マリオシリーズのキャラクター画像まとめ!名前・特徴など一覧で紹介

人気ゲームの「マリオシリーズ」。このマリオシリーズには様々なキャラクターたちが存在しています。そんなキャラクターの名前や特徴を画像つきで一覧で紹介します。それぞれのキャラクターの名前や特徴を、画像の一覧から改めて確認してみましょう。

マリオシリーズのキャラクター画像まとめ!名前・特徴など一覧で紹介

目次

  1. マリオシリーズのキャラクター一覧
  2. マリオキャラクターの主役「マリオ」
  3. マリオキャラクターの「ルイージ」
  4. マリオキャラクターのマスコット「ヨッシー」
  5. マリオとヨッシーというキャラクターの関係
  6. マリオキャラクターのお姫様「ピーチ」
  7. マリオキャラクターのピーチがさらわれる理由
  8. マリオキャラクターのラスボス「クッパ」
  9. マリオキャラクターのクッパのモデルは?
  10. マリオキャラクターで準主役な「キノピオ」
  11. 実は女の子も存在したマリオキャラクターのキノピオ
  12. マリオキャラクターの悪役たち
  13. マリオキャラクターのドンキーコングたち
  14. マリオキャラクターの敵キャラたちも魅力
  15. キャラクター一覧にはかわいいキャラがいっぱい
  16. ゲームの歴史にマリオキャラクターたちあり

マリオシリーズのキャラクター一覧

現在もシリーズが定期的にリリースされ、多くのゲームにもゲストキャラクターとして登場するマリオ。そんなマリオシリーズは、マリオを始めとして個性豊かなキャラクターたちが魅力の作品でもあります。

今回は、そんなマリオシリーズに登場する味方キャラクターの一覧や敵キャラクターの一覧を画像付きで紹介します。あのキャラクターの名前が思い出せないときは、このマリオキャラクターの一覧を参考にしてみてください。

そして、マリオキャラクターたちに隠されたあんな設定やこんな設定も一覧の中で紹介しています。マリオの本当の名前だったり、あのマリオキャラクターが実はそんな理由で登場しているなど、キャラクターの一覧には秘密がいっぱいですよ。

マリオキャラクターの主役「マリオ」

やはりキャラクターの一覧の最初に登場する名前はマリオです。赤い帽子と青のオーバーオール、そして立派なヒゲが特徴のキャラクターです。

マリオシリーズだけでなく、任天堂の看板キャラクターであり、なんとリオ五輪の閉会式で、東京オリンピックにつなぐキャラクターとしてマリオが登場するなど、その存在は世界にも名前が知られたキャラクターです。

そんなマリオの名前は「マリオ・マリオ」というのが本名です。1番初めに登場した「ドンキーコング」においては特に名前がなく、2作目の登場作品で初めて「マリオ」という名前が決まりました。

マリオ・マリオという名前は任天堂のアメリカ支社において、イタリア人の社員の名前から取ったものなのだとか。この特徴的なマリオの姿も、初めて登場したファミコンの色の制限から生まれたものなんですよ。

このマリオという名前は非常に有名であり、年齢設定は24歳から26歳ぐらいの間のようです。あまりにもマリオという名前が有名なことから「ゲーム史上、世界で最も知られているゲームキャラクター」としてギネス登録され、他にも様々なゲームに関係するギネス記録に関わっています。

マリオキャラクターの「ルイージ」

そんなマリオの弟でありながら、やや不遇のキャラクターといえるのが「ルイージ」です。正式な名前はマリオの弟なので「ルイージ・マリオ」という名前です。

ルイージの特徴はでっぷりとした体型のマリオに対して、長身で細身なところが大きな特徴です。また、カラーが緑であることも大きな特徴ですよね。並んでいる画像を見るとその特徴がはっきりします。

勇敢な兄であるマリオに比べると、臆病でマメな性格というのも特徴ですよね。そういった部分は本作であったり、漫画作品の中でやや自虐的なネタとして使用されています。

一番初めに登場したときはマリオと操作性的な違いはなかったのですが、その後はジャンプ力がマリオよりあるけれど、滑りやすいという特徴がつけられました。そのせいで、かなり操作が難しいキャラクターになってしまい、兄と比べるとやや不人気といえますね。

とはいえ、不遇の時代を経てついに「ルイージマンション」というルイージが主役のゲームが作られるなど、長い間耐えに耐えた結果、主役の座を掴むなどマリオキャラクターの一覧の中で忘れてはならない存在です。

マリオキャラクターのマスコット「ヨッシー」

「スーパーマリオワールド」で初登場したヨッシーというキャラクター。この名前や画像は有名でも、そのヨッシーが一体何者なのか詳しく知らない人も多いことでしょう。

実はヨッシーという名前は通称で、正式な名前は「T.ヨシザウルス・ムンチャクッパス」という名前なんです。あくまで、ヨッシーという名前は一族の名称であり固体の名前ではないんです。

また、ヨッシーは恐竜の一種とされていますが、一部ではカメ族の一種という設定もあります。非常に温厚な性格で、マリオたちの良きパートナーです。ヨースター島に多く生息し、ルイージよりも先に「ヨッシーのたまご」や「ヨッシーのクッキー」で先に主役になった人物でもあるんです。

マリオとヨッシーというキャラクターの関係

初登場したのはスーパーマリオワールドですが、マリオたちとヨッシーが出会ったのは「スーパーマリオ ヨッシーアイランド」において、まだ赤ん坊だったマリオと出会っているんです。

スーパーマリオワールドでは、クッパ軍団に囚われて卵に閉じ込められていたところを、マリオたちに助けられたことから、マリオたちを背中に乗せて走るようになります。長い舌でフルーツを食べ、火を吐いたり甲羅を飛ばす事ができます。

メインのヨッシーは緑色ですが、他にも画像のように色違いのヨッシーが「赤、青、黄、水色、オレンジ(茶色)、紫、桃色、白、黒」とさまざま存在しています。シリーズによっては性能差がある場合もあり、マリオのゲームの楽しみのひとつになっています。

マリオキャラクターのお姫様「ピーチ」

マリオたちが毎度助けに行くことにキャラクターが「ピーチ」です。名前は一部では「ピーチ姫」と表記されることもありますね。

キノコ王国の姫であり、マリオシリーズのヒロインです。ピーチ城には多数のキノピオたちが存在しており、物知り老人の「キノじい」を初め多くの側近がピーチ姫をお世話しています。

ピーチ姫の1番の秘密は「年齢」で非公開になっています。マリオやルイージとは赤ん坊時代からの知り合いで、その描写からピーチ姫のほうがやや年下であることが伺えます。

マリオキャラクターのピーチがさらわれる理由

たびたびクッパにさらわれてしまうことから、キノコ王国の防衛力を疑問視するファンも多く、さらわれることを楽しんでいるのでは?と思われてしまうことです。

実はピーチ姫は、姿を変えられた国民を元に戻す魔法が使えるという設定があり、クッパがピーチ姫をさらう理由も、ピーチ姫の魔法によって自分の姿を魔物から元に戻してもらうという設定もあったようです。

同時にクッパたちによって姿を変えられた者たちを、元に戻すのを防ぐためにさらっているわけだったのですが、現在はその設定はメインのマリオシリーズの中ではあまり使われていません。

マリオキャラクターのラスボス「クッパ」

そんなピーチ姫をいつもさらうのが「クッパ」。正式な名前は「大魔王クッパ」であり、シリーズによっては「クッパ大王」や「クッパ大魔王」、「魔王クッパ」という名前が使われたこともありました。

クッパ軍団のボスであり、得意技としては口から吐く灼熱の炎が強烈です。ピーチ姫をさらってキノコ王国の平和を乱す存在なものの、ちょっと抜けているところがあるせいか、マリオたちにいつもあと一歩のところで野望を阻止されています。

ピーチ姫をさらう理由は先程紹介したような理由であり、最近はピーチ姫と結婚するためという設定が一般的になっています。

マリオキャラクターのクッパのモデルは?

このクッパの外見的な特徴は、1960年に東映映画が製作した「西遊記」の牛魔王を元にしていると言われています。これは、マリオシリーズを開発した宮本茂が描いたものを、小田部羊一再デザインして生まれたそうです。

また、そのクッパという名前も、なかなかボスキャラの名前が決まらなかった中で、開発者の一人がお腹が減ったのか、焼肉屋でクッパを食べることを口にしたため、そのことが決め手になったと言われています。

ちなみに、開発者の宮本茂はクッパというのを焼肉屋の肉のメニューの一種だと思っていたのだとか。外見のかっこよさとその肉に関係する名称だと気に入っていたものの、最終的にはお粥の一種だと知ったなんてエピソードもあるんです。

マリオキャラクターで準主役な「キノピオ」

いつのまにかプレイヤーキャラクターとして当たり前の存在になった「キノピオ」。あくまでこの名前は種族全体を表すものですが、基本的にキノピオという名前で色違いのキャラクターたちも呼ばれます。

他の種族と違って、身長が低く小柄な体型が特徴です。頭が大きく、キノコの笠のような帽子を被っています。基本色は白地に赤ですが、他にも水色やピンクなど他の色のキノピオも存在します。

初登場は「スーパーマリオブラザーズ」で、その後の「スーパーマリオUSA」においてはプレイヤーキャラクターに昇格しました。キノコ王国でピーチ姫の臣下として仕えているものが基本になります。

実は女の子も存在したマリオキャラクターのキノピオ

多くのマリオシリーズに登場する準主役的な存在であり「マリオカート」にも登場しています。ちなみに「ワリオの森」では主人公として登場するなど、主役になったことがあるのを忘れられているキャラクターでもあります。

お助けキャラクターや、司会進行を担当することも多く、マリオシリーズを影で支えてくれる縁の下の力持ち的なキャラクターです。

男の子と思われるキノピオ以外に「マリオカート ダブルダッシュ!!」では「キノピコという女の子風なキャラクターも登場しています。また「スーパーマリオサンシャイン」ではピーチ姫の執事として「キノじい」というキャラクターも登場しています。

マリオキャラクターの悪役たち

マリオシリーズにはクッパ以外にも、マリオにとって悪役やライバルといえる存在がいます。例えば「ワリオ」はそういったマリオの強力なライバルといえる存在です。

初登場は「スーパーマリオランド2 6つの金貨」でした。このときは完全に敵役だったものの、その後は「ワリオランド」や「メイドインワリオ」では主役になり「ワリオシリーズ」というマリオシリーズの派生作品の主役になりました。

ルイージの画像の色を変えただけで一気に雰囲気がわかると言える存在が「ワルイージ」です。マリオにとってワリオがライバルであれば、ルイージにとってはワルイージがライバルといえますね。

「マリオテニス64」で初登場し、その後も「マリオパーティシリーズ」を中心にプレイヤーキャラクターとして参戦しています。

マリオキャラクターのドンキーコングたち

もともとはドンキーコングの脇役だったマリオ。そのドンキーコングの主役こそが「ドンキーコング」です。ちょっと勘違いしやすいのですが、いわゆるドンキーコングは「2代目ドンキーコング」なんです。

初代のドンキーコングが、後の「スーパードンキーコング」で「クランキーコング」として登場している人物が初代のドンキーコングなんです。

また、初代ドンキーコングの息子が「ドンキーコングjr.」で、孫がいわゆるドンキーコングの2代目ドンキーコングになります。2代目ドンキーコングの相棒には「ディディーコング」、そしてディディーコングの彼女に「ディクシーコング」などが存在していますね。

マリオキャラクターの敵キャラたちも魅力

もっとも多くのプレイヤーを倒したとも言えるのが「スーパーマリオブラザーズ」の画像の1-1の「クリボー」かもしれません、コントローラーを初めて握って何をすればいいかわからないうちに、クリボーにやられた人も多いかもしれません。

画像のようなやられ方を経験した人も多いでしょう。クリボーは「キノコ王国を裏切ったわるいきのこ」という設定であり、最終的にはキノコ王国の住人として戻るという設定になっています。

この画像のようにマリオには多くの敵キャラを含むキャラが存在します。左kら「パックンフラワー」、「キラー」、「ジュゲム」、「ルイージ」、「マリオ」、「パタクリボー」、「キノピオ」、「ノコノコ」、「ヨッシー」、そして右手前が「ワンワン」ですね。

こうやって並んでいる画像を見るだけで、もともとは脇役だったのがノコノコのようにプレイヤーキャラクターに昇格するなど、いろんなキャラクターがプレイヤーキャラクターになったのも、その魅力的なゲーム性と多ジャンルな点ですよね。

マリオの悪役クッパ軍団を紹介!ピーチ姫をさらう理由・裏設定とは? | MensModern[メンズモダン]

キャラクター一覧にはかわいいキャラがいっぱい

キャラクターの一覧を見ると、マリオを中心としたキャラクターが人気なだけでなくヨッシーのようにマリオと人気を二分するようなキャラクターがたくさん存在します。

これだけ長い間続いているシリーズならマンネリが起きてもおかしくないのですが、そういった要素を見事に回避しているのは、多才で魅了的な他のキャラクターたちの存在です。そして、誰でも練習すればクリアできるという絶妙な難易度設定ですよね。

マリオオデッセイの対象年齢が10歳以上?シリーズ初の制限の理由を調査 | MensModern[メンズモダン]

ゲームの歴史にマリオキャラクターたちあり

マリオだけでなく、他のキャラクターたちが主役になったソフトもたくさん存在しており、大人も子供も楽しめる作品ですよね。紹介したキャラクターたち以外にもまだまだ人気のキャラクターたちが存在しており、それぞれのシリーズごとに活躍度合いも大きく変わります。

基本の軸は「マリオがピーチ姫を救いに行く」という設定ながら、マリオは様々な職業や姿を経験しています。配管工というメイン以外に、医者になったり審判になったりと、ゲームキャラクターとしてもっとも多くの職業を経験しているかもしれませんね。

今後も新しいシリーズが発表されることが決定しており、「任天堂ランド」というテーマパークが作られることが発表されています。日本と米国のオーランドとハリウッドの3箇所で、ユニバーサルスタジオが展開するだけに期待大ですよね。

ゲームを支え続けたマリオとそのキャラクターたち。今後も新しいシリーズが発表され続け、ゲームファンを世代関係なく繋いでくれるヒーローといえる存在ですよね。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ