ワラウカドという一口馬主クラブをご存知でしょうか。2017年3月に募集を開始したばかりの新規一口馬主クラブですが、所有馬が初出走となった新馬戦で3着に入るなど活躍が期待されています。今回はそんなワラウカドの入会方法や募集されている牡馬について見ていきます。

ワラウカド・一口馬主クラブの入会方法は?募集馬の牡馬評価も!

目次

  1. ワラウカドは新しく出来た一口馬主のクラブ!
  2. ワラウカドに入会するために必要なものは?
  3. ワラウカドへの入会(出資)手続きのやり方は?
  4. 一口馬主クラブって何?
  5. ワラウカドの母体の「パカパカファーム」って?
  6. ワラウカドではどんな馬が募集されている?
  7. ワラウカド所有の牡馬1 ディープインラヴ
  8. ワラウカド所有の牡馬2 ブローインバブルス
  9. ワラウカド所有の牡馬3 キトゥンカブードルの2016
  10. 一口馬主クラブとしてのワラウカドはまだまだこれから

ワラウカドは新しく出来た一口馬主のクラブ!

ワラウカドはパカパカファームが母体として設立された一口馬主クラブです。ワラウカドは2017年3月1日から新規募集を開始とまだ歴史が浅く、2018年2月現在JRAで競走馬登録をされている持ち馬は3頭となっています。

予後不良の意味とは?競走馬を安楽死させる理由【競馬用語解説】 | MensModern[メンズモダン]

ワラウカドに入会するために必要なものは?

ワラウカドに入会(出資申し込み)をするために必要なものとして運転免許証の裏表両面をコピーしたもの、パスポートのコピー、保険証のコピー+住民票のコピーのいずれか1つと、入会手続きなどのやり取りをEメールで行うので、きちんと連絡が取れるメールアドレスが必要です。

このうち個人証明となるものの中で、保険証と住民票の場合はそれ以外の2つとは違い、本人写真がないので必ず2枚がワンセットで必要になる形式になっています。また手続きの中で必要書類をアップロードをするためにデジタルカメラかスマートフォン、また振替申し込み用紙を印刷する必要があるので、プリンターかコンビニでのコピーというものも必要です。

ワラウカドの入会金や会費はいくら?

ワラウカドの入会金は税込み10800円となっています。まだ出来たばかりということで実績がないという事もあり、社台系クラブ(32400円)やキャロットクラブ(21600円)よりは安く設定されています。また月会費も2160円と設定されていて、ノルマンディーサラブレッドクラブ(1080円)などよりは高いですが、こちらも社台系よりは安くなっています。

競馬のワイドの買い方とは?効率の良い方法やボックスの使い方まとめ | MensModern[メンズモダン]

ワラウカドへの入会(出資)手続きのやり方は?

ワラウカドへ出資手続きを行う際にはまずワラウカドの公式ホームページから新規出資申し込みをクリックするとメールアドレスの入力画面に移動するのでメールアドレスを入力します。この時受信設定をしている人はワラウカドからのメールが受信できるように設定することが必要になります。

すると自分のメールアドレスに申し込みページへのリンクが表記されたメールが届くので、そのリンクから申し込みページに飛び、個人情報の入力やあらかじめ用意しておいた公的証明書のコピーのアップロードを行います。その後出資したい馬の選択と出資口数の入力作業を行って、出資金の支払い方法も選びます。

Web上での申し込みが終わってもまだやることはあります

最後に会員規約や同意書をしっかりと読んだ上で同意をして出資申し込みが完了となりますが、その後ワラウカドから初回の支払いに関してや出資契約が締結したという通知がメールで送られてきます。この後で会員ページから口座振替申込用紙を印刷してなつ印をし、ワラウカド宛に郵送する必要があります。

郵送時に必要な封筒や切手は自分で用意する必要がありますが、この書類の到着と出資金の支払いがワラウカドで確認が取れた後「転送不可の簡易書留で会員証などが郵送されてくるのです。

ダービーの意味とは?何を決める為のレースなの?【競馬解説】 | MensModern[メンズモダン]

一口馬主クラブって何?

一口馬主クラブとは通常の馬主とは違い、1頭の競走馬を一口馬主クラブが決める口数で出資を募り走らせるスタイルの馬主です。こうすることで1頭当たりの値段が非常に高くなってしまうような良血馬でも、1口あたり高いものでも400万円以下と言う金額で出資できるのです。

一口クラブ馬主にはG1や重賞レースでもよく名前を聞く社台レースホース(社台サラブレッドクラブ)やサンデーレーシング(サンデーサラブレッドクラブ)などフクキタル(ワラウカド)も含め、現在の中央競馬には22の一口馬主クラブが存在しています。

一口馬主クラブは名前が2つあるのはなぜ?

社台レースホースと社台サラブレッドクラブやサンデーレーシングとサンデーサラブレッドクラブのように、ワラウカドもフクキタルと同一の一口馬主クラブですが、2つの名前があります。これは現在のJRAには名義貸しとなる共同馬主が認められていないため、競走馬を金融商品として取り扱う必要が一口馬主クラブにはあります。

そのためワラウカドの場合は競走馬を購入して会員を集め、競走馬の出資契約を締結する役目の愛馬会法人と呼ばれ匿名組合契約を行う「ワラウカド」と、匿名組合では持てないJRAの馬主資格を得るために実際に競走馬登録やレースへの出走を行う役目のクラブ馬主と呼ばれる「フクキタル」の両面があって初めて一口馬主クラブが成立するのです。

競馬のオッズと倍率について!オッズ表の見方を馬券の4種類別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

ワラウカドの母体の「パカパカファーム」って?

パカパカファームは北海道新冠町にある競走馬の牧場で、過去には第79代ダービー馬のディープブリランテやNHKマイルカップ勝ち馬のピンクカメオ、クラリティスカイなどを排出している牧場です。アイルランド出身の獣医師であるハリー・スウィーニィさんが代表者を務めています。

ハリー・スウィーニィさんってどんな人?

ハリー・スウィーニィさんは大樹ファームのGMだったマルドゥーン氏の招きで来日し、牧場長を経験したのちに待兼牧場のGMに就任すると、菊花賞馬のマチカネフクキタルなどの育成も手掛けました。その後個人トレーダーをした時期を経て、2001年にパカパカファームを設立しています。

ワラウカドではどんな馬が募集されている?

ワラウカドは2017年に2歳を迎えた募集馬が3頭、2018年に2歳を迎えた募集馬が6頭と決して数が多いほうではありませんが、ディープインパクト産駒やオルフェーヴル産駒、2018年に2歳を迎えた子供たちが初年度産駒となるジャスタウェイ産駒などが募集されています。また比率的には2:1の割合で牡馬のほうが多くなっています。

また1口あたりも500口と多いので、ディープインパクト産駒はもちろん、総金額が2000万円を超える馬でも4万円から18万円と比較的手を出しやすい値段で出資することが出来ます。

競馬の買い目の点数を減らす方法とは?効率よく勝つための絞り方! | MensModern[メンズモダン]

ワラウカド所有の牡馬1 ディープインラヴ

ディープインラヴはディープインパクト産駒で、母がラヴアンドバブルス、母の父がLoup Sauvageという血統の2018年2月現在3歳の牡馬で、母体となるパカパカファームの生産馬です。全兄にダービー馬のディープブリランテがいる血統で、兄と同じく栗東の矢作芳人きゅう舎に所属しています。ワラウカド第1世代の1頭で1口18万円×500口の9000万円で募集されました。

ワラウカドの歴史を歩む第一歩として、2018年2月3日に京都競馬場で行われたメイクデビューで岩田康誠騎手を背に初戦に挑みましたが、レースではやや行きたがる面を見せ直線で差を詰めるも3着となり、ワラウカドの初出走初勝利はなりませんでしたが、すぐに初勝利を挙げる期待を持たせるレースとなりました。

競馬のインブリードとは?奇跡の配合や近親交配について紹介! | MensModern[メンズモダン]

ワラウカド所有の牡馬2 ブローインバブルス

ブローインバブルスはキングズベスト産駒で、母がバブルドリーム、母の父がAkaradという血統の2018年2月現在3歳の牡馬で、こちらもパカパカファームの生産馬です。兄弟からは2頭のJRA勝ち馬が出ています。美浦の加藤征弘きゅう舎に所属しています。

ワラウカド第1世代の1頭で1口24000円×500口の1200万円で募集されました。美浦のトレセン入りをしたのが2018年の1月13日とやや遅めのトレセン入りとなったので2018年2月現在まだデビューは決まっていませんが、1日も早くターフで走る姿を見られることが期待されています。

牝馬と牡馬はどちらが速いのか?競馬の性別&強さと能力差について | MensModern[メンズモダン]

ワラウカド所有の牡馬3 キトゥンカブードルの2016

キトゥンカブードルの2016はディープインパクト産駒で母の父はキトゥンズジョイという血統で2018年2月現在2歳の牡馬です。こちらもパカパカファームの生産馬で、母キトゥンカブードルの初仔となる馬です。母の父キトゥンズジョイは日本ではダッシングブレイズやジャンダルムの父として産駒を送り出していますが、母の父としては2018年に2歳となる世代が最初になります。

キトゥンカブードルの2016はワラウカド第2世代の1頭で、1口14万円×500口の7000万円で2018年2月現在ではまだ募集中となっています。美浦の藤沢和雄きゅう舎に所属することも決まっています。

世代を経て重さがなくなれば期待が持てる!

またキトゥンズジョイはサドラーズウェルズ系となるので、ディープインパクト産駒で母系がサドラーズウェルズ系となるとタッチングスピーチやサトノユニコーンといった馬が活躍しています。やや重めがあるのか現在ではあまり活躍しているとは言いづらい状況ですが、サドラーズウェルズからエルプラド、キトゥンズジョイとその血も薄れているので活躍に期待されています。

競馬で回収率の高い買い方があるのか調査!目指せ120%超え! | MensModern[メンズモダン]

一口馬主クラブとしてのワラウカドはまだまだこれから

今回はパカパカファームが母体として設立されたワラウカドのご紹介をしてきました。まだ出来たばかりでこれからの新しい一口馬主クラブですが、ディープインパクト産駒などのラインナップもあり、これからの活躍に期待されます。口数も500と多いのでもし一口馬主クラブを経験したい人は検討してみてはいかがでしょうか。


評価 4.3/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ