芸能人のギャラの相場ランキング!年収や月収情報も大公開!

芸能人のギャラは幾つ?ギャラが最も高いのは誰?相場は幾ら?年収や月給は幾らなの?芸能人のギャラは、一体どうやって決まっているの?グループだと更に厳しい?今回は、そんな芸能人のギャラ相場に関する話題について、調べていきたいと思います。

芸能人のギャラの相場ランキング!年収や月収情報も大公開!

目次

  1. 芸能人のギャラランキング
  2. 芸能人のギャラ10位
  3. 芸能人のギャラ9位
  4. 芸能人のギャラ8位
  5. 芸能人のギャラ7位
  6. 芸能人のギャラ6位
  7. 芸能人のギャラ4位
  8. 芸能人のギャラ4位(同率)
  9. 芸能人のギャラ3位
  10. 芸能人のギャラ2位
  11. 芸能人のギャラ1位
  12. 芸能人のギャラ相場は?
  13. 芸能人のギャラまとめ

芸能人のギャラランキング

よくメディアで芸能人のギャラが話題になっていますが、ギャラが最も高い芸能人は誰なのか?ギャラの相場は幾ら?年収や月給は幾らなの?芸能人のギャラは、一体どうやって決めているの?アイドルグループだと更に月給が厳しいというのは本当?今回は、そんな芸能人のギャラや相場に関する話題について、詳しく調べていきたいと思います。

芸能人のギャラ10位

それでは、2017年の芸能人のギャラランキングを発表したいと思います。今回は、週刊誌『日本大衆』から発表された、ランキングを引用させていただきます。

芸能人のギャラランキング10位は、俳優・坂上忍さん。坂上忍さんの1本辺りのレギュラー番組のギャラは120万円で出演本数は9本。CM1本辺りのギャラは3000万円で出演本数は1本であり、推定年収は5億7000万円となっております。

坂上忍さんは、情報番組『バイキング』(フジテレビ系)のMCなど、バラエティ番組に出演する機会が多いですね。

芸能人のギャラ9位

芸能人のギャラランキング9位は、お笑い芸人・明石家さんまさん。明石家さんまさんの1本辺りのレギュラー番組のギャラは300万円で出演本数は4本。CM1本辺りのギャラは1億円ですが出演本数は無く、推定年収は6億円となっております。

明石家さんまさんは、『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)、『ホンマでっか!TV』(フジテレビ系)など、現在も色々な番組で活躍していますね。

芸能人のギャラ8位

芸能人のギャラランキング8位は、お笑い芸人・タモリさん。タモリさんの1本辺りのレギュラー番組のギャラは300万円で出演本数は3本。CM1本辺りのギャラは1億円であり出演本数は2本で、推定年収は6億5000万円となっております。

タモリさんは、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)終了後も、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)、『ブラタモリ』(NHK総合)で活躍していますね。

芸能人のギャラ7位

芸能人のギャラランキング7位は、アイドル・中居正広さん。中居正広さんの1本辺りのレギュラー番組のギャラは150万円で出演本数は5本。CM1本辺りのギャラは5000万円で出演本数は2本で、推定年収は7億2500万円となっております。

中居正広さんはSMAP解散後もバラエティ番組の司会やCMで活躍しています。でも、解散後は俳優として出演する機会は無いですね。

芸能人のギャラ6位

芸能人のギャラランキング6位は、お笑い芸人・内村光良さん。内村光良さんの1本辺りのレギュラー番組のギャラは200万円で出演本数は7本。CM1本辺りのギャラは3500万円で出演本数は1本で、推定年収は7億3500万円となっております。

内村光良さんは、バラエティ番組の司会の他、コント番組『LIFE』(NHK総合)で現在もコントに力を注いでいます。

芸能人のギャラ4位

芸能人ギャラランキング4位にランクインしたのは、お笑い芸人・太田光さん(爆笑問題)。太田光さんの1本辺りのレギュラー番組のギャラは120万円で出演本数は11本。CM1本辺りのギャラは3000万円で出演本数は4本であり、推定年収は7億8000万円となっております。

しかし、太田光さんの話によりますと、妻・太田光代さんから貰うお小遣いは毎月5万円だと話しております。割としっかりとした妻ですね。

明石家さんまの年収は?ギャラや資産はどれくらい持っているのか調査 | MensModern[メンズモダン]

芸能人のギャラ4位(同率)

太田光さんと同率で芸能人のギャラランキング4位にランクインしたのは、お笑い芸人・松本人志さん(ダウンタウン)です。レギュラー番組1本辺りのギャラは2000万円で、出演本数は7本。CM1本辺りのギャラは4000万円で出演本数は2本であり、推定年収は7億8000万円と言われています。

松本人志さんは、2017年8月27日放送の情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、自身のギャラ事情について、自身がレギュラー出演する深夜バラエティ番組『クレイジージャーニー』(TBS系)が、放送時間が15分増えた分、ギャラも上がったとのことだが、松本はその額を「うまい棒5000本分くらい(=約5万円)ですよ」と例えていましたが、視聴者からの共感は得られませんでした。

声優の平均年収と給料ランキング!若手からベテランまでご紹介! | MensModern[メンズモダン]

芸能人のギャラ3位

芸能人のギャラランキング3位に入ったのは、お笑い芸人・有吉弘行さんでした。有吉弘行さんは、レギュラー番組1本辺りのギャラが120万円で本数は12本、CM1本辺りのギャラが3000万円でCM出演数は4本となっており、推定年収は8億4000万円となっております。

有吉弘行さんが猿岩石としてブレイクした時の月給は、最高で2000万円程度に達していましたが、「ブームはそう長くは続かない」と考え、毎月の生活費を抑え貯蓄に励んでいたそうで、おかげで不遇の時代は借金をせずに済んだそうです。

芸能人のギャラ2位

芸能人のギャラランキング2位に選ばれたのは、コラムニストでタレント・マツコ・デラックスさんでした。

マツコ・デラックスさんは、1本辺りのギャラが100万円で出演しているレギュラー番組は8本、CM1本辺りのギャラが5000万円で出演するCMは12本となっており、2017年の年収は推定10億円と言われています。

マツコ・デラックスさんは、毒舌キャラで人気を集めており、現在も売れっ子として活躍していますね。もちろん、本人が執筆したコラム本の収入も入っているものと思われます。

芸能人のギャラ1位

気になる芸能人のギャラランキング栄えある1位は、お笑い芸人・ビートたけしさんでした。1本辺りのギャラは300万円、CM1本のギャラは1億円で、年収は推定13億円となっています。

ビートたけしさんは、7本のレギュラー番組に出演し、3本のCMに出演しています。ちなみに、他でCMのギャラが1億円の芸能人は、明石家さんまさんとタモリさんがいらっしゃいます。皆さん、現在も活躍されていますから、ギャラも高いですね。

芸能人のギャラ相場は?

上記のとおり、かなり高い年収をもらっている芸能人を紹介してきました。では、芸能人のギャラの相場は、一体どうなっているのでしょうか?調べたところ、ギャラの相場は芸能人の人気と事務所によってピンキリとなっており、平均値は決まっていません。ただ、売れっ子になってくると、数百万円の月給がもらえるそうです。割と高いですね。

しかし、売れていない芸能人だと、ギャラは数千円から数万円と、お小遣い並みであり、とある売れないお笑い芸人のギャラの明細が諸経費を引くとマイナスだったという何とも笑えない話もありました。本人にとってはかなり厳しいでしょうが、事務所としても赤字だったそうなので、芸能人が売れないと事務所も大変ですね。

一たび人気が出れば、ギャラは高くなりますが、ギャラが高いのに視聴率が取れなくなると、次第に干されていきます。つまり、一見高いと思っても、彼らのギャラは適正な金額と言えるでしょう。やっぱり、厳しいですね。

しかし、出演者のギャラが高すぎて支払いが出来ず、泣く泣く番組を打ち切った番組も多いです。『さんまのまんま』(フジテレビ系)が2016年9月に打ち切られた際、司会の明石家さんまさんはラジオで「もう制作費が出ないんですね。今の放送局は不景気だから。オレ、ギャラが高いねんな。頑張って下げたりもしたんですけど、もう下げ切れずという感じ…」と語っていました。

芸能人のギャラはどうやって決めるの?

では、芸能人の月給は、一体どうやって決めているのでしょうか?以下で、詳しく見ていきましょう。

例えば、局から支払う出演料が仮に50万円だとしても、タレント本人に入る金額は5万円なんてケースもあり得ます。事務所の取り分を引いたものがタレントに渡るので、契約によってはかなり少なくなることも珍しくないです。本人、事務所、それぞれの取り分のパーセンテージは異なっており、決まったルールはありません。その為、事務所選びを間違えると、大変なことになるかもしれません。

更に、事務所もタレントを売り出す為に先行投資している部分があり、営業などの経費もあるわけで、それらが天引きされた金額が本人の取り分になります。折半なら、まだ高い方です。また、賞金付きの番組でもらった賞金も同様で、本人にそのまま入る訳ではないです。なかなか、厳しいですね。

また、ニュース番組など帯番組の場合、年間契約する代わりに、芸能人のギャラを安くしてもらうケースがあります。また、同じ事務所の芸能人をバーターでキャスティングしてもらう代わりにギャラを安くするケースもある模様です。

一般の会社員のように、毎月一定の給料を受け取る月給制の所もありますが、基本給と出来高の複合型や、完全歩合制の場合もあります。余程売れて、しかもその状態が途切れないなど、状況が大きく変わらない限りは、契約を結んだ時点での内容が延々と続くことになります。

まさに最初にどんな事務所を選んだかが、その後のキャリアを大きく左右することになります。また、よく芸能人の推定年収などがメディアで特集されますが、実際にタレントの手元に入る金額はそれよりも、下回ることが多いそうです。よくテレビ番組で、芸能人が「メディアで報道されている程の月給は貰っていない」と話すことが多いですが、決して謙遜では無いのですね。

メンバーが多い所はギャラが更に厳しい?

また、アイドルグループなど、メンバーが多い所は、人数と若さもあって、ギャラが更に厳しくなるそうです。例えば、5人組アイドルグループの場合、事務所の取り分を引いた月給を5等分に分けた分が月給になってしまいます。

しかし、それだけではとても生活できないので、事務所が借りたワンルームマンションに住まわせている所があります。そうすればアイドル本人も生活が助かりますし、事務所もタレントの生活管理ができるので一石二鳥となります。しかし、ソロで出ている場合はこの限りではないと思います。でなかったら、AKBグループやジャニーズJrは、一体どうなってしまうのかが気になりますね。

芸能人のギャラまとめ

今回は、芸能人のギャラランキングの他、ギャラの相場や月給の決め方について、ご紹介していきました。芸能人に憧れる人は現在も多く、人気のある芸能人は、高い年収を得られますが、そうでない芸能人は生活が極めて厳しいみたいですね。他にも、気になることがありましたら、是非自分で調べてください。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ