フェイスペイントのやり方!ペン・絵の具などおすすめ道具の選び方も紹介

フェイスペイントと聞くと、サッカーのサポーターがやっているもの、というイメージを持っている人がまだまだ多いかもしれません。しかし最近ではイベントごとでフェイスペイントを楽しむ人も多いようです。おすすめのフェイスペイントのやり方や道具などについて調べました。

フェイスペイントのやり方!ペン・絵の具などおすすめ道具の選び方も紹介

目次

  1. フェイスペイントのおすすめやり方などを調査!
  2. フェイスペイントとはいったい何?
  3. フェイスペイント経験者はどれくらいいる?
  4. フェイスペイントについて詳しく知りたい!
  5. フェイスペイントはどんな時にするもの?
  6. フェイスペイントへの関心はここまで高まっている!
  7. フェイスペイントは大人から子供まで楽しめるもの!
  8. フェイスペイントに必要な道具について
  9. フェイスペイントの道具を選ぶときのおすすめポイント
  10. フェイスペイントの道具をそろえる場合の費用は?
  11. フェイスペイントのおすすめおしゃれデザイン集
  12. フェイスペイントのやり方
  13. フェイスペイントをやる上での注意点
  14. フェイスペイントはシールでも代用できる!?
  15. イベントの際はフェイスペイントが断然おすすめ!

フェイスペイントのおすすめやり方などを調査!

イベントごとなどがあるとフェイスペイントをしている人たちをよく見かけることはありませんか?昔は、サッカーの試合会場でサポーターの方たちがやっているイメージが強かったフェイスペイントですが、最近は昔に比べるとフェイスペイント自体も身近なものになってきているようです。フェイエスペイントのおすすめのやり方などについて調査しました。

フェイスペイントとはいったい何?

フェイエスペイントとは、紙の上に絵を描くのと同じように顔の上に絵を描くことのことを言います。昔、サッカーの試合などでよく見かけたフェイスペイントは、顔の頬の部分に国旗などを描くようなものが多かったように思われますが、そのようなワンポイントのフェイスペイントのほかにも、顔全体にペイントを施すようなフェイスペイントもあるようです。

フェイスペイントの仲間であるのが、ボディペイントやマタニティペイントというものです。顔ではなく体に描くのがボディペイントで、妊娠により大きくなったお腹にペイントを施すものをマタニティペイントといいます。マタニティペイントに関しては、最近では記念にやる妊婦さんも増えてきて、インスタグラムなどにそのペイント画像が多く掲載されているようです。

フェイスペイント経験者はどれくらいいる?

フェイスペイント未経験者の人はかなり多いように思われますが、先程も書いたように、昔に比べるとフェイスペイントというものが馴染みのあるものになってきたということもあり、フェイエスペイントをしたことがあるという人は以前と比べるとかなり多いように見受けられます。また、以前は大人がイベント事でフェイスペイントを楽しむという光景が多かったです。

しかし最近では、大人だけでなく子供たちもフェイスペイントをやるようになっており、そのような観点から見てみても、フェイスペイントというものがかなり浸透してきているということがよくわかります。フェイスペイントは、芸術的な面においてもファッションの面においても、世界中で1つの文化として認められるようになってきているということです。

フェイスペイントについて詳しく知りたい!

おしゃれで芸術的であるフェイスペイントについてますます知ってみたい!と思っている人も多いのではないでしょうか。そこで、フェイスペイントのやり方や必要な道具や注意点などについてまとめてみました。また、ぜひ試してみたくなるようなおしゃれなフェイスペイントのデザイン画像なども集めてみたので、フェイスペイントの参考にしてみるのもおすすめです。

フェイスペイントはどんな時にするもの?

フェイスペイントが身近なものになってきた、ということを先ほど書きましたが、普段のファッションに合わせて普段からフェイスペイントをしているという人はまずいないでしょう。大概の人たちは、何か大きなイベントごとなどの時にフェイスペイントをやっているようです。代表的なイベントとしてはハロウィンやクリスマスなどが挙げられます。

また、ディズニーランドなどの大きなテーマパークなどに出かける時なども、かわいいフェイスペイントを施していくという人も多いように思われます。ディズニーランドの場合は、自分の好きなキャラクターのモチーフのデザインをフェイスペイントとして顔に描いている人を見かけます。実際ディズニーシーではフェイスペイントをやってくれるところもあったようです。

フェイスペイントへの関心はここまで高まっている!

イベントごとなどでよく見かけるフェイスペイントですが、とにかくフェイスペイントへの関心はかなり高まっていると言えます。法人としても、日本フェイスペイント協会というものもあるようですし、技能資格としても、フェイス&ボディペインティング技能検定というものがあるようです。費用は少々かかるようですが、しっかりとした技術を身に付けられるということです。

また、日本フェイスペイント協会が行ったフェイスペイントへの意識調査においては、ハロウィンでフェイスペイントをしてみたいと思っている人の割合は34.1%ということでかなり高いという結果が出ているようです。最近ではインスタグラムなどにその様子をアップする人も多いことから、さらにさらにフェイスペイントに対する関心が高まっていると言えます。

フェイスペイントは大人から子供まで楽しめるもの!

フェイスペイントはかつては大人が楽しむものという印象があったようですが、最近では小さな子供までもがフェイスペイントを楽しんでいる姿をよくみかけます。フェイスペイントは、イベントごとなどでよくやることのようですが、ここ数年ハロウィンの仮装を楽しむ人がとにかく多いです。子供もかわいらしい仮装に合わせてフェイスペイントをしています。

子供は子供らしいかわいいフェイスペイントをやることが多いですが、その一方で大人はおしゃれなフェイスペイントのほかにも本格的なフェイスペイントをやることも多いです。冒頭で少し書きましたが、顔全体をペイントするようなフェイスペイントなどは、特にハロウィンの仮装にはぴったりということで、楽しんでいる大人も多いように見受けられます。

フェイスペイントに必要な道具について

フェイスペイントは資格を持ったプロの人にやってもらうという人も多いですが、自分でフェイスペイントを楽しみたいという人も多いです。自分で楽しむ分にはもちろん資格などはいりません。自分でフェイスペイントをやる場合は、どのような道具から揃えていけばいいのでしょうか。まず何よりも必要なものはペイントするための絵の具です。これがないと何もできません。

あとは、絵を描くときに必要な道具とほぼ同じで、ペイントするための絵筆やパレット、さらに絵の具を顔全体に伸ばすためのスポンジなどもあるととても便利でしょう。道具がたくさんになってしまう場合は、筆立てのような収納する道具があるとよりいいです。これらの道具がワンセットになっているようなお手軽なキットも売られているようなので初心者にはおすすめです。

フェイスペイントの道具を選ぶときのおすすめポイント

フェイスペイントの道具で一番気になるのは絵の具でしょう。絵の具はそもそも絵を描くものであって顔に塗るものではありませんので、しっかり絵の具選びをしたいところです。絵の具には水性のものと油性のものとがあります。水性はフェイスペイントを取るときには落としやすい反面、汗などに弱いです。一方油性は崩れにくいのですが、オフしにくいという短所があります。

また、リキッドタイプか固形タイプかという絵の具の選び方もあります。これらもそれぞれに長所と短所があります。リキッドタイプはとにかく発色がよく初心者でも使いやすいという長所がありますが、広範囲のペイントには不向きのようです。固形タイプは細かい色の使い方などができ、広範囲向けのようですが、摩擦に弱かったり使う手間がかかったりなどの短所があります。

また、フェイスペイントには絵の具ではなくペンを使ったやり方もあるようです。通販サイトなどにもフェイスペイント用のペンがセットで売られていたりもします。ペンというよりはクレヨンに近いものもあるので、初心者の人は、まずは絵の具よりもペンでフェイスペイントを楽しんでみるのもいいかもしれません。安いものだとペンのセットが1000円ほどで買えます。

クレヨンタイプのペンもあれば、ノック式のマジックのようなフェイスペイント用のペンも売られています。本格的なペンであれば、顔に描いても発色が良いので、描いていてもとても楽しいですし、ペンだと細かい絵柄などもしっかり描くことができるので、こだわったフェイスペイントをやりたい人には向いているかもしれません。

フェイスペイントの道具をそろえる場合の費用は?

フェイスペイントをいざ自分でやろうとするとなると、上で紹介したような道具を一式そろえる必要があるので、それなりに費用がかかることが予想されます。体に使えるような絵の具を複数色そろえるだけでも、結構な金額になってしまいますし、絵筆なども決して安いものではないですし、1本だけでいいというものでもありません。キットは5000円くらいで売られています。

1年に何度もやるものでもないからフェイスペイントにかけるお金は最小限にしたいということならば、100円均一などで道具をそろえるのもおすすめです。100円ショップのダイソーではフェイスペイント専用の絵の具が1色ずつ売られていたようです。100円なのでいくつか買ってもそこまでお金はかかりません。ハロウィンの時期に売り出す可能性もあるので要チェックです。

フェイスペイントのおすすめおしゃれデザイン集

ここからは、おしゃれなフェイスペイントのデザインサンプルを具体的に見ていくことにしましょう。こちらは子供用のフェイスペイントで、子供の口と恐竜のフェイスペイントをうまく融合させたデザインになっており、とてもユーモアあふれるフェイスペイントです。恐竜の口だけでなく、歯まで一体化しており、恐竜の口元がとてもリアルに見えます。

こちらはとてもクールなフェイスペイント。メイクとフェイスペイントの雰囲気がとてもよく似ていて、組み合わせ方がとてもおしゃれです。色合いもブルーに統一されており、グラデーションもとても美しいです。このようなおしゃれなフェイスペイントだとハロウィンのような仮装用ではなく、ライブイベントなどにも向いていそうです。

こちらはとてもクールでおしゃれなフェイスペイント。メイクとのコラボの仕方がとても美しく、女性向けのフェイスペイントです。目元もブルーのアイメイクにし、目の周りのフェイスペイントも青を基調としたフェイスペイントにすることで、美しい調和がとれています。ダンスなどをする人がこのようなメイクをするととてもおしゃれで素敵でしょう。

こちらはフェイスペイントではありますが、まるで特殊メイクのような出来栄えです。皮膚がめくれて機械仕掛けになっているというものを表現したフェイスペイントのようです。このデザインに合わせて、顔のほかのところも血色を青白くしてみたり、唇の色を青紫にしてみたりすることで、リアリティが出ていて面白いです。ハロウィンの時におすすめのフェイスペイントです。

一見美しい女性に見えるフェイスペイントですが、口元がホラーな雰囲気が漂っており、ゾッとしてしまいます。鼻から上は華やかでアジアンテイストの雰囲気が漂っているのですが、口元だけはドクロのような口元になっており、ギャップがありすぎるあたりがより恐怖を感じさせます。こちらもハロウィンなどの仮装イベントなどにぴったりのフェイスペイントといえます。

こちらはとても芸術的なフェイスペイントのデザインです。顔だけでなく、首元にもペイントが施されていて、顔から首にかけてのラインがとても美しいです。こちらのフェイスペイントはかなり細かいデザインのようですので、絵の具であればかなり細い筆を使う必要があります。ペンではこのようなラインは出せないので、上級者向けのフェイスペイントでしょう。

フェイスペイントのやり方

それでは実際に自分でフェイスペイントをやる場合はどのようなやり方をすればいいのでしょうか。まずはどんなフェイスペイントをしたいのか決める必要があります。しっかりと時間をかけてデザインを決めましょう。1からデザインを描くのはなかなか難しいので、ステンシルシートなどを上手に利用すれば、初心者の方でも簡単なやり方で上手に仕上がります。

絵が得意な人は顔に直接絵を描くというやり方でOKですが、苦手な人はステンシルシートをうまく利用します。そのステンシルシートですが、既成のものでなくてもクリアファイルなどでも代用することができます。クリアファイルをフェイスペイントしたいデザインに切り抜くだけ。ただ切り抜く作業を丁寧にしなければ、フェイスペイント自体の完成度も低くなります。

フェイスペイントをやる上での注意点

道具をそろえてやり方さえマスターすれば、誰もが簡単にできるフェイスペイント。ただ、肌に絵の具やペンなどで絵を描くわけですから、肌への影響も気になるところです。フェイスペイントをやる前の注意点としては、必ず肌に異常をきたさないかということを事前にパッチテストなどをしてみておきましょう。そうすることで安心してフェイスペイントを楽しめます。

いくらパッチテストを行ってみて大丈夫だったからといっても、肌に負担をかけていることには変わりありません。あまり長時間のフェイスペイントは避けた方がいいでしょう。また、子供と一緒にフェイスペイントを楽しむときは、子供が画材などを触らないように注意するようにしておきましょう。子供が絵の具などを口に入れてしまっては大変です。

フェイスペイントはシールでも代用できる!?

フェイスペイントをやってみたいけれど、道具をそろえるまではちょっと、と悩んでしまう人には、フェイスペイントを楽しめるようなシールがおすすめです。シールであれば、絵を描く時間も省けますし、何より見た目が美しいです。1年に何度もやる人は、費用的にはかさみますが、時と場合によってシールにするというのもありでしょう。

イベントの際はフェイスペイントが断然おすすめ!

1年のうちに多くのイベントがあります。特にその中でもハロウィンというイベントはフェイスペイントをやる人が一番多いイベントであるといえるでしょう。今年のハロウィンはまだまだ先ではありますが、今からハロウィンにやるフェイスペイントのデザインを考えて、やり方をマスターしておくと、当日完成度の高いフェイスペイントが出来上がるのではないでしょうか。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ