固形燃料の基本知識と使い方を紹介!100均やメーカー別に比較してみた!

旅館や飲食店で使われている固形燃料ですが、普段はなかなか使うことがないですよね。しかし固形燃料は、キャンプや登山などのアウトドアや災害時に大活躍する便利なアイテムなのです。今回は固形燃料の基本知識や使い方をご紹介しますので、是非一度使てみてくださいね。

固形燃料の基本知識と使い方を紹介!100均やメーカー別に比較してみた!

目次

  1. 固形燃料についてご紹介
  2. 固形燃料の種類
  3. 固形燃料の基本知識
  4. おすすめの固形燃料[メーカー]
  5. おすすめの固形燃料[100均]
  6. メーカーと100均の固形燃料を比較
  7. 固形燃料の作り方
  8. 固形燃料とあわせて購入したいアイテム
  9. 固形燃料で炊飯する方法
  10. 簡単で便利な固形燃料を使ってみよう!

固形燃料についてご紹介

みなさんは固形燃料を使ったことはありますか?旅館や飲食店で見かけることが多い固形燃料ですが、実際使うことは少ないのではないでしょうか。しかし固形燃料は、キャンプや登山などのアウトドアで大活躍する便利なアイテムなのです。

固形燃料は簡単に火をつけることができるので、災害時にも役立つアイテムです。そこで今回は、固形燃料の基本知識や使い方ご紹介します。100均で売っているものやメーカー商品についても比較していますので、ご参考にしてみてくださいね。

着火剤のおすすめランキング!初心者向け使い方や簡単な火おこしの方法は? | MensModern[メンズモダン]

固形燃料の種類

固形燃料とは、アルコールなどの有機物を固形化した燃料のことです。固形燃料は使いきりで一食分の調理に必要なサイズになっているものが多く、卓上調理やキャンプなどによく使われています。様々な場所で活躍する固形燃料ですが、種類がいくつかあるのです。ここでは固形燃料の種類をご紹介しますので、用途に合った固形燃料を選んで使ってみてくださいね。

固形燃料の種類①卓上用固形燃料

一般的に知られている固形燃料がこの卓上用固形燃料です。メタノールにゲル化剤として酢酸カルシウムや脂肪酸ナトリウムを加えて製造されています。使いきりサイズになっていて、一人用の鍋や釜飯の調理に使われることが多いそう。卓上固形燃料は耐熱性の受け皿にのせて火を点けるだけで使うことができます。

固形燃料の種類②缶入り固形燃料

缶入り固形燃料はアルコール系やパラフィン系を燃料にした固形燃料で、非常用や災害用として使われることが多い固形燃料です。容量が大きいので1時間以上使用できるなど保温性に優れています。缶入り固形燃料には火を点けた後に蓋を閉めて消火し、再使用できるものもあるそうです。

固形燃料の種類③タブレット型固形燃料

タブレット型固形燃料はアウトドア用や軍用として様々なものがあり、単独で調理に使用したり、木炭の着火剤として使用します。1つ10g前後で容量が小さいものが多いので、必要な量を専用のコンロに入れて使用しますが、すすが出やすいものもあるそうです。

着火剤のおすすめランキングTOP7!正しい使い方で簡単に火をおこそう! | MensModern[メンズモダン]

固形燃料の基本知識

固形燃料の使い方と注意点

固形燃料の使い方はとても簡単で、耐熱性の受け皿などに固形燃料を置いて火を点けるだけです。一度点火した固形燃料は火が消えるまで使いきってください。途中で息を吹きかけたりして消そうとすると、固形燃料ごと飛んでしまって危険です。万が一緊急で固形燃料の火を途中で消したい場合は、大量の水で消すようにしてください。

固形燃料の保管方法

固形燃料は気化しやすく、引火しやすいものです。固形燃料を保管する場合は、入っていた包装紙やラップに包んでから、ジップロックなどで密封してください。固形燃料の保管場所は風通しの良い涼しい場所で、冷暗所など日の当たらない場所に保管しましょう。

キャンプ道具の自宅収納アイデア!ボックスを使ったすっきり整理整頓術 | MensModern[メンズモダン]

おすすめの固形燃料[メーカー]

「Esbit(エスビット) 固形燃料スタンダード・ミリタリー」

アウトドアや登山、キャンプ用の製品を取り扱っている有名なメーカーで、エスビットの固形燃料はドイツ軍が食事を温める時にも使用されています。安全で信頼性の高い商品として人気の固形燃料です。

中でも人気は「固形燃料スタンダード」です。1つ4gととても小さく持ち運びに便利で、簡単に火を点けることができるので人気があります。固形燃料の燃焼時間は1つ約6分で、目に見える煙も出ず燃え残りもほとんどない優れた商品です。1つ14gで燃焼時間が約15分の「固形燃料ミリタリー」もあるので、必要な燃焼時間に合わせて選ぶことができます。

「ニチネン パック燃料四角タイプ」

パック燃料四角タイプは燃焼時間は約21分30秒で、すすが出にくく臭いが気になりません。また、燃え残りもほとんどないので掃除がとても簡単にできます。揮発しないため長期保管に優れていて、防災対策用品として保管しておくことが可能な固形燃料です。ニチネンは日本製ですので、安心して使っていただけるのではないでしょうか。

「カエン ニューエース」

カエン ニューエースは1個約30g燃焼時間は約18分~26分で、適度な炎で効率良く燃焼してくれる固形燃料です。着火しやすく、火力が安定していると人気で家庭でも業務用としても使われています。嫌な臭いもなく料理をおいしく温めてくれますし、アルミカップが付いているので、片付けも簡単にできる固形燃料です。開封後は専用の袋に入れて保管できるのも便利ですね。

おすすめの固形燃料[100均]

「100均・ダイソーの固形燃料」

簡単に火を点けることができて便利な固形燃料。実は100均でも購入することができるのです。今回は100均・ダイソーの固形燃料をご紹介します。ダイソーの固形燃料は1個25g3個入りで100円です。固形燃料の燃焼時間は約15分で、400ccの水を約6分で沸騰させてくれます。

100均の固形燃料はメーカーの固形燃料と比べると燃焼時間が短く、すすが多少出るという声もあるようです。しかし、固形燃料としてちゃんと使うことができますので、ちょっと使いたい時に便利かもしれませんね。コスパも良いので、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

メーカーと100均の固形燃料を比較

「100均の固形燃料は安いけどちゃんと使えるの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、メーカーの固形燃料(エスビット 固形燃料ミリタリー)と100均の固形燃料(ダイソー 25g×3個入り)を比較し、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

火力や沸騰するまでの時間で比較

最初に比較するのは、火力です。エスビットの固形燃料の火力は強く、400ccの水が沸騰するまでの時間は9分40秒程かかります。一方、ダイソーの固形燃料の火力はエスビットの固形燃料より強く、400ccの水が5分50秒程で沸騰するそうです。火力や沸騰するまでの時間で比較すると、エスビットよりダイソーの方が優れています。

重量や燃焼時間で比較

実際使った場合の燃焼時間は、エスビットの固形燃料は約13分20秒で、ダイソーの固形燃料は約14分40秒です。しかし、エスビットの固形燃料は1つ14gでダイソーの固形燃料は1つ25gですので、重さに対しての燃焼時間はダイソーよりも優れています。軽くて小さいので、持ち運びにはエスビットの方が便利です。

メーカーと100均の固形燃料のメリット・デメリット

2つの固形燃料を比較した結果、エスビットの固形燃料は軽量なのに燃焼時間が長く持ち運びに便利ですが、ツンとした臭いがするというデメリットがあります。一方ダイソーの固形燃料は火力が強く臭いが少ないことがメリットで、デメリットは重さに対して燃焼時間が短いことです。

固形燃料はそれぞれ燃え方や燃焼時間が違い、メリット・デメリットがあります。「100均だからちゃんと燃えるか心配…」ということはなく、メーカーの固形燃料と同じように使うことができるのです。それぞれの商品の特徴を知って、ご自身の用途に合った固形燃料を探してみてくださいね。

固形燃料の作り方

メーカーの固形燃料や100均の固形燃料など、市販で手に入る固形燃料をご紹介してきましたが、実は固形燃料は作ることもできるのです。販売している固形燃料は安くて簡単に手に入るので作ることは少ないと思いますが、豆知識として固形燃料の作り方をご紹介します。

固形燃料の作り方[必要なもの]

固形燃料を作るのに必要なものは、ビーカー(2個)、スポイト(1本)、アルミカップ(1個)、無水エタノール(10ml)、酢酸カルシウム(25g)、純水(50ml)です。

固形燃料の作り方[手順]

固形燃料の作り方は、まずビーカーに入れた純水に酢酸カルシウムを加えて泡立てないようによくかき混ぜ、酢酸カルシウム飽和水溶液を作ります。もう一つのビーカーに無水エタノールを入れて、酢酸カルシウム飽和水溶液を少しずつスポイトで滴下してください。

無水エタノールに酢酸カルシウム飽和水溶液を滴下することで、ゲル状の固形物ができます。それをスプーンなどでとってアルミカップに入れれば、固形燃料の完成です。固形燃料の作り方にはエタノールが必要ですが、エタノールには引火性がありますので、固形燃料を作るときには火の取り扱いに十分注意してくださいね。

固形燃料とあわせて購入したいアイテム

「Esbit(エスビット) チタニュームストーブ」

15gと超軽量で簡単に折りたたみができるチタニュームストーブです。固形燃料をのせて、ポットなどを置くとお湯を沸かすことができます。3本の足でポットなどを支えてくれますので、安定して使うことができる便利な商品です。

「スマイリースマイル ポケット固形燃料用ストーブ」

コンパクトに収納できる手のひらサイズのポケットストーブです。エスビットと同じサイズの固形燃料や、100均の固形燃料が使用できます。収納袋も付いていて、持ち運びにも便利なのでキャンプや登山などで活用できる商品です。

「ニチネン 固形燃料コンロ用 一人鍋・一人焼肉」

15cmの丸鍋、木蓋、鍋専用コンロ、敷板、固形燃料がセットになっているので、すぐに一人鍋を楽しむことができます。鍋とコンロはアルミ製ですので軽量です。同じニチネン製品で一人焼き肉ができるセットもあります。フッ素加工のグリル鍋がお肉を柔らかく焼いてくれますので、固形燃料で焼き肉をする場合にはおすすめです。

キャンプ道具の自宅収納アイデア!ボックスを使ったすっきり整理整頓術 | MensModern[メンズモダン]

固形燃料で炊飯する方法

固形燃料をキャンプなどに持って行く方も多いと思いますので、ここでは簡単にできる炊飯の仕方をご紹介します。作り方を知っていればキャンプでも簡単においしいごはんを食べることができますので、チャレンジしてみてくださいね。

用意するものは、お米、水、クッカー、固形燃料、ポケットストーブです。まずはお米と水をクッカーに入れて30分~2時間置きます。ポケットストーブに固形燃料をセットし、クッカーをのせて火を点けます。

蒸気が出てきたら一度かき混ぜて蓋をしめ、蓋が浮かないように石などの重いものをのせます。15分ほどして火が消えたら、タオルなどに包んで10分ほど蒸らして完成です。作り方は簡単ですので、是非チャレンジしてみてくださいね。

ソロキャンプは料理もこだわる!簡単美味しいレシピやおすすめ道具を紹介 | MensModern[メンズモダン]

簡単で便利な固形燃料を使ってみよう!

今回は固形燃料の基本知識や使い方をご紹介しましたが、固形燃料はキャンプや災害時に活躍する便利なアイテムということが分かりましたね。固形燃料は簡単に火を点けることができて、料理などにも役立つのでご自宅でも使うことができます。固形燃料には長期保管できるものもありますので、ご家庭に保管して上手に活用してみてくださいね。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ