

おすすめソフトクーラーボックス③デイリークーラー

おすすめソフトクーラーボックス3つ目はコールマン・デイリークーラーです。デイリークーラーはかわいらしいデザインでスマホや財布を入れるポケットもついています。またカラーはピーチとミントが、形もボックスとトートがあるので使い勝手を考えて購入検討しましょう。

レジャーシートはコールマンがおすすめ&人気No. 1!アウトドアをおしゃれに | MensModern[メンズモダン]

おすすめソフトクーラーボックス④insul10ソフトクーラー

4つ目のおすすめソフトクーラーボックスはロゴスのinsul10ソフトクーラーです。insul10ソフトクーラーはロゴスの定番クーラーボックスで、厚さ1cmの断熱材による高い保冷力に定評があります。上蓋のマジックテープを使う事でコンパクトに折りたたむのも簡単です。

ウォータータンクはキャンプなどアウトドアで大活躍!おすすめと選び方! | MensModern[メンズモダン]

おすすめソフトクーラーボックス⑤ハイパー氷点下クーラー

5つ目に紹介するソフトクーラーボックスはロゴスのハイパー氷点下クーラーです。ハイパー氷点下クーラーは専用の保冷剤を使う事でアイスの保存も最大で13時間可能という驚きの保冷力が特徴です。またボックスのファスナーを閉めるとコンパクト化する事ができます。

アウトドアでコーヒーを楽しむ!道具のおすすめや美味しい淹れ方など紹介 | MensModern[メンズモダン]

おすすめソフトクーラーボックス⑥ソフトクーラー18

おすすめソフトクーラーボックスの6つ目はスノーピークのソフトクーラー18です。ソフトクーラー18は軽量ながら高い保冷力とクッション性の高さから衝撃に強いという特徴があります。ピクニックではお弁当や飲み物入れるだけではなく、クッション性の良さからビデオカメラなどの機器を入れるバッグとしても使えます。

スノーピークアメニティドームの人気調査!初心者にもおすすめの理由とは? | MensModern[メンズモダン]

おすすめソフトクーラーボックス⑦シルバーソフトクーラー

7つ目のソフトクーラーボックスはキャプテンスタッグのシルバーソフトクーラーです。キャプテンスタッグのクーラーボックスは使いやすさと価格を考えた製品が多く、特にシルバーソフトクーラーは安価でキャンプだけではなく夏の買い物バッグとして食材を入れるのにもぴったりです。

燻製器のおすすめ10選!基本的な選び方とアウトドア・室内用を紹介 | MensModern[メンズモダン]

おすすめソフトクーラーボックス⑧キャンプアウト クーラーバッグ

おすすめのソフトクーラーボックス8つ目はキャプテンスタッグのキャンプアウト クーラーバッグです。キャンプアウト クーラーバッグは4lと6l、15lのラインナップでピクニックや日帰りキャンプにぴったりサイズです。価格も安いので試しにソフトクーラーボックスを買ってみたいという人におすすめです。

防水バッグおすすめ5選紹介!海や釣りレジャーに必須のアウトドア用品 | MensModern[メンズモダン]

おすすめソフトクーラーボックス⑨クーラートート

9つ目のソフトクーラーボックスはシアトルスポーツのクーラートートです。クーラートートの特徴は深さがある構造になっている事です。深さがあり開口部が狭めとなっている事で冷気が逃げずらく保冷力を保たせてくれます。また薄型なので持ち運びもしやすいです。

アウトドア用ソファでおすすめは?持ち運びが簡単なエアーソファーなど紹介 | MensModern[メンズモダン]

おすすめソフトクーラーボックス⑩ソフトクーラーREF

最後に紹介するソフトクーラーボックスはサーモスのソフトクーラーREFです。5層の断熱構造による保冷力や保冷剤や小物を入れるポケット、簡単にコンパクト化できる設計などとても使いやすく安価なソフトクーラーボックスとなっています。保温容器を製造するサーモスだけあり保冷性能も高いものとなっています。

アウトドア用食器セットのおすすめは?収納しやすい・おしゃれな商品まとめ | MensModern[メンズモダン]

ソフトクーラーボックスのおすすめ10選!のまとめ

ソフトクーラーボックスについて紹介しましたが、保冷力はハードタイプのクーラーボックスにまだ敵わないといえます。ただ使い方で保冷力がアップしピクニックなどではコンパクトにできるソフトクーラーボックス使いやすいといえます。

またソフトクーラーボックスはランチボックスや日常の買い物袋としても使う事ができます。活躍の幅が広いのはソフトクーラーボックスといえるでしょう。それではソフトクーラーボックスに興味がある人はここで紹介した情報を参考にしてみて下さい。


評価 4.2/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ