ポリエステル100%の着心地は?生地の特徴や洗濯・お手入れ方法まとめ

ポリエステル100%の洋服の着心地や洗濯・お手入れ方法についてまとめました。ポリエステルが100%の服の場合、洗濯やお手入れ方法をチェックしておくことで快適な着心地を楽しめます。洗濯方法とお手入れ方法を学んでポリエステル100%の着心地を楽しみましょう。

目次

  1. ポリエステル100%の服の着心地や洗濯方法を知りたい
  2. ポリエステル100%の服とはどんなもの?
  3. ポリエステルを100%使用した服の特徴とは
  4. ポリエステル100%なら1年を通して着心地が良い?
  5. 100%ポリエステルの場合のお手入れのデメリットは?
  6. ポリエステル100%の服を洗濯する前の確認事項
  7. 洗濯機を使った場合のポリエステルのお手入れ方法
  8. ポリエステルの洋服を手洗いする場合
  9. 洗濯した後の乾かし方は?
  10. ポリエステル100%の服を活用してみよう

ポリエステル100%の服の着心地や洗濯方法を知りたい

気軽に取り入れやすいポリエステル100%の服

手に入れやすい洋服の素材として人気を集めているポリエステル100%の洋服。なるべくリーズナブルに着やすい洋服を取り入れたい場合はポリエステルの素材が役立ちますよね。そんなポリエステルですが、購入する前に知っておきたいのが着心地やお手入れ方法。知らずに購入して後から困ったことにならないように基本的なポイントをおさえておくことが重要です。

ポリエステルの洋服の着心地がどういったものなのか、1年を通して着心地良く着れるのかどうかなどを知っておけば洋服を購入する場合の役に立ちます。洋服を購入する場合はデザインだけでなく着心地やお手入れ方法も重要なポイント。おしゃれで着心地の良いポリエステルの洋服を楽しむためにも、基本的なお手入れ方法をチェックして役立てていきましょう。

洗濯やお手入れ方法をチェックしてポリエステル100%の服を活用しよう

「ポリエステル100%の洋服の着心地とはどんなもの?」「ポリエステルの洋服のお手入れ方法について知りたい!」といった場合に役立つポリエステル製の洋服の情報についてまとめました。日々おしゃれのために着る洋服は、お手入れ方法をしっかりと知っておくことが重要になります。お気に入りの洋服を長く着るためにもチェックしておいてくださいね。

ナイロンとポリエステルの違いはなに?商品別の特徴や強度など徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

ポリエステル100%の服とはどんなもの?

合成繊維の86%をしめる

それでは、ポリエステルとは具体的にどんな素材なのでしょうか?ポリエステルとは石油で合成された化学繊維の1つとして数えられます。1953年にアメリカで開発されたことをきっかけとして世界中に広まり、現在では合成繊維の86%を占める主要な繊維として知られるようになりました。

いろいろな洋服でポリエステルが使用されているので、日常的に着用する機会も多いのではないでしょうか。洋服の表示を見てみるとポリエステルが含まれているかどうかわかるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

リーズナブルに手に入れやすい

ポリエステルが世界中に広まった理由としてあげられるのがリーズナブルな価格で手に入るということ。ポリエステルの他にもさまざまな繊維がありますが、中でもポリエステルは安価で取引できる繊維として知られているため、低価格な洋服を作るのに最適。ファストファッションなどトレンドをおさえたリーズナブルな洋服を作るのにも適し、多くの洋服で使用されています。

ポリエステルを100%使用した服の特徴とは

丈夫で着やすい

ポリエステルを使用した洋服の特徴をさらに具体的に見ていきましょう。ポリエステルの特徴としてあげられるのが丈夫だということ。ポリエステルを使った洋服は丈夫で耐久性が高いので、いろいろなシチュエーションで着やすいのが嬉しいポイント。アクティブに動くことが多いシーンでもポリエステル製の洋服であれば気軽に着ていくことができます。

軽くて着心地も良い

ポリエステルは軽いのも大きな特徴としてあげることができます。軽い着心地なので体の負担にならず、気軽に切ることができるのがポリエステルの魅力。その他にあげられるのが、ポリエステルはシワになりにくいということです。すぐにシワになってしまう洋服はお手入れが大変ですが、シワになりにくいポリエステルなら日常的に着るのにぴったり。

アイロンをかけなくても簡単にシワとりができるため、気軽に着ることが可能です。また、速乾性にも優れているので乾かしやすいのも魅力。このようにポリエステルは日常的に着用するのに最適な条件が揃っています。普段着として気軽に着れる洋服を求めているときはポリエステル製をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ポリエステル100%なら1年を通して着心地が良い?

基本的に1年を通して良い着心地をキープできるポリエステル100%の服

リーズナブルで手に入れやすいポリエステル製の服ですが、着心地はどうなのでしょうか?基本的にポリエステルは一年を通してきやすい素材として知られています。季節を問わずに快適な着心地を楽しめる素材として知られ、幅広い洋服に使用されているのが特徴。ただし、好みによっては「この季節はダメかも」と感じる場合もあるため気をつけておきましょう。

冬と夏それぞれの季節によるポリエステル100%のデメリットとは

冬にポリエステル製の服を着た場合、気になるのが静電気。ポリエステル製の服は静電気を起こしやすいので、宣伝気に弱い方はポリエステル製の服を着るとストレスに感じてしまうかもしれません。

夏にポリエステル製の服を着るのが苦手、という方の意見としてあげられるのが蒸れやすいということです。ポリエステルの蒸れが気になる場合は、吸水速乾タイプの洋服を選ぶのがおすすめ。このタイプのポリエステル製の洋服であれば夏場でも蒸れを気にすることなく着用できるので便利です。

100%ポリエステルの場合のお手入れのデメリットは?

黒ずみがしやすい

便利で使いやすいポリエステル製の洋服ですが、やはりデメリットもあります。デメリットも把握しながら適切なお手入れをしておくことが重要。ポリエステルのデメリットとしてあげられるのが黒ずみしやすいということ。特にポリエステル製のワイシャツの場合は首元が黒ずみやすいので、黒ずみに気付いたらお手入れしておきましょう。

毛玉がたまりやすい

ポリエステル製の服は毛玉がたまりやすいというデメリットもあります。肌が敏感な方の場合、毛玉によって肌が刺激されてしまうこともあるので気をつけておきましょう。お手入れをちゃんとしておけば毛玉も気にならなくなるので安心です。このようにポリエステルにはデメリットもありますが、メリットもたくさんあるので普段着として活用したいですね。

ポリエステル100%の服を洗濯する前の確認事項

お手入れ前に洗濯表示を確認する

ポリエステル製の洋服を洗濯する前に洗濯表示をチェックしておきましょう。水洗いや手洗いがOKな表示があれば大丈夫です。もし水洗いをすることができない表示が出ていたら、クリーニング屋に任せてください。また、色落ちがしないかどうかも事前にチェックしておきましょう。

シミとりのお手入れをしておくと効率的

洗濯する前にシミとりをしておくのがおすすめ。シミが気になる箇所に洗剤を揉み込んでもみ洗いしておきましょう。黒ずみが気になる箇所もスポット洗剤をつけて洗濯してくださいね。

洗濯する時間は10分がベスト?上手な正しい全自動洗濯機の使い方を調査 | MensModern[メンズモダン]

洗濯機を使った場合のポリエステルのお手入れ方法

裏返して洗濯ネットに入れる

洗濯する前のチェック事項をクリアしたら、洗濯していきましょう。洗濯機で洗濯する場合、洋服を裏返しにして洗濯ネットに入れます。裏返しにすることで毛玉ができにくくするのがポイント。

弱アルカリ性洗剤と柔軟剤で洗濯

洗濯ネットに洋服を入れたら洗濯機に入れ、弱アルカリ性の洗剤で洗濯をしていきます。仕上がりをよくするために柔軟剤を入れるのもおすすめ。あとは洗濯機にお任せしておけば洗濯の完了です。

洗濯用ネットの使い方まとめ!意外と知らない種類やアイテム別の基本知識 | MensModern[メンズモダン]

ポリエステルの洋服を手洗いする場合

おしゃれ着用中性洗剤をぬるま湯に溶かしてつけおきする

ポリエステルの洋服を手洗いする場合の方法もチェックしていきましょう。まずはぬるま湯を容器にためて、おしゃれ着洗剤を溶かします。洋服を入れたら15分ほどつけおきしてください。

押し洗いをしてすすぎ、脱水

つけ置きが終わったら、押し洗いをして汚れを落としていきます。全体の汚れが落ちたら、ぬるま湯ですすぎましょう。すすぎが終わったら洗濯機の脱水モードを使って脱水していきます。脱水時間は30秒ほどでOK。ポリエステル製の洋服には速乾性があるので、脱水は短時間で大丈夫です。

洗濯機を使った場合も手洗いの場合も基本的なポイントさえおさえておけば、とても簡単に洗濯できるのがポリエステルの良いところ。洗濯表示をチェックするのを忘れないようにして、ポリエステル製の洋服を洗ってみてくださいね。

洗濯した後の乾かし方は?

軽くシワをのばして日陰干しにする

それでは、洗った後の乾かし方もチェックしていきましょう。ポリエステル製の洋服を洗った後は軽くシワをのばして干していきます。ポリエステル製の洋服はシワがのびやすいので軽くのばすだけでOK。あとは陰干しをしましょう。直射日光に当てると色あせの原因になるので、なるべく陰干しにするのがおすすめです。

高温に弱いので乾燥機は避けておこう

ついつい乾燥器にかけてしまいがちになりますが、ポリエステルは高温に弱いので乾燥器は向いていません。乾燥器は使わないようにするのがベスト。陰干しにして乾かしていきましょう。ポリエステル製の洋服は乾かすのも簡単なので、気軽にお手入れすることができそうですね。

洗濯用ハンガーの収納アイデア集!スッキリ&おしゃれに見せる方法は? | MensModern[メンズモダン]

ポリエステル100%の服を活用してみよう

ポリエステル製の洋服は気軽に着用できるのが魅力。お手入れ方法も簡単なので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ