オニドームの特徴と評判は、軽量で使いやすいというご愛用者の声が多いです。アライテントから発売されているオニドームには、種類もいくつかあります。人気テントであるオニドームのメリットや、特徴の比較なども合わせてご紹介していきます。

オニドームの特徴と評判を紹介!人気のテントにはどんなメリットが?

目次

  1. 軽量で人気「オニドーム」テントに注目
  2. 「軽量でアウトドアファンへの思いやり」
  3. 「スペースの広い前室」
  4. 「幅広いシーンで活躍」
  5. オニドームご愛用者からの評判は!?
  6. 【アライテント オニドーム1】
  7. 【アライテント オニドーム2】
  8. オニドーム専用のアンダーシートも人気
  9. アライテント オニドームに負けないドマドームも人気
  10. オニドームの魅力と共に快適アウトドア

軽量で人気「オニドーム」テントに注目

軽量で人気のオニドームは、アライテントから発売されている人気のテントで、登山家やキャンパー達から注目を集めています。軽量なテントをお探しのアウトドアファンは、様々なブランドのテントを比較して、軽量で機能性の高いテントを選ばれるようです。

オニドームは、軽量なだけでなく、前湿が大き目に作られているというのもあり、使い勝手も良くてアウトドアで過ごしやすいと評判もいいです。シンプルに作られているオニドームは、設営も簡単にできるため、1人キャンプやツーリングなどでも使用するかたも多いと言われています。

オニドームだけではなく、アライテントから発売されているドマドームも注目されており、オニドームと比較されることも多いです。気軽にキャンプを1人でしたいというかたなども、オニドームの設営の簡単さや軽量なコンパクトサイズなところからも、人気は絶えないようです。

ソロキャンプテントのおすすめまとめ!選び方や人気ブランド・種類を紹介 | MensModern[メンズモダン]

「軽量でアウトドアファンへの思いやり」

アライテント オニドームのメリット①

アライテント オニドームのメリット①は、軽量でアウトドアファンへの思いやりがいっぱいつまっているところです。オニドームと言えば、軽量なのが一番の魅力と話題になっていて、ご愛用者の評判もいいです。

アライテントのアウトドアファンへの思いやりと、テントへのこだわりは、軽量で使いやすいところにも出ています。オニドームは、軽量なので1人で登山やキャンプの際でも簡単に持ち運びしやすいと評判いいです。

他のテントからオニドームに買い替えるキャンパー達も多く、軽量で収納もコンパクトサイズにできるのは、移動の際に少しでも荷物がかさばらないようにしたいと願う、アウトドアファンへの思いやりそのもので比較されることも多いです。

ベルテントおすすめ5選!特徴や魅力・人気の秘密について紹介 | MensModern[メンズモダン]

「スペースの広い前室」

アライテント オニドームのメリット②

アライテント オニドームのメリット②は、スペースの広い前室です。オニドームは、軽量なだけではなく、デザインや構造にもこだわりがあります。特に、オニドームの前室部分は広めのスペースとなっていると評判いいです。

前室が広めだと、荷物を置いておけるというのもあり、何かと使えるテントになると言われています。前室が広めに作られているオニドームは、ゆったりまったり空間も演出できるため、アウトドアだからと言って、くつろぎかたに妥協したくないかたにもおすすめのテントとなるでしょう。

天候の読めないアウトドア環境のため、屋外で作業する計画も、天気が悪化して雨に降られてしまったりすることで、作業中止なんてことになってしまうことも多々あります。オニドームは、そんな時でも、テント内でリラックスしながら作業を進めるのにも最適と言われています。

ティピーテントのおすすめを紹介!キャンプでも簡単に設営できるのが魅力! | MensModern[メンズモダン]

「幅広いシーンで活躍」

アライテント オニドームのメリット③

アライテント オニドームのメリット③は、幅広いシーンで活躍するメリットです。テントを購入するなら、やはり軽量で高機能で様々なシーンで活躍できるテントを選びたいものです。

オニドームは、そんな願いを叶えてくれるテントと言っても過言じゃないでしょう。登山の際に使用するかたが多いと言われるオニドームは、前室がゆったりしているテントというのもあり、キャンプや音楽フェスなどでも活躍できるテントで、メリットにあふれています。

バイクでツーリングをよくされるかたも、軽量のオニドームを持参して快適なアウトドアを楽しむかたも増えていると言われています。

アウトドアファンも幅広いシーンのアウトドアで、たくさんの思い出をオニドームと共に作れると評判いいです。

モノポールテントおすすめ10選!デザインや機能などメリットを紹介! | MensModern[メンズモダン]

オニドームご愛用者からの評判は!?

オニドームを実際にご愛用されているアウトドアファンの方達からの評判はどのようかみていきましょう。オニドームご愛用者は、アライテントから発売されているドマドームという、もう1つの人気テントとよく比較されるかたが多いです。

オニドームは、軽量で機能性も高く、やはり皆さん前室が作れるのが大きな人気のポイントで評判の良さの鍵となっているようです。オニドームは、軽量で使いやすいけど、実際に使ったら想像以上のサイズでビックリしたという声もあるようです。

あくまでも、オニドームが軽量でコンパクトサイズに収納できるといっても、テントのサイズもしっかりチェックしつつ、それなりのサイズで比較するとコンパクトになるということは忘れてはいけないポイントでもあると言われています。

室内用子供テントのおすすめ15選!選び方のポイントや自作方法も! | MensModern[メンズモダン]

【アライテント オニドーム1】

注目のテント「オニドーム」の比較①

注目のテント「オニドーム」の比較①は、アライテント オニドーム1です。オニドームには、1と2がありますが、まずアライテント オニドーム1から比較していきましょう。

アライテント オニドーム1は、1人用のテントなのでツーリングや1人キャンプなどに適したサイズとなっています。アライテント オニドーム1のサイズは、148cm×122cm×97cmで、重量は、1,290gほどとなっています。

アライテント オニドーム1の気になる価格は、43,000円ほどで通販にて販売していて人気です。アライテント オニドーム1には、新しい色のフォレストグリーンも登場していて、益々人気を高めているようです。フライシートは、30デニールリップストップナイロンPUコーティングを使用しています。

テントのインナーマット・代用品のおすすめ特集!快適な寝心地のコツとは? | MensModern[メンズモダン]

【アライテント オニドーム2】

注目のテント「オニドーム」の比較②

注目のテント「オニドーム」の比較②は、アライテント オニドーム2です。アライテント オニドーム2の方は、2人用のテントになります。カップルやご夫婦でのアウトドアに最適なサイズのオニドームテントです。

アライテント オニドーム2のサイズは、166cm×157cm×98cmで、重量は1,480gほどとなっています。フライシートの素材は、30デニールリップストップナイロンPUコーティングでアライテント オニドーム1と同じ素材です。

気になるアライテント オニドーム2の価格は、50,000円前後で通販にて販売していて、通販サイトのショップに寄っては、割引価格でお得に手に入るショップもあるようです。荷物が多めの1人キャンプの際にも、アライテント オニドーム2ならゆったりと贅沢なスペースを使用してくつろげると評判いいです。

2ルームテントでキャンプ生活を快適に!おすすめできる特徴と魅力とは? | MensModern[メンズモダン]

オニドーム専用のアンダーシートも人気

オニドーム専用のアンダーシートも、オニドームを購入の際に一緒に手に入れるかたも多いようです。オニドーム専用のアンダーシートは、オニドーム1専用とオニドーム2専用のアンダーシートにわかれているので使いやすいです。

オニドーム1専用のアンダーシートの価格は、4,000円ほどで通販にて販売しています。前室などに荷物を置きたいときに、地面に直に置くのではなくオニドーム1専用のアンダーシートを敷いてから置くことで快適に過ごせるでしょう。オニドーム1専用のアンダーシートのサイズは、230cm×122cmとなっていて、重量は180gとなっています。

オニドーム2専用のアンダーシートは、少し大きいサイズになり240cm×157cmとなっていて、重量は250gです。気になるオニドーム1専用のアンダーシートの価格は、5,100円ほどで通販にて販売しているようです。

テントマットの選び方は寝心地が最優先!おすすめ&人気マット15選 | MensModern[メンズモダン]

アライテント オニドームに負けないドマドームも人気

アライテントから発売されているオニドームに負けないくらいに人気のドマドームも人気です。ドマドームライト1は、1人でキャンプをするかたやツーリングなどをされるかたから注目されているテントの1つであります。

ドマドームとオニドームの両方を持っているアウトドアファンもいらっしゃり、比較されるかたも多いです。オニドームと比較すると、ドマドームライト1のほうは、前室を作ったり設営は多少なりともかかるかもしれません。

重量も、ドマドームライト1は1,790gほどで、オニドーム1は1,290gほどとなっているため、こうして比較してみると重量でテントを選ぶかたにとっては、オニドームのほうがおすすめされています。ドマドームライト1は、53,000円ほどで通販にて販売しています。前室の土間は、流石商品名からも想像できるドマドームとなるでしょう。

小川張りとは?テントとタープの連結方法と張り方&設営手順を紹介 | MensModern[メンズモダン]

オニドームの魅力と共に快適アウトドア

アライテントから発売されているオニドームは、少人数でのキャンプやツーリングなどに最適なテントで人気です。軽量で前室に魅力がつまったテントなら、オニドームがおすすめされています。

是非この機会に、コンパクトサイズに収納できて軽量なテントをお探しのアウトドアファンのかたは、オニドームをチェックしてみてはいかがでしょうか。快適でリラックス空間を、オニドームと共にアウトドアで体験できること願っております。


評価 4.7/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ