フェラーリの超スーパーカーエンツォフェラーリのデザインを手掛けたデザイナー奥山清行氏が手がけたKode57が発表された、Kode57はいったいどのような車なのか?そのデザインと性能は?そして、気になる価格はいくらに設定されたのでしょうか?

Kode57新型車発表!エンツォフェラーリの奥村清行氏デザイン!

目次

  1. Kode57とは
  2. Kode57とはどんな車か?
  3. Kode57のデザインを手がけた奥山清行とはどんな人
  4. Kode57のデザインコンセプトは
  5. Kode57デザインの特長は
  6. Kode57のベースモデルは
  7. Kode57とフェラーリとの違いは
  8. Kode57の搭載エンジンは
  9. Kode57の最高馬力は?
  10. Kode57の気になる価格は
  11. Kode57のまとめ

Kode57とは

2017年に遂に実車が東京の街を走行したKode57,ラッキーにもその場面に遭遇した人はその迫力とデザインのすばらしさに驚いたのではないでしょうか、今回はKode57とデザイナー奧山清行氏について調べてみました。

Kode57と聞いて、車の形を思い出す事が出来る人は相当の車好きなのではないでしょうか?多くの人は,Kode57の事は聞いたことはあるけど、又は知らないという人が殆どなのではないでしょうか。では、Kode57とはいったいどのような車なのでしょう。Kode57のデザイン、性能、そしてとても気になる価格などを探って行きます。

Kode57とはどんな車か?

遂に姿をあらわす事になったKode57。Kode57は謎に包まれているところも多いのですが、現在わかっている事を調べ、お伝えします。

名前の由来は

Kode57少し変わったネーミングです。Kode57名前の由来は、世界中がスーパーカーを生みだす黄金世代1957年の57から名付けられているのです。

ネーミングの由来ともなった1957年はフェラーリ250テスタロッサやジャガーXKSSなど、現在も名車と言われているクルマを多く生み出した世代でもあるのです。

Kode57は2017年にカリフォルニアで発表されたKode-Zeroの翌週に発表されています。実際のところ、ほぼ同時期に発表されたKode-Zeroは大きく取り上げられていませんが、Kode57は実車として公道を走行し、大きな話題を提供しています。

Kode57のデザインを手がけた奥山清行とはどんな人

Kode57の斬新なデザインを手がけた人物は奥山清行氏、カーデザインとしての作品ではフェラーリから発表されたエンツォフェラーリで、そのデザインを手掛けた人物なのです。デザイナー奥山清行氏について少し調べてみました。

奥山清行氏は日本のみならず、世界で活躍するデザイナーで、エンツォフェラーリやKode57ボディデザインをした事からカーデザイナーのイメージが強いのですが、実際には多岐に渡るデザイン作品を作り上げているデザイナーなのです。

奥山清行氏は現在、アメリカ、中国、日本の大学でデザイン教育を行う客員教授としてもご活躍されいます。奥山清行氏デザインの作品は、車以外でも多く見られ、農業機械や瓶などの小物まで多くのデザインに係わり、私たちの身近でも奥山清行氏の作品を多く見ることが出来ます。

Kode57のデザインコンセプトは

話をKode57に戻しましょう、Kode57は斬新なデザインで登場し、発表時には会場全ての人を驚かせましたが、Kode57が登場した時に、受けた衝撃的なデザインのコンセプトはどの様なものなのでしょうか?

Kode57は『スポーツカーのヒストリーと世界観を理解するトップオブザトップの方に乗って頂きたい、限定モデル』という発想で制作された限定モデルです。モータースポーツが華やかだった時代、1957年をオマージュし作製されたスポーツカーなので、デザインのすばらしさが際だっている一台なのです。

Kode57デザインの特長は

Kode57のデザインの特徴は路面に吸い付くような車高の低さと、オープンカーデザインです。現代のハイパフォーマンスカーでは希なオープン構造、このオープン構造こそがKode57が他のハイパフォーマンスカーとは違うのだという個性を表しているのです。

また、極限までムダを削り高級素材を使用し軽量化をはかるなど、細部にまでスポーツカーとしてのこだわりがみられます。そして、大きく背後に跳ね上がるサイドパネルなど、往年のカウンタックを思い起こさせるようなデザインも、Kode57の中に盛り込まれています。

Kode57は内装にもこだわりがあり、赤一色で統一されたKode57のコクピットはコンパクトに仕上げられていますが、スポーツカーにありがちな快適性を犠牲にするということが無いようにデザインされています。

Kode57のベースモデルは

Kode57という車を知る上で、重要になって来るのが、デザインは勿論ですが、Kode57という車の持っている性能、つまりパフォーマンスがとても大切な要素になっています。

Kode57は、一から全車を作り上げているものではなく、ベースカーを作り替える?似たような言葉であればチューニングを施しKode57を作り上げているのです。チューニングの事を考えればベースとなる車の性能がとても重要になって来ます。ではKode57のベースとなっているのはどのクルマなのでしょうか?

Kode57のベースマシンにはフェラーリ599が使用されています。フェラーリ599はクローズタイプの室内を持っているハイパフォーマンスカーなので、外見からはその面影をcode57に見ることは出来ませんが、フェラーリ599にチューニングを加えてのKode57、いったいどんな車に仕上げられているのでしょうか。

Kode57とフェラーリとの違いは

ベースがフェラーリ599となればKode57との違いを知りたくなるところなのですが、奥山清行氏のホームページから推測すると、エンジンはオーナーの好みにあわせて調整、車高などもオーナーの好みに合わせて調整するなど、フェラーリ599よりもKode57はオーナーの好みに合わせる所が大きいようです。受注注文、ワンオフの魅力がふんだんに散りばめられている、というところが一番大きな違いでしょう。

本来ならば、フェラーリ599とKode57の走り違いはここにあると記載したいところなのですが、Kode57に乗って走行させ、インプレッションを出せるまで、まだ機が熟してはいないようです。ただ一つ、オーナーの好みにあわせて作製されるのであれば、手に入れたオーナーにとっては最高の一台になる事は確実と言えるのではないでしょうか。

Kode57の搭載エンジンは

Kode57搭載のエンジンはフェラーリ599と同じ6.0lV12で、最高馬力も611馬力でほぼ同じです、ただし、Kode57には、エンジンチューニングのオプションもあり、ノヴィテックチューンのエンジンのエンジンを選択すれば、Kode57はさらに高い馬力を搾り出す、超ハイパフォーマンスカーに変貌するのです。

搭載エンジンでもいろいろパフォーマンスを変化させることが出来、足回りなども個人の好みに合わせらる為、Kode57各オーナーひとりひとりにデザインは同じでも、全く違う個性をもったKode57が届けられるのです。

Kode57の最高馬力は?

Kode57はフェラーリ599をベースに開発されているためエンジンは599のものが流用されているのですが、エンジンの味つけは大きく違っている様です、先にオーナーの好みによって調整されることを記載させて頂きましたが、最高馬力もチューニングメーカーによって大幅に向上させる事が出来るのです。

ノヴィテックチューンのエンジンを搭載すると最高馬力はなんと692馬力まで上昇するのです。フェラーリ599よりも90馬力程大きく、車体は約100キロ軽いのですからそのパフォーマンスは恐ろしいことになりそうです。

Kode57最高馬力の692馬力は、現在のフォーミュラーカーにかなり近い馬力数です。レース用に開発され毎回整備を繰り返すフォーミュラーエンジンと、あくまでも街の中で乗る為に開発されたエンジンの馬力が近い数値を示すのは驚異的な事なのです。フォーミュラーエンジンの馬力数は750馬力以上といわれています。

Kode57の気になる価格は

Kode57、夢のような車なのは充分に分かりましたが、この車は価格はいったいいくらするのでしょうか?ベース車両がフェラーリ599と考えれば、価格は想像もつきません。

Kode57の価格は、2億5000万円になるのではないかと予想されています。あくまでも予想なので、決定価格ではありませんが、超高価である事には変わりがありません。

超高級車フェラーリ599をベースに使用し、細部までこだわったデザインと妥協をしない作り込み、更にはハイチューニングエンジンの搭載となれなば、この価格になってしまうのも仕方がない事なのでしょう。

現在では、エンッオフェラーリの価格も約2億円前後で推移している事を考えれば、Kode57の価格2億5000万円も妥当な価格なのかも知れません。

Kode57のまとめ

Kode57はオーナーの注文に合わせ制作するワンオフのスーパーカーです。例えば、世界に3台のKode57が存在したとしても、オーナーが3人いれば、Kode57は全く別の個性を持った3台として存在しているのです。オーダーメードのスーツの様に、ひとりひとりにピッタリと合った形で送り出される、それがKode57なのです。

価格は2億5000万円ととても高価ですが、すばらしく夢のあるクルマではないでしょうか?購入する事は叶いませんが、一度は見てみたい夢のクルマです。

フェラーリ812スーパーファスト新型!最速V12の価格と発売日まとめ | MensModern[メンズモダン]
フェラーリのJ50新型世界初公開!日本進出50年記念モデル価格は3億超! | MensModern[メンズモダン]

評価 3.8/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ