ロボット掃除機を徹底比較!コスパや実用性など人気の機種でおすすめは?

毎日の掃除がめんどくさくて掃除機をかけるのが億劫なんて人にもおすすめなのがロボット掃除機。しかし、ロボット掃除機といっても、比較的に性能や様々なメーカーのものがあり、どれがいいかわからない。そこで今回は性能を比較しつつ、おすすめのロボット掃除機を紹介しよう。

ロボット掃除機を徹底比較!コスパや実用性など人気の機種でおすすめは?

目次

  1. ロボット掃除機の比較!実はルンバだけじゃない!
  2. ロボット掃除機の選ぶ際の手順は?
  3. ロボット掃除機の選び方
  4. ロボット掃除機のおすすめ有名メーカー比較
  5. アイロボットおすすめロボット掃除機!高性能が並ぶ機種ごとを比較!
  6. コンパクトで狭いところでもOK!日立のおすすめロボット掃除機
  7. 吸引力比較は引けを取らない!ダイソンのおすすめロボット掃除機
  8. あまり見かけない!?エックスロボットのおすすめロボット掃除機の比較
  9. 窓を自動で掃除してくれるもの!エコバックスのおすすめ製品比較
  10. 大手メーカーで人気も高い万能ロボット!
  11. ずぼらな人には特におすすめ!?東芝製品
  12. 低コストの一台が手に入る!ツカモトエイムの製品比較!
  13. プラズマクラスターが魅力!シャープからもロボット掃除機が!
  14. その他メーカーのロボット掃除機比較!
  15. 目的に合わせてベストなロボット掃除機を選ぼう!

ロボット掃除機の比較!実はルンバだけじゃない!

近年ロボット掃除機の注目が高まり、大手メーカーを含む各メーカーから様々なロボット掃除機が開発・販売されている。そんな状況の中、いつかはロボット掃除機がほしいと感じているいる人や、掃除のことで悩んでおり、自動で掃除してくれるものを検討している人からすれば、この中からベストなものを選ぶのは意外に難しい。

また、大手メーカーのロボット掃除機は、よく聞くがどれも高コストなものも多く、やはり用途や家のスタイルに合った一台が欲しいもの。そんな用途にぴったりなものを知るためには、大手メーカーの中だけでなく、他のあまり聞かないメーカーの人気どころもできれば知っておきたいものだ。

そして、実はよく聞くアイロボットなどの有名メーカーのロボット掃除機以外にも、ロボット掃除機を開発販売しているメーカーは沢山あり、中には窓ガラス専用のロボット掃除機など個性的なものもあったりと、用途に合ったものを見つけることができるかもしれない。

そこでこの記事では、近年人気の高まりつつあるおすすめのロボット掃除機を実用性や機能面も合わせて、比較検討していこう。人気どころといっても、これまで聞いたことのないメーカーや製品名もあるかもしれないが、どれも魅力的な特徴を持っているものばかりなので、適切なものも選ぶことができるし、ロボット掃除機選びがもっと楽しくなるだろう。

ロボット掃除機の選ぶ際の手順は?

【ロボット掃除機の選ぶ際の手順①】基本スペックを比較して確認を!

それでは、具体的な実用性のあるロボット掃除機を紹介する前に、ロボット掃除機の選ぶ手順を紹介していこう。まずは、基本スペックを確認することだ。ロボット掃除機は、各製品ごとで可能時間や可動面積など異なる性能を持つ。

また、内部のダストボックスの大きさなどもサイズが異なる。メーカーによっては、非公開の項目もあるのだが、購入する際には目安となる情報としてチェックしておく必要があるのだ。

【ロボット掃除機の選ぶ際の手順②】目的に合った機能との比較

次に、目的に合った機能と比較して探すことだ。薄型ボディで家具下などの狭いスペースに特化したモデルや、ペットがいる家のために設計されたモデルなど、ロボット掃除機ごとに特徴がある。また、同時に拭き掃除ができるものであったり、機能面も近年どんどん豊富になっている。

スマホで遠隔操作がしたい人や、できるだけ静音性に配慮したモデルがいいなど機能を重視する人には、それぞれの機能と特徴を比較して実用性のある一台を探し出してほしい。

【ロボット掃除機の選ぶ際の手順③】比較的有名メーカーから選ぶと安心

これから紹介していくメーカーの中には、けっして有名大手メーカーとは言えないものも含まれる、もちろん実用性や安全性はどのメーカーも高いが、やはりそこは大手メーカーの方が安心感があるという人もいるだろう。さらに、コスパを求めるのであれば、より安心感との合わせて考えてほしいところ。

ちなみに、ロボット掃除機はオーソドックスなタイプでも価格が1〜3万円前後。上位機種であれば10万円を超えるモデルももあるが、補助的な役割を求めたサブ機であれば安価な製品でも事足りる場合がある。安心感とコスパを合わせて考えて、実用性の高いベストな一台を見つけてほしい。

ロボット掃除機の選び方

【ロボット掃除機の選び方①】運転音をチェック

それではロボット掃除機の選び方について解説していこう。まずは運転音を確認する必要がある。ロボット掃除機のほとんどは運転音がする。動画や家電量販店の実際の動いているところを見て、不快にならないレベルの音かどうかを確認しよう。

【ロボット掃除機の選び方②】ダストボックスのサイズを比較検討しよう

先ほどもいったが、こちらのダストボックスのサイズも比較する必要がある。このダストボックスのサイズによって、ゴミ捨ての頻度が変わるからだ。ダストボックスのサイズが小さいと、溜まったゴミを頻繁に捨てないといけない。大きければ多少は少なくて済むのだ。

また、このサイズ以外にも、関連性のある処理機能が、吸い込んだゴミを圧縮して小さくできる機能。とボット掃除機の中にはこのタイプや、そもそもダストボックスの大きなモデルもあるので、どのタイプがいいのか比較して探そう。

【ロボット掃除機の選び方③】スマホアプリ対応でより快適に!

スマホアプリ対応のものであれば、外出先でもロボット掃除機の運転開始や停止、掃除スケジュールの設定、今どこを掃除しているのかなどを把握することができるロボット掃除機もある。リモコンよりも汎用性も高く、もちろん便利機能も豊富なので、事前に確認しておこう。

ロボット掃除機のおすすめ有名メーカー比較

アイロボット

それでは、ここからは人気のおすすめメーカーを一覧で紹介していこう。まずはよく聞く人気メーカーであるアイロボットだ。ロボット掃除機の代名詞ともいえるルンバを展開しており、現在は3種類のシリーズがラインナップしている。

さまざまな情報を瞬時に把握することができるアイ・アダプト機能や、障害物を避けながら効率よく掃除を行う機能をいち早く実装したメーカー。また、掃除後は、バッテリー残量が少なくなると自動で充電台へ戻る機能や、掃除してほしくない場所を指定するデュアルバーチャルウォール機能もあり、実用性の高さを示している。

スマホ操作を実現した、iRobot HOME アプリが用意されていることも大きなポイントで、ロボット掃除機を検討するのであれば、いち早くこのメーカーの製品が思い浮かぶ人も多いだろう。それほど人気の製品が並んでいる。

日立

次に紹介するのが日立だ。日立のロボット掃除機は決して多数リリースしているわけではなく、ミニマルという製品になる。コンパクトなサイズ感が特徴で、ゴミが溜まりやすい、狭い場所に入り込んで掃除をしてくれる。また、床材やゴミの量をセンサーで検知し、吸引力を自動で調整する機能を装備していることで人気が高い。

ブラシについたゴミは自動で除去をしたり、ゴミを小さく圧縮することが可能なゴミプレス機能もあり、コンパクトサイズながらもお手入れの手軽さや実用性の高さを示している人気のロボット掃除機なのだ。

シャープ

次にシャープの製品だ。販売されているココロボには、コミュニケーション機能を搭載しており、声をかけると返事をしてくれたり、ダンスを踊ることも可能と高性能。他のメーカーと比較して、ペット感覚な愛着の湧くロボット掃除機となっている。

また、プラズマクラスターシャワーモードを搭載しているモデルもあり、衣類についたタバコなどの付着臭を脱臭することが可能とかなり特徴的な実用性をもったロボット掃除機となっている。

パナソニック

隅に溜まるゴミをきっちり掃除するルーロを展開しているパナソニックも人気が高い。部屋の隅を掃除しやすい三角形の形状で、本体が隅を感知するとギリギリまで入り込み首振りをしてゴミをかき出すのが特徴だ。

さらに、ハウスダスト発見センサーを搭載し、目に見えない細かいゴミも掃除してくれ、掃除をして欲しい場所を指定するとその場所から掃除を開始するエリアメモリー機能も搭載しており、こちらもシャープと同様、個性的な実用性をもつロボット掃除機となっている。

東芝

東芝のロボット掃除機は、充電台に本体で集めたゴミを吸い取るダストステーションを搭載し、約1ヶ月間ゴミ捨ての手間を省けるトルネオロボが人気の商品だ。本体にゴミを溜めっ放しにすることを防げるので、吸引力の維持に効果的とうれしい。

また、本体裏にはサイドブラシを2つ搭載しており、毛足が長めに作られているので、壁際にあるゴミをかきとりしやすくなっている構造を持つ。何よりもゴミ捨ての手間をかなり少なくすることができる点は大きなメリットといえる。実用性の高い一台となるだろう。

ダイソン

吸引力でお馴染みのダイソンだが、こちらもロボット掃除機を販売している。カーペットの奥に入り込んだ細かいゴミもしっかりと吸い込め、特許を取得しているサイクロン技術により、細かなゴミもしっかりと分離してきれいな空気を廃棄するのが特徴だ。

Dyson Linkという専用アプリを使えば、掃除スケジュールの設定や清掃した場所を確認することも可能。随時ソフトウェアップデートされるので、機能の追加や向上で進化し続けてくれるところもうれしい人気のポイント。

アンカー

モバイルバッテリーに定評があるアンカーだが、こちらもロボット掃除機を展開している。バッテリーの開発を強みにしているだけあり、大容量バッテリーが搭載され、最大で200分使用が可能なモデルがあるほど。価格帯はリーズナブルな約3万円前後のラインナップだ。コスパに優れているので、コスパ重視の人におすすめの製品だ。

アイロボットおすすめロボット掃除機!高性能が並ぶ機種ごとを比較!

アイロボット(iRobot) ルンバ 622

それでは、実用性の高いロボット掃除機の性能を比較しつつ、それぞれを紹介していこう。まずはアイロボットカラダ。こちらのメーカーは最も多くの製品を展開しており、なかでもこの後紹介するロボット掃除機が人気どころの製品となる。まずこのロボット掃除機は、エントリーモデルで、実用性も兼ね備え、最初の1台として検討している方におすすめ。

障害物の多い部屋でも、高速応答できるアイ・アダプト機能搭載で、もちろん小さなゴミもしっかりとカバーできるよう作られている。さらに、段差は約2cmまでなら乗り越えることができるので、マットや部屋の敷居などを超えた広範囲の掃除が可能と実用性は非常に高い。

アイロボット(iRobot) ルンバ 890

次にこちらのルンバは、特殊なローラーがゴミを浮き上がらせて吸引するAeroForceクリーニングシステムを搭載しているミドルモデルとなる。従来のモデルと比較すると最大で50%も除去量が向上したという。フローリングや畳など床の材質に合わせて最適な吸引を行うことができ、ゴミが集中する箇所ではキレイになるまで徹底的に清掃。

また、掃除して欲しくない場所にはデュアルバーチルウォールにより、ルンバにだけ見える壁を作って立ち入りを制御することも可能と実用性の高さに磨きをかけている。もちろん、アプリ連動ができるため、外出先でもスマホで操作でスタートさせ、自動的に掃除を開始する他、ルンバに名前や誕生日の設定できたりと意外な機能も搭載している。

アイロボット(iRobot) ルンバ 980

さらに磨きをかけたルンバのハイエンドモデルがこちら。フル充電で最大120分の連続稼働ができ、約112畳分をカバーできるのが特徴だ。トラッキングセンサーにより、ルンバ自体の現在地と部屋の中で掃除していない部分を見つけ、効率よく掃除するのもポイントで、カーペットの上に乗ると自動で吸引力を高めて対応してくれる。

もちろんミドルモデルまでの機能を搭載したうえで、直径1.2m以内の侵入を防ぐヘイローモードなどの選択も可能。実用性の高さは他モデルと比較すると群を抜いている。コスパを気にする人には少々お高い値段だが、値段以上の性能を発揮してくれることは間違いない。

アイロボット(iRobot) ブラーバ(Braava) 371j

こちらは、アイロボットの中でも床などの拭き掃除に対応するロボット掃除機。水拭きのウェットモードなら最大20畳、乾拭きのドライモードなら最大56畳の広さを掃除できる。部屋の構造を記憶することができるNorthStarキューブ付属で、家具が多い場所でも難なく掃除してくれるのが特徴だ。

水拭きして欲しくないラグやカーペットは高さ約3mm以上であれば、基本的に乗り上げる心配もないので安心して任せられる。稼働中の音も静かで、本体の前方には家具の傷付きを回避するやわらかい素材のバンパーが付いているため人気も急上昇中の一台となる。

アイロボット(iRobot) ブラーバジェット(Braava jet) 240

こちらは、ジェットスプレーで水を出し汚れを浮かび上がらせながら、ベタつきなどの汚れを掃除する床拭き用のロボット掃除機。複雑な部屋の構造でも効率的に掃除するナビゲーションシステムを搭載しており、狭いスペースでも本体こそ入れば小回りを利かせて掃除を行てくれる実用性の高い一台だ。

ウェットモップパッドという頑固な汚れを念入りに水拭きする専用クリーニングパッドや、日常的な汚れを水拭きするダンプスウィープパッド、乾拭きでホコリや髪の毛をからめとるドライスウィープパッド」の3種類を装備し、パッドを装着すると自動的に種類を判別して掃除を開始するので、用途変更の際のストレスなく操作が可能なのもうれしい。

コンパクトで狭いところでもOK!日立のおすすめロボット掃除機

日立(HITACHI) ミニマル(minimaru) RV-DX1

日立のミニマルも紹介していこう。幅は約25センチ、高さ9センチ程度のコンパクトサイズで、入り込みにくいイスの間や家具の下もしっかり掃除してくれる一台だ。minimaru Aと呼ばれる効率よく部屋の隅々を掃除してくれる機能や、ダブルかきとりブラシでカーペットやフローリングの溝に入ったごみもかきとる機能もあり、とても便利。

ゴミはダストケース内で圧縮されて溜まるため、ゴミ箱に捨てる際のホコリの舞い上がりを軽減してくれるので実用性は高い。お手入れも手軽で、充電台に戻るとホコリなどが絡んだ回転ブラシを自動でクリーニングするのもポイントだ。

吸引力比較は引けを取らない!ダイソンのおすすめロボット掃除機

ダイソン(Dyson) 360Eye RB01

ダイソンから登場したこちらも高性能な一台だ。本体内部にある8個のサイクロンにより、強い遠心力を発生させて、強力な吸引力を生み出すロボット掃除機となっている。どの製品と比較しても他にはない構造をしている。この吸引力の強さにより、同じ場所を何度も通らなくてもしっかりとゴミを吸い取るのが最大の特徴だ。

また、赤外線センサーで障害物や段差を避けたり、掃除すべき場所やすでに掃除した場所を記憶してする機能も搭載しているので、けっして吸引力だけではない。Dyson Linkというスマホアプリを使えば、外出先でも掃除の開始や停止の操作が可能なので、とてもおすすめ。

あまり見かけない!?エックスロボットのおすすめロボット掃除機の比較

エックスロボット(Xrobot) インクスニィ(INXNI) X533

こちらも特徴的なロボット掃除機だ。レーザースキャンシステムと内蔵カメラで2Dマップを作成し、暗い場所でも効率よく掃除を行えるようになっている。作成したマップを元に効率よく直線的に動くので、無駄なく掃除することが可能。

また、他にも注目すべきポイントが、長いサイドブラシで隅にあるゴミをしっかりキャッチする掃き込み機能、ゴムで床を叩きながら隙間の微細なホコリをだすたたき機能、600Paの強い吸引力の吸い込み、床をピカピカに磨き上げる艶出し、ホコリやダニの死骸などをろ過する高品質フィルターも注目すべき高評価のポイントだ。

エックスロボット(Xrobot) スリミニ(SLIMINI) X3

高さ約3cmの薄型ボディが特長ののロボット掃除機がこちらだ。このサイズ感と超音波センサーで、家具の下などの狭い空間を見つけて重点的に掃除してくれる。床検知センサーで落下を防止、障害物検知センサーで障害物に接触すると自動的に向きを変える機能を持っており、安心して使える。コスパ面でも他と比較して良心的なのがうれしい。

窓を自動で掃除してくれるもの!エコバックスのおすすめ製品比較

エコバックス(ECOVACS) ウィンボット(WINBOT) W950

こちらの掃除機も比較的他にはないモデルで、窓を自動で掃除してくれるロボット掃除機となっている。汚れを吸収するクリーニングパッドと詩文をふき取るワイパーで合計4回しっかりと掃除を行う。枠付き・枠無しの窓、スライド式のガラスドアなど様々なガラスに対応できる点もこうポイント。

安全面もしっかりと配慮してあり、安全ポッドという命綱的な役割を持つ機能も持っているので、高所からの落下を防止して安心できる。また、急に電力供給が遮断しても15分間窓ガラスに吸い付き続けるための内蔵バッテリーも搭載しているので、充電の問題も安心だ。

エコバックス(ECOVACS) 床用ロボット掃除機 DEEBOT

こちらも近年比較的売れ筋となっているロボット掃除機。中価格帯のロボット掃除機の中でも実力があるといわれる機種になっており、コスパにも優れていると評価も得ている。もちろん、マイナス面が全くないわけではないが、基本的な掃除機能に水拭きも備えているのはうれしいポイントだ。

大手メーカーで人気も高い万能ロボット!

パナソニック(Panasonic) ルーロ(RULO) MC-RS200

こちらは、フローリングはもちろん、畳にも対応しているロボット掃除機だ。三角形の形状が部屋の隅まで入り込んで掃除してくれ、スムーズに方向転換できるのも特長。床の材質に合わせて吸引力を自動で変えることができる機能とともに、ハウスダスト発見センサーや念入りモードを設定するとセンサーの感度を上げて掃除してくれるのもうれしい。

ずぼらな人には特におすすめ!?東芝製品

東芝(TOSHIBA) トルネオ ロボ(TORNEO ROBO) VC-RVS2

こちらは総委jが苦手な方に非常におすすめの一台となっている。他の製品と比較しても、ここまでごみ捨ての手間を省けるものはない。充電台に本体で吸い取ったゴミを溜めるダストステーションが付いて、遠心分離機能でゴミを5分の1に圧縮するので約1カ月間はゴミ捨てが不要なのだ。

さらに、日常的に使用するハンディワイパーについたホコリも、ダストステーションに付属のダストポケットで吸引する機能も搭載。ダストカップは簡単に水洗いできるので清潔に保つことが可能だ。

低コストの一台が手に入る!ツカモトエイムの製品比較!

ツカモトエイム 2in1ロボットクリーナー AIM-MRC01

コスパ重視の方に非常におすすめなロボット掃除機がこちら。価格が1万円台とコスパは非常に良い。もちろん機能は、段差感知センサーや障害物と接触すると方向転換を行うバンパー走行機能も搭載しているので、家のものを傷めずに安心して動かすことが可能とまさにコスパ面に優れている一台だ。

また、フローリングだけでなく、畳部屋の掃除にも対応しており、使用しないときはスタンドに立てかけられるので設置もスマート、操作も簡単なので、シニア世代へのプレゼントとしてのプレゼントとしてもおすすめ。最低限の機能が整ており、コスパ重視の人には見逃せない一台。

ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ ロボット掃除機 AIM-RC03

価格破壊が起こったといわれるほどコスパに優れているロボット掃除機がこちらだ。一般的なロボット掃除機と比較するとサイズは一回り小さく、それでいて、一万円を切る価格。充電時間に対しての稼働時間が50分と少し短めだが、それでも最低限の機能を搭載し、細かな配慮も怠っていないロボット掃除機なのでコスパ重視には非常におすすめ。

プラズマクラスターが魅力!シャープからもロボット掃除機が!

シャープ(SHARP) COCOROBO(ココロボ) RX-V95A

ココロボは会話や音声操作ができるロボット掃除機として有名な一台だ。8の字走行でゴミを密集している部分を集中的に集めてくれたり、プラズマクラスターというシャープ独自のイオンを放出しながら掃除をしてくれる点が大きな特徴。

充電池も長寿命のリチウムバッテリーを使用しており、約1100回の充電を可能としているもので、少し予算は高くなるが、余裕のある人にはおすすめの一台だ。

その他メーカーのロボット掃除機比較!

エスキュービズム(S-cubism) SCC-R05

こちらのロボット掃除機は、家具下の狭いスペースを掃除したい方におすすめだ。ーナー部分のゴミもしっかりとキャッチし、高さ約3.2センチの超薄型設計で、家具下を検知するセンサー機能を搭載しているので、狭いスペースを見つけてからきれいに掃除してくれる。家具下をとにかく徹底的に掃除したい人にはとてもおすすめ。

アイライフ(ILIFE) V3s Pro

ペットの毛を効率よく掃除できるロボット掃除機として人気の一台だ。薄型のボディで吸引力が強く、ソファ下などのペットの毛がたまりやすいスペースに潜り込んで掃除をしてくれるのが特徴。リモコン付属で、起動やロボットの進行方向を制御することができる機能を搭載しているほか、掃除予約などにも対応している。

掃除機ロボットの最新おすすめ7選?比較で分かる人気機種の性能の違いとは? | MensModern[メンズモダン]

目的に合わせてベストなロボット掃除機を選ぼう!

ロボット掃除機にはこれほどの沢山の種類がある。どれも目的別に見れば、とても個性豊かで特徴を持っているので、それぞれの用途や掃除スタイルに合わせてベストなものを選んでほしい。これからは、快適で、掃除の手間も存分に省ける生活が待っているはずだ。

掃除機・安いクリーナー人気5選!優秀おすすめロボット掃除機 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ