インバーター発電機おすすめランキング!キャンプで役立つ人気メーカーは?

キャンプやアウトドアにもっていけば、スマホの充電からパソコンなども充電が可能な便利なインバーター発電機。緊急災害時にも対応できる便利アイテムだが、どれがいいのかわかりにくい。そこで今回は、人気メーカーを含めおすすめのインバーター発電機を紹介しよう。

目次

  1. インバーター発電機とは?
  2. インバーター発電機のメリットやおすすめの理由は?
  3. インバーター発電機の選び方
  4. インバーター発電機 使用上の注意点は?
  5. 5位 発電機の老舗!ホンダ
  6. 4位 コスパで選ぶなら工進
  7. 3位 燃料の選択肢が豊富!Denyo
  8. 2位 低価格で色も豊富!バイクパーツセンター
  9. 1位 圧倒的静音性!ヤマハ
  10. 用途に合ったインバーター発電機を使って快適なキャンプを!

インバーター発電機とは?

インバーター発電機とは、家庭で使用している高質な電源と同等の電気を発電できる機械のことだ。通常電化製品などを使用する際には家庭であれば家庭用電源から電気を供給して使用する。しかし、外であればその電気の確保は非常に難しい。

その理由は、発電機の中でもいろいろあるが、安定した電気を供給できないからだ。安定した電気を供給できなければ家電製品の故障を招く恐れもあるため、例えば精密機器であれば誤作動を起こしたり、傾向などでも過負荷から性能を十分に発揮できない可能性もある。インバーター発電機などの安定した高質な電気を供給してくれる道具が必要になるのだ。

このインバーター発電機さえあれば、パソコン安どの精密機関もキャンプ場で使用することもでき、ゲーム機などの機器や、もちろん蛍光灯なども問題なく使用することができる。この記事では、知っておきたいインバーター発電機の特徴とおすすめの人気メーカーを紹介していこう。

ソロキャンプに必要な道具を紹介!初心者にもおすすめの人気アイテムは? | MensModern[メンズモダン]

インバーター発電機のメリットやおすすめの理由は?

【インバーター発電機のメリット&特徴①】運転音は意外に静か!

それでは、まずはインバーター発電機のメリットや特徴を紹介していこう。まず発電機と聞くとその運転音が気になる人も多いだろう。とてもうるさくて運転音の激しい機械名のではないかと思う人も多いはずだ。しかし、実は機種によっても多少異なるが、メーカーの測定値では50~70dBA程度の音になる。

これは、60dBAでふだんの会話もしくは騒がしい事務所の中程度の値になるので、それほどうるさくはないのだ。配置さえ工夫すれば、運転音はほとんど気にすることなくアウトドアでも日常使いでも使用できるだろう。快適さに不安があった人でも、この運転音程度であれば、損なうことなく使用できるので人気も高いのだ。

【インバーター発電機のメリット&特徴②】電化製品の使用を助けてくれる!

もちろんインバーター発電機のメリットと人気の理由は、使用できる電化製品幅が広がるという点だ。どんな家電製品でも使用可能という点がメリットの大きいところ。周波数の安定した質の良い電気を供給してくれるインバーター発電機なので、パソコンやゲームなどの精密機器でもしっかりと活用できる。

また、ついつい蛍光灯名で度であれば電源なんてどれでもいいと思いがちだが、実は不安定な電源だと過負荷がかかって故障の原因や、本来の出力を安定して出せないケースもある。その点、インバーター発電機であれば、蛍光灯でもしっかりと安定して使用することができるので、こちらでもおすすめできるというわけだ。

【インバーター発電機のメリット&特徴③】重量は女性でも扱える程度の重さ

音と同じく気になるのが、その重量だろう。男性であれば問題なくとも、女性であれば重すぎると自分で持ち運びできず不便だ。発電機と聞くと、やはり重いものを想像するので、扱いも難しいのではと思う人も多い。人気のインバーター発電機であっても、この重量はさすがに大きな問題と感じている人も多いはずだ。

しかし、実はこちらも機種によって多少異なるが、軽量に設計されたタイプもあり、そちらでは約20キログラム程になる。少し重いが、しかし女性一人でも持ち運ぶのは不可能ではないよう設計されているのだ。アウトドアはもちろん緊急時にも使えるように設計してあるものもア多いので、けっして取り扱いが難しいほど重くはないのだ。

インバーター発電機の選び方

【インバーター発電機の選び方①】利用するシーンと接続する機器で選ぼう

インバーター発電機の便利さやおすすめの理由は理解できただろうが、しかしかといってインバーター発電機であればどれでもいいわけではない。きちんと自分にあったインバーター発電機を選ぶ必要があるが、それではどんなポイントに注意して選べばいいのか解説していこう。

まずは使用するシーンに合わせて、そして、接続する機器で選ぶようにしよう。インバーター発電機を使う環境と、接続する機器をしっかりと想定しておくことは非常に重要なのだ。基本的に、インバーター発電機は電動工具のほかに、精密家電も動かしたい場合に活用するのがおすすめ。

他に、電子制御機能がついていない家電や電動工具を動かす場合や大型のモーター機器を動かす場合では、インバーター発電機よりも、より適したスタンダード発電機や、三相発電機などの発電機のタイプを選択したほうがおすすめなので、接続する機器と使用環境を考えて選ぼう。

インバーター発電機の選び方②】機器の起動電力と消費電力を調べよう

次に、動かす機器の起動電力と消費電力を把握しておくことをおすすめする。起動電力とはその名のとおり、機器が起動するのに必要な電力のことだ。そして、消費電力は、動き続けるために必要な電力のこと。例えば電球であれば起動電力100W・消費電力100W程度となるが、冷蔵庫になると機種にもよるが、起動電力240W・消費電力60Wにもなる。

よって、例えばこれらの機器を同時に使用したいと思ったときには、全部で500Wの電力が必要になるということで、500Wよりも大きな出力をもつ発電機が必要になるということなのだ。なお発電機のスペック表記では、VAという言葉が用いられるが、1W=1VAとなるので覚えておこう。この起動電力と消費電力については注意しておこう。

インバーター発電機の選び方③】燃料のタイプで選ぼう

次に燃料のタイプにも注意して選ぶことをおすすめする。主にガソリンタイプとカセットボンベタイプの二つに大別されるインバーター発電機。ガソリンタイプは発電にかかるコストを安く押さえることができ、長時間の稼動にも耐えることができる特徴を持つ。

一方、カセットボンベタイプは燃料の保管がしやすく、ガソリンと比較して燃料の使用期限が長いため、防災目的に向いているといえるのだ。それぞれの燃料のタイプで特徴が異なり、向き不向きもあるので、それぞれに対応したものを選ぼう。

インバーター発電機 使用上の注意点は?

【インバーター発電機の使用上の注意点①】屋内の使用は避けること

インバーター発電機は、これほどメリットも多く、人気も高いことがわかるが、かといって全く注意が不要というわけでもない。使用上の注意を怠ると危険も多いのだ。なかでも注意しておくべきことが、屋内での使用だ。発電機の排気ガスには一酸化炭素が含まれている。

知らずに吸引すると一酸化炭素中毒になる可能性が高く、非常に危険なのだ。アウトドアなどで使用する際には、この点においての注意は必要ないが、しかしテント内での使用などは避けておくべきだ。

【インバーター発電機の使用上の注意点②】燃料は換気のいいところで補給を!

ガソリンやオイルなどの燃料は非常に揮発しやすく、引火しやすい性質をもつ、そのため、引火すると爆発して大規模な事故の原因になる可能性もある。なので、大変危険だ。燃料の補給の際には、必ずエンジンを停止させ、そして換気のいいところで行うようにしよう。

【インバーター発電機の使用上の注意点③】取扱説明書を必ず読むこと

発電機を使用するにあたり、本体や付属品がそろっているかどうか確認し、どんな場所で使用するべきなのかは必ず確認しよう。燃料の補給方法やエンジンのかけ方、電気機器の接続方法、発電機の停止の仕方や発電機を使用する際の注意点の確認を怠ると、実際に使用する際に危険。

メーカーによっては、説明書以外にネット上に動画資料などを用意しているケースもある。その場合は、そちらもしっかりと見ておき、正しい使い方を理解して使用するようにしよう。事故やけがを未然に防ぐためにチェックしておけば、事前の動作確認もできるため、非常に有用だ。

5位 発電機の老舗!ホンダ

ホンダ EU9i-entry インバーター発電機

それでは人気のメーカー毎におすすめのインバーター発電機をランキング形式で紹介していこう。発電機の中でもホンダの製品は老舗で信頼性の高いものが多い。なかでもこちらのインバーター発電機は本田の製品の中でも特に軽量で、その重量はわずか13キロと最軽量モデルだ。

一般的な発電機は30kg~50kgなので携帯性が非常に高いといえる。また、エコスロットル機能で、使用電力に応じてエンジン回転数をコントロールしてくれる機能もついており、エンジン負荷をえらうことができる。これにより低燃費を実現している。最大連続運転時間は7.1時間と長い点も非常に人気の理由だ。

ホンダ エネポ EU9iGB 900VA

こちらもホンダの製品のなかでもランキング上位に位置する人気を誇るインバーター発電機だ。ホームセンターやラックストアーで売られている一般的なカセットガスボンベをそのままセットして稼働させることができるタイプで、持ち運びも便利で使いやすく、口コミでも高い評価を得ている信頼度の高い製品だ。

インバーター発電機を使用するのが初めての方でも簡単に安心して使用することができるだろう。そのコンパクトさからキャンプで使用する以外にも、防災用として使用することでも高い人気を誇る製品なので、屋外作業でもぴったりと一台といえる。

4位 コスパで選ぶなら工進

工進 インバーター発電機 GV-16i

4位にランキングしたのが、工進というメーカーだ。こちらはコスパに優れた製品を多く展開しているメーカーで、最も人気が高いのがこちらのインバーター発電機になる。駆動音も59~65Ddbと比較的静かで、場所を問わずに使うことができると非常に人気。また、シガーソケットが付いており、車載用の機器が使えるのもポイントだ。

また、エコモード搭載で、パワーインジケーターが付いており、大まかな電力使用量も視認しやすい親切設計となっているので、とても使い勝手の良い人気の高いおすすめ製品と呼び声が高い。

3位 燃料の選択肢が豊富!Denyo

デンヨーカセットボンベ・エンジン発電機 GE900B

3位にランキング入りしたメーカーがこちらのデンヨー。重量が軽めで、大きさもコンパクトなので、キャンプにもおすすめの発電機だ。カセットボンベ式のインバーター発電機で、入手が容易で、消費期限も長いガス型なので、災害発生時の緊急電源としても最適。

2位 低価格で色も豊富!バイクパーツセンター

バイクパーツセンター インバーター発電機 SF2600F 100V2600W

低価格でコスパに優れたインバーター発電機を多く展開しているのが、2位にランキング入りしたこちらのメーカーだ。なかでもこのインバーター発電機は同型の他機種と比べてやや重く作られているものの、バッテリー内臓のため、スイッチ操作で簡単に起動することが可能。

出力が高い割りに安価で人気も高く、コストパフォーマンス的には最高クラスだ。さらに、付属品も豊富で、持ち運び用のキャスター・ハンドルが付いているので、キャンプなどの持ち運びが必要な時でも快適。性能の高さは今日評価を多数得ている製品として有名だ。

バイクパーツセンターインバーター発電機 900W SF-1000F

このメーカーの製品の中でも、樹脂製カバーを採用し、コンパクトかつ軽量に作られた発電機がこちらの発電機。価格も安価なので手軽に購入でき、駆動音についてもそれほど大きくないので使用も快適だ。しかし、連続使用は6時間以上の稼動は不具合が生じる可能性があるのでおすすめできない。キャンプなどの使用時も注意しよう。

1位 圧倒的静音性!ヤマハ

ヤマハ 防音型インバータ発電機 EF1600iS

他のメーカーと比較して、圧倒的な静音性能を誇るのが、1位にランキング入りしたヤマハだ。なかでもこちらの製品は、パワーがあるにも関わらず小型を実現している。圧倒的な静粛性能は、キャンプ場の静かな中で使っていても違和感がないとかなり快適な使い心地だ。小型のため持ち運びも便利で、非常におすすめの製品だ。

ヤマハ 発電機 インバーター EF2000IS

こちらの製品は、キャンプなどの使用時だけでなく、DIYでの稼動に十分なスペックを兼ね備えている製品になる。重量こそ少々重いものの、非常に稼動が静かで、出力も申し分ない。バッテリーの充電も可能なため、遠隔地でバッテリー工具を使用する業種にも使われているほどだ。

キャンプ道具の自宅収納アイデア!ボックスを使ったすっきり整理整頓術 | MensModern[メンズモダン]

用途に合ったインバーター発電機を使って快適なキャンプを!

今回は、ランキング形式でおすすめのインバーター発電機とメーカーを紹介してきた。このほかにも同メーカーでインバーター発電機は沢山ある。それぞれの用途や求める能力に合わせて、しっかりと選んで使っていってほしい。キャンプやアウトドアをより快適なものにしてくれること間違いないだろう。

クイックキャンプの注目アイテムを紹介!秒速で設営できるのが魅力! | MensModern[メンズモダン]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ