電気フライヤーのおすすめランキング!人気商品の選び方や魅力など徹底比較

業務用なイメージがある電気フライヤー。しかし、そんな電気フライヤーは家庭用もおすすめなんです。電気フライヤーを使えば家庭で簡単に美味しい揚げ物ができると人気なんです。今回はそんな電気フライヤーのおすすめの選び方をランキングを使って紹介します。

電気フライヤーのおすすめランキング!人気商品の選び方や魅力など徹底比較

目次

  1. 電気フライヤーのおすすめランキング
  2. 電気フライヤーのメリットをチェック
  3. 電気フライヤーなら卓上でもつかえる
  4. 電気フライヤーのデメリット
  5. 電気フライヤーの後片付けがめんどう
  6. 電気フライヤーは後片付けしやすいタイプを選ぶ
  7. 油を使うタイプとノンフライヤータイプ
  8. 電気フライヤーのサイズは選び方のポイント
  9. 他の電気フライヤーのチェックポイント
  10. おすすめ電気フライヤー5位:クイジナート
  11. 電気フライヤーの付加機能が嬉しい
  12. おすすめ電気フライヤー4位:D-STYLIST
  13. おすすめ電気フライヤー3位:タイガー
  14. おすすめ電気フライヤー第2位:象印
  15. おすすめ電気フライヤー第1位:山善
  16. 動画で電気フライヤーをチェック
  17. 電気フライヤーの楽しみ方

電気フライヤーのおすすめランキング

やっぱり揚げ物は出来たてが一番。そういった中で家庭で使える「電気フライヤー」が人気なんです。業務用のイメージが強い電気フライヤーも、最近は家庭用の電気フライヤーが増えてとても魅力的です。

健康の面からノンフライの電気フライヤーや定番の電気フライヤーまで、その選び方も様々です。今回はそんな人気の電気フライヤーをランキング形式を使いながら紹介していきます。

電気フライヤーのメリットをチェック

まずは電気フライヤーの魅力であるメリットからチェックしていきましょう。電気フライヤーは家庭用のものは最近まであまりなく、やっと家庭用としていろんな選び方ができるほど選択肢が増えていた製品だといえます。

電気フライヤーの一番の魅力といえるのは、まず油を加熱するために火を使わないという点ですね。油による火事はたくさん起きていますし、ふとしたことで大きな火事につながります。

また、電気フライヤーの場合は温度管理がしやすいというメリットもありますね。それぞれの揚げ物に合わせた温度に合わせることがし易いので、焦がしたり油の温度が低く、油を吸わせてしまうということを避けることが出来ます。

電気フライヤーなら卓上でもつかえる

いままで油ものの調理といえばキッチンオンリーといえました。しかし、電気フライヤーがおすすめできる点は、電気のため卓上でも使用できるということです。

そのため、テーブルでどんどん揚げながら、揚げたてを食べれるという魅力があるんです。さながら、ホットプレートで焼きたての焼肉を食べるような感じですよね。

そしてランキングにも登場してくる電気フライヤーには、ノンフライヤーのものもあり、その場合は油を使わないで調理することができるものもあり選び方の魅力になっています。

いままで揚げ物の温度管理に悩んでいた人は、電気フライヤーはとてもおすすめな調理器具だといえます。料理本に書かれていた油の温度にしっかりと合わせることができるようになるので、そういった点はとても人気だといえます。

電気フライヤーのデメリット

家電の注目ランキングにも登場するようになった電気フライヤー。しかし、まだまだ電気フライヤーにもデメリットというべき難点はあります。

電気フライヤーには、電気フライヤーの安全のために揚げ油として入れる油の最低量が決まっている場合があります。たとえば2リットルは入れるようにしましょうとなっていたりして、結構油の後片付けが大変という場合もあるようです。

ランキングの中にもいろんなサイズの電気フライヤーが出てきますが、一度にたくさん揚げれるようなサイズになると、電気フライヤーも炊飯器よりもやや大きいようなサイズになります。毎日使うような電化製品としては、やや場所を取りすぎるといえます。

電気フライヤーの後片付けがめんどう

電気フライヤーは油調理を簡単にしてくれる点は人気なのですが、やはり片付けが面倒だと感じる人は多いようですね。

お鍋のように簡単に油の処理ができるとは限らないので、スペースを取る点も踏まえて、買ったのは良いけど片付けが困るからしまったままになる、という場合もあるようです。

そしてなによりも、最低量の油が決まっている場合は、軽い揚げ物をしたいだけなのにたくさんの油を使うことになって、もったいないと考える人が多いようです。

電気フライヤーは後片付けしやすいタイプを選ぶ

電気フライヤー自体は高すぎる電化製品ではないのですが、コストパフォーマンス的な面ではまだまだ改良が必要な電化製品かもしれませんね。

このつぶやきのように、電気フライヤーを選ぶときは後片付けのしやすいタイプを選ぶことがおすすめです。内蓋などが外せるものを選ぶという選び方は基本になりますね。

油を使うタイプとノンフライヤータイプ

そして電気フライヤーの選び方として「油を使うタイプ」と「ノンフライヤー」タイプがあるのを覚えておきましょう。この2つは選び方の大きなポイントになります。

油を使うタイプはイメージ通りの電気フライヤーになります。電気フライヤーの中に油を入れて、温度を選べばそれに合わせて油の温度が上昇します。テーブルに置いて串かつなどをどんどん食べながら揚げるということができますね。

逆に健康志向からノンフライヤータイプも人気になっています。油を使わなくても高温の熱風を循環させることで、油を使わなくても揚げ物が作れるタイプなんです。

電気フライヤーの中に入れて温度と時間をセットしておくと使えるので、温度の調整によっては揚げ物以外に普通に焼くことにもつかえます。

電気フライヤーのサイズは選び方のポイント

さて、電気フライヤーですが、キッチンメインで使うか、それともテーブルでも使うかで選び方が大きくかわります。

電気フライヤーのサイズは大きなポイントであり、収納やテーブルで使うかなど悩みのタネになります。大きいサイズは一度にたくさんの揚げ物が出来ますし、小さいサイズのものは収納も楽でテーブルでも使うことができます。

軽い揚げ物の場合は、電気フライヤーのサイズを0.5Lぐらいのものを選びましょう。卓上で家族で揚げ物をしながら食べるぐらいなら1Lぐらいまでのサイズがおすすめです。

キッチンでパーティーのようにどんどん揚げ物を揚げたいとか、キッチにに電気フライヤーを置くスペースや収納スペースに余裕があるならそれ以上の電気フライヤーのサイズという選び方にしましょう。

ノンフライヤーの場合はその構造上から2人前ぐらいでも、2Lぐらいのタイプになり大きいタイプになることが多いようです。

他の電気フライヤーのチェックポイント

他に電気フライヤーを購入するときにチェックポイントとしておすすめなのは、さきほど触れた片付けとお手入れのしやすさですね。

電気フライヤーで気をつけたいのは内鍋を本体からはずせないものが多いんです。油料理をするのに内鍋を外せないとなると、なんとなく不衛生で油臭いですよね。そのため内鍋を丸洗いできるタイプかどうかチェックしておきましょう。

もう一つは、どれぐらい温度調節ができるかという点ですね。温度調節の微調整ができる電気フライヤーはとても人気でおすすめです。180℃なら180℃と設定するだけでその温度に合わせて手軽に油の温度を上昇させてくれるんです。

揚げ物をカラッとあげたり、ときには低温調理をするなど、そういった温度調整の幅と操作のしやすさもチェックしておきましょうね。

おすすめ電気フライヤー5位:クイジナート

ここからはランキング形式で電気フライヤーのおすすめを紹介していきましょう。人気のポイントを説明するとともに、電気フライヤーのそれぞれの魅力も理解してもらえるとうれしいです。

クイジナートの「CDF-100JBS」という型番の電気フライヤー。かなりメジャーな電気フライヤーで人気のタイプになります。価格は一万円を切って8000円を切るぐらいの価格になっています。

電気フライヤーの付加機能が嬉しい

温度調整の幅は90℃から190℃まで行えるので、かなり幅広く油ものの調理ができるのがおすすめの点ですね。油温度が設定した温度になると、緑のランプが点灯するのでとてもわかりやすいですね。

なにかと臭いの気になる電気フライヤーですが、脱臭フィルター付いた蓋で閉じることができるので、油ハネや油ものの臭いも防ぐことが出来ます。もちろん、この蓋は取り外してお手入れができるので、そういった点も嬉しいですね。

そして揚がった油ものを油切りするバスケットも付属しているので、揚げたら余分な油を切ることもできます。電気フライヤーとして1Lまで対応で、最小量は500MLになっています。温度の上がりすぎを防ぐヒューズもついているので240℃以上には上昇しないようになっています。

おすすめ電気フライヤー4位:D-STYLIST

テーブルで使うタイプとしておすすめな電気フライヤーは、D-STYLISTの「スクエアフライヤー」というものです。

名前の通り四角い形をしており、価格も3000円を切る価格でお手頃です。イメージとしては1人前から2人前ぐらいのフライドポテトを手軽に作れるタイプの電気フライヤーだと思ってください。

電気フライヤーのサイズが約25x19.5x19.5cmとなっているので、テーブルでも余裕も持って使えるサイズだといえます。1.2リットルまで最大で対応しており、油を使った後はオイルポット的な形で、そのまま油を保存しておくこともできます。

温度は140℃から190℃まで対応しており、この電気フライヤーは一人暮らしの唐揚げなどの揚げ物をにおすすめですね。ご飯だけ炊いておいて、電気フライヤーの電源を入れて唐揚げを作って、出来たてのからあげとホカホカのご飯と食べるなんて、とてもゴージャスですよね。

おすすめ電気フライヤー3位:タイガー

魔法瓶などでおなじみのタイガーも電気フライヤーを販売しています。電気フライヤーの「はやあげ」というのがタイガーの製品で人気なんです。

価格は6000円代で、鍋型の電気フライヤーになります。容量は1Lで鍋状の電気フライヤーのため、テーブルでみんなで電気フライヤーを囲んで揚げ物を作れるという感じですね。

ただしこの電気フライヤーのマイナスポイントは、温度設定が180℃のみなので、ちょっと調理の幅が狭くなるのは残念です。とはいえ、有名なメーカーの電気フライヤーだけにブランド的には魅力的だといえます。

おすすめ電気フライヤー第2位:象印

タイガーと同じく人気メーカーの象印。そんな象印の「あげあげ」といういかにも電気フライヤー的な名前が魅力の製品がおすすめです。

ランキングの中でも人気の理由は、横幅のあるデザインです。そのため、天ぷら系に使いやすい電気フライヤーといえます。海老フライが好きな人はこの電気フライヤーがランキングの中でとてもおすすめといえます。

テーブルで使うことを前提にしているのか、油が飛び跳ねにくい構造になっているのもランキングの中でおすすめな理由です。温度は160℃から200℃まで対応しており、しっかりと温度調整通りの温度になりサックサクの天ぷらが揚げることができますね。

カラーラノンフライヤーの口コミを紹介!使いやすさなどの評判まとめ | MensModern[メンズモダン]

おすすめ電気フライヤー第1位:山善

多くの安価な製品を販売しているメーカーの山善。ランキングの1位としてオールラウンダーな点が魅力だといえます。

フライドポテトや唐揚げを揚げる時用のバスケットが付属しているのも嬉しいですね。また、蓋を裏返すことで、油を切るための容器をセットすることもできます。

他にも串ホルダーがついており、串をかけて揚げ物ができるんです。かゆいところに手が届くような機能をしっかりと搭載しており、安全で楽しく揚げ物ができるのがランキングで魅力的なポイントですね。

価格は5000円台で、温度は160℃から200℃に設定できます。いままでの揚げ物はキッチンでするものというイメージを変える商品だといえますね。テーブルでみんなで揚げ物をすることが出来て、安全ガードがついており、ケーブルはマグネット式のため引っかかると外れるようになっているので安全です。

フライパンで揚げ物が簡単にできる!油も少量で一人暮らしにもおすすめ? | MensModern[メンズモダン]

動画で電気フライヤーをチェック

ランキングに登場した電気フライヤーを、いくつか動画でチェックしておきましょう。電気フライヤーの使い方はとても簡単なので、動画を見るとその便利さと楽しさがすぐに伝わってきますよ。

この動画を見ていると感じるのが、マクドナルドのポテトを揚げているシーンかもしれません。お好みのフライドポテトになるまでは何度か試す必要がありますが、じゃがいもを切って揚げているだけなのに、とても美味しそうですよね。

こちらはテレフォンショッピング的な雰囲気で、電気フライヤーの使い方を完璧に紹介してくれています。電気フライヤーを使ってどのような揚げ物を調理できるのか、どれくらいの量を一度に揚げれるのかなど、いろんな要素が伝わるおすすめの動画ですね。

電気フライヤーの楽しみ方

電気フライヤーの魅力やおすすめの選び方を紹介しました。電化製品の中ではあまりメジャーではない製品だけに、電気フライヤーの魅力が伝わったのではないでしょうか。

最後に電気フライヤーの楽しみ方を紹介します。まずは、揚げ物にするための食材を用意しましょう。自分の家が串カツ屋になったようなイメージで、豚肉や鶏肉、レンコンやしいたけなどの野菜類もしっかりと用意しておきましょう。

変わり種にはチーズやウィンナーなどもおすすめです。海老フライはもちろんししとうやアスパラガスも定番のメニューだといえますね。それらを一口サイズにカットして串をさしておきます。

卵とパン粉を用意すれば、いつもの様にあとは揚げていくだけです。テーブルに電気フライヤーを用意してみんなでどんどん揚げていくだけで、美味しいサクサクの揚げたての揚げ物が完成するんです。

何よりも目の前で揚げ物が揚がるのがとても食欲をそそります。あとはやけどに注意して、そのまま食べてもよし、好みのソースをつけるも良しです。自宅で串カツ屋の雰囲気になるので、お酒も進みますし、会話も盛り上がってとてもおすすめですよ。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ