ポルシェ928が走ってきて止まると、もうそこは映画のワンシーン。その洗練された美しさが際立つボディーだけでなく性能も素晴らしいポルシェ928。そこで、今回は928のGTで5MTが満喫できるかどうか。そして、911を選ばない理由について見ていきましょう。

ポルシェ・928のGTで5MTが楽しめる!911を選ばない理由は?

目次

  1. ポルシェ928GTで5MTが楽しめるのでしょうか?
  2. 斬新なボディーに魅了されるポルシェ928GT
  3. ポルシェ911(第3世代) 964型
  4. ポルシェ928GTと911(964型)の違い
  5. ポルシェ928GT中古車の維持費
  6. ポルシェ911(964型)中古車の維持費
  7. ポルシェ928GTのメリットとデメリット
  8. ポルシェ911(964型)のメリットとデメリット
  9. ポルシェ928GTの評判について
  10. ポルシェ911を選ばなくてもポルシェ928GTで5MTが満喫できる

ポルシェ928GTで5MTが楽しめるのでしょうか?

スポーツカーに求めるものといえばスピードや性能です。では何故最速と言われるポルシェ911には5MTが搭載されているにも拘らず、ドライバー達は911を選ばずにポルシェ928GTを選ぶのでしょうか?今回はドライバーたちがポルシェ928GTを選ぶ理由と911を選ばない理由について、あらゆる角度から検証しまとめてみました。

斬新なボディーに魅了されるポルシェ928GT

ポルシェ928GTは1977年にポルシェのフラッグシップとしてデビューしました。日本では1990年から1992年に販売されて、1995年には販売が終了しました。ポルシェの車種の中で一度もフルモデルチェンジが行われなかった928GTは、ワンモデルとして一番長く生産された珍しい車です。

進化した928シリーズ:928GTS

ポルシェ928GTのエンジンは、年式が新しくなるごとに4.5Lから4.7L。そして、5.0Lと排気量を拡大していきました。 V型8気筒DOHCでカムシャフトや吸気系などが変更されて、928GTはS4と比較すると10ps程度上がりました。最高出力は330ps/6,200rpmまで発揮できるようになり、さらに評判が良くなりました。

928GTが進化した928GTSは、5.3Lまで排気量が拡大されて350ps/5,700rpmまでパワーアップしました。1992年の928GTの評判が高かった最上級モデルは、5MTと4ATとEXのグレードを搭載していました。

ポルシェ911(第3世代) 964型

ポルシェ911(964型)は1989年に登場して1989年から1993年まで販売されていました。駆動方式のフルタイム4WDに対応するために、モノコックをはじめ8割のパーツが新規に開発されたので評判になりました。フロントがマクファーソン・ストラットで、リヤがセミトレーリングアームとなるサスペンションにはコイル・スプリングが使用されるようになりました。

また、エンジンの排気量が3,600ccに拡大されて250hpになりました。さらにフルオートマチック・ギヤボックスのティプトロニックも導入されました。

進化した911シリーズ:ハードコアモデルNo.1のポルシェ911GT3

ポルシェ911GT3は911シリーズの中でNo.1のハードコアモデルです。911GT3のエンジンは二種類のトランスミッションが組み合わされていて、排気量が拡大されています。こちらの新エンジンは、ポルシェAGエンジン開発マネージャーのトーマス・マダー氏がレーシングカー用と一緒に開発したものです。

911GT3に搭載された新エンジンは、クランクシャフトのメインベアリング径が拡大されています。また、潤滑効率を高めるためにシャフト内部に、直接供給するオイルラインを新たに付けています。さらにコンロッドベアリングの幅と厚みも増しています。オイルポンプも新型になり高回転化のためにバルブ駆動がリジッド化されて、レブリミットは9,000rpmまで高められました。

他には、シャシーが全面的に見直されてサーキットで縁石を乗り越えた直後でも安定した走行ができるようになりました。

ポルシェ928GTと911(964型)の違い

駆動方式について

ポルシェ928GTは911(964型)より優れた性能を持っています。それは、エンジンをフロントに配置してリアにトランスミッションを搭載するフロントエンジン後輪駆動が採用されたからです。進化した928GTのエンジンは排気量5.3Lで最高出力は350psにまで上がりました。

スポーツカーを満喫したいドライバーが求めるものは、パワフルな5MTを搭載したポルシェです。ポルシェ928GTも911(964型)もどちらも5MTを搭載していますが、ポルシェ928GTはFRで911(964型)はフルタイム4WDで駆動方式は違います。

また、911は新たな技術が導入されて進化し続けていますが、アメリカでシボレーコルヴェアをはじめリアエンジン後輪駆動の安全性が問題になり、RR車の販売が規制されそうになりかけたことがあったので911の代わりとして、928は開発されました。928のリアアクスルにはトーインを安定化させるために、ダブルウィッシュボーン式サスペンション機構が採り入れられています。

最高速度について

ポルシェ928GTの車体の重量は1,560kgもありますが最高速度は275km/hです。同世代の911である964型は260km/hでした。

ポルシェ928GT中古車の維持費

ポルシェの中古車は維持費が高いです。新車よりも高くなる場合もあります。その理由は10年落ちよりも古くなると、ポルシェの車は特定のパーツを交換する必要性が生じることが多いからです。ポルシェでも人気のない車種で20年落ちの車は、車両本体価格が国産車より安いものもあります。しかし、故障が多発して修理代が高額になり新車の維持費より高くなることもあります。

年間の維持費として主なものには自動車税・任意保険料・自賠責保険・重量税・車検費用・ガソリン代などがあります。車検費用や重量税や自賠責保険は1年分に換算して、ガソリン代は年間1万km走行でハイオク130円の場合で、ポルシェ928中古車の年間の維持費はおよそ505,000円になります。さらにオイル交換代やタイヤ交換代がかかります。

1991年式ポルシェ928GTの5MTを27年落ちの中古車で、購入した場合の年間の維持費は、主な維持費にオイル交換代やタイヤ交換代を含めておよそ532,000円になります。さらに中古車なので修理も多くなります。自動車税も上がります。

ポルシェ911(964型)中古車の維持費

年間の維持費として主なものには自動車税・任意保険料・自賠責保険・重量税・車検費用・ガソリン代などがあります。車検費用や重量税や自賠責保険は1年分に換算して、ガソリン代は年間1万km走行でハイオク130円の場合で、ポルシェ911中古車の年間の維持費は、およそ411,000円になります。さらにオイル交換代やタイヤ交換代などのメンテナンス代がかかります。

1991年式のポルシェ911(964型)の27年落ちの中古車で、購入した場合の年間の維持費は、主な維持費に交換代やタイヤ交換代を含めておよそ447,000円になります。

ポルシェ928GTのメリットとデメリット

ポルシェ928GTの駆動方式はFR

ポルシェ928GTの駆動方式はFRです。FR(フロントエンジン・リアドライブ)は、前輪上部プロペラシャフトとディファレンスギアを介して後輪を駆動させる方式のことです。メリットは後輪が車を押すので、操舵輪の前輪は軽快な動きになり運転がしやすいことです。また、前輪はステアリング機構だけなのでタイヤを切る角度が大きく取れて小回りが効きます。

さらに、タイヤへの負担も軽減されるのでタイヤ交換の回数が少なくなり経済的です。前輪と比較すると後輪への荷重が少ないのでドリフト走行がしやすいです。ポルシェ928GTはドリフト走行を楽しみたいドライバーにはぴったりです。また、高速走行時は速度が乗ると安定するので快適な運転ができて疲れにくいです。

デメリットは後輪で駆動しているので、砂利道や雪道などでは特に発進時に他の駆動方式の車と比較するとスピンやスリップが起きやすいです。また、FFや4WD車と互換できるパーツが少ないので修理やメンテナンスにかかる費用が高額になります。

ポルシェ911(964型)のメリットとデメリット

ポルシェ911(964型)の駆動方式はフルタイム4WD

ポルシェ911(964型)の駆動方式はフルタイム4WDです。通常の電子制御式のフルタイム4WDは、フロントアクスルに31%でリアアクスルに69%の比率でトルクを伝達しますが、964型は走行状況に対応させてトルク配分を変化させています。

また、964型は4WDシステムが前輪へ4割の駆動トルクを流すフルタイムシステムだったのでアンダーステア傾向がかなり強くなってしまいました。それでは、964型より安全で快適な運転ができるポルシェ928GTの評判を見ていきましょう。

ポルシェ928GTの評判について

ポルシェ928GTの魅力に迫る

ポルシェ928GTは駆動方式がFRで操縦性が高いので人気があります。また、車体後半が軽量で後輪が駆動するFR車はコーナーでのテールスライドから横スライドに移行するドリフト走行に適しているので評判がいいです。

928GTはフロントにエンジンを配置してリアにトランスミッションを搭載したことによって、快適な運転ができるので人気がありました。さらにエンジンは5Lで迫力のあるパワーで評判の良い車です。

ポルシェ928GTはスピードを求めるドライバーに評判が良くて、エンジンのパワーも当時は高い車だったので人気がありました。

928GTは911より優れたスポーツ性能を持っています。コーナーを曲がる時にオーバーステアになりやすいリアサスペンションのそれぞれのパーツの配置を可変させる「ヴァイザッハアクスル」を採用したので評判が高くなりました。

ポルシェ911を選ばなくてもポルシェ928GTで5MTが満喫できる

928GTの方がドリフト走行も満喫できる

ポルシェ928GTは駆動方式が操縦性の高いFRで安全で快適な運転ができます。さらにFRは前輪に比べて後輪への荷重が少ないので、後輪を滑らせて走るドリフト走行に向いています。スピードも同世代の911(964型)は260km/hなのに対して928GTは275km/hとかなり速いです。何よりもスピードを求めるドライバーには928GTがふさわしくて、さらにドリフト走行も満喫できます。

外車の維持費はどのくらい?日本車の維持費との比較のまとめ! | MensModern[メンズモダン]

評価 4.7/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ