ヘルシオの口コミ・レビューまとめ!ビストロなど人気オーブンとの違いは?

シャープが開発したウォーターオーブンの「ヘルシオ」。その性能はレビューや口コミでどのように評価されているのでしょうか。また、ヘルシオの名前がついたオーブンのシリーズのレビューや対抗する「ビストロ」の口コミ、そして性能の違いはどうなっているのでしょう。

目次

  1. ヘルシオの口コミやレビューをチェック!
  2. ヘルシオの口コミ前に
  3. ヘルシオの口コミには電子レンジとの違いが
  4. 口コミからヘルシオの人気が広がった
  5. ヘルシオは第14世代まで販売されている
  6. 口コミからヘルシオの改良は高評価
  7. ヘルシオの機能によって献立悩みが減ったという口コミも
  8. ヘルシオなら「何でも良いよ」に対応できる
  9. 口コミからヘルシオの型落ちがおすすめ
  10. ヘルシオの口コミを参考に機能を選ぶ
  11. 口コミからヘルシオとビストロを比べる
  12. 口コミからヘルシオの便利さが高い評価
  13. ウォーターオーブンとしてはヘルシオがやはりリード
  14. ヘルシオの口コミからサイズもチェック
  15. 高性能なウォーターオーブンならヘルシオ

ヘルシオの口コミやレビューをチェック!

ウォーターオーブンとして有名なシャープの「ヘルシオ」。実際にヘルシオを使った人の口コミやレビューはどのようになっているのでしょうか。

また、そのヘルシオの性能や、ライバルであるパナソニックの「ビストロ」とはどのような性能の違いがあるのでしょうか。先にウォーターオーブンを家庭用に導入させたヘルシオとビストロとでは、特化している性能の違いが気になりますよね。

ヘルシオとビストロの性能や、それぞれの口コミやレビューを参考に、ウォーターオーブンのヘルシオの性能と口コミを紹介します。ヘルシオとビストロのどちらにするか迷っている人にも参考にしてみてください。

ヘルシオの口コミ前に

ヘルシオのクチコミやレビューの前に、まずはヘルシオという商品の歴史から確認しておきましょう。ヘルシオは2004年にシャープが大阪府立大学と共同開発した、家庭向けの「ウォーターオーブン」の名前なんです。

そして2012年には「ヘルシオ炊飯器」というものを発売し、ヘルシオはキッチン家電のブランド名称にまで発展しています。

このヘルシオというウォーターオーブンは、普通の電子レンジとどのような違いがあるのでしょうか。これは、そのウォーターオーブンという名前が大きく関わっています。

ヘルシオの口コミには電子レンジとの違いが

ヘルシオと電子レンジの違いは、電子レンジのようにマイクロ波を使って調理するのではなく、300度以上に加熱した過熱水蒸気というもので調理するのが1番の大きな違いになります。

シャープは水で焼くと表現するこの機能を使うことで、電子レンジとは違って食品を、ぱさつかせずに、しっかりと仕上げ、同時に油が落ちて減塩でヘルシーな調理ができるということで売り出しました。

ヘルシオという名前は「減る塩」をもじったネーミングというのも、なかなかユニークですよね。この過熱水蒸気オーブンは、もともとは業務用で使用されていたものを、家庭用の電源でも使用できる風に開発したものになります。

口コミからヘルシオの人気が広がった

この過熱水蒸気であるウォーターオーブンは、販売された当初から好調で、口コミやレビューからその人気がさらに広がり、シャープ以外にパナソニックがビストロを販売するなど、かkスイャがスチーム機能搭載のオーブンレンジを販売するきっかけにもなりました。

とはいえ、最初に出たヘルシオは、電子レンジ機能がついていなかったせいで、温める機能が弱いため、冷ご飯を温めるのに15分以上かかるなだお、そういった点が口コミやレビューでは不評だったようです。そのため、ヘルシオに電子レンジ機能が搭載されることになりました。

口コミとともに進化したヘルシオ

ヘルシオの第二世代と言われるものからは、電子レンジ機能が搭載され、ヘルシオのメイン機能であるヘルシオエンジンも改良されて、全体の調理時間も短縮されて、レビューでも改めてヘルシオの機能を高く評価する動きがあったようです。

とはいえ、過熱水蒸気調理用の皿で、そのまま電子レンジ機能を使うと本体の破損の恐れがあるなど、まだまだ改良の余地がありました。

そういったレビューや口コミの不満点は、第五世代で改善され、現在では第五世代ぐらいからのヘルシオが、一般的なヘルシオのイメージだといえますね。

ヘルシオは第14世代まで販売されている

ヘルシオの第一世代が販売されたのは2004年です。その後、様々な改良が行われ、現在は第14世代のヘルシオが2017年8月に販売されました。

ヘルシオの型番として「XW400」というものや「AW400」などが第14世代にあたるヘルシオになります。高火力ヒーターで強力に加熱した過熱水蒸気を、庫内天板から直接食材にふきつけることで、短時間で焦げ目をつけることができるようになっています。

また、自動調理である「まかせて調理」のようにワンタッチで食材に適した調理方法を選んでくれるものも、口コミやレビューなどでも人気のポイントですね。

口コミからヘルシオの改良は高評価

近年の家電製品の特徴でもある、音声認識機能も搭載しており、無線LANモジュールを搭載し、ヘルシオのアプリである「COCORO KITCHEN」にも対応しています。

このアプリは、毎日の料理で楽しく簡単に、ヘルシーレシピにトライできる、ヘルシーパートナーアプリというものなんです。

ヘルシオの無線LAN機能をONにすることで、毎日の献立に迷う必要がないというわけですね。音声認識機能の効果もあり、毎日のメニューが偏りすぎないようにしてくれるなど、健康に配慮した機能は口コミでも高い評価になっています。

ヘルシオの機能によって献立悩みが減ったという口コミも

このように、同じようなメニューが続いてしまうというのを避けてくれる機能はとてもうれしいですよね。例えば、肉料理が続いていたときは、魚料理を提案してくれて、その魚の種類にあったメニューまで提案してくれるんです。

他にも、冷蔵庫に余っている食材をヘルシオに音声で伝えることで、そういった食材を使ったメニューを提案してくれるんです。

こういった機能のため、毎日料理をする主婦はもちろん、普段料理に慣れておらず、料理メニューが思い浮かびにくい男性にもとても人気なものとなっています。

ヘルシオなら「何でも良いよ」に対応できる

ダイエットにも対応できるメニューも網羅されており、1品ごとのカロリーを伝えてそれに合わせたメニューを提示してくれるのも嬉しいです。

毎日のように使う電子レンジやオーブンだけに、このように便利な機能がたくさんある点は高く評価出来ますよね。朝の調理時間の短縮や、晩ごはんのカロリーがいつも高くなってしまうというひとに、このウォーターオーブンであるヘルシオをおすすめしたいところです。

また、オーブンレンジの醍醐味であるピザなどの料理も挑戦することが出来ます。サイズが大きいヘルシオの場合なら、2段で焼くこともできるので、家族の人数が多いという場合でも対応させる事ができます。

オーブンレンジの焼きたての料理は、お店の料理に負けない美味しさがあります。家族や友人との楽しい食事を演出したいという場合は、ヘルシオのようなオーブンレンジを利用することで、料理のレパートリーが無限に広がるといえますね。

口コミからヘルシオの型落ちがおすすめ

ヘルシオの口コミやレビューをチェックしていると、他の家電製品と同じく「型落ち」を購入するのをおすすめしている人が多いようです。

特に最近になって第14世代のヘルシオが登場したことに、以前の機種が値落ちしやすい状況なので、そういった点から型落ちのヘルシオを狙うほうがおすすめというわけです。

基本的に新しい世代になっても、その性能の違いはマイナーチェンジに近い点もあり、無理に最新機種でもなくていいんです。

例えば最新のAX-XW400と一つ前のAX-XW300を比べると、大きな違いとしては「あぶり焼き機能」が追加されてAI機能が進化したというマイナーチェンジの面が目立ちます。先程紹介したCOCORO KITCHENはXW-300でも使用することができます。

ヘルシオの口コミを参考に機能を選ぶ

さらにもうひとつ型落ちするとCOCORO KITCHENや無線LANなどの機能が無くなるものの、価格.comなどで価格の違いを確認すると5万円近く違うなど、普通にウォーターオーブンとしての機能や電子レンジ機能が使えれば充分な人にはこちらがおすすめできます。

確かに最新機種となれば10万円を超えるような高価なウォーターオーブンになりますし、他にもいろんな家電があるなかで、ウォーターオーブンにどこまでお金を出せるかということになってきます。

自動調理機能は古い世代のものでも搭載されており、最新機種との違いはその自動調理できるものの種類というだけともいえます。自動調理出来たり、クックブックのメニューが豊富なのは便利ですが、そのために高いお金を出せるかというのも口コミやレビューで評価が分かれる点です。

特に最新機種のヘルシオはカラー液晶がタッチパネルになるなど、値段が高騰する理由の要素も加えられています。ヘルシオのウォーターオーブンの機能を体感したいなら、最新機種よりも1世代か2世代ほど前のものを利用しても良いでしょう。

口コミからヘルシオとビストロを比べる

ウォーターオーブンとしてヘルシオと同じく人気があるのが、パナソニックの「ビストロ」です。このウォーターオーブンはヘルシオと比べてどのような違いがあるのでしょうか。

例えば肉をパリっと焼かせるような部分では、口コミやレビューを確認すると、ビストロの方が評価が高いようです。この点はヘルシオの最新機種であるあぶり焼き機能が登場して初めて、ヘルシオがビストロとそういった面で戦うことができるようになったといえますね。

逆に野菜などの栄養が大事な食品では、ヘルシオのほうが有利のようです。ウォーターオーブンの機能を使いながら、野菜の栄養を壊さないように温めてくれるというのは、最近の健康志向の中ではヘルシオの方が人気かもしれませんね。

特にヘルシオの違いは、食品に直接、過熱水蒸気を吹きかけることによってよりウォーターオーブンとしての効果が現れやすくしているといえます。最上位機種では3方向から噴射するなど、時間がかかりやすいと言われるウォーターオーブンでも、効率よく食品を加熱することができるようになっています。

オーブントースターの人気レシピまとめ!簡単手軽でおいしいアイデア料理集 | MensModern[メンズモダン]

口コミからヘルシオの便利さが高い評価

ヘルシオとビストロのそれぞれ良い点があるのはもちろんです。焼きにこだわるならビストロは、ヘルシオよりも良いウォーターオーブンといえるかもしれませんね。

とはいえ、いろんな口コミを見ていると、ヘルシオとビストロの比較では、ヘルシオのほうがオールマイティーであり、ウォーターオーブンとしての性能を存分に体感したいなら、やはりヘルシオをおすすめする意見が多いですね。

グリル機能の性能の高さを求めるなら、ビストロという風に選ぶのがおすすめです。シャープとパナソニックという家電メーカーの大手だけに、それぞれの製品は高い性能を誇っている分、店頭でそのデザインなどを含めて検討してみると良いでしょう。

オーブンで焼き芋作ろう!簡単な作り方でアルミホイルいらず! | MensModern[メンズモダン]

ウォーターオーブンとしてはヘルシオがやはりリード

そもそもウォーターオーブンを家庭用として開発したシャープ。それだけにヘルシオは後発の他メーカーのウォーターオーブンと比べると、その性能は一歩リードしているといえるかもしれません。

ウォーターオーブンの魅力である「脱油」や「減塩」というポイントは、ヘルシオはしっかりと機能しているといえます。難しいダイエットを行うのが面倒という人にとっても、ヘルシオを使うだけで、毎日の食事カロリーを一気に軽減することが出来ます。

何よりも、どうしても摂りすぎる油や塩というものを、ウォーターオーブンを使うだけで軽減できるというのは、とても大きな魅力になるといえます。健康診断の結果で、いろいろとまずい数値が出てしまった人は、医療費にお金をかけるよりも、ヘルシオにお金をかけてみるというのも良いでしょう。

オーブン料理レシピまとめ!お肉と野菜をまとめて焼くだけ簡単放置! | MensModern[メンズモダン]

ヘルシオの口コミからサイズもチェック

気をつけておきたいのが、ヘルシオのサイズです。ヘルシオの庫内サイズに合わせて「30L」、「26L」、「18L」などが用意されています。1番大きい30Lは家庭では充分過ぎる大きさだといえます。

庫内サイズが大きい方が、大皿をそのままウォーターオーブンの中に入れることもできるので、そういったポイントも考えてサイズを選ぶと良いでしょう。

ただし、ウォーターオーブンを大きいものを買ってしまって、置く場所のスペースのために家具を買い直したなんて口コミもありましたね。

オーブンレンジの人気メーカーを比較!センサーの精度や性能・価格など | MensModern[メンズモダン]

高性能なウォーターオーブンならヘルシオ

ウォーターオーブンであるヘルシオについて紹介しました。初代のヘルシオから考えると、現在のヘルシオはウォーターオーブンの弱点や面倒な点を改善された商品だといえます。

ウォーターオーブンはタンクに水を入れてという手間があり、スチーム機能を使うときには一手間がたしかにあります。しかし、そういった点以外では非常に高性能であり、調理の幅が広がる製品だといえます。

そんなヘルシオを狙うなら最新機種よりも、1つか2つ型落ちしているものを選びましょう。大きな価格差があり、無理に最新機種を選ぶ必要はありませんので、ウォーターオーブンの価格で迷っている人は、そういった方法がおすすめですね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ