ポリエステル素材のアイロン方法まとめ!適切な温度やコツ・注意点は?

ポリエステルの生地などアイロンをかけるとき、温度や注意点など分からない事が多いと思います。実は、アイロンのかけ方が間違っているなんて事も多いです。今日は、ポリエステルの素材のアイロンの方法や注意点などについてご紹介していきます。

ポリエステル素材のアイロン方法まとめ!適切な温度やコツ・注意点は?

目次

  1. ポリエステルの素材の物にアイロンは大丈夫なの?
  2. ポリエステル以外にも使えるアイロンの温度目安とは?
  3. ポリエステルにおすすめのアイロンとは?
  4. ポリエステルの素材の特徴とは?
  5. ポリエステルにアイロンをかける前の下準備
  6. ポリエステルの洋服のタグをしっかりと確認する
  7. ポリエステルの素材にアイロンをかける方法
  8. ポリエステルの服にアイロンをする時のコツとは?
  9. アイロンを使わずシワを伸ばす方法とは?
  10. しっかりと素材に合った温度や方法が大切

ポリエステルの素材の物にアイロンは大丈夫なの?

アイロンを洋服に使っている人なら分かる事ですが、なかなかアイロンを使わない人からすると、本当にポリエステルのような生地に、アイロンをかけても大丈夫なのか不安になると思います。温度もいまいち分からず、コツや方法等もたくさんあります。注意点もしっかりと抑えておく事で、安心してアイロンを使う事ができます。

今日はそんな、ポリエステルの素材の服にアイロンをかけるときのコツや方法、注意点などを詳しくご紹介していきます。もともと、ポリエステルはシワになりにくい素材で型崩れも起こしにくいので、あまりアイロンを気にされた事が無い方も多いと思います。そんなポリエステルのアイロンの注意点やコツ、方法についてご紹介します。

スチームアイロンのおすすめランキング!簡単にシワが伸ばせる人気製品は? | MensModern[メンズモダン]

ポリエステル以外にも使えるアイロンの温度目安とは?

ポリエステルに関わらず、アイロンの温度設定とはいったい、どのような温度になっているかご存知ですか?設定の表記では、高→中→低、という表記になっていますが、大切なのはいったい温度が何度で、どの素材に対して使用できるのかだと思います。そんなアイロンの、基礎知識からまずはご紹介していきます。

基本的にこのアイロンをかける時の温度を素材別に判断するには、服についているタグを見る必要があります。そこの表示されているマークによって、アイロンの温度を変えて調節するようにしましょう。それぞれの温度や、対応している素材についてご説明します。

アイロンの温度設定~高~

タグにアイロンがけを高の設定で行うよう、表示がある場合この温度で行います。温度は、180度~210度となっています。この温度に対応している素材は、綿や麻などが多く対応しています。注意点としては、温度が高いので、いくら対応している素材だからと言って、当てすぎは焦げてしまうのでさっと行うようにしましょう。

アイロンの温度設定~中~

次に、洋服のタグに中のアイロンの温度表示がある場合この設定で行います。140度~160度くらいとなっています。これに対応している素材は、レーヨン、キュプラ、ポリエステル、ナイロン等になります。今回ご紹介するポリエステルも、この中の温度設定で行います。

アイロンの温度設定~低~

洋服のタグのアイロンマークに低の表示がある場合、この温度でアイロンを行います。80度~120度くらいとなっています。対応している素材は、シルク、アセテート、ナイロン、アクリル等になります。注意点としては、低のアイロン設定の場合、熱に弱いことが多いので気をつけなくては、洋服にアイロンの跡や無駄なテカリが出てしまうという点が注意点です。

アイロンのおすすめ人気商品!軽量・コードレスなど簡単にシワが伸ばせる? | MensModern[メンズモダン]

ポリエステルにおすすめのアイロンとは?

アイロンを行ううえで、アイロン自体の種類も大切になります。アイロンにはいくつかの種類がありますが、今回は大きく分けて主流の二種類のアイロンをご紹介します。ポリエステルなどの材料には、ドライのアイロンがおすすめですが、最近ではドライとスチームを両方使い分けが、出来るものの販売されています。

スチームアイロン

スチームを使ってシワを伸ばしていくアイロンになります。最近では、ハンガーにかけた上体でスチームをかけて、シワを伸ばしたり出来るアイロンも販売されているようです。水を入れるタンクが付いており、取り外しが可能なタイプと、直接水を入れるタイプがあります。

ドライアイロン

ドライアイロンとは、ごく一般的なアイロンで、熱してあるプレート部分を衣類に押し付けてシワをとるアイロンの事です。最近ではドライとスチームの混合タイプが流行しており、ドライだけのアイロンはかなり少なくなっています。

スーツのアイロンかけ方はこれで安心!温度や頻度・ポイントまとめ | MensModern[メンズモダン]

ポリエステルの素材の特徴とは?

ポリエステルと名前を聞くとアイロンをかけたら、テカってしまいそうなイメージですが実はそんな事ありません。何回も洗濯しても、型崩れしにくい素材になっていますし、物によっては洗濯後にしっかりと手などでシワを伸ばせば、アイロンが必要ないタイプの素材になっています。ですので、イメージとは裏腹にかなり優秀な素材なのです。

熱に対しても特別熱に弱いという訳ではなく、アイロンをかけたりする分には、心配する必要はありません。ただし、衣類の質感によっては注意点などもあり、アイロンがけには少しコツなども必要なものもあります。そういったポリエステルの素材のコツやアイロンの方法、注意点なども詳しくご紹介していきます。

スラックスの正しいアイロンの方法・コツ!綺麗な折り目を作るかけ方は? | MensModern[メンズモダン]

ポリエステルにアイロンをかける前の下準備

まずはポリエステルの素材を、アイロンする前以外でも言える事ですが、アイロン前の準備が大切になってきます。単純にアイロンするだけの場合でも、周りに必要なものを揃えておくと時間の短縮にもなります。めんどくさがらずに、しっかりと準備をしておくことで、アイロンによるミスを大きく減らす事ができますので、ちゃんと意識しましょう。

アイロン前に準備するものとしては、あて布、アイロン台、霧吹き、あればでいいですが糊スプレーなどもあると、より綺麗にアイロンを仕上げる事ができます。注意点としては、アイロン台は無いと変なしわが出来てしまいますので、絶対用意しましょう。当て布に関しては、何でも大丈夫です。100円のハンカチでも切れ端でも大丈夫です。

ポリエステルの洋服のタグをしっかりと確認する

ポリエステルの洋服などもそうですが、アイロンをかける時の注意点はしっかりとタグを見ておく事です。どういった洗濯方法が出来るのか、またどのようにしてアイロンをかける事が出来るのか、などをしっかり把握しておく事で、アイロンなどの方法を間違えずに行うことが出来ます。ポリエステルに関わらずこれは、大切な注意点になります。

ポリエステルの素材は扱い易いですが、物によっては気をつける注意点が、多く存在するものもあります。アイロンをかける方法も、当て布をして行ったほうがいい事も多いです。タグをしっかりと確認する事で、その衣類にあったアイロンのコツなどを利用する事が出来ます。しっかりと確認しましょう。

ポリエステルの素材にアイロンをかける方法

ポリエステルは、まず上記でご紹介した通り中の温度設定でアイロンがけをします。アイロンはドライで行います。スチームアイロンの使用はやめましょう。中の設定で、目立たない箇所から少しずつ大きい部分に、アイロンをかけていく事が大切です。強くアイロンを当てすぎてもよくありません。ポリエステル意外もそうですが、アイロンの跡が付いてしまいます。

ポリエステルの服でも、部分的に別の素材を使っている所もあると思いますが、その場合はポリエステルの場所に、アイロンをかけるようにしましょう。温度が違うとその素材の部分だけ、アイロン跡が付いてしまう可能性が高くなります。素材が混合している場合、温度の低いほうに合わせて、アイロンも温度を低くしましょう。

ポリエステルの服にアイロンをする時のコツとは?

ポリエステルに限らず、上手くアイロンを行う方法は、両手でしっかりと行うことです。しっかりと服を押さえ、アイロンをまっすぐに一定方向にかける事がコツです。手で支えず片手でやってしまうと、思わぬところにしわが出来てしまいます。しっかりと手で押さえる方法を、行うことが一つ目のコツです。

ポリエステルの素材でも、起毛繊維の場合アイロンを行うときにコツが必要です。ポリエステルの起毛繊維は、あて布などをしないと、ポリエステルの素材がテカってしまいます。あて布などをしっかりとして、それでもシワが取れない場合すこしポリエステルの衣類から、離してスチームにてしわを伸ばすようする事が二つ目のコツです。

アイロンを使わずシワを伸ばす方法とは?

ポリエステルの素材は、洗濯の時気をつける所はたくさんあります。ポリエステルの素材の服は脱水するときに、洗濯ネットに30秒程脱水をかけるとシワが付きにくくなります。脱水の方法を調節するだけで、ポリエステルの素材はシワを伸ばすことが出来ます。部屋に干すときなども、しっかりとシワを手でたたいて伸ばしたり、する事も大切になってきます。

洗濯糊を使う事もお勧めです。脱水後にもう一度洗濯糊をいれ、30秒脱水しすぐに干しましょう。そうする事で、ポリエステルの素材であれば、かなりシワが伸びで綺麗に干す事が出来ます。簡単に過程でもすぐ、実践できるのでおすすめです。

しっかりと素材に合った温度や方法が大切

今回はポリエステルの生地の、アイロンをかける時の注意点などについてご説明しました。アイロンを使用する際はしっかりと、洋服のタグを確認するクセをつけましょう。また今持っている洋服も一度タグをみて、洗濯方法などがしっかりとあっているか、確認する事をおすすめします。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ